ひつじ飼いのキノコ岩との日常

家庭の事情から、トルコ国内のすったもんだまでw

ウズグル・デミルタシュ教授

2017年02月21日 | 事件・事故・宗教・政治
この間。
テレビの、討論番組で

素晴らしい大学教授を
発見(笑)しましたw

去年末、くらいから
いろんな討論番組で

引っ張りだこ、に
なっている


ウズグル・デミルタシュ教授(41)。
アンカラ生まれで、イズミル育ち。

ボアズイチ大学、という
トルコでも有数の名門校を経て

アメリカの大学へ
留学。

トルコでは
電気工学系専攻だったにも
関わらず

アメリカでは
経済学を学び

27歳で、これで博士号を
取得して

そのまま、
アメリカの大学で

助教授として
大活躍していたのだけれど。

2012年に
サバンジ大学、という

これまた、私立だけれども
名門校の招聘に答え

アメリカでの、
すべての地位を投げ出して、帰国。

現在は、エコノミストとして
サバンジ大学の教授として

大活躍しておられる
先生、なんだそうだ。

が。

これが、また
切れ味良く、喋る人でね~。



この番組を見たあとに。
う~ん。
トルコにも、まだ、こんな人が
存在するなら

トルコの未来も
まだまだ

そんなに
捨てたもんじゃない、と。

そう思わせる、
爽快さ、なんすよ。

トルコ語が、わかる人は
ぜひ一度、ご覧あれ!

