vagabond の 徒然なるままに in ネリヤカナヤ
エメラルドグリーンの海,溢れる太陽の光,緑の森に包まれた奄美大島から,乾いた心を瘉す写真をお届けします。
 



「ネリヤカナヤ」とは,奄美地方の言葉で,海の彼方にある楽園のことをいいます。 奄美では,古来より,水平線の彼方に神の国があり,そこに住む神が,五穀豊穣をもたらしてくれると考えていたそうです。 その神の国が,「ネリヤカナヤ」。 当ブログを通じて,そんな奄美の良さを感じてくださると嬉しく思います。
当ブログはリンクフリーですので,もし気に入られましたらご自由にリンクをお貼りください。また,掲載している海や花の写真は,ネット上に転用等されない限り,ご自由にご自分のPCの壁紙等にご使用頂いて結構です。
★★★トピック★★★
●2005年10月のアクセスカウンター設置以来,8万ヒット達成しました!これも皆様のご支援のお陰です。本当にありがとうございます【2007年10月17日】
●おかげさまでブログ開設3周年を迎えました 今後もご贔屓のほどよろしくお願いいたします【2007年8月10日】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!【2006年1月7日】
心に残る5つの映画(2005年)【2005年12月31日up】
心に残る10の風景(2005年)【2005年12月17日up】
アクセスカウンター設置【2005年10月5日】
●ブログ開設【2004年8月10日】

コメント ( 45 ) | Trackback ( 0 )





「ジャッジⅡ」,今日でとうとう最終回ですね。
お見逃しなく。

実は,今年の夏に奄美へちょこっとばかり「帰って」いました。
時間はほんの少ししかないのに,会いたい人,会いたいハマ,会いたい生き物,会いたい草木が多すぎて...
義理欠けしてしまった皆さんごめんなさい。
結局,会えた人は多くはなかったけれど,それでもみんな「お帰りー」って迎えてくれて,「やっぱりこの島こそが自分が帰ってくる場所だ」と思ったりしたものです。
自分のヘソの緒を辿っていくと行き着くところはこの島なのかもしれません。

【2008.8スリ浜(加計呂麻島)】

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )





冴えわたる
美空 見しのち
あしもとを
かえりみれども
そのかいもなし
~vagabond(タビンチュ)~

皆さま
大変ご無沙汰しております。
4月から東京の空の下で過ごしておりますvagabond67です。
元気です。
ただ,生活は,まるで逆子だった赤子が名医の黄金の掌によってぐるりと回転したかのように一変しました。
それでも大いに元気です。
本業の方は充実の極みです。
しかし,徒然に思いを書き綴るいとまとカメラを手にする余力が消え去りました…

NHK土曜ドラマ「ジャッジⅡ」が佳境を迎えつつあります。
明日は最終回です。
このドラマのシーズン2には,随分,励まされました。
望郷の念にも焦がされました。
そして,奄美の地で蘇った私の中の生命の息吹―それは大都会の片隅に佇むうちに再度心細くなりつつあったもの―の復活を促してくれました。

東京の空はここ数日青く冴えわたっています。
美しい空だと思います。
でも何かが足りない気がします。
そこには,いきものたちの鼓動,潮騒のこだま,生きとし生けるものへの畏怖の念と心のざわめき,それに人と人との「結」が,なぜかしら欠けているのです。

加計呂麻でのユリムン(「海のかなたからの贈り物」)のスイジガイに耳を当ててみました。
島への扉がほんの少しだけ開いた気がしました。
三沢判事補の娘,麻衣子もいつかは同じ気持ちになるのかもしれない,そう思うと,ふたたび胸が締め付けられました。

写真は,以前にもアップしたことのある「あやまる岬」の写真です。
(大きな写真でアップしてみました)
「ジャッジⅡ」の第3回「反抗」の感動的な親子の心のふれあいの場面で出てきた場所です。
そんな岬を,飛びっきりセンチメンタルな思いを込めて,今だけは「麻衣子の丘」と呼びたいと思います。

定期的に更新する余力は全くないのですが,機会を作って,島への思いを綴りつつ,島の蔵出し写真をアップしたいと思います。
末筆ながら,皆さまへの度重なる失礼,お詫びいたします

