地獄からこんにちわ

交通事故でC3.C4の四肢麻痺になって
障害者施設から在宅生活に戻れた日々の出来事

脊椎損傷障害者『突然のつぶやき』

2016-10-26 09:53:25 | 脊髄損傷
脊椎損傷障害者『突然のつぶやき』

スピーカーをGENELEC1038bに交換して随分とオケの空気感を感じられるようになりヤッシャ・ハイフェッツやダヴィド・オイストラフのCDを聴いていました。オケがぶ厚くホールの空気感も感じられるしチェロの胴鳴りも心地よいと楽しんでいたところ、本日グールドでベートーヴェンのピアノコンチェルト第1番を聴き始めると???おや?


スピーカー右から第1ヴァイオリン
左からチェロ?
ヘルパーさんにスピーカーケーブル右のはライトにつながっているか確認してもらったところ間違いないとのこと!

?

あ!
TASCAM CD200SBからミキサーへのケーブルは?
「反対につながっています」

うわ!

恰好悪!

^~^♪




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

能登島の自宅前でイルカが泳いでる

2016-10-17 14:57:01 | 在宅生活
意外に頻繁にあらわれるイルカさん達
餌となる魚が多くいるのはわかりますが

週末にイルカが現れると
それを追っかけて人間様も追っかけて来るようです
なんだかな

思います

^~^♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1038b GENELEC

2016-10-15 11:58:41 | 脊髄損傷
J.S.バッハの無伴奏チェロソナタ

まるで
目の前に録音してるような!

^~^♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

オーディオルーム

2016-08-22 08:55:37 | クラシック音楽


オーディオルーム

我が家を新築した時にはわざわざオーディオ用の部屋など考えることなく
介護がやりやすい部屋ということと
自然に囲まれているということで
一歩外へ出ると素晴らしい景色が私を受け入れてくれるだけ
実際目の前が海ですから景色は抜群です。

ネガティブ思考の人には塩害は?
風は強くないですか?
虫は入ってこないですか?
色々言われますが
向かいの岸に立っている和倉温泉の旅館でさえ同じ条件!

塩害は?

そんなこと気にせずに
動けない身体にストレスがたまらない生活環境を選びました

近所は100メートル以上人は住んでいないので
意識的な防音設備はしてませんが
爆音で音楽を再生できる環境です。

ここ最近オーケストラの作品をよく聞くようになってきたのは
それなりの音量で再生できる環境にいるからだというのをつくづく感じられます。

自分の部屋にオーケストラを招いて演奏して貰えば!
そこまでの音量は出せなくとも
それに近い環境で音楽再生できるのは
街でゴミゴミした場所では防音次第!

適度な音量を楽しめる現在の環境に満足してます。

Kakishima
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マキシム・ヴェンゲーロフのベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲

2016-08-19 09:07:58 | 脊髄損傷


Disc18
・ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
・ベートーヴェン:ロマンス第1番ト長調 Op.40
・ベートーヴェン:ロマンス第2番ヘ長調 Op.50

 マキシム・ヴェンゲーロフ(ヴァイオリン)
 ロンドン交響楽団
 ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ(指揮)

2005年録音。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲はヴェンゲーロフ初の録音となったもので、音楽の師とも父とも慕っているというロストロポーヴィチ[1927-2007]とともに作品を研究するうち、期が熟したと見たロストロポーヴィチの強い要請で2005年にレコーディングが実現したもの。第1楽章と第3楽章のカデンツァを自ら作曲するなど意気込みも充分、27分20秒をかけてじっくりと練り上げた第1楽章(長大なことで有名なムター/カラヤン盤が26分31秒)でも、線の太い音色と息の長い張り詰めた表現力の持ち主ヴェンゲーロフは弛緩とは無縁で、少しの隙もみせていないあたりはさすが。同時録音された「ロマンス」も詩情豊かな演奏です。
【CD解説より】

ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を初めて聴いた時
誰の演奏家は忘れてしまいましたがなんとつまらない曲だろう!
というのが第一印象でした。
その後色々聞いてきたであろうが
カラヤンと16歳のムターの演奏を聴いた時に初めて胸を打つ好印象を覚え
太く堂々としたカラヤンの伴奏に楷書で奏でる丁寧なヴァイオリンで
この曲の良さを再認識させてくれました。



そして今回取り上げる
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチ指揮による
ヴェンゲーロフの演奏ですが
ムスティスラフ・ロストロポーヴィチの解釈が大変素晴らしく
ヴェンゲーロフはイマイチこなしきれてないようですが
ヴェートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を聴くとしたら
この曲の良さがわかりやすい演奏だと思いました。

ムスティスラフ・ロストロポーヴィチは本当に素晴らしい演奏家ですね!

Kakishima



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加