地獄からこんにちわ

交通事故でC3.C4の四肢麻痺になって
障害者施設から在宅生活に戻れた日々の出来事

レイフ・オヴェ・アンスネス ラフマニノフピアノ協奏曲第3番

2017-06-17 09:07:44 | クラシック音楽
レイフ・オヴェ・アンスネス
ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 第4番



曲目リスト
ディスク:1
1. ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30 第1楽章:アレグロ・マ・ノン・タント
2. ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30 第2楽章:インテルメッツォ(アダージョ)
3. ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30 第3楽章:フィナーレ(アッラ・ブレーヴェ)
4. ピアノ協奏曲 第4番 ト短調 作品40 第1楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ(アッラ・ブレーヴェ)
5. ピアノ協奏曲 第4番 ト短調 作品40 第2楽章:ラルゴ
6. ピアノ協奏曲 第4番 ト短調 作品40 第3楽章:アレグロ・ヴィヴァーチェ

内容紹介
その美音と芸術性で「北欧のオーロラ」とうわわれる実力派ピアニスト、レイフ・オヴェ・アンスネス最新作! 透明感のある美音と崇高な芸術性で、正統派ピアニストの地位を確立しているアンスネス。この作品は、2005年に発売され好評だったパッパーノ指揮のラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番&2番の続編となる。今回のオケは名門ロンドン交響楽団、息の合った名演を聞かせる。ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番は、ピアノ協奏曲の中でも難易度NO.1として知られる大曲。 実力派アンスネスの演奏は聞き逃せない!! レイフ・オヴェ・アンスネス(ピアノ) アントニオ・パッパーノ指揮/ロンドン交響楽団

メディア掲載レビューほか
その美音と芸術性で「北欧のオーロラ」とうたわれる実力派ピアニスト、レイフ・オヴェ・アンスネス。2005年に発売された、パッパーノ指揮の『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番&2番』の続編。 (C)RS

レイフ・オヴェ・アンスネス
初めて聴くピアニストですが素晴らしい
続けて第1番と第2番も購入予約

間に聞いた
キーシンと小沢のラフマニノフが音量不足だったのは自分とこの音響設備がダメなのかデジタル録音がダメだった頃のためなのでしょうか?

柿島秀吉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴァレンチーナ・リシッツァ/... | トップ | タマーシュ・ヴァーシャリ ラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

クラシック音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL