NPO法人大雪山自然学校ブログ

URL: http://daisetsu.or.jp  TEL/FAX:0166-82-6500

【大雪山国立公園・旭岳情報】視界不良の日は道迷いに注意!

2018-05-31 18:29:35 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2018/5/31(木)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】曇り時々雨
【気温】9℃
【風速】7m/s
【積雪】130cm


ただいま旭岳自然保護監視員を募集中です!
【大雪山自然学校 夏季臨時スタッフ(旭岳自然保護監視員)募集】
ご連絡、お待ちしております!

しばらく好天が続いていましたが、今日は久しぶりに霧に包まれ雨も降りました。

現在の姿見の池園地は、各展望台周辺などでは雪が融けていますが、その展望台に行くまでの散策路はまだ雪に覆われているため、雪の上を歩きます。

スニーカーでは靴が濡れてしまうので、姿見駅にあるレンタル長靴(6/1より1足300円)をご利用ください。

姿見駅からいちばん近い第一展望台までも、雪の坂道を上って行きます。

不安な方は、杖やトレッキングポールがあると少し歩きやすいかもしれません。

今日は園地内に看板を設置しました。注意書きを読みながら散策してください。



第一展望台から先は正面の噴気孔の方向ではなく、左にある第三展望台へ向かいます。


今日のように霧で視界が悪い日は、写真の目印(デポ旗)を確認しながら進んでください。

第三展望台でもミネズオウの花が咲いてきました。


キバナシャクナゲも咲き始めています。


夫婦池の先では本来の散策路を残雪が覆っていましたが、だいぶ融けてきたので崩す作業を行いました。



融けてきたとはいえ、かなりの厚さです。


開通しました!


その先に進むとさらに霧が深くなり、噴気孔がまったく見えない状態でした。


登山する方向もまったくわかりません。旭岳では残雪がある6月は遭難が多発しています。
天気が悪い日や、悪くなる予報の日の無理な登山は禁物です。

下山道や裾合平方面もまだ雪に覆われているため、行くのは危険な時期です。

階段の石に着いた氷が滑って危ないので、割る作業もしました。


霧がかかると360°真っ白です。一面の雪原で迷っている方もいらっしゃいました。


隣の目印(デポ旗)が見えないほどの霧だったので、間隔を狭める作業もしました。
天気の悪い日は、登山も散策も無理のない範囲にしておくのが安全です。

明日は天候が回復しそうです。
晴れた日は雪の白の反射がとても眩しいので、サングラスもお忘れなく。

●ロープウェイの運行状況(6/1より変更あり)
旭岳ロープウェイのホームページ

●登山道・探勝路などの情報
旭岳ビジターセンターのフェイスブック

旭岳自然保護監視員:羽馬 和美

コメント

【大雪山国立公園・旭岳情報】すがたみのなかまたち

2018-05-30 18:30:45 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2018/5/30(水)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】晴れ
【気温】14℃
【風速】10m/s
【積雪】140cm

ただいま旭岳自然保護監視員を募集中です!
【大雪山自然学校 夏季臨時スタッフ(旭岳自然保護監視員)募集】
ご連絡、お待ちしております! 

すり鉢池の雪融けが進み、水の色も青くなってきました。
今日もいろいろな作業をしながら、姿見の池園地を一周しました。

園地内では様々な動物や高山植物と出会うことがあります。
第二展望台では、遠くにギンザンマシコの姿が見られました。


ノゴマの美しいさえずりが、園地内に響き渡ります。


キタキツネやエゾシマリスが活動する様子も見られました。


今年一輪目のキバナシャクナゲが夫婦池の間で咲き始めました。


ミネズオウの花も少しずつ増えてきています。


第三展望台ではコメバツガザクラの花が見られます。


とても小さいガンコウランの花も探してみてください。


姿見の池の淵が少し融けてきました。


今年もカラスに食べ物やロープウェイの券、スマホなどを盗られる被害が起きていますので十分にご注意ください。


●ロープウェイの運行状況
旭岳ロープウェイのホームページ

●登山道・探勝路などの情報
旭岳ビジターセンターのフェイスブック

旭岳自然保護監視員:羽馬 和美


コメント

【大雪山国立公園・旭岳情報】週末に雪が降りました

2018-05-28 18:20:43 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2018/5/28(月)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】晴れ時々曇り
【気温】8℃
【風速】3m/s
【積雪】150cm

ただいま旭岳自然保護監視員を募集中です!
【大雪山自然学校 夏季臨時スタッフ(旭岳自然保護監視員)募集】
ご連絡、お待ちしております! 

先週末は研修や上級救命講習などを行い、今日は4日ぶりに山に来ました。


旭岳・姿見の池園地では週末に雪が降り、数cm積もりました。
旭岳の表面もまた白くなりました。

先日立てた道しるべなどが倒れていないか、一周して確認しました。


第三展望台では、コメバツガザクラの花が増えていました。


とけ始めていたすり鉢池にも雪が降り、シャーベット状になっていました。


夫婦池の間の道沿いでは、大きなキバナシャクナゲのつぼみが見られます。


とても小さいミネズオウも咲き始めてきています。


その先の第四展望台までは雪の坂道があり、その下は空洞になっています。
踏み抜かないように気を付けてください。


散策路でロープがはってあるところなどでは、外側にはみ出たり、高山植物を踏んだりしないでください。


石室の中に入ってしまった雪を外に出しました。
石室の外では、エゾシマリスが姿を見せてくれました。



姿見展望台から姿見駅までは一面の雪野原です。
ピンクテープの印がついた竹の棒(デポ旗)が立ててありますので、それを目印に歩いてください。


姿見駅にホワイトボードを設置しました。
散策の注意点などが描かれていますので、確認してからお出掛けください。


また、残念ながら今年もカラスに食べ物やロープウェイの券、スマホなどを盗られる被害が起きていますので十分にご注意ください。

●ロープウェイの運行状況
旭岳ロープウェイのホームページ

●登山道・探勝路などの情報
旭岳ビジターセンターのフェイスブック

旭岳自然保護監視員:羽馬 和美


コメント

【大雪山国立公園・旭岳情報】姿見の池園地で作業開始

2018-05-22 17:51:26 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2018/5/22(火)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】晴れ
【気温】11℃
【風速】6m/s
【積雪】165cm

