アリ@チャピ&りりぃ日記

ウェルシュコギー・ペンブロークのチャッピーとりりぃ、そして
カーディガンのアリスのお気楽な日々を綴る

滋賀県に旅行に行ってきました

2019年09月23日 | 旅行
休眠していたブログ・・久々のアップです

10月から始まる朝ドラの舞台になる
滋賀県に行ってきました
狸の置物で有名な信楽の女性陶芸家の話だとか
でも狸の置物を作るわけではなさそうです


年に1回の職員旅行(普通1回でしょうね)
旅行社のお薦めで怪しい美術館に寄りました

熱海のMOA美術館とルーツが同じような
お金はかかっている施設でしたが
トンネルが一番印象に残りました(トンネルもI・M・ペイさん?)

梨狩りとかもしつつ彦根を散策
お土産はたねやさんで物色


お隣のクラブハリエのバームクーヘンも定番だけど
名古屋でも買えるし


彦根と言えばゆるキャラの元祖ひこにゃん


バスのガイドさんがひこにゃんには別名がある
後ろ姿から名づけられました・・と教えてくれたのが
「もち」・・ただの「もち」という呼び名

後ろ姿「もち」かもしれないが
「もち」だけっていうのが何ともいとおかしい
若いガイドさんでまだ酔っぱらいの慰安旅行客を
手玉に取るほどの経験をつんでいないのは明らか
道中のガイドで笑いを取ろうとするも
受けねらいのアドリブのようだけど
きっとマニュアルがあるんだと思わせる話しぶりで
「もち」って呼ばれているのを信じていいのか悪いのか

ブログ再開にはちょうど良い肩ひじ張らない
ゆるい1泊2日の旅でした

コメント

5年ぶりにレジーナリゾート富士に行ってきました その2

2019年09月02日 | 旅行
富士山笠雲に隠れる

チェックインを済ませお部屋へ
106号室です


雨だからとコンパクトカメラしか持っていかず
なおかついい加減な撮り方で室内はぶれまくり

お部屋の様子はホテルのホームページでどうぞ
スタンダードルームです

夕食のためレストランへ向かう時の空の様子

明日も雨が降らないでいてくれたら良いなと
ささやかに願いました

夕食メニューはこちら


写真の順番正しいかな・・




いつものように撮り忘れたものが
中皿に和牛サーロイン・・肉につられて忘れたパターン
デザートも西瓜がすでにない・・
美味しくいただきました
お造りはとても美味しかったのですが
焼物の鱸酒盗焼の意図がわからなかったのが残念

歳をとってアリスは疲れるのが速くなったか


り:わたしは元気ですよ~食事中は

他のテーブルに食事が運ばれるのもガン見してました

と言ってもお疲れか
部屋に戻るとばたっと寝ていました


さて翌朝
アリスに6時頃に起こされた時には日射しがありました
でも名古屋とは違ってさわやかな朝散歩でした


朝食です

品数も多く納豆に海苔もあり
おいしくいただきました

温泉プールがありました


結構深いプールの裏に
コギ足サイズのプールも

暑ければ子供が一緒に入って遊べそうなサイズ

ゆっくりチェックアウトして
道の駅なるさわへ

ここで朝採れのトウモロコシと野菜を買い出し

溶岩のモニュメントから「不尽の名水」が流れ出てます
風穴が覗けたり富士山博物館があったりと
なかなか見どころがある道の駅でした


建物の裏側にまわると富士山が一望できます
残念ながら笠を被った姿です


帰りは朝霧高原経由で新富士に向かうことにして
途中精進湖と本栖湖畔をドライブして帰ることに

精進湖ではさらに立派な笠雲の富士山

雲好きとか気象ファンなら絶景になるのかもしれない

本栖湖ではキャンプ場ごとにウィンドサーフィンとかカヌーとか
いろいろな水上スポーツを楽しんでいました


湖岸に下りる道のわきに奇麗に輝くものがあり
ミヤマカラスアゲハの亡骸でした

まるで標本のように横たわってました

湖岸の道路は狭いけれど爽やかなドライブコースで
自転車で走る人の姿も結構見かけました


さて昼食は朝霧高原道の駅で山菜そばをいただきます


デザートは朝霧高原ソフト

日射しもきつくとても美味しくいただきました

道の駅に隣接して「あさぎりフードパーク」という施設ができていました

平成29年4月に開業したらしい
道の駅の売店の前の駐車場がいっぱいで
少し離れた場所に駐めたので
何か賑わっているところが目にとまり気が付きました

牛乳工場、酒蔵、お菓子の工場と
いわば工場直売のアウトレットのようなお店がいくつか


中で目を引いたのがこののぼり


「いも工房 かくたに」という芋の加工食品のお店


紅イモプリンの紅芋ソフトトッピング

ソフトクリームのはしごです

芋にソフトでは視線が剥がれなくなるのはあたりまえか

ここまでは夏の日射しが戻ってきて
爽やかな風が吹き抜けるのを楽しみましたが
あらら山の方から雲が下りてくるのか霧なのか
ちょっと天気が怪しくなりました

新東名に乗るとフロントガラスにぽつぽつと雨粒があたり
「天気の子」のおかげの晴れ間も名古屋に近づくにつれ
雲に覆われてしまいました

岡崎SAで夕食を買い帰宅
結局傘はささずに済みました

夏の終わりにのんびり美味しい旅を楽しむことができました
「天気の子」的てるてる坊主のおかげでしょうか
コメント

5年ぶりにレジーナリゾート富士に行ってきました その1

2019年09月01日 | 旅行
「天気の子」的てるてる坊主

月末に夏休みを1日取って出かけようということになっていました
しかしこの夏は梅雨明け後も台風が続けてやって来るし
離れていった台風が影響して大雨が降ったり
晴れが続かない梅雨のような日が続き
どこに行こうか決めかねていました

もしも天気が悪くても宿で楽できるところにしようと
2回目、5年ぶりのレジーナリゾート富士に行くことにしました
週間天気予報では雨はなんとか避けられそう・・
レジーナリゾート富士は部屋からレストランまで
歩いていかなければいけないので
できれば雨は避けたいところ

ところが日が近づくにつれて天気予報では傘マークが増え
前日には終日雨の予報
何年振りかでてるてる坊主を作ってみました

なんとか車の乗り降りの時だけでも雨が降らなければ
「天気の子」にお願いする気分でした

名古屋を出る時は結構な雨降り
小やみの時に車に乗り込み出発
ワイパーを止める間もなく
東富士五湖道路の須走インターでは雲の中に突っ込んだ感じ

おいおい五里霧中でなんも見えん
こんな具合でした

ところが籠坂トンネルを出ると霧もなく
雨も止んでいました


雨を想定して犬連れで入れるお店で「ほうとう」を食べようと思っていたら
「しばらく犬同伴はお断り」となっていました
何かトラブルがあったのでしょうか
ほうとうを諦めもう1軒店内犬連れ可となっていたお店miu's cafe(ミウズ カフェ)へ

なんと着いた時には薄日が射してきました

お店の入り口にはこのような看板が

アリスとりりぃ大丈夫ですか?

とってもポップなお店でした
コンセプトはアンディ・ウォーホルと時計仕掛けのオレンジ


父がいただいたミューズランチはガパオライス?
母はモッツァレラチーズのトマトクリームパスタ
美味しかったです
値段もリーズナブル
雨の日には貴重なお店です

しつけができていないことがばれなければね

りりぃ

お昼ごはんがほうとうだったら
宿にも近いmiu's cafeでデザートをと考えていましたが
予定変更となり「信玄ソフト」を求めて道の駅富士吉田へ
こぎ部で旅行の際にもここでいただいた「桜織のりとるきっちん」
しかしどこにも「信玄ソフト」のメニューがない!

仕方なくピーチフロートを頼みつつ
信玄ソフトはもう無いんですね~と聞いてみると
「あるよ」とのこと

今回の旅行1回目のソフトいただきました

あたりまえになっているからメニューがなかったのか
信玄餅のようなということで桔梗屋さんからクレームがついたのか?

食べ終わってゴミを捨てに行ったらこんなゴミ箱が

りりぃにはソフトを食べ終わったカップでも
十分に「萌える」かもしれない

と空を見ると上空に青空が

おお、ほんとに「天気の子」的てるてる坊主が
願いを叶えてくれたのか?!

ア:それはないわね~
り:もう1つ信玄ソフト食べないですか~


ということで道の駅で少しお土産を買い
温泉に入ろうと早々と宿に向かうことに


部屋に荷物を運ぶ時も濡れたらどうしようと心配していましたが
トンネルを抜けてからは雨も上がって
1日目は傘をささずに済みました

まだ夕食がこれからですが・・それは明日に

り:この頃年寄りは夜すぐ眠くなるですからね・・つづくです
コメント

再び レジーナリゾート箱根仙石原に行ってきました その2

2019年06月05日 | 旅行
人は何故高いところが好きなのか? コギは何故ウマウマから目が離せないのか?

箱根2日目
夜には天気予報通り少し雨が降り
天気予報は一日曇り

朝はその通りにどんよりとしてました
りりぃはせっかく部屋にあるドッグランではお仕事をしないので
外のドッグランに連れていく


それでも今一つクン活に集中できないようなので
星のリゾートの温泉旅館「界」の方へ散歩に出かけると

お仕事は完了しました

さて、楽しみにしていた朝食です

昨日の夕食
デザートをみな撮り忘れてました・・
今日は食べる前にちゃんと撮らねば

卓上コンロの上の鍋は温奴小鍋仕立て・・豆腐と青物
ふたを取っていないのは蒟蒻田舎仕立と青味・・です

それぞれ美味しいです
ごはんもおかわりし満腹になりました

見つめる眼差し


黒いのはそれなりに群れつつ


りりぃはクレートでおこぼれを待つ

これからこういうパターンになりそうかなあ

ゆっくりとチェックアウト

結構写真を撮っていたつもりでも
コギたちのポーズ写真が少ないし
もっとアップも撮っておけばよかったと
見返して反省

宿を出るころには晴れとなり
芦ノ湖の海賊船をバックに記念撮影

この写真にはあるものが写っています

拡大してみても良くわからないか?