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


彷徨  



vagabond67は再び流離い行くことになりました。
その準備のため,しばらく更新できませんでした。
行き着く先の接続環境もしばらく整備されそうにありません。
皆様ともしばらくのお別れです。
長らくお付き合い下さりありがとうございました。

私の愛した奄美大島とももうすぐお別れです。
でもこれで縁が切れるわけではありません。
またいつの日かこの島のムンたちが私を呼び返してくれそうな気がします。

この島からはたくさんの恵みをもらいました。
その子細を今ここに書く時間がありません。
一言でいうならば,「漲る生命力のシャワー」をもらいました。
(今日アップした写真も,過去にアップしたものですが,そんなイメージで撮ったものです)
3年前,この島へ来る前に都会生活で疲弊しかかった魂が,みるみるうちに蘇っていきました。
この3年間で蓄えた力をすり減らしていく生活になりそうな予感がします。
が,今度は,何とか乗り切れそうな気がします。
この島から与ったものが,私を後押ししてくれそうな気がするのです。

あなたの住む町に流れていくことになるかもしれません。
そのときはよろしくお付き合いください。

それでは,皆さん,本当にありがとうございました!
少し落ち着いたら皆さんのところへお邪魔し,ご挨拶させていただきます。

コメント ( 16 ) | Trackback ( 0 )





思えば,奄美大島と自分とがつながった切っ掛けは,元ちとせの「ワダツミの木」だった気がします。
地の精,森の精,海の精たちが束になって蠢き出すようなこの楽曲には,心底しびれました。
生ける精霊たちが機械的な仕組みで目の前に降臨させられたかのような衝撃を受けました。
アルバム「ハイヌミカゼ」の表題曲の底知れぬ情念にも打ち震えました。
元ちとせの持つ崇高なまでの霊性と融合し,数々の名曲を創り出した上田現さんが先日(3月9日)亡くなられました。
その報せを聞いて,生き物たちの輪廻の縮図を感じさせるマングローブの水面の波紋を思い浮かべました。
生まれ変わっても,特別な感性でビリビリ痺れるような芸術を紡ぎ出してくれることを期待するとともに,ご冥福を心よりお祈りいたします。

【2008.3.2 奄美大島・奄美市住用町 Canon EOS 30D with Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!


コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )





この日の日没後の西の空は,はんなりと薄紅に染まっていきました。


波の音さえ聞こえないほど,静寂が四囲を支配します。


「美女と野獣」のベルのように,大空へと引き込まれそうな錯覚に陥ります。
空から声が聞こえそうです。
「未だ見ぬ素敵な世界へようこそ...」と。

【2008.3.2 奄美大島・瀬戸内町(西古見)Canon EOS 30D with Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM & Canon EOS 5D with TOKINA AT-X 107 DX Fish Eye 10-17mm F3.5-4.5(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )





先日ご紹介した"もう一つの夕景 -西古見 三連立神-"の続きです。
日没直前の三連立神の全景は上のとおりです。


太陽が水没します♪
海と空とがますます茜色に染まっていきます。

水没直前の太陽をアップで撮ってみました。
この瞬間を思い出すだけで,胸が高鳴ります。

太陽が沈んだ後の神秘的な景色も大好きなシーンの一つです。
明日は(可能な限り)そんなシーンをお届けしますね。

【2008.3.2 奄美大島・瀬戸内町(西古見)Canon EOS 5D with Canon EF24-70mm F2.8L USM & Canon EOS 30D with EF70-200mm F2.8L IS USM(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





一日,また一日と,春の光が力強くなってきました。
この花はイチゴの花でしょうか?
実りの季節も間もなくですね。

【2008.3.8 奄美大島・龍郷町 Canon EOS 5D with Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





親譲りのへそ曲がりで小供の時から損ばかりしている。
それでも,不惑を超え,「人の行く裏に道あり 花の山」という格言が胸にしみる今日この頃。
夕陽を見られるのは,300人以上のギャラリーを集める奄美大島屈指の夕景スポット「カガンバナ」だけじゃあーりませんよ。
それぞれに自分だけの景色を探してみようよ!

