毛糸屋模型館

プラモ・フィギュアの館

RE/100 1/100 リバウ始めました04

2017年04月19日 | REシリーズ
天気が良かったので、週末は朝からベランダで下半身の赤部分を塗装。

そしたら、午後からにわか雨が降りだしました!
午前中に済ませておいて良かった~。

スプレー塗料の乾燥中に、ノズルの中や腰部マシンキャノン銃口部分などを筆塗りで塗装。

地味な箇所ではあるものの、こういう部分も塗っておくと、ふとした拍子にここが見えた時の存在感アップです。

また、脚のフレキシブ・ビームガンの銃口部分は穴が開いているだけなので、コトブキヤ「モビルパイプ」を使用して、銃口を追加しました。

右が改造前、左が改造後です。

そんなこんなで、下半身も塗装完了。

バウなれどバウにあらずな、下半身のポリューム感です(といっても、脛横のブースターを外すと普通のバウと大差なくなりますが/汗)


モノアイを、WAVE「H・アイズ」の2.5mmに交換。
裏面にミラーフィニッシュを貼って、少しでも光を拾うようにしました。


モノアイがシールから立体のH・アイズになったことで厚みが出て若干モノアイの可動範囲が狭くなってしまいましたが、満足です。

同様に、ビームライフルのセンサー裏面にもミラーフィニッシュを貼りました。

これで、クリアグリーンの輝きが周囲のメタリックグレーに埋もれないはず。


今回のRE100による立体化のアレンジで加わったふくらはぎ脇のノズルや、グレー部も塗装。

特に、ノズルは前作RE100バウの時見送った塗装だったので、今回こだわれて良かったです。

バックパックのノズルを大型化。

左が改造前、右が改造後。
設定画を見ると、キットのノズルより全然大きさが違っていたので、部屋にあったジャンクパーツを流用しました。


まだマーキングシール貼りと艶消し仕上げが残っていますが、0.3mmシャープペンでスミ入れした上半身・下半身を合体させて、リバウを形成。

下半身が加わると、やはり通常のバウよりボリューミーです。

ついでに武器も装備。

シナンジュと同じなので、ライフルが長っ!

次はいよいよ水転写シール貼りです。
私、これ苦手なんですよねぇ。
上手くやらなければ~!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« RE/100 1/100 リバウ始めまし... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。