極私的映画論+α

+αは・・・日記です(^^;
最近はすっかり+αばかりになってしまいました(笑)

ガメラ2 レギオン襲来 (1996) 99分

2009-12-05 21:36:10 | 特撮大好き♪
ガメラ2 レギオン襲来 [DVD]

角川エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る



 冬のある日、北海道・支笏湖近辺に巨大な隕石が落下した。すぐさま渡良瀬二佐を中心とした自衛隊が現場に急行したが、巨大なクレーターが発見されたのみで、不思議なことに隕石自体は影も形も見つからなかった。隕石の落下を目撃した札幌青少年科学館の職員・穂波とNNT職員の帯津は、それ以来、支笏湖周辺から札幌にかけて巨大なオーロラの発生や光ファイバー・ケーブルの消失といった謎の現象が起きていることに興味を持ち、調査を始めていた。そんなころ、札幌のビール工場ではガラス瓶の大量消失と怪獣らしき生物の目撃が確認され、偶然知り合った渡良瀬と穂波はお互いの情報を交換する。そして、隕石落下から5日目、ついに札幌の街に大きな異変が起きた。地下鉄構内に虫のように群れをなした異生物が出現し、地下鉄の乗客が襲われ、ビル街には巨大な植物体が現われたのだ。


 DVD ★★★★


 いまだにこの映画を映画館で観なかったことを悔やまずにいられない私です(笑)日本の怪獣映画・・・っていうか、特撮映画の最高峰とも言える作品で、なんせ映画として初めて1996年第17回日本SF大賞受賞している名作です。これが今の時期に公開されていたなら、もう少し客も入ったんだろうナァ・・・悔やまれてなりません。

 前作の舞台は九州から北上し東京でギャオスと戦いましたが、今作は北海道から仙台、そして栃木で最終決戦というのもお約束として面白いですね。次作の「ガメラ3」では京都が舞台となりますし、「小さな勇者たち」では名古屋が舞台です・・・って話はま、いっか(笑)

 この作品の素晴らしいところは、前作が「伝説」の元で蘇ったギャオスとガメラの戦いでしたが、宇宙から襲来した「レギオン」の性格付けが凄くSFなんですね。そして子どもに見せることを躊躇してしまうほどの恐怖と残酷さをはらんでいます。ガメラはもちろん子どもの味方なんですが、この映画は完全に大人向け・・・しかも東宝特撮シリーズや大映のガメラや大魔神で育った世代をターゲットにしています。


 しかし・・・観てて怖いし痛いです(笑)

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 前作をまだ20問しか(笑) | トップ | かなり・・・でかいです(爆) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

特撮大好き♪」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

ガメラ2 レギオン襲来 (Subterranean サブタレイニアン)
監督 金子修介 主演 永島敏行 1996年 日本映画 99分 特撮 採点★★★★★ なんだかここ数年ずいぶんと増えてはきましたが、かつては滅多なことではロケ地になることがなかった仙台。松島なんかはワイド劇場とかでちょくちょくロケされてたけど、有名ホテルの食事風景やら...
「ガメラ2 レギオン襲来」 主人公は怪獣ではなく、人間 (はらやんの映画徒然草)
平成ガメラ三部作の中でどれが一番好きかと言われたら、迷わずこちらの作品「ガメラ2