近代建築撮影日記

日本全国の近代建築を
大判カメラ、一眼レフ、デジカメなどで
撮影した写真で紹介していきます

網干の町家と街並 2017

2017-12-20 18:24:39 | 近畿

前回の続き、今回は網干の町家と街並。

使用カメラ・レンズ
1.SONY α7・Ai NIKKOR 20mm f3.5S・2017.11撮影(印なし)
2.SONY α7・Voigtländer SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 ASPHERICAL III E-mount・2017.12撮影(☆印)


※2017/12/25追加※

1996/8/9撮影の写真を整理したので追加掲載する。
20年間の変化を見てもらえたらと思います。


【網干区新在家】
A家住宅


『姫路市史 第15巻 下』によると、右側主屋が明治末頃、背の高い左側主屋増築部が昭和9年の建築。

同上


裏手には網干川の船着き場があり、元は材木商だったらしい。

H家住宅



同上


A家の増築部に似ている。おそらく昭和初期の建築だろう。

N家住宅



江戸期の町家だと思うが、詳細は不明。

網干川~網干橋~旧網干銀行の街並



旧北川カメラ店~旧龍野藩南組大庄屋 片岡家~旧佐久間文具店の街並


旧龍野藩南組大庄屋 片岡家を挟んで古い町並が続いている。一軒も欠けることなく残したい景観だ。

1996年に同じ場所を旧佐久間文具店側から写した写真

(カメラ;Nikon FA・1996/8/9撮影)

旧旅館名田忠


旅館移転後手芸店が入っていた。名田忠は移転地で今も営業している。

以前はこんな感じだった


(カメラ;Nikon FA・1996/8/9撮影)

旧山崎屋・N家住宅


左がN家。『姫路市史 第15巻 下』によると、江戸後期の建築である可能性が高いという。外観から見て右の旧山崎屋も江戸後期だろうと思う。
山崎屋は網干銘菓「はまぐり」の製造販売元。山陽網干駅前に移転している。

山崎屋閉店直後の写真


(カメラ;Nikon FA・1996/8/9撮影)

N家住宅の裏



O家住宅


塀の内に前栽(せんざい)があり、町家と屋敷の中間的な建築。造りの良い外観から見て幕末から明治頃の建築だろうか。

M家住宅



同上


旧状を壊さない範囲でよくメンテナンスされている。虫籠窓があるので江戸期の可能性が高いと思う。

網干神社から善慶寺にかけての街並

殆どの家に直しが入っているが、古い街並みが続く。

かつては門前に飲み物を扱う店があったが、今は駐車場になっている。

(カメラ;Nikon FA・1996/8/9撮影)


【網干区興濱】
旧M家住宅


出来るだけ旧状を保ってメンテナンスされている。『姫路市史 第15巻 下』によると、元舟庄屋で幕末期の建築である可能性が高いという。

同上


格子が開閉できるようになっているのか?

メンテナンス前は黒い漆喰壁だった


(カメラ;Nikon FA・1996/8/9撮影)

加納結納品店



メンテナンス前は二階に出格子があった

(カメラ;Nikon FA・1996/8/9撮影)

旧山本家住宅付近の街並



同上



同上


右2棟は江戸期っぽい。

鮮魚まるまん



同上



同上


山本家の離れを移築したという。

西原提灯店~旧水井家住宅の街並


網干で銅張は少ない。


【網干区濱田】
K家住宅

幕末から明治頃の建築だろうか。


【網干区余子濱】
加藤家住宅長屋門
(不詳/幕末(1864年)/木/登録文化財)


右の石碑は擷秀碑(加藤邦太郎顕彰碑)。「擷秀碑」の3文字が勝海舟の揮毫。

同上



以前は石碑の右側に大きな米蔵があった。

(カメラ;Nikon FA・1996/8/9撮影)

加藤家住宅主屋
(不詳/幕末(1862年)/木/登録文化財)



加藤家住宅濱座敷(左)
(不詳/幕末(1851年)・M7増築・S33移築改修/木/登録文化財)
内蔵(右)
(不詳/M32/土蔵造/登録文化財)

加藤家住宅濱座敷



A家住宅


2階の高さを見ると、江戸期のように思われる。

同上



T家住宅


虫籠窓がある。1階は直されているが、江戸期の可能性が高いと思う。

S家住宅



同上


1階部分の格子などが昔のまま残っている。幕末から明治頃の建築だろうか。

N家住宅


こちらも江戸期だろうと思う。印刷屋だったが、営業しているのだろうか?

N家住宅・S家住宅


N家とS家は道路を挟んで並んでいる。

K家住宅



同上


『姫路市史 第15巻 下』によると、元廻船問屋で明治14年の建築であるという。

Y家住宅


昭和後期には家具店を営み、その店舗になっていた。2階の高さを見れば十分江戸期にさかのぼれると思う。

旧H家住宅・I家住宅


右がI家住宅。『姫路市史 第15巻 下』によると、元材木商で明治32年の建築であるという。

旧Y家住宅(現存せず)

(カメラ;Nikon FA・1992/2/9撮影)
『姫路市史 第15巻 下』によると、江戸中期(1700年代前半)頃の建築ということだが・・・

残念ながら取壊されてマンションが建った。

(カメラ;Nikon FA・1996/8/9撮影)


*一般住宅の名称は実名を使わずアルファベット表記にした。同じアルファベットのものがあり混乱しそうだが、ご了承願いたい。

『兵庫県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 網干の近代建築 2017 | トップ | 姫路の近代建築 2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

近畿」カテゴリの最新記事