番組は
司会者と、教授の

対話形式で
進んでいく、んだけれども。

トルコからの
頭脳流出について、どう思うか

という話題から
始まって

何で、ウズグル教授は
トルコに帰ってきたのか?と
質問が振られる。

彼は、要約すれば
家族の傍に、いたかったから、と言う。

実際。
アメリカのNASAで、働いている人の

15パーセントは
トルコ系だ、と言われるほど。

トルコは、頭脳流出の
激しい国、なんですよ。
残念ながら。

今までに、トルコ人としては
3人。

ノーベル賞をもらった人が
いるのだけども。

3人目の、ノーベル化学賞を
受賞した人は

アメリカに移住して
ガン関係の研究をしてる

アジズ・サンジャック、という
先生だしね。

ノーベル賞を
取れるような頭脳の持ち主が

トルコを捨てて
他国に移住してしまう。

本当に、残念な
ハナシですけどもね。

で。
まあ、簡単に要約すると。

エコノミストとして
教育者として

ウズグル先生は
教育に、出資しなさい。

人材を育てなさい。
流出した頭脳を
呼び戻す努力をしなさい。

国が強くなるためには
まず、人材から。

と。
それは、強く
訴えるのだな。

現政権の特徴、として
建築、に力を入れているのだけども。

それが悪い事だ、とは
言わないが。

どんなに素晴らしい道路を作ったって
その上を走る自動車が

他国の作ったものでは
意味がないだろう。

現在、トルコの子供達の
学力レベルは

数学、理科ともに
国際レベルで

70カ国中、
50位前後だ。

これが、この国の
未来を担う人材の、現状である。

今、人材を育てて
国を興す準備をしなければ

トルコは、大変な
手遅れになる可能性がある。

世界は、すごい勢いで
すべての分野で、機械化していっている。

どこの国の工場も
近い未来には、

人間の手なんか必要ない
完全オートマティック化に、進化するだろう。

そうしたら。
自動車部品にしろ。
テキスタイルにしろ。

下請け、という概念が
なくなる。

高い人件費削減のために
工場を、第三国に作る必要性が、なくなる。

そうしたら。
トルコのような国は、

おマンマの食い上げになる。
自分達の手で、

何かを作りだせる人材を
早急に、育てなければ、いけない。

また、そういう人材が。
または、国外に流出した頭脳が

自由自在に活躍できるような
国作り、をしなければ、いけない。

自分は、トルコ、という国の未来を
とても、憂いている。

政治家は、早急に
仲間割れをやめて

トルコの未来を真剣に
協議しなければ、いけない…。

他にも、たくさん、たくさん。
素晴らしいコトを、言うのだけれども。

あまりにも、
長くなるので
ここでは、割愛しますが。

しかし。何だね。
アメリカでの、すべての地位を、ぶん投げて

トルコに帰ってくる
ウズグル教授、もすごいけど。

こういう人材を
トルコに呼び戻してきて

自分の学校の
教授になってもらう

サバンジ大学、も
素晴らしい。

こんなに、人を見る目がある
大学だもの。

きっと、他学科の教授も
素晴らしい人揃い、なんだろうと
想像してしまいますね。

この、私立サバンジ大学
どんな学部があるのか

詳しくは
知らないんですけどw

何せ、偏差値が
ものすご、メチャクチャ高くて

そんでもって、私立なんで
学費も、メンタマが
飛び出るお値段だ、と聞いたww

もっと、うちの息子が
賢くて

うちが、お金持ちだったらねえ~って。
ないものねだり、ばっかりですがww

そしたら、
こんな素晴らしい教授のいる大学に

ぜひ、自分の子供も
通わせてみたいもんだなあ、
なんて。

ちょっと、夢見て
しまいました(爆)

まだまだ、捨てたもんじゃないよ。
トルコ!!


本日もお付き合いいただいて
ありがとうございます。

ぽちっと応援
よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


ウズグル教授が、ツイートした
現在の、トルコの教育システムの図。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

念願の、シュークリームとの、再会♪

2017年02月19日 | ひつじ飼いの事
おこんばんわ。
ひつじ飼いで、ごぜ~ますw

また、しばらく
ご無沙汰でごぜ~ました(爆)

実はね。
狂ったように

シュークリームを
試作しておったのです(爆)

洋菓子で何が好き?
と聞かれれば。

迷う事なく
シュークリーム!と答えるほど

シュークリーム好き、な
わし。

ビヤード・パパは
わしの、心のヨリドコロ、

なんで
ござ~ますわよ(笑)

でもね。
今まで、作った事が、なかった。

好きなもの。なければ、作ろう。ほととぎすw

が信条の
トルコにおいて。

あれもこれも。
食べたければ、作れ!が

すっかり、身についた
ワタクシw

でもね~。
実は。

中学生の頃、にね。
3回続けて、失敗したシュークリーム。

ほら。子供だから。
料理の本とか

注意して
読まないわけだよ。

で。
オーブンのフタを
途中であけては

ぷしゅう~と縮む
シュークリームの皮を見て

なんでだ!!
何でなんだよおおおおおお!!!

と。
大絶叫していた、あの頃。

この思い出。
しっかり。

ココロのトラウマに
なったらしくて。

シュークリームは、
買うもの。

という。
無言の掟、ができてしまったw

レシピ本は
持ってはいるものの

トルコに来て
約20年。

1度も、自分で
作ろう、とは、
思わなかった。

目が自然に
避けてた、というか。

鬼門になっとったんですよ。
シュークリームは。

でもね。
揚げシュークリームに

砂糖水(シェルベット)をかけて
食べるお菓子

「ハノム・ギョべ」は
ずっと、作ってたのよ。

シュークリームに
作り方、似てるなあ~と

ずっと思ってた。
けど。

シュークリームは
相変わらず、避けてた(笑)

ところが。
最近でてきた(と言っても、10年ほど前かな)

いわゆる。
伝統的なトルコのスイーツ

では、ない。
新顔スイーツ、の仲間でね。

「プロフィテロル」
という

舌をかみそうな名前の
シロモノ、がありましてね。

なにか、っつ~と。
一口シューの、チョコレートがけ、なの。

これを。
うちの子供らが、

作れ、作れ、と
騒ぎ出したw

エ~。シュークリームじゃん~。
嫌だな~。作りたくない~。

と。
思っていたのだけど。

最近のトルコは
便利になって

スーパーなどで
「混ぜるだけケーキの元」とか

「簡単スイーツの元」
みたいな商品が、増えてきた。

で。
そこに

「簡単プロフィテロルの元」
ちゅ~もんを

子供らが、発見して。
買え~!買え~!作れ~!
と、うるさい(爆)


安売りになってたし。
あまりにも、うるさいもんだから。

つい、勢いに押されて
買ってはみたものの

今度は、
戸棚のコヤシ、になってたわけさ(笑)

そしたら。ナント。
こないだ。

長男が。
ひょん、と見つけましてね。

あ~!お母さん~!!
これ、作るの忘れてるじゃん~!!
(というか、わざと忘れてたのだがw)

と。
再び、騒ぎ出したw

次男も、と~ちゃんも
一緒になって、騒ぎ出した。

その、あまりの
うるささに耐えかねてw

3日ほど前に
よっこらしょ、と

重い腰を
やっとこ、あげてみたわけよ。

簡単な元、とか
書いてあるし。

あの頃に比べれば
イクラなんでも

自分の料理の腕も
あがってるだろうから

まあ、
何とかなるだろう。

そう思って。
しぶしぶ、作り始めたわけ。

そしたら。
あら、まあ、ナント。

想像してたのとは
正反対に。

あっと言う間に
できちまったじゃ、ないですか?!

