地獄からこんにちわ

交通事故でC3.C4の四肢麻痺になって
障害者施設から在宅生活に戻れた日々の出来事

ヴァレンチーナ・リシッツァ/ラフマニノフピアノ協奏曲全集

2017-06-15 11:52:53 | クラシック音楽
ヴァレンチーナ・リシッツァ



Piano Concertos CD, Import
R. Rachmaninov (アーティスト) 形式: CD

3年前に購入したCD

先日ラフマニノフのBOXからアシュケナージのコンチェルト全曲を聴いて相変わらずと感心してるとラフマニノフの2番のコンチェルトをスビャトスラフ・リヒテルが弾いてるのもあり私の耳はスビャトスラフ・リヒテルの演奏に馴染んでいることに気がつきなら3番はウラディミール・ホロヴィッツの演奏家と聴きなおしてみると意外と多少の拒絶反応が?
では誰の演奏が基準になっているのであろうか一枚もののCDよりラフマニノフの3番探すも思い当たる演奏は見つけられずきっとアルトゥール・ルービンシュタインの演奏ではと思いつつ心の中では印象のなかったヴァレンチーナ・リシッツァの全集を聴き始めるとこれが思いの外素晴らしい演奏なのである。
ほぼピアノが主体で遠慮がちにサポートしてるオケとテンポの早さと息継ぎの浅さによる軽快な演奏をもとにゆったりしたところもそれなりにしっかり響かせてるアシュケナージの演奏より聞きごたえがあるように私は思えます。

その後しばらく聴きつづけていますがあれって思う場所は一切なくごく自然な呼吸と流れで自分の言葉で歌ってるのが感じられます。
ラフマニノフのピアノ協奏曲聴きたければこの一枚でも間違えではないと思います。

柿島秀吉
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スビャトスラフ・リヒテルの... | トップ | レイフ・オヴェ・アンスネス ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

クラシック音楽」カテゴリの最新記事