旭岳自然保護監視員は、6月1日からの本格的な活動開始に向けただいま準備中です!

また、ただいま旭岳自然保護監視員を募集中です!
【大雪山自然学校 夏季臨時スタッフ(旭岳自然保護監視員)募集】
ご連絡、お待ちしております! 

今日は姿見の池園地へ様子を見に行き、道がわかりにくいところに目印をつけたり、
雪がとけて出てきた鉄ピンにロープを張る作業をしました。

旭岳温泉街から旭岳を見上げると、かなり雪がとけているように感じられます。


しかしロープウェイで上がって、姿見駅から外に出ると一面の雪野原です。


散策路はまだ雪の中。第一展望台や姿見展望台に行くには長靴がオススメです。
姿見駅にあるレンタル長靴をご利用ください。5月末までは無料です。

第一展望台などでは、高山植物のガンコウランが見られます。
毎年雪がとけると最初に咲く、とても小さなお花です。


第一展望台から姿見駅方面。天気がよい日は遠くまで見渡せます。


第一展望台の先も、雪がたっぷりです。


第三展望台まで行くと、少しとけ始めたすり鉢池が見られます。


第四展望台の手前では、コメバツガザクラが咲いていました。


姿見の池もまだ雪の中です。


姿見展望台から旭岳山頂への登山道も、まだ雪があります。
写真は第五展望台から見た登山道の様子。天気が悪い日は道に迷い遭難が多発する時期です。


姿見展望台下の階段から姿見駅までは、ずーっと雪の上を歩きます。


また、山麓駅の周辺では、エゾノリュウキンカやミズバショウの花が見られます。
木道を歩いて近くまで行けますがここもまだ雪があり、濡れた木道はとても滑るのでご注意ください。


このブログでは、旭岳・姿見の池園地やその周辺の、日々の最新情報を発信していきます。
今シーズンもよろしくお願いいたします!

●ロープウェイの運行状況
旭岳ロープウェイのホームページ

●登山道・探勝路などの情報
旭岳ビジターセンターのフェイスブック

旭岳自然保護監視員:羽馬 和美

コメント

Give One「E-ファンドレイジング・チャレンジ」始まりました!

2018-05-22 14:30:18 | 大雪山自然学校事業

このたび、寄付サイト「Give One(ギブワン)」の審査を通過して登録団体となったことを記念して、
Give Oneと協力してE-チャレンジという寄付キャンペーンを行なうことになりました。
今回のキャンペーンでは、7月5日までの45日間で、50万円のご寄付を目標としています。

100年後も今と変わらない大雪山のために
北海道最高峰である大雪山・旭岳とその周辺エリアには、
国内外を問わず、登山者や団体バスツアーなど子供から大人まで多くのビジターが集まります。
同時にこの地域では、
外来植物の拡大や散策路の崩壊、登山道逸脱者による高山植物への踏付け影響など
多くのビジターを迎えるからこそ発生する課題があります。
「100年後も今と変わらない大雪山」のために日々変化する課題に、
「利用者による環境保全」という仕組みで取り組みます。
https://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10526

クレジットカード、ジャパンネット銀行、ペイジーのご利用が可能です。
ご寄付にあわせてGive One上のマイページからメッセージもお寄せ下さい!

オンラインでのご寄付ができない場合は、下記ゆうちょ口座に直接お振込みください。

〈払込取扱票、またはゆうちょ銀行(総合口座)からゆうちょ銀行(郵便振替口座)へ〉
口座記号:02740-2  番号:102919
口座名称:NPO法人大雪山自然学校 (カナ)トクヒ)ダイセツザンシゼンガッコウ
〈他の金融機関からゆうちょ銀行(郵便振替口座)へ〉
支店名:二七九(ニナナキュウ)店(279)
口座番号:0102919  口座種類:当座預金
口座名称:NPO法人大雪山自然学校 (カナ)トクヒ)ダイセツザンシゼンガッコウ

===================================
そもそもEファンドレイジング・チャレンジとは?
https://www.giveone.net/cp/pg/donate_s/EFChallenge2018shinkiPage.aspx
オンライン寄付サイトGive One(ギブワン)を運営する公益財団法人パブリックリソース財団では、
新たなGive One登録団体を対象とした、E-ファンドレイジング・チャレンジ(E-チャレンジ)を実施しています。
期間は、2018年5月22日~2018年7月5日の45日間。

E-チャレンジでは、いま社会で起きているさまざまな課題を紹介し、オンラインでのご寄付を募っています。
今回のE-チャレンジでオンライン寄付を募るのは、Give One(ギブワン)に登録されたばかりの5団体。
いずれもGive One(ギブワン)運営委員会による選考を経た団体です。
===================================

コメント