本を読もう!!VIVA読書!

【絵本から専門書まで】 塾講師が、生徒やご父母におすすめする書籍のご紹介です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『昭和を振り回した6人の男たち』 半藤一利

2006年12月01日 | 歴史

 

『昭和を振り回した6人の男たち』半藤一利.jpg


半藤氏の著作は、一番好きな 『聖断』 を含め、数冊読んでおりますが、こういう形の本は初めてです。

本書は、半藤氏が一人で書いたのではなく、数年前に企画した昭和史のセミナーに、講師として参加した専門家五人の、講演が収録されています。


半藤氏以外のメンバーは、保坂正康氏、利根川裕氏、夏堀正元氏、土門周平氏、檜山良昭氏らで、それぞれが取り上げた人物は石原莞爾松岡洋右マッカーサー東条英機阿南惟幾吉田茂 の六人です。


平成になってすでに18年。確か、保坂氏が別の著作で、あるできごとがあって、50年経てば、歴史研究ができるというようなことを述べていたと思います。第二次大戦後 60年経っていますので、昭和という時代が、第二次大戦を中心に本格的に歴史学問の対象となってきたという印象を受けます。


読む前は、あさはかにも、“有名人ばかりを取り上げていて、新鮮味はないのかもしれない” などと、思い込んでいたのですが、とんでもない、どの方の講演にも引き込まれ、自分の知識不足を思い知らされました。


本編に入る前に、“本書を手にする人は、年配の方はともかく、若い人々の中には実感としての昭和を持っていない人もいるだろうから” という理由で、少しだけ(20ページほど) 半藤氏は当時の時代背景と、今問われていることを整理してくれています。これも大変役立ちました。


もっともっと続きの講義を読みたいと思った一冊で、こう言っては申し訳ないのですが、同じく半藤氏の書かれた『昭和史』 よりも、ずっとお薦めしたい一冊です。





http://tokkun.net/jump.htm 【当教室HPへ】





■■ ランキング  
■■

最後までお読みいただいてありがとうございます。少しでも参考になりましたら、応援のクリックをいただけるとうれしいです。

  人気blogランキングへ    にほんブログ村 本ブログ  


『昭和を振り回した6人の男たち』 半藤一利
小学館:256P:580円


★★★ 定期テスト、時事問題プリント ★★★
 
中学1・2年生や高校生の現代社会や政経選択の人。

時事問題の定期テスト対策プリントを必ずやっておくこと!

      genio
先生のブログ

          ↓      ↓   
 
試験に出る!時事ネタ日記!】 

ジャンル:
小説
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『地下経済-この国を動かして... | トップ | 『CIAは何をしていた?』ロバ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「昭和史」戦後編 半藤一利 (bucky)
2006-12-06 17:29:45
度々。延ばし延ばしにしていましたが、今日、やっと読み終わりました。日本史での教科書も昭和史は消化不良になりそうな程度で終るものが多く、いろいろな意味で改めて流れを知りました。
安倍政権の流れの中で、岸信介の評価を読むのも複雑な気持ちでした。同時に、自分の生まれた頃の日本がどんな様子だったのか、意外や世界は激動であったのだと、これも認識を新たにしました。
教科書で歴史を勉強したら、中学生でも高校生でも興味があれば読んでみると面白いかな、とも思いました。
ココログが使えるようになったら記事にします。
失礼しました。では。
buckyさん (VIVA)
2006-12-06 18:15:37
さびしいから、1時間に一回くらいは来て下さい。授業が一枠終わるごとにチェックしますから(笑)。

昭和史はどうも、他の作品と違ってあまり好きになれないんですが、本書は良いですよ。あっ、でも戦後編は読んでいないんです。岸信介の評価は高かったですか?

記事楽しみにしていますね。あと、buckyさんのおかげで、良い本を思い出しました。記事にします。Thank you!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。