NPO法人大雪山自然学校ブログ

URL: http://daisetsu.or.jp  TEL/FAX:0166-82-6500

【大雪山国立公園・旭岳情報】雪山

2019-09-21 16:03:23 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2019/9/21(土)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】晴れのち曇り
【気温】~10℃
【風速】~3m/s
【積雪】~30cm

雪で真っ白になったあと晴れる山、これは最高にキレイです。

この時期に初冠雪になることは多いですが、今年は量が多すぎました。
紅葉はすっかり埋まり、晴れて雪が融け始めてもまだ地面は出てきません。


姿見の池園地一周コースも階段が雪のスロープになったり、危ない箇所があります。


そんな状況の中、本来なら紅葉シーズンの3連休、例年通りたくさんの人が訪れました。


旭岳登山に出かける人も多いですが、まず、スニーカーの人はやめておきましょう。
登山靴でも、登ることはできても下りられないかもしれません。
山頂方面へはアイゼンをお持ちください。

また今日は晴れていましたが、雪で登山道の目印が隠れてしまったので、ガスがかかると迷いやすく危険です。
現在、十勝岳でも行方不明者がいます。十分注意してください。

紅葉はどうしたんだろうか、いつなんだろうか、と戸惑っている方も結構いらっしゃいました。
紅葉は埋まりました。
雪を掘れば見られるかもしれませんが、おそらく茶色くなっているでしょう。
そっとしておいてあげてください。
紅葉を見たいという方には、ロープウェイの車窓からがおすすめです。
こちらはまだ始まったばかりですが、木々には黄色やオレンジ色が混ざっています。

山麓まで雪をかぶってしまったので、そちらもこれからどうなるかわかりませんが…

 

旭岳自然保護監視員:藤このみ

コメント

【大雪山国立公園・旭岳情報】 2か月ぶりの雪

2019-09-20 18:02:39 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2019/9/20(金)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】雨
【気温】~2℃
【風速】~12m/s
【積雪】~30cm

 

毎日の天候記録から積雪の数字が7/19に消えてから2か月が経った昨日、今シーズンの初雪が降りました
そして今日の積雪は30cmとなっています

 


気温が上がったり雨が降って今回積もった分は一回なくなると思いますが、冬はどんどん近づいてきていますね

 


ハイマツに積もった雪とウラジロナナカマドの色合いが良いです

 

 


この雪を待っていた雪だるまが一斉にいろいろな所に出現しています
※目や腕をつけるために石を埋めたり枝を折って使うことはしないでください

 


場所によっては吹き溜まりになっていてより多くの雪が積もっているところもあります
そのような所では除雪を行っていますが、ほとんどの場所ではそのままになっているため非常に歩きにくい状態になっています
夏の時期に履いているような靴では濡れたり滑ってしまうため、長靴の持参またはレンタルをご利用ください


カワラヒワ

 

 

旭岳自然保護監視員:大塚 航平

コメント

【2019年9月20日発行】旭岳・天人峡ネイチャーレター(日本語)

2019-09-20 08:28:47 | 旭岳・天人峡ネイチャーレター



2019年9月20日発行の旭岳・天人峡ネイチャーレターをお届けします。
旭岳・天人峡ネイチャーレター №15 PDF PDFをダウンロードできます

旭岳・姿見の池園地や天人峡に来られる際は、ぜひ参考にしてください。

下記SNSなどでも情報を発信しています。
旭岳自然保護監視員 Facebook
旭岳自然保護監視員 Instagram

新・旭岳ビジターセンターOPEN!
旭岳ビジターセンターのホームページ

大雪山の登山情報はこちら!
大雪山国立公園 登山情報

北海道警察より
安全登山情報

旭川方面本部
管内の主な山系と登山の注意事項

バスいで湯号運行中!
№66 Ideyu-go Bus timetable

66番 旭川空港経由・旭岳線(いで湯号)時刻表

コメント

【大雪山国立公園・旭岳情報】吹雪 Blizzard at Sugatami-Asahidake

2019-09-19 14:50:53 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2019/9/19(
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】雪,
【気温】-1℃
【風速】~15m/s

 

 

Welcome to Sugatami Pond! 

 

According to https://www.wpc.ncep.noaa.gov/html/windchillbody_txt.html the real feel when taking into account both air temperature and the wind chill, the real feel was about -12°C. 

風と気温を合わせた実際の温度は約-12°Cかな

 

 

Suribachi Pond

 

 

Camp Manager Mastumara San taking in the view in deep thought, well maybe he's actually very cold and waiting for us to go back inside.

雪見...思案る...多分彼は戻りたいですか?

 

Frozen smile, can barely close my mouth afterward. 

 顔 が 冷たい. 口を閉じることができません。

 

No name pond with siberian salamanders. They can survive in -45 degree Celcius waters!

名前のない池。 ここにはエゾサンショウウオがいます。 彼らは摂氏-45度の海で生き残ることができます!

 

Veratrum album aka "white hellebore" 

 

 

Fujiko San taking cover from the 15m/s winds and snow hitting the face (53km/hr. 33mph) 

安全な場所に着く! She was ok. Shomoto San went on a hike right afterward, champion. 

シャモトさんはその後、チャンピオンにハイキングに行きました。

 

 

 

ー楽しんで

Hiker taking a few pics before ducking back under cover. 

 

Mastumara San stepping in a pile of about 8cm worth of snow due to heavy winds moving it around and the snow catching to the side of this boulder near Sugatami Pond. 

8cm い 此処

 

Wind shaping some gnarly ice shapes on the guide ropes. 

グ, 風のため

 

Well...it is still fall season. 

まだ秋のシーズンです.

 

More gnarly ice forming on the igneous rock. 

アイスカービング, 風のため

 

 

The meadow at the Asahidake Ropeway station. Looks very windy.

旭岳ロープウェイ山麓駅の草地. とても風が強い. 

 

Happy Fall Season!

秋を楽しんでください.

 

Conservation Guard/Ranger Jeremy 

コメント

【ご案内】2019年9月27日(金) 近自然学セミナー 「私たちが住んで気持ちいい景観をどう作って行く?」  スイス近自然学研究所代表 山脇正俊さん

2019-09-19 12:06:37 | お知らせ

近自然学とは、自然の原理原則を理解し、自然の力を活用した持続可能な人間社会を構築するための考え方です。例えば、豊かな暮らしのために無理なエネルギーへの再投資ではなく、自然の力を借りた対策をすることです。

今回のセミナーでは、近自然学の理解を深め、『私たちの「まちづくり」や「教育」や「エネルギー利用」に応用できないか?』を皆さんと考えたいと思っています。この利点は何か?そして、課題やリスクを把握し、「私たちのまちづくりに活用できるか?」を考えたいと思っています。

今回は、特に町並みについて話してもらいます。東川の町並みは、何をどのように整えていくと良いのか? 様々な選択肢がある中で、何を優先的に考えるとよいのかのヒントを頂きます。山脇さんには、国内外での様々な事例やシミュレーションを用いて解説してもらいます。山脇さんの話は、わかりやすいし、面白いし、具体的です。この機会に「私たちがすべき次の行動」を考えたいと思っています。

近自然学セミナー案内書PDFはこちら

■日時:2019年9月27日(金)13:30-16:30  

■場所:道草館2階 (北海道上川郡東川町東町1丁目1−15)

■参加費:無料

■申し込み・問い合わせ: 大雪山自然学校
TEL:0166-82-6500
email: desk@daisetsu.or.jp (担当:荒井)
※事前にお申込みください。席数に限りがあります(40席)。
※事前申し込みが無い場合でも、立ち見であれば当日参加も受け入れます。

■講師 山脇正俊さん http://kinshizen.moo.jp/homepage/profile-jp.html
『近自然学・近自然工学』研究、スイス近自然学研究所 代表
スイス連邦工科大学・チューリッヒ州立総合大学講師:武道
『近自然森づくり研究会』特別顧問、環境・オーディオ コンサルティング

■主催:大雪山自然学校
■共催:スローフードフレンズ北海道、LoCoTAble、 協力:東川町商工会

 

コメント