アリ@チャピ&りりぃ日記

ウェルシュコギー・ペンブロークのチャッピーとりりぃ、そして
カーディガンのアリスのお気楽な日々を綴る

父の日は自前で祝う

2024年06月18日 | コーギー
あれこれ

父の日という口実で
その前日に甲斐犬梅ちゃんのお店「クチーナ」で自前でご褒美ランチ


「国産もち豚ロースのグリル」いただきました

愚息には一応報告しておきました・・

ゴーヤときゅうりも順調に育ち


きゅうりは花が咲いてほぼ2週間で最初の収穫をしました


そこそこのサイズになった2本を浅漬けにして夕食でいただきました


月曜日はさくドレシャンプーデー


飛人くん元気です


春斗くん、杏ちゃん、壱留くんもに元気をもらい
わいわいと楽しい時間を過ごしました


りりぃのビフォー
何故か3段に縞模様が出ていました
9歳を過ぎて毛質や量が変わってきたせいか?


アフターは奇麗なふわケツに
またアディダス三本ラインが出てくるのか・・

歳のせいなのかな・・

父の日を挟んで3日分のあれこれでした
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジブリパークに行ってきました

2024年06月07日 | 日記
企画展の「食べるを描く。」設定資料に唸る

1か月前にモリコロパークに散歩に出かけ
ジブリパークを遠目で見て一度は覗いてみようと
「大さんぽ券」を購入し行ってきました
りりぃはお留守番です

10時過ぎにモリコロパークに着き
大倉庫への入場時間枠が11時からなので
魔女の谷を先に見て歩きました


大さんぽ券では主要な建物の中に入れないので
外から雰囲気を味わいつつ散歩


オキノ邸の前の撮影ポイントでは一応飛んでみました

パークでしか売っていないお土産や軽食が
インバウンド価格(?)で
「ゲド戦記」で失望を感じ、ル=グウィンに心から同情した身としては
ジブリ推しとも言えずちょっと手が出ない・・
10年前という隔たりはあるものの
三鷹のジブリ美術館に行った時にはこれほどという印象はなかったけれど

1時間ほど魔女の谷を見て歩き大倉庫へ


列で待つのは道路渋滞も含めて避けたい性格なのに
安曇野・白馬旅行で渋滞にはまり映えスポットの列にならんだ続きで
あちこちの撮影ポイントで並んで撮影しました


猫バスは人が少なくすぐ撮れたのは
週日で学校があり子供が少なかったからか


「食べるを描く。」という企画展示があり
「ジブリ作品の食べ物はなぜおいしそうに見えるのか
その秘密をひも解く展示」がされていて
食べる風景、メニュー、素材の設定が
とても細かくされているのがわかりました
原画等も展示されていたからでしょう
ここは撮影禁止でした

見ていて飽きない湯婆婆がいる「にせ館長室」


の隣の「電波室」にオスカーが飾られていました


「ジブリのなりきり名場面展」という企画展示では
アニメの名場面が再現され登場人物と一緒に撮影でき
「千と千尋の神隠し」のカオナシと並んで撮影できる電車の場面には
この日一番の長蛇の列(1時間待ち!)ができていて
これには並ぶのを諦めました

「ラピュタ」や「もののけ姫」他の場所は短い列で済んだので
どこまでなりきれたかわかりませんが撮ってみました


アトラクションそのものの興奮を何度も味わう
体験型のディズニーリゾートとは違い
「三鷹ジブリの森美術館」が「美術館」と称しているように
再現された映画の場面に入り込んで思いにふける「展示」がメインで
アニメへの思い入れの強さが楽しさのバロメーターになる場所という印象です

期間限定でプレミアム券でしか入れなかった建物にも入れる
「魔女の谷・もののけの里セット券」が発売されるそうで
今回見れなかったハウルの城の内部など見に行ければと思います

長いお留守番をさせられるりりぃはちょっと不機嫌・・

り:お留守番は寂しいですから
 一緒に行けるところに行くですよ~
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

34回目の結婚記念日でした

2024年06月02日 | 日記
季節(とき)が流れる、城寨(おしろ)が見える

今日は34回目の結婚記念日でした

20歳前の時にこの歳の自分を想像できただろうか
時の流れこそが「幸福の秘宝」の結実を生むのだと思う
「もう34回」の「もう」の大切さをしみじみ思う今日です

お祝いに平針南交差点近くにある「りすの森洋菓子店ラ・フォセット」の可愛いケーキをいただきました


り:早くお祝いを始めるですよ~

りりぃが一緒にお祝いをしてくれました
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野・白馬に行ってきました その3

2024年05月30日 | 旅行
客室半露天温泉と風呂上がりのビール

2日目の宿泊は源泉掛け流し・疲労回復・美容の湯に部屋で入れる宿「おこもり山女魚」です

ここも1日目の「お宿たんたん」も「穂高温泉郷」の宿になるようです

部屋に続くテラスに檜のお風呂があり
45度の温泉が掛け流しになっています
温度を下げるために湯量を絞っていて
一度風呂桶を空にすると入れる湯量になるまで5~6時間かかるので
チェックインに合わせて風呂をため始め
夜は寝る前に栓を抜いて空にして朝までに新しい湯をため朝風呂に入る・・という流れ?です


居室は至ってシンプルですが
アメニティ等は気配りされて整っていました


新しく出来た離れに隣接してドッグランがあり


屋根があるので雨の日にも利用できます・・がそのためちょっと暗い


まだ日があるうちに温泉1回目につかり
きんきんに冷えた生ビールをいただきました・・至福!