富士山の頭が少し見えているのです

今回、晴れていたらぜひ寄ろうと決めていた
三島スカイウォークへ


風が強く大つり橋はデンジャラスか?


とてもしっかりした作りでほとんど揺れませんでした

高度感も思ったよりなく
やはり富士山が見えれたら良かったのにと
こればかりはいたしかたないか

吊り橋を渡り切ったところでランチをいただきます


サンドイッチとホットドッグ
結構ボリュームもありました

ウマウマを見つめる眼差し


舌もヨダレも出ます

ロックオンしたら視線を離さない
コギの宿命か・・

橋のたもと?にドッグランがありました


まあ息抜きには良いかなあという大きさ

フラママさん実は高いところが苦手だそうです

でもカメラを向けると
お見せできませんが笑顔を作ってくれました
ちょと固かったかなあ

駿河湾と伊豆半島の方は遠望できました

たくさんの人で立ち止まってゆっくり景色を見るのは難しい
景色を見る余裕のない人は立ち止まることは考えないとのことです
早く先に行ってくれとつぶやいてました・・

入園の時にくれたソフトクリームの割引券をつかって
美味しい牧場の濃厚ソフトをいただきました


今回はフラ家のソフトを撮らせてもらいました


コギ達カートの中でウネウネしたり


箱乗りしたり


最後は浜松SAに立ち寄って我が家へ


楽しい箱根の旅になりました
フラ家の皆さまありがとうございました
コメント

再び レジーナリゾート箱根仙石原に行ってきました その1

2019年06月04日 | 旅行
プチこぎ部 フラ家と箱根一泊の旅に行ってきました

予報が見るたびに違うという
ちょっと不安な天気の中
フラ家と箱根に出かけました

集合は新東名浜松SA


ドッグランが人工芝に変わっていて
小型犬スペースも増やされグレードアップされていました
(いつからかは不明・・だいぶ前に変わっていたのかも)
ランの横ではやコーヒーブレイク



飛人さん、沙羅ちゃんよろしく


箱根に向かう道順は
我が家が良く使う新富士ICから十里木高原方面に向かい
サファリパークのところから南富士エバーグリーンロードを使い
水ヶ塚公園の「森の駅 富士山」に立ち寄るコース

昨年フラ家とmomo家が水ヶ塚公園に寄ったときには
10m先もはっきりしない濃霧の中でデンジャラスなドライブだったけれど
今回は視界良好・・なれど富士山は見えず

道の駅も店が閉まっていたとか
今回はここでお昼をいただきました

ほんとうはこんな風に見えるはず

前回はこの看板さえ見えなかったとか?!

景色に期待できなければグルメの旅に
御殿場にあるとらや工房に寄りました
昭和2年に酒井家の別荘の門として建てられた山門

東山旧岸邸後という和風の落ち着いた佇まいの中に
お店はありました

父はあんみつ、母は水ようかん
フラママさんは抹茶きんとん、フラパパさんはどら焼き
一緒に出されるお茶がとても美味しかったです




お茶を終えて乙女峠を越え
レジーナ箱根仙石原にはちょうどチェックインタイムに到着
食事まで温泉にはいりゆっくりできました


ということで写真もなく・・もう夕食です


ここは部屋ごとの露天風呂と
温泉の大きな浴場があるというのが何より寛げることと
料理もとても美味しく我が家は2回目の訪問
今回も美味しくいただきました


全国の日本酒を利き酒風に三種類たのめるメニューがあり
フラママさんと父とで6種類の日本酒を利き酒しました

飛人くんも白くなったね
アリスと一緒で耳が遠くなってきたらしい
耳が遠くなると長生きすると言い伝えがあるから・・人の話か?


沙羅ちゃんも歳をとっても見たところ変わらないタイプ
だけど沙羅ちゃんを迎えに行ってもう9年近く経つんだねぇ~


耳は遠くなるけど成長しないタイプのアリス
めっきり休憩時間が長くなったきがする今日この頃


そしてムキムキするりりぃは隔離されて・・
というか自分でクレートに入り
それが落ち着くらしい

ビビり度が増しているりりぃです

美味しい食事とお酒でわははと良く笑い箱根の夜も更けていく
明日の天気も良くわからないが
もう一度温泉に入って
雨の降らないことを祈りつつ就寝となりました


コメント