あれれ?
今まで、散々

ココロで、恐れていた
シュークリームって、これだったっけ???

何と言うか。
拍子抜け、というか。

今まで、あっしが
恐れていたものは、なんだったんだろ~?
みたいなww

そしたらね。
むくむくと。

シュークリームを食べたい!
欲求が

アタマを
もたげましてね~。

ビアードパパ、とは
いかないまでもw

いわゆる。
シュークリーム、といえる品物が

どうしても。
食べたくなった!!

で。
レシピ本を、引っ張り出して。

トルコの材料と
トルコの器械で

あ~じゃね~。
こじゃね~と。
試行錯誤の結果。

ってか。
何たって。

病人と、受験生。
フル装備ですから。うちw

昼間は、メイッパイ
家事で潰れてしまうので

夜の、9時頃から
夜中まで、が

あっしの、
自由時間、なんでござんすよ。

なので。
毎晩、夜中に、

ごそごそ。
ごそごそ。

ブログも、何も
おっぽらかして

目、血走らせて
シュークリームを、作ってまして。

そして。何とか。
本日、完成~!!!

満足のいくモノが
できました~!!!


嬉しい!!
これで

シュークリームが
食べたい時に、食べられる~!!!

ううう~。
こんなことなら

もっと、前から
やっときゃ良かったw

ま。
失敗した、と
気づいた時には

できるだけ、早く
ユーターンすれば

それだけ、損害も
少なくなる、という

超要約ですけどw
トルコのコトワザも、あるしねw

これからは。
今まで以上に

押しの人生で
いきたいと、思います!!
(ってか、これ以上押したら
迷惑がって、誰も近寄ってこなくなるかもw)

あ~っ、シュークリーム、おいしい!!
最高!!ぱくっ!!!


本日も、お付き合いいただいて
ありがとうございます。

ぽちっと応援
よろしくお願いします


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

しかし、これでまた
ブタになる道が

増えてしまったよ。
とほw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタインデーのプレゼントは、食洗器でしたw

2017年02月15日 | 日常生活
今日、やっと
イスタンブールの義姉が
帰っていきました。

当初、1週間の
滞在予定が

実に、2週間に
延びて。

その間、義母(つまり、母親)に
つきっきりで、看病していた、義姉。

いや。
本当に、お疲れ様でした。

お陰で、わしも
子供らの面倒を見ることに

専念できたので。
とても、大助かり、だったです。

まあ、そろそろ
義母も

自分の面倒を
見るくらいは、

回復した、と
思われるので。

皆、それぞれ
通常運転に、戻ろうと。

現在、ひつじ飼い家は
そんな感じですな。

これに、懲りて
これからは

言う事、ちゃんと
聞いてくれるようになると、いいんだけど…。

まあ。
年寄りなので、

それも
難しいかな(爆)

本当は、義姉は
2月12日の飛行機で

帰る予定
だったんすけどね。

チケットの予約をとった
と~ちゃんが。

なぜか、フライトは
2月13日だ、と
思い込んでいて(爆)

12日は、
華麗にスルーして

13日。
フライト時刻をチェックするために

パソコンを
のぞくも。

義姉の飛行機は
フライトスケジュールには、存在しない?!

大慌てで、
四方八方、調べまわった結果。

ナント。
飛行機は、1日前にフライト済
だった事が、判明(爆)

当然、チケットも
きっちり、さっぱり、流れましてね(爆)

本日、改めて
もう1枚、チケットを購入するハメに…。
くくく…。

己の首を
思いっきり、シメまくってますよ。
くくく…(涙)

しかもね。
今日

家電屋さんに、電話して
食洗器の修理以来を

しようと
思ったら。

作業員が、
訪問するだけで、50リラ。

保証も終わってるから
その後、修理代も

100リラになるか。
200リラになるか…。

残念ながら、家電ってのは
一度、壊れると

バランスが悪くなるのか?
次々と、あちこちが、

具合が悪くなる
ものでしょ~ww

2~3回
修理以来したら。

元の代金を上回るな、ってコトに
なりそうなので(爆)

潔く。
新品に、買い換える事にしましてw

町の小売店を
うろうろ、視察して歩いて。

結局、BEKOという
メーカーの食洗器を

800リラで
ゲットいたしましたw

BEKOってさ。
昔は。

半分、日本企業と
合同で事業してる
メーカーだったんだけどね?

