My Sweet Road 大垣

月~金 朝9:15~放送

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

漂泊の思ひやまず/行く春や鳥啼き魚の目は泪

2013-03-15 11:25:55 | イベント情報

奥の細道むすびの地記念館第5回企画展

芭蕉真筆でたどる『奥の細道』

~漂泊の思ひやまず・発端~

(日時)3月30日(土)~5月12日(日)

(場所)奥の細道むすびの地記念館 芭蕉館

(時間)9:00~17:00

(入館料)大人300円(高校生以下無料)

 「奥の細道」の旅立ち直前の様子から白河の関までの旅を、

 芭蕉の真筆を含む貴重な資料でたどります。

 

記念館学芸員大木祥太郎さんにお話を伺いました。

 

随時開催!! 学芸員による企画展示解説

ギャラリートーク

(日時)4/7(日)・ 4/13(土)・4/20(土) ・4/28(日)・5/5(日)・5/12(日)

(場所)記念館企画展示室

(時間)15:00~15:30

(参加申し込み方法)事前申し込み不要、参加費無料(入館料は必要)

 

また、新しく発見された懐紙についての解説講座が予定されています。

「行く春や」の句を考える

~新出の「鮎の子の」等五句懐紙~

(日時)4月14日(日)

(場所)記念館 多目的室1

(時間)14:00~15:30

(参加方法)受講料無料、事前申し込み 定員80名

(講師)大阪城南女子大学 小林孔(とおる)教授

 

企画展関連講座についても、学芸員大木祥太郎さんにお話を伺いました。

企画展や常設展示の資料を

じっくり読んで頂いて、

芭蕉や奥の細道に関して 一つ、二つ頭の中に入れて帰ってもらえたらなと

学芸員の大木祥太郎さんはおっしゃっていました。

今後の企画展では、常設展示で扱われていない

例えば、『奥の細道』最北の地 象潟など、

奥の細道の名所が取り上げられていくそうです。

 

また記念館AVシアターでは、新たに日光路を紹介する映像を

3月30日から上映する予定です。こちらも、是非ご覧下さい。

 

奥の細道むすびの地記念館 第5回企画展についての

お問い合わせは、奥の細道むすびの地記念館 芭蕉館

電話番号:0584-84-8430

または、

大垣市役所文化振興課 

電話番号:0584-81-4111 (内線784 788)

詳しくは、こちら

 

今後とも記念館・大垣・岐阜をよろしくお願い致します。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 15周年・・・はたまた・・・... | トップ | 経過報告 最終回 »
最近の画像もっと見る

イベント情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事