My Sweet Road 大垣

月~金 朝9:15~放送

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

経過報告 最終回

2013-03-18 11:31:42 | 雑感・その他

これまで3回に渡って紹介してきた、

柿渋染め実験レポート、今回が最終回です。

(前回の様子はこちら

 

 実験を開始して、早3週間。

柿渋で染めては、日光にあてて発色させ、

を繰り返し、ここまで色が変わりました。

 

染色前

 

染色後

 

 

一部、金具に触れている部分が変色している事に目をつぶれば、

中々良い色に染まっています。

 

本来なら、十分に色が出るまで時間をかけて、

日にあてたい所ですが、今回は突貫工事で、

仕上げの鉄媒染まで行います。

 

見事にデスク周りに馴染んだ鉄媒液。

うっかりすると、珈琲か何かと間違えます。

 

たっぷりの水に、

 

 

十分に鉄サビの溶け込んだ媒染液を、

ほんのちょっとだけ。

 

よーくまぜて、どっぷりと浸します。

 

そりゃもう、じゃぶじゃぶと。

 

……ん?

 

うわっ!真っ黒に!!

 

バケツ一杯の水に対し、ペットボトルのフタ一杯程で、

墨のようになりました。

 

鉄媒染の威力に慄きつつ、

十分に漬け込んだら、

よーく念入りに洗って、乾かします。

 

 

さあ、どんな仕上がりになったのか……

 

 

写真では少し分かりにくいですが、

赤みを帯びた茶色から、

深いチョコレートに変わりました。

変色した部分も、然程気にならない色合いです。

 

 こう云ったらなんですが、

予想を超えて上手くいきました。

 

さて、柿渋染めの本当の楽しみは、

実はここからです。

 

これまで散々書いてきましたが、

柿渋で染めた布は時間をかけて、

徐々に色合いが変化していきます。

 

初めのうちは、硬く感じる手触りも、

使い込めば使い込むほど風合いも柔らかくなり、

より一層愛着も湧くことでしょう。

改めて、じっくり時間をかけて染め直すのも、

良いかもしれません。

 

この鞄も、どんなふうに育っていくか、

今から楽しみです。

 

完成まで随分とかかりましたが、

お付き合い、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 漂泊の思ひやまず/行く春や鳥... | トップ | 水の都 大垣 春のイベント... »
最近の画像もっと見る

雑感・その他」カテゴリの最新記事