今はどうなんだろ?
日本企業は、撤退したのかな??

とにかく。
予定しない出費が

続出している
我が家。

こんなんで、今月
乗り切れるのかね~?!

そういえば!!
今日は、バレンタインだったんだよね~?!

プレゼント!プレゼント!!
と、騒いだら。

食洗器買っただろ!!
だってww

そうくると
思ってたけどね~。くそw

結婚、20年なんて
そんなものだすな。(爆)

おニューの携帯電話が
欲しかったけどもww

ちょっと、ちゃんとした
携帯買おうとしたら

1000リラよりも、
安いの、見当たらないもんね~…。

か…家電よりも
高いんだな。携帯って。
ううう~…。

わし。
今年は、食洗器でいいやw(爆)

あ!ちなみに。
お店に行って、判明したんですが~。

消費税やら、なんやら
差し引きしても

7パーセントくらいしか
安くならないんだって~!!!

お役人も、
ケチだよなあ~!!!

もうちょっと、どど~ん!と
引いてくれれば、いいのにねえ~ww

明日の、夕方頃に
来る予定、だそうなんで。

明日は、朝から
キッチン掃除して

バレンタインのプレゼントの
到着を、待とうと思いますw

はっはっは。
くどいって?

すんません。
食洗器、大事にしま~すw


本日も、お付き合いいただいて
ありがとう御座います。

ぽちっと、応援
よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ダーウィン進化論

2017年02月14日 | 事件・事故・宗教・政治
おこんばんわ。
ひつじ飼いで、ごぜ~ます。

今日あたりから
カッパ地方。

またまた
ぐん、と気温が下がっておりまして。

昼間には
ちらちら

雪も舞って
おりやした。

またも、がんがん
暖房つけても

家の中が、
温まらない現象、が
発生しております(涙)

ま、それでも、
一時のマイナス20度に
比べれば。

ぜ~んぜん
屁でも、ないっすよ。

なんたって。
マイナス5度ぽっち、だから。

あーはーはーはーはー(涙)

…早く、春に
ならないかなあ~ww

日中、ゼロ度以上だと
なんだか、暖かく感じるあたり

すでに、かなり
蝕まれている、と思われます(爆)

しかもね~。
本日。

どうも、食洗器が
壊れたッぽくってさあ~(涙)

下水ホース
ではなくて。

器械の下、の方から
じゃあじゃあ、水が漏れてくんの。

要するに。
器械内部に、溜まった水を

外部に
排出できてない、わけですな。

ホースが詰まったかな?


と~ちゃんと二人で
器械をいじくりまわして
みたけれど。

シロウトがわかるような
場所には

とくに、問題は
ない模様。

ホースも
詰まってないしね。

明日にでも、
修理屋さんを呼ぶつもり、だけど。

何たって。
すでに、10年ほど使用している
器械だから。

そろそろ
寿命かな~、寿命かな~って

言っては、
いたんだよね。

まあ。
とっくに、保証修理期間も
過ぎたシロモノなのでw

もし、修理代が
アホみたいに高かったら

しょうがないので
買い替えになるかな~。

この、金のない時に
とほほ…。

でも、今月、2月はさ。
政府が、消費者を助ける目的?なのかは
しりまへんが。

大型家電の、消費税がタダ!
キャンペーン中、なんだよね。

家電の消費税って
18パーセント(だったかな?)くらい
かかるので

実質、お値段は
2割引、みたいな感じになるわけで。

まあ。
こういう時に、壊れてくれたのが
ウンのツキ。

買い換えるにしても
今月中なら

ちょっぴり、お得に
買い替えができそうで、ござ~ます。

ハナシは、全然
変わりますが。

「ダーウィンの進化論」って
皆さん、ご存知ですよね?

そう、例の
人間は、猿から進化した、ってやつ。

あれさ。
トルコでは

高校3年生の、
生物の教科書に、出てくるらしいんだけど。

来年から、このトピック
削除されるらしい、ってんで

巷では、ちょっとした
ニュースになっとります。

実は、この進化論。
イスラム教の教えと

真っ向から、対決する論理
ってんで。

トルコ人とは
話さない方が良い、タブー話の

5本の指に入るかな?
ってほど。

トルコ人との話題にすると
ケンカになりますw

ってか。
開明的?な、
アタチュルク主義者(ケマリスト)の人は、

どうってこと
ないんだけど。

カッパドキアみたいな
中央アナトリア地方で

宗教色が濃くて
自称敬虔な信徒、の多い場所では

絶対に
タブーだと、思うのだ。

イスラム教では。
人間の始祖は

「アーデム(アダム)」という
人間で。

この男性は、神様が
自らの手で

泥をこねて
そこから、作り出した事に、なっとるのだ。

で。
1人ぽっちじゃ、カワイソウだから。

彼のアバラ骨を
1本取って

そこから「ハゥワ」(イブ)を
作り出した、と。

でも、悪い蛇に
騙されて

禁断の果実を
食べたので

天国から、追放されて
地上で暮らす事を、余儀なくされた、と。

そこら辺は
キリスト教と、同じね。

まあ。
ダカラして。

土から作られた人間は
死んだら、また、土に帰る
ってわけで。

イスラム教では
土葬なわけです。

神様に作ってもらった体を
焼いたりして、傷つけるなんて、とんでもない。

使い終わったら、ちゃんと
元に戻しましょう、ってなわけだな。

ので。ので。
人間が、猿から進化した、なんて

彼らにとっては
あるまじろのあるまじろの、あるまじろ。

ハナで、ふふん、と笑われて
この無知め、と

軽蔑のまなざしで、見られること
まちがいなし、なのですわw

じゃあ、あの
洞窟に住んでた

石器時代人、とかは
どうなのよ?って聞くと。

神様が作ったのは
原人であったけど。

それは、人間の祖先であって
サル、とは、最初から
まったく、別モノである、と。

古代の、自然界に於いては
もしかしたら

サルも、原人も
あまり、区別がつかなかったかも、しれないけど。

でも、あくまで
サルは、サルで、人間は、人間だった。

彼らの主張は
こんな感じ、なのであります。

大体、
イスラム、キリスト、ユダヤ、の

唯一神教以外は
彼らは、宗教と認めないので。

仏教徒です、なんて
言っても。

そんなのは、宗教じゃないのに。
なんて無知なんだ。カワイソウな人、と。

思われるのが
セキノヤマで

その、無知な無神論者が
進化論、なんぞを唱えても

下手すると
アーデムとハワの話を

延々と、聞かされることに
なりかねないので

トルコ人とは
この話題は、避けた方がいい、と。
そういうワケ、なんだな。

何でも。
昨今。

世界中で、
ダーウィンの進化論は

間違いだらけだ、と
もっぱらの評判でしょ?

まあ、これが
今回

進化論を、教科書から除外する
理由の一つに、
なってるらしいんだけど。

濃ゆい宗教色を
スローガンにあげている

現AKP党からしたら
渡りに舟、ナわけよ。

だって、もともと
彼らにとっては

こんな理論は
嘘八百だったわけで。

削除できるなら
それに越したことはない、
ってなもんなわけです。

でもね。
1月末に、この方針を発表してから

全国の保護者から
非難の声が、殺到したそうでw

再検討も
ありえるらしいww

結構、まだまだ
トルコにも

ケマリスト、
残ってるんだな~って
思っちゃいましたよ。

さて。
どんな、教科書が、できあがるやらw



本日も、お付き合いいただいて
ありがとう御座います。

ぽちっと、応援
よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

長男との、会話。続。

2017年02月13日 | 子ひつじ~ずの事
まあ。
転校したからって

次の日から、
うって変わって

違う子供に
生まれ変わる、とは

もちろん
誰も思ってなかったけど。

この、人生、
投げたような態度が

少しでも
変わってくれたら。

ちょっとでも
前を向いてくれたら、と。

その程度の
期待で

新しい高校に
通わせ始めやした。

でもね。
しばらく、学校に通い始めて。

何かの話の拍子に
ふと、長男が。

「俺さあ。この学校、好きかも」
と。

ぽつり、と
言ったのですよ。

いや。
何でもないような、一言に
聞こえるでしょ。

でもねえ~。
あっしは、ぶっ飛びました。

この人。
12年間の、学校生活で

いまだかつて
一度、として

「学校が好きだ。」
なんて、言ったことなかったの。

「え?!あんた、学校、好きなの?!」

「う~ん。何か、まだ、良くわかんないけどさ。
変な先生が、いっぱいいるんだよ。」

要するに。
彼の中の、今までの常識を
覆すような

そんな先生が、
いっぱいいる、という意味らしかったのだけど。

初めての事態に
困惑したような。

でも、何か
嬉しそうな。

何ともいえない表情で
長男は、教えてくれました。

それから、5ヶ月。
少しずつ。

本当に、亀みたいに
ゆっくりでは、あるのだけど。

でも、確かに、毎日
少しずつ

長男は
変わり始めたのです。

学校に、遅刻しないように
頑張って、起きるようになった(爆)

授業中に、居眠りをしたり
授業妨害を、しなくなった(爆)

宿題を、できるだけ
やるようになった(爆)

小学1年生みたいだけど。
こんな事さえも、長男は

ぶん投げて
しまっていたのですよ。

今まで、12年間。
どこの学校へ行っても

邪魔モノ扱いで
先生から、問題児扱いされていた、長男。

果たして、
この学校の先生は

どんな魔法を使って
この子供の注意を引く事に、成功したのか。

とても、興味深く
思っていました。

前置きが、
かなり、長くなりましたがね。

その謎が、昨日。
長男と、話していて、解けたのです。

大学受験の事、とか。
将来の夢、とか。

そういう事を
最近

ことあるごとに
話題にするように
しているのですが。

昨日も、きっかけは
そういう話から、でした。

実は、長男は
宇宙船を作りたい、と思っていること。

現在、人間が使用している
ロケットの、短所と長所。

宇宙飛行士が、
もっと、長期間、宇宙に滞在するためには

どんな条件が
必要なのか。

長期の宇宙旅行を
するにあたっての

宇宙船の燃料は
どんな物でなければ、いけないか。

もちろん。
沢山、知らない事があって、

彼の計画の中には
たくさんの、はてなマークがあって

それを埋めるためには、
知識が必要だ。

そんな、ハナシを、
熱っぽく

真剣に、
語り続けるわけです。

わし自身は。
実現できるかどうかは、別として。

まずは、夢を見なければ
ハナシは先に進まない、と考えるタイプなので。

異論を唱える事も泣く
ふん、へえ、と聞いておりました。

「俺さ。実は、こういう、わからないところはさ。
学校の先生に、聞きに行くんだよ。」

は?
あんた、学校の先生に、
こんなハナシ、するの?

「うん!するよ!すっげ~んだよ。俺の、今の学校の先生。
例えば、こんな事を考えてるんだけど、こういうのは、可能ですか?とか、
聞きに行ったとするじゃん?」

うん。うん。

「前の学校の先生とかはさ。そんな馬鹿な事ばっかり、言ってないで、
少しは、試験の勉強でもしろ!とか、俺の事、追い払うだけだったんだけどね。」

「今の学校の先生は、超マジメに、俺の質問を、聞いてくれて、ほぼ、どんな質問でも、
答えられない事がないし、それどころか、俺と一緒になって、考えてくれるんだよ!」

へえ~。

「こないださ。物理の先生と、レーダーシステムのハナシをしててさ。レーダーって、超音波を発して、それが跳ね返ってくるから、そこに、何かがある、っていうのが、わかるシステムでしょ?」

ふんふん。
相槌以外は、あまり役にたたない、わし(爆)

「だったら、バリアみたいに、物体の周囲の磁場だけを、変えてしまったら 超音波は、跳ね返らなくなるでしょ?そしたら、結果としては、センサー上には、反映されないわけだから、潜水艦みたいなものは、センサー上から、消えるんだよ。つまり、見えない潜水艦になるわけさ。」

すでに、振り子の人形状態ですが。
そういうもんなんですか?

