ひつじ飼いのキノコ岩との日常

家庭の事情から、トルコ国内のすったもんだまでw

スルタニット石って、知ってる?

2017年04月24日 | トルコ文化
これ、しまっといて~。
と。

ツアーから、帰ってきた
と~ちゃんが、

大粒の石のついた
指輪を

わしに、ぽんと
投げてよこした。

トルコ人男性は
割と

アクセサリーの好きな人が
多いようで。

指輪や、
金の鎖のネックレス

なんかを、してる人。
結構、見かける。

うちのと~ちゃんに
関して言えば。

基本。
アクセサリー系の
嫌いな男だが。

こんなでっけ~石のついた
指輪を

つけて歩いているのには
理由があるww

石の名前は
「スルタニット石」(ズルタニット石、ともいう)

ここ、数年。
トルコで

人気急上昇中の
宝石?天然石?なのである。

石自体は、昔から
ごくごく、少量ながら

トルコで
出土してたそうで。

石の名前の
「スルタニット」も

スルタン=王様の石、から
きているくらいだから。

オスマントルコ朝の
王様達も

愛でた石、では
あるのだけれど。

生産量の少なさ、
からか。

産出地が、とても
狭い範囲に
限定されているからか。

とにかく。
最近までは、

特に、あまり
知名度の高い石、ではなかった。


が。
1980年代から

市場に出せるくらいの
大量?採掘が始まって。

ここ、10年ほど。
ハリウッドの女優などが
つけたりした、こともあって

急激に。
知名度を上げてる石なのだ。

鉱脈は、トルコ全国の中でも
ムーラ~ミラスの周辺だけ。

採掘場に、一番近い場所は
ムーラ県の、selimiye(セリーミエ)村。


セリーミエは、風光明媚な
穴場リゾート、としても、
知られる場所で、ござんす。

んでもって。
何で、この石が

そんなに人気が
あるか、って~とね。

ナント。
昼と、夜で

石の色が
変わるので、あります~。

世界中で、
昼と夜で
(または、太陽光の下と、蛍光灯の下、とか
条件は、いろいろ、変わるのだけど)

色の変わる宝石は、
「カラーチェンジ・ストーン」と

呼ばれる
そうなのだけど。

現在、世界中で
カラーチェンジストーンは、たったの5種類。

一番、有名なところでは
ロシアで出土する、アレキサンドライト。

この、5種類の中に
スルタニットも、入っているわけで、ござんす。

ホント。
見てると、不思議な石。

昼と夜とでは
全然違う、美しさがあるのだ~。


昼間は、緑色。


夜は、ピンクのような、紫のような。

これね。
同じ石、なんだよ~。
すごいステキ♪

んでだ、ね。
と~ちゃんは。

最近、お客に、
スルタニットを聞かれる機会が
増えてきた、わけだよ。

しかも。
自分が指輪をしてれば、さ。

お客さんの目も
引くわけで。

無言セールス、にも
なる、ってわけだし。

ってなわけで。
ツアーに行く時だけ

指輪をつけていく、と
そういうワケ、なんでござんすよ。

多分ね。
カッパ地方だけじゃなくて。

トルコ中の、
貴金属店に、出回ってると思うよ。

ところで。
ダイヤの1000倍の

希少価値がある(笑)と
一説では、噂される、

スルタニットの
お値段、なんですがね。

小さい石なら、
銀細工で、100リラ程度から。

そう。
日本円にしたら、現在
3000~4000円くらいかな?

大きくて、質のいいものでも
300リラ~くらいから、始まる。

ちなみに、
上↑のと~ちゃんの指輪は
500リラ、くらいらしい。

もちろん、金細工、とか
イロイロ条件によって、変わるので

そこは、お店の人と
交渉、ということに、なるけれどもね。

ダイヤモンドみたいに
メンタマ飛び出るほど

お高くない、って
ハナシです。

もしかして、これから先
知名度が上がっていけば

お値段も
あがるかもしれませんが~。

そこは、
神のみぞ知るww

そういえば、
スルタニット石の効用、とかも
出てたw

※頭脳明晰になる
※緊張感をほぐす
※ナザールをはね返す
※勇気を与える
※マイナスオーラを、吸い取る
※自信を与える

などなど、
だそうです~ww

何か、すっかり
スルタニットのセールスマン化
しとりますが(爆)

実は、あっし。
石、大好きなんですよ。

と言っても。
ダイヤモンド、とかではなくて

いわゆる
パワーストーン系、とでも言いますか。

一番好きなのは
「ヘマタイト」と言う

一見、鉄鉱石と
何も変わりのないような、石。

タイガーアイ、とか
アクアマリン

ラピスラズリ
ターコイズ、なんかも
大好きです。

でね。
石好き、としては。

ぜひ、スルタニットも
欲しいなあ~なんて。

秘かに、
思ってるわけで(笑)

そのうち、機会を見つけて
ぜひ、手に入れたいっす~♪


本日も、お付き合いいただいて
ありがとう御座います。

ぽちっと応援
よろしくお願いします。

にほんブログ村
にほんブログ村
にほんブログ村
『中東』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« と~ちゃんと、アシュクと、... | トップ | ジェビズリ・カダイフル・サ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
説明有難う (アイ)
2017-07-19 16:45:54
スルタニックスを詳しく正しく説明してあげてありがとうございます。

コメントを投稿

トルコ文化」カテゴリの最新記事