写真を撮ることさえ忘れて・・空のジョッキです

お疲れのりりぃ

り:ビールは飲めないですから・・

夕食はお風呂のあるテラスでいただきます
りんごワインで乾杯し前菜をいただきます

生わさび1本を摺り下ろしながら
馬刺しやお刺身、ステーキにも薬味としていただきます
前菜の馬刺しは臭さもなくわさびが良く合いました
わさびの葉のてんぷらも美味しかったです

刺身は大王岩魚の姿造りと信州サーモンのマリネ
このサイズの岩魚が釣れたら最高でしょう
口元にフライが刺さっている姿を妄想します


山女魚の香草焼き
獲れたての山女魚をローズマリーやタイムなどのハーブと一緒に焼き上げてあり
とても美味しかったです

渓流釣りは好きだけど川魚の塩焼きは苦手な私も
皮ごといただき「猫またぎ」と言われる状態まで奇麗にいただけました

長野県産牛のロースステーキの炭火焼
すでに焼き始めてます・・好きなものが出てくるとよくあることですが

適度な霜降りでとても美味しかったです

ご飯は岩魚のそぼろ飯
川魚徹底してます


ご飯の後さらに締めの信州蕎麦
「わんこそば」みたいに一口分程度が盛られて出てくるかと思いきや
ほぼ一人前の量です(なにをもって一人前とするか・・ですが)
SOBA&CAFE sanpoでいただいた蕎麦もそうでしたが
信州蕎麦はやや細めでつるつるとし強いコシがあります
お腹はいっぱいのはずですが美味しくいただきました


デザートはゆず味のくずきりのような・・美味しかったと記憶しています


食べつくした後に2回目の温泉を堪能しました

そして3日目の朝・・3回目の温泉
教えていただいた通り寝る前に空にしてから湯を張り始め
朝には掛け流しの湯が溢れる状態になっていました

もう朝食です
苦手と言っていた焼き魚ですが
火加減がよいのだと思いますが
私のような者でも奇麗に美味しくいただけました
曲げわっぱの弁当箱に入っているという趣向も楽しませてくれます


2頭いる看板犬の内
美濃芝犬の鮎ちゃんとご挨拶し宿を後にしました


宿近くのモルゲンロート ベーカリーにより
我家で食べるパンを買い
安曇野スイス村ハイジの里で土産を買って帰路につきました

写真がない・・
1日目と2日目の午前中の晴天が何よりの旅の思い出となり
温泉にもゆっくりつかれて良い旅になりました
旅の写真をスマホだけで撮り1眼レフを持っていかなかった初めての旅行にもなりました
あれもこれも撮ってなかったと思うけれど
備忘録としてのスナップならこれで十分かなと
さて
次はいつどこに行けるでしょうか・・
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

安曇野・白馬に行ってきました その2

2024年05月29日 | 旅行
絶景テラスから後立山連峰を眺める

2日目
午前中は晴れの予報を信じて早々に荷造りを済ませ
美味しい朝食をいただき宿を出発
岩岳マウンテンリゾートに向かいました


148号線を北に向かうと
前方に青空を背景に後立山連峰が近づいて来ます
晴れている間にと気持ちが急かされます


10時過ぎに岩岳マウンテンリゾート駐車場に着くと
入口前で車が列を作っていてすでに混雑している様子
着いて分かったことだけれど有名アーティストが土日に
芝生広場で音楽フェスを開いていてそれに参加する人で混んでいたのでした
一般客はほぼ待たずにゴンドラに乗ることができました


登るにつれ稜線が近づいてきます


ゴンドラを降りて北アルプスが見渡せる方へと歩いて行くと
キッチンカーが縁日のように並んでいました
10年前は静かな林の小径だった場所の記憶があります


ブナの森の中に北アルプスを眺めるための「氷河デッキ」が作られていて


りりぃ不帰の嶮と白馬鑓ヶ岳をバックに記念撮影

背景にキッチンカーが映り込み残念

着いた時には稜線にかかる雲もなくこの日一番の景色に


氷河デッキのすぐ前に「HAKUBA MOUNTAIN HARBOR」があり


標高1,289mから北アルプスが一望できるデッキで
撮影順番待ちで仲良くなった東京から来ていたカップルに撮っていただく


ここに「THE CITY BAKERY」が出店していて
山を愛でながらコーヒータイムを満喫


ゴンドラ乗り場側に戻って来た時には
稜線に雲がかかり始めていました


山頂の施設のほとんどの場所が音楽フェスティバルのため立ち入れず
正午には下界に降りました


岩岳マウンテンリゾートから松本方面に戻り
デッキ席犬OKの「農カフェ」で昼食をとることに


ごろごろ野菜のスープカレーをいただきました


また148号線を北上し岩岳マウンテンリゾートの入口を過ぎて
文化庁の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている青鬼集落を訪ねました

集落の集会所にもなっている「お善鬼の館」の前で

棚田は丁度田植えが済んだところで
水を張った田んぼと北アルプスの絶景で有名な場所ですが
天気予報通り正午を過ぎて雲が山にかかり残念でした


今日の宿「おこもり山女魚」に向かう途中
本日のソフトクリームタイムで
かぼちゃやま農場直売所に立ち寄り


「これぞ定番!いちごソフト」をいただきました


晴れて良かった!2日目
また温泉のある「おこもり山女魚」に泊まります
コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする