NPO法人大雪山自然学校ブログ

URL: http://daisetsu.or.jp  TEL/FAX:0166-82-6500

【大雪山国立公園・旭岳情報】一晩で冬景色

2020-10-25 17:32:11 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2020/10/25(日)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】雪
【気温】−3℃
【風速】~13m/s
【積雪】23cm

2週間ぶりに出勤すると、道路沿いの景色が途中から急に白くなり旭岳温泉は冬でした。
車でお越しの際は冬タイヤで。「前にこの辺で道路脇に突っ込んでた車あったなぁ…」
「この辺でスタックした車が乗り捨てられていたこともあったなぁ…」といろいろ思い出しました。

姿見駅前もご覧の通り。
昨日の積雪は1cmでしたが、今日は一日しんしんと降り積もり20cm以上になりました。

作業は冬用の防寒靴を履いて行きます。
散策でも帽子・手袋は必須です。足元不安な方はトレッキングポールがあると安心です。


寒そうだなと思って着込んで外に出たのですが、歩いていると暑くなってきました。
やはり脱いだり着たりできる重ね着がオススメです。

散策路に出てみると、看板が新しくなっていました。

Uni-VoiceというアプリをダウンロードしてこのQRコード風のもやもやを読み取ると、四種の言語の説明文が読めるようになりました。

今日はとりあえず第一展望台まで、雪に埋もれた段差が見えるようにしました。

雪の下には石が隠れています。雪がまだ浅いので、転んで頭などぶつけないように気を付けてください。

第一展望台の先も、どこまで行っても雪景色です。外にはトイレもありません。
視界の悪い日に無理に一周しようとして、遭難しないようにご注意ください。

ロープを外す作業をしているため、両脇の鉄ピンを目印に、その内側を歩いてください。
散策路外は高山植物の領域です。雪の下で春を待つ植物を踏まないでください。

第三展望台の看板も野鳥の種類が増え、とても素敵になりました。

第四展望台手前から姿見の池までの、ロープを外す作業をしました。

ロープはカチカチに凍っているところもあり、ペンチを使って外しながら巻いていきます。

背負子に入れて姿見駅まで背負ってかえりますが、凍ったロープで山盛りになります。

姿見の池は、流れ出る口のきわきわまで凍っていました。

姿見階段、今日はツルツルではありませんでしたが、雪で石段が見えず、下りるのはちょっと怖い感じでした。


姿見展望台~姿見駅間の散策路や、沢を渡るところは水がしみ出していて靴が濡れます。
準備がない方は姿見駅でレンタル長靴(一足300円)をご利用ください。

朝夕や低温の時は凍ってツルツルになることも。
※レンタル長靴で足は濡れませんが、カチカチの氷の上ではどんな靴でも滑ります。

ここの看板は周辺で見られる植物が掲載され、とてもいい内容になっていました。

山守隊の方より登山道の情報をいただきました。
9合目から上は、18m/sの湿雪でゴーグルが凍りつくため撤退。
厳冬仕様じゃないと登れない状態だったそうです。

今日は吹雪いて旭岳も見えませんでしたが、やはり雪景色はいいですね。

旭岳自然保護監視員:羽馬 和美

コメント

【大雪山国立公園・旭岳情報】氷と雪

2020-10-24 13:36:04 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2020/10/24(土)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】曇り
【気温】-3℃
【風速】10m/s
【積雪】1cm

昨日は風が強かったため、ロープウェイが終日運休となりました。風の他、気温の上昇と降水の影響で、姿見の池園地内にあった雪がほとんど解け、池の水面も解けました。

しかし、気温は早朝から急に下がりました。道路なら雨が降った後、急に凍結したらブラックアイスバーンが危険でしょう。こちらの散策路も濡れている様に見えるけど実際には薄い氷が今日ありました。凍結したのはだいたい石段や木製の階段で、大変滑りやすいです。

(英語注意点:ブラックアイスバーンの「ブラックアイス」との言語は英語ですが、バーンはドイツ語から来たので、英語圏の人は分かりません)

【足を滑らせる犯人の三つ】

氷の上は白い丸みたいなあられが1cmぐらい載っていました。積雪が解けたのに、景色は新雪によって冬のように見えました。

氷点下と風から発達する霧氷も、姿見の池園地内の植物に付着していました。写真を見ると霧氷が発達した時の風向が分かりますか?

正解は、風が霧氷のある側から降っていましたね。

今後寒い天気が続きそうで、池はまた凍結し、景色はまた雪で埋まって白くなり、冬が戻ってきます。

散策中、手が冷たくなるなら、小さい噴気孔で暖めるのがお勧めです。

(もちろん、大きな噴気孔で暖めないで下さい)

旭岳自然保護監視員:Richard

コメント

【大雪山国立公園・旭岳情報】足跡

2020-10-22 15:42:19 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2020/10/22(木)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】晴れのち曇り
【気温】~6℃
【風速】~10m/s
【積雪】~10cm

 

姿見の池園地の散策路では、雪が積もったり融けたりを繰り返し、春先の道路のようになっています。
ぬかるみや、踏み固められた雪が氷になって大変滑りやすい場所もあるため、冬靴をオススメしています。

レンタル長靴(1足300円)も用意していますのでご利用ください。

 


階段は大変滑りやすくなっているため、十分注意して上り下りしてください。

 


姿見展望台、鏡池の前、姿見駅前等の看板が新調されました。大変見やすくなっています。

 

姿見の池園地散策路では冬の準備をしています。


植物保護用のロープを回収しています。


ロープが無いからといって、散策路外には出ないようお願いします。


駅正面の池に人間の足跡がありました。
植物保護もそうですが、まだ氷が厚くないため割れて池に落ちる可能性もあります。危険ですので池には立ち入らないでください。

 

散策路では、人間の他にも野生動物の足跡を見ることができます。


キタキツネ
ほぼ一直線に足跡が付きます。


エゾシマリス
かなり小さい足跡なので見つけるのが難しいです。


エゾユキウサギ
左から右へ進んでいます。


跳び箱を飛ぶ時のイメージです。

 

 

動物の足跡を探しながら散策してみてください。

 

旭岳自然保護監視員:大塚 航平

 

コメント

【大雪山国立公園・旭岳情報】ぽかぽか日和

2020-10-21 13:04:05 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2020/10/21(水)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】快晴
【気温】~8℃
【風速】~2m/s
【積雪】~10cm


本日の旭岳は朝から雲ひとつなく快晴でした。
風もほぼなく、姿見の池には久しぶりに、旭岳の姿がくっきりと写り込んでいました。

本日は、修学旅行のグループが来ていました。
過去1ヶ月で一番景色の良いときに来ることができ、とてもラッキーで記憶に残る修学旅行になったことでしょう。


散策路の状態は、特に午前中は写真のようにつるつるでした。
姿見の池側の階段は散策路内でも特に急です。また手前の道は氷が張り滑りやすいです。
足元が不安な方は、第1展望台や第3展望台までが比較的歩きやすいです。
また数には限りがありますが、トレッキングポールを貸し出ししていますので、必要な方は姿見カウンターにて監視員に一言声をかけてください。


今日の自分のお昼ごはん
あまりにも外が気持ちよかったので、本日は第1展望台で頂きました。
周りは雪景色でしたが、太陽が出ておりポカポカと気持ちいお昼休憩でした。
*外でご飯を食べる場合はカラスに注意(雪が降ってからは見る機会は減りましたがまだいるようです。)

 

旭岳自然保護監視員 : 飯島

コメント

【大雪山国立公園・旭岳情報】アカタテハ Vanessa indica

2020-10-20 12:25:30 | 大雪山国立公園旭岳・天人峡情報

【日付】2020/10/20(火)
【場所】旭岳・姿見の池園地
【天候】くもり
【気温】~-1℃
【風速】~2m/s
【積雪】~10cm

アカタテハ Vanessa indica aka the "Indian red admiral" [英語の名前翻訳はインドの赤提督です。 ]

サイズ:長さ13cm

生息地 : 高山帯

食べ物 : 若葉 

面白い事実:毛虫として、彼らは蛹化の準備のために若い葉を折る。そして、蛹化はこの葉っぱの中で起こります。*

姿見の池から駅に向かう途中でアカタテハを見ました。ほとんどの蝶と鳥が標高の低い場所や南下に渡り、ここで野生動物を見ることが少なくなりました。なので、今日は蝶を見てびっくりしました。たまたまアカタテハが羽を広げていたので、見ることができました 。翼が開いていなければ、岩と一緒にカモフラージュしてしまうほどだ。。ポケットから携帯を取り出して目をそらしたら蝶を探しても見えませんでした。それはいくつかの岩に近づいていて、私はいつもの眼鏡ではなく、サングラスをかけていました。写真を撮る機会を逃してしまったのではないかと心配になりました。幸いにもまた羽を広げてくれました 。暖かさを求めて日向ぼっこをしていたのでしょうか。

このサイトには、インドのアカタテハが本当に素敵に描かれています。

 

 

Size: 13cm (length)

Climate: High elevation

Eating Habits: Young leaves 

Fun fact: As a caterpillar they fold young leaves to prepare for pupation. Pupation then happens inside this leaf. *

I saw the Vanessa indica while returning from Sugatami Pond. Recently it’s been rare to see wildlife, now that most of the birds have migrated to lower elevation or southwards. So I was surprised to see a butterfly today. Because the (akatateha) happened to have it’s wings spread I could see it! Otherwise if the wings were closed, its camoflouge fits right in with the igneous rocks here. I reached in my pocket to grab my phone and looked away just for a split second. When I looked for the butterfly, I couldn’t see it! It was closer to a few rocks and I wasn’t wearing my normal prescription glasses, I was wearing sunglasses. I was afraid I missed the opportunity to take a photo. Luckily it opened its wings again! Perhaps it was basking in the sun to gain warmth amidst the days 0 degree temps.  

This website has a really nice drawing of the Indian red admiral. 

 

散策路は硬い氷に覆われています。特に朝は足元に気をつけてください。
明日はグチョグチョになりそうなので、ハイキング用の長靴を履くか、ロープウェイの上の駅で長靴をレンタルしましょう。

The trails are covered in hard pack ice. Watch your step especially in the mornings. Tomorrow it will probably be squishy, so wear good hiking boots or rent the rubber boots available at the top of the ropeway. 

 

今日は濃い色合いの姿見の池。

Sugatami with a dark tint today.

9:30

つららに気をつけてください。

Watch out for icicles :)

 

雪の重みの中、まだ持ちこたえている笹。 

Sasa still holding up amidst the weight of the snow. 


15:30

【 おしらせ 】
明日、10月21日より、旭岳ロープウェイの運行時間と料金が変わります。ご注意ください。

始発便 9:00
最終便16:00 上り最終は15:40まで

大人往復2200円、小人往復1500円

詳細は旭岳ロープウェイのホームページにてご確認ください。

旭岳自然保護監視員:ジェレミー

 

source:

 *public domainBingham, Charles Thomas (1905). Fauna of British India. Butterflies Vol. 1. pp. 366–367.

 

 

 

コメント