【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com

【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】と【種牡馬】に関する最新情報を中心に毎日お届けしております!!!

写真で見る【2008 JRAブリーズアップセール】-Vol.2(セリ開始~最高額馬写真)

2008年04月30日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
Vol.1(騎乗供覧~セリ開始)の続きです。

定刻の午後2時から、中央門の特設ステージにて競りがスタート。上場馬達は、装鞍所付近の繋留馬房から、セリステージ裏のパレードリンクを通じて競り会場へ入場した。


写真:装鞍所にて出番を待つ上場馬

競りは昨年同様に、ファーストセッション(第1部)→オープンセッション(第2部、全未売却馬を再度上場)という流れで行われた。日本馬主協会連合会・競走馬資源委員会からは前もって、「ファーストセッションにおける多頭数購買に対するご配慮のお願い(※注1)」があり、任意ではあるが1馬主1頭の購買ということで進められた。

※注1:過去1、2回目のセールは大盛況であった反面、一方で「価格が高騰し過ぎて購買できない」や「以前は抽選に当たれば1頭は購買できたのに」という声も上がっていた。これを踏まえて日本馬主協会連合会は、「フォーストセッションせりでは、できる限りの方々が購買できますように多頭数購買に対するご配慮をお願い申し上ます」と参加馬主に伝え、任意ではあるが1馬主1頭の購買となっている。ただし、オープンセッションはこの限りではない。

スタート価格は原則(※2)として、JRAが2007年度1歳市場で仕入れた価格を基準に設定されている。
※2:仕入価格の1.2倍、1.0倍、0.8倍という3段階設定。


写真:特設競りステージ

今年も、名物鑑定人・松橋康彦氏と浅野靖典氏とのコンビで競りが進められ、結果概要は、上場頭数71頭(牡35頭、牝36頭)、売却頭数59頭(牡30頭、牝29頭)、売却率83.1%、売却総額(税込)5億4,805万8,000円、平均額(税込)928万9,118円だった。
各馬の結果一覧(番号順、種牡馬名順、高額順など)はこちらから

ちなみに昨年は、上場頭数69頭(牡32頭、牝37頭)、売却頭数60頭(牡28頭、牝32頭)、売却率87%、売却総額(税込)6億5,373万円、平均額(税込))1,089万5,500円だった。

今年度の最高額馬は、滑らかかつスピード感溢れる騎乗供覧と好馬体で注目を集めた【No.6-セイウンクノイチの06(牡、byグラスワンダー)で、2,600万円(税抜)で落札(落札者:大谷高雄氏)された。以下、JRAが本馬を購入した1歳7月時から当セールで落札されるまでの過程写真を掲載する。

【No.6-セイウンクノイチの06】
牡 父グラスワンダー 母セイウンクノイチ(母父サンデーサイレンス)
生産牧場:筒井 征文 氏

写真:仕入時(セレクションセール2007、800万円(税別)、2007/7/16撮影)


写真:育成時(2008/3/18撮影)


写真:育成馬展示会にて(2008/4/14撮影)


写真:騎乗供覧[13秒4→11秒3](2008/4/28撮影)


写真:セリ会場にて(2008/4/28撮影)


写真:落札直後(2008/4/28撮影)
落札価格:2,600万円(税別)
落札者:大谷 高雄 氏
血統解説へ

続きはVol.3以降で、売却馬の写真を高額順に紹介する。

by 馬市ドットコム

この記事をはてなブックマークに追加

【ひだかトレーニングセール2008】の上場馬名簿がネット公開

2008年04月30日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
ひだか東農業協同組合はこのほど、5月27日(火)に開催される【ひだかトレーニングセール2008】の上場馬名簿(ブラックタイプ)をネット上に公開した。
上場予定馬一覧(セリ名簿順&種牡馬順&育成者別)へ

これまでに【サトノプログレス】や【ヤマカツスズラン】、【テンザンセイザ】、【イクスキューズ】、【ブルーイレヴン】などの重賞勝ち馬を輩出し続けている当セールの上場馬は、皐月賞を制したキャプテントゥーレの父アグネスタキオンの産駒(2頭)や桜花賞馬レジネッタの父フレンチデピュティの産駒(3頭)、国内外のG1を勝利したフジキセキの産駒(3頭)など錚々たる顔ぶれの117頭(※JRA育成馬が数頭追加される予定)となっている。
上場予定馬一覧(セリ名簿順&種牡馬順&育成者別)へ

また、5月1日(水)にはJRA日高育成牧場にてリハーサル(ビデオ撮影)を実施し、ラスト1Fのタイムが計測される。なお、リハーサルの模様はDVDとして購買者へ配布される。

 <当セールに関する問合せ先>
  ひだか東農業協同組合 営農生産部
  住所:浦河町堺町東2丁目5番5号
  電話:0146-22-1500

【ひだかトレーニングセール2008開催概要】

 ■開催日:2008年5月27日(火)

 ■時間:AM10:00~騎乗供覧、PM2:00~セリ開始

 ■上場予定馬:117頭(一覧はこちらから

 ■場所:JRA日高育成場・調教場(浦河町西舎)

 ■主催:ひだか東農業協同組合(Tel:0146-22-1500)

 ■ひだかトレーニングセール情報ページ

 <当セールに関する問合せ先>
  ひだか東農業協同組合 営農生産部
  住所:浦河町堺町東2丁目5番5号
  電話:0146-22-1500

 
 写真:ひだかトレーニングセール2008名簿表紙

 
 写真:ひだかトレーニングセール2007

 <参考>
  ・ひだか東農業協同組合
  ・競り市場日程2008

by 馬市ドットコム

この記事をはてなブックマークに追加

写真で見る【2008 JRAブリーズアップセール】-Vol.1

2008年04月29日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
4月28日(月)、JRA中山競馬場にて【2008 JRAブリーズアップセール】が開催された。
※ここでは、28日の競り終了後にお伝えした【2008JRAブリーズアップセール結果速報】の補足として、「競りの流れ」や「高額落札馬」等を、写真とともに数回に分けてご紹介する。

午前8時15分から購買登録の受付が開始、主催者発表によると114名(昨年と同数)の購買者が登録した。心地よい日差しの中、午前9時から騎乗供覧が開始。購買関係者は、屋内スタンドから各馬の動きを注意深くチェックした。

例年同様に騎乗供覧は、ダートコースにて1ハロン13秒ペースを目安に、「速いタイムを出すのではなく、動きを見てもらう」ことに主眼をおいて行われた。上場各馬は約10頭ずつ7鞍(全72頭)に分かれ、誘導馬に先導されて馬場入場。各馬は、向こう正面から単走でスタートし、タイムは2Fから計測しすぐに発表された。騎乗者には、JRA職員や生徒以外に、三浦皇成騎手などのJRA騎手の名前も見られた。


写真:誘導馬とともに入場する上場馬

13秒/F-13秒/Fということで、ほぼ「持ったまま」で調教が行われたが、仕上がり・動きの良い馬は楽々とラスト1F11秒台を計測した。内訳としては、ラスト1F11秒台が18頭、1F12秒台が40頭、1F13秒台が10頭、1F14秒台が3頭、1F15秒台が1頭だった。
タイム表など各上場馬情報はこちらから

参考までに、ラスト1Fタイムの一番時計は【No.73-ヤナビの06(byネオユニヴァース、宮崎育成牧場育成)】が計測した11秒1だった。


写真:ラスト1Fで一番時計を計測した【ヤナビの06】
[騎乗者:三浦皇成騎手、タイム:12秒8⇒11秒1]

また、2F合計タイムの一番時計は【No.45-ケイアイバラードの06(byシルバーチャーム、日高育成牧場育成)】が計測した23秒5だった。


写真:2F合計で一番時計を計測した【ケイアイバラードの06】
[騎乗者:JRA職員、タイム:12秒0⇒11秒5]

騎乗供覧後に【No.43-リキアイメガミの06】が右前ハ行で欠場となり、比較展示は71頭が5組に分かれて実施された。ここでは、購買関係者が、動きの良かった馬を中心に、馬体や肢元の状態等をじっくりと吟味する姿が見られた。


写真:比較展示風景

また、比較展示会場内には「個体情報開示室(レポジトリー)」が設置され、購買関係者はレントゲンや内視鏡映像などをチェック、担当職員は各馬の個体情報などの質問に対応していた。


写真:個体情報開示室

そして、いよいよ午後2時より競りが開始!続きはVol.2にてお伝えします。


結果概要と各馬の結果表はこちら

by 馬市ドットコム

この記事をはてなブックマークに追加

【ホッカイドウ競馬】が開幕(2歳戦初勝利はジェリ産駒)

2008年04月29日 | 馬産地情報
4月29日(木)、JRA札幌競馬場にて【ホッカイドウ競馬】が開幕、全国最初の2歳新馬戦【フレッシュチャレンジ競走】では、ジェリ産駒の【イケノナイン】が初勝利をあげた。

勝ったイケノナインは、父ジェリ、母ピンクジュエル、母父ジェイドロバリーという血統2歳牝馬。3月20日に門別競馬場で実施された能力検査において、1番時計(800m:51秒8)をマークした実力を見せつけた。

父のジェリは、父Theatrical、母Garimpeiro、母父Mr.Prospectorという血統。現役時は、米国でG1オークローンH(ダート)とG1ウッドバインマイルS(芝)という芝・ダート両G1を制するなど、万能型トップホースとして活躍した。1998年に米国で種牡馬入り。2000年・2001年にはブリーダーズ・スタリオン・ステーション(日高町)で供用され、米国での2年間の供用をはさんで、2004年に再びブリーダーズSSで供用。2006年に再び米国へ輸出された。主な産駒には、ラッキーブレイク(G3シリウスS)やベダンケン(米G3モディスティH)などがいる。

【イケノナイン】

Photo by Hokkaido Keiba

ちなみに今年度のホッカイドウ競馬は、下記日程で16開催82日間で開催される。
 ・札幌開催:04月29日~05月22日
 ・旭川開催:05月28日~10月16日
 ・門別開催:10月21日~11月20日

 <参考>
  ・ホッカイドウ競馬オフィシャルサイト
  ・がんばれ!ホッカイドウ競馬

by 馬市ドットコム

この記事をはてなブックマークに追加

【2008 JRAブリーズアップセール】結果速報(最高額馬写真等)

2008年04月28日 | サラブレッドセール(セリ市場)情報
4月28日(月)、中山競馬場にて【2008 JRAブリーズアップセール】が開催された。
※ここでは、結果概要と高額上位2頭写真、各馬結果一覧をご紹介します。のちほど、完成版レポートとして、競りの流れや取引馬写真などを追加更新する予定です。


写真:特設の競りステージ

結果概要は、上場頭数71頭(牡35頭、牝36頭)、売却頭数59頭(牡30頭、牝29頭)、売却率83.1%、売却総額(税込)5億4,805万8,000円、平均額(税込)928万9,118円だった。
各馬の結果一覧(番号順、種牡馬名順、高額順など)はこちらから

ちなみに昨年は、上場頭数69頭(牡32頭、牝37頭)、売却頭数60頭(牡28頭、牝32頭)、売却率87%、売却総額(税込)6億5,373万円、平均額(税込)1,089万5,500円だった。

今年度の最高額馬は、No.6-セイウンクノイチの06(牡、byグラスワンダー)で、2,600万円(税抜)で落札(落札者:大谷高雄氏)された。

No.6【セイウンクノイチの06】

牡 父グラスワンダー 母セイウンクノイチ(母父サンデーサイレンス)
落札価格:2,600万円(税別)
落札者:大谷 高雄 氏
生産牧場:筒井 征文 氏
仕入市場:HBAセレクションセール2007(800万円、税別)

牝の最高額馬は、No.57-ラリシェスの06(牝、byコロナドズクエスト)で、2,100万円(税抜)で落札(落札者:平井 宏承氏)された。

No.57【ラリシェスの06】

牝 父コロナドズクエスト 母ラリシェス(母父Exit to Nowhere)
落札価格:2,100万円(税別)
落札者:平井 宏承 氏
生産牧場:辻牧場
仕入市場:HBAサマーセール2007(790万円、税別)

【JRA日本中央競馬会のコメント】
馬事部生産育成対策担当理事・水野豊香氏
「今回の売却頭数は昨年とほぼ同数の59頭、売却率もほぼ同率の83.1%でした。売却総額は、5億2,196万円(税抜き)で、昨年より約1億円程度減少しました。これは、世相を反映してか、馬主の方々の購買意欲が低下したことによるものと考えられます。セールで売れ残った馬につきましては、民間のトレーニングセールに上場する予定です。今後とも、スポーツ科学に立脚して競走馬というアスリートを育成する研究を推進し、その成果として「強い馬づくり」へフィードバックできるよう、育成業務を展開して参りたいと考えております。本日、購買された馬たちの今後の活躍を期待しております。」

※のちほど、完成版レポートとして、競りの流れや取引馬写真などを追加更新する予定です。
各馬の結果一覧(番号順、種牡馬名順、高額順など)はこちらから

by 馬市ドットコム
トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加