「でさ。物理の先生と、そういう事って、実現可能ですかね?って、ハナシしてたらさ。
先生、急に、立ち上がって、紙と鉛筆持って来て、ばばばばー!!って、計算し始めてさ。
う~ん。もしかしたら、可能かもしれないぞ?でも、先生も、ちょっと、わからないコトがあって、明確には、回答できないから、お前も、もうちょっと、深くいろいろと、調べてみろ。明日、話の続きをしよう!実現できそうなら、一緒に、プロジェクトを、立ち上げようぜ!って、言ったんだよ。」

この回答には、
さすがの長男も、驚いたそうだ。

しかも、
その上。

「他にもさ。宇宙のハナシとか、もう、い~ろんなハナシを、いろんな先生と、するんだけど。
この学校のスゴイところは、1人として「そんな馬鹿な事言ってないで、勉強しなさい!」って、言う先生が、いないところなんだよ。1人の先生と、何か話してると、周りにいた先生も、わらわら集まってきて、こうやった方がいいんじゃないか?とか、真剣な議論に発展するんだよ。」

昨今。
トルコの先生事情は
あまり、思わしくなくて

何でも。教育委員会?だかが
各科目の教師に

自分の専攻科目の
テストをさせたら

及第点を取れる教師の数が
ものすごく、少なかった、とかで。

ニュースとかでも
教師の質が、

すごく取りざたされて
いるのだけど。

この学校の先生は、
どちらさんも

すべて、トルコ屈指の
有名大学の出身で

しかも、専攻に
精通している人ばかり、らしい。

要するに、もともとは
電気関係の、専門家だったのが

なんだか、間違って
物理の先生やってる、とか。

どっかの研究所の
研究員だった人が

なんだか、間違って、
生物の先生やってる、とか。

そんなん、なんだ
そうだ。

もう~。ここからはね。
長男の独壇場ですよ。

わしは、
振り子の人形に、徹するのみ(笑)

でもね。
ここで、わしは、理解したのだ。

彼は、彼の考えてる事に
共感してくれる人間、を
必要としていたんだな、って。

ただ、共感するだけじゃなくて。
例えば、それをするなら

こんな知識が必要で
これを知ってれば、こんな事にも、応用できる、とか。

この学校の先生達の
知識は

長男の前にある
未知への扉を、開いたわけです。

その先には、何があるのか?
これをするためには、どうしたらいいのか?

もっと、知りたい!
もっと、わかりたい!

わしゃあ、てっきり
幼い頃に

死んだ、と思っていた
長男の知識欲は

眠っていた、だけだった。
なくなってなかった。

それを、この学校の
先生達は

呼び覚ます事に
成功したんだ。

「今までの、学校はさ。どこの先生も、俺を普通の生徒、にすることに、躍起になってたけど、誰1人として、俺の変なアイディアを、わかってくれようとする人は、いなかった。変わったコト言うのは、悪い事だって、すごく怒られた。勉強は、その場限りで、試験に受かれば、それで終わりで、後は、テキトーに、仕事して、金稼いで、生きていけばいいんだ、みたいな。そんな考え方の人間しか、周りにいなかったから。俺、そんなつまんない人生だったら、長生きしても、しょうがないし、今だけ楽しければ、あとは、どうでもいいや、って、思うようになったんだよね。」

勉強は、相変わらず
つまらないけどw

知識を蓄える事は
とっても楽しい!

そう話す、長男に
わしは、なんだか、手ごたえを、感じたんですわ。

もちろん。
今まで、長年培った

悪い癖、も
いっぱいあるし。

だからって、急に
人が変わって

今年の大学受験は
絶対合格、間違いなし!

なんてw
そう、甘いわけには、行かないけど。

今年は、ダメでも
来年は、いけるかもしれない。

ゆっくり、恐る恐る
殻から、顔を出した、かたつむりさん。

再び、引っ込む事のないように
支えてやれたら。

3月に、一次試験で。
6月に、二次試験。

まだまだ、マラソンは
続きますが。

今年は、どんな結果が
出たとしても。

ちょっと。
方向が、見えてきたような

そんな
気持ちです。

トンネルの、出口が
遠くに、見えてきたような。そんな感じ。

しかし。
真の教育者、とでも
言うのかな。

素晴らしい先生の力、を
見せてもらいましたね~。

ホント、トルコ
全然、捨てたもんじゃないな~!!

これで、もし、今年
合格してくれたら。

もう、ホント
言う事ないんだけどなあ~ww
(てへw)



本日も、お付き合いいただいて、
ありがとう御座います。

ぽちっと、応援
よろしくお願いします。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

型にはまった、教育のせいで
どんだけ、潰された子供達が、
いることか…。

そんな事を、ふと
考えて、しまいました。

うちの子は
ラッキーだったかも、って。
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加