こんな性格だから苦労するんだよな,きっと。
でも,人様の眉間へ飛車を擲きつけるような真似はいたしません

【2008.3.2 奄美大島・瀬戸内町(西古見) Canon EOS 30D with EF70-200mm F2.8L IS USM(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )





朝陽が顔をのぞかせました。
体中に氣がみなぎります。

【2008.3.2 奄美大島・奄美市住用町 Canon EOS 5D with Canon EF24-70mm F2.8L USM(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )





長かった奄美の冬の雨季もそろそろ終わりが近付きました。
いよいよ本格的な春の到来です!
昨日今日は,宇宙との一体感を強く感じるほど突き抜けた青空を,本当に久しぶりに見ることができました!!!
というわけで,相変わらずの逼迫した生活状況ですが,清水の舞台から飛び降りるつもりで休日を取り,春の一日,日の出と落陽を撮って来ました。
ぼちぼちとアップしていきますので,お楽しみに♪
(とはいえ,現像の時間が確保できるかが一番の課題...

今日は,マングローブ林から日の出を眺めました。
もう少し早い時期に来たかったのですが,ずっと天候に恵まれず,やっと今日実現。
その間に,太陽は,日の出の位置を北へ北へと移動。
そのため,マングローブ林の南端付近で,ようやく今日の日の出スポットに近付けました。
こちらで調べると,今日は方位98度での日の出です。1月1日は方位116度での日の出だったのだから,随分,移動したものです。)

もう少しマングローブの密集したところから眺められると良かったのですが,この場所はこの場所で,水面の具合など絶妙な味わいがあります。
久しぶりに本格的に写真撮影をしたので,嬉しくてちょっと緊張します
少し引き締まった朝の風が心地よく頬を撫でていきます。

【2008.3.2 奄美大島・奄美市住用町 Canon EOS 30D with Canon EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )


憧憬  



あの水平線の彼方には 何が待っているのだろう?

【2008.1.1 奄美大島・笠利町 Canon EOS 30D with EF70-200mm F2.8L IS USM(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

雨続きの今日この頃,太陽がと~っても懐かしいです。
まあ,天気が悪ければその分デスクワークが捗るのですが
長雨のせいで,収穫期を迎えたタンカンの取り入れも遅れているそうです。
それにしても...雨の量もやらなきゃいけないことも十分すぎます

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )





霊峰・湯湾岳までユワンツチトリモチ(奄美固有種)を見に行きました。
湯湾岳には何度も行っているけれど,赤帽子の小人たちとの出会いは初めてで,その密やかな佇まいは感動的でした。

ユワンツチトリモチは,イジュやヤマモモの根に生える多年生寄生植物。
その名は,根茎をすりつぶして鳥もちを作ることからきています。
帽子のように見える部分の小さな一粒一粒が花だそうです。
高さは5~10cm。
湯湾岳周辺だけに分布し,他の場所に移植しても育たないそうだから,絶対に盗掘しないように!
(↑毎度毎度の台詞でやんなっちゃいますが

久しぶりの森の空気と息吹は,少し疲れた心と体にリチャージ効果をもたらしてくれます。

【2008.1.20 奄美大島・大和村(湯湾岳)Canon EOS 5D with Tamron SP AF90mm F/2.8 Di MACRO(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )





この日は久々に光に満ち溢れていました。
緋寒桜に遊ぶリュウキュウメジロに,冬眠中の感性も少しだけ目覚めました。
奄美大島では,今,緋寒桜が次々と春の足音を届けてくれています。

まだまだ超えねばならぬ山が沢山あります。
まだまだテゲテゲ更新が続きます

【2008.1.20 奄美大島・大和村(フォレストポリス) Canon EOS 5D with EF70-200mm F2.8L IS USM(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )





車を降りようとしたら...
"オォイ ココハ ワタシノ シマダヨ" そんな声が聞こえた。

【2008.1.6 奄美大島・龍郷町 Canon EOS 5D with EF70-200mm F2.8L IS USM(SILKYPIXでRAW現像)】
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ より多くの人に奄美群島の魅力をもっともっと知って頂くため よろしければ こちらのクリックをお願いいたします!

コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