トーサポブログ〜願えば、夢は必ず叶う〜

〜人生と経営のヒントがここにある!〜

アッシュの同調実験〜人は集団の力に屈してしまう!?〜

2016-05-23 19:00:56 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「アッシュの同調実験」について考えてみたいと思います。
「アッシュの同調実験」とは・・・
人は集団の圧力には簡単に屈してしまうことを証明した実験のことです。

その実験とは、7人の大学生に呈示された2枚のカードを見比べて同じものを選んでもらう
というものです。カードには線が描かれており、基準となる線の長さと同じ線が描かれた
カードを選ばせます。
ただし、7人のうち6人は実験のサクラで、7人が順番に回答して6番目に被験者を回答させます。
その実験の結果、1人で回答させると100%正解だったものが、7人での実験で、前の5人が
間違った回答をすると、被験者の正解率が68%まで低下しました。

この実験では、集団の中では、明らかに間違いだとわかっていても、他の人の意見や行動に
影響され、自分の考えを変えてしまうことが明らかとなりました。

会社という組織の中でもこのアッシュの同調実験のように集団の力で「クロ」を「シロ」に
変えることがあります。
昨今の大手企業のデータ改ざん事件もこの法則によるものなのかもしれません。

会社は社長をトップとした集団です。社内では当然社長がもっも大きな影響力を持っています。
社長が「クロ」を「シロ」と言えば、社員はそれに従わざるを得ません。
社長が判断を間違えば、皆が同じように間違える可能性を持っています。
逆に社長が正しい影響を社員に与えることができれば、皆を正しい方向に導くことも可能です。

社長が正しい判断を下し、その判断を社員が共有し、お互いに良い影響を与え合うことができれば、
いつか必ず成功にたどり着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

保有効果〜持っているものは手放したくなくなる!?〜

2016-05-14 19:08:00 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「保有効果」について考えてみたいと思います。
「保有効果」とは・・・
現在、自分が保有しているものに対して高い価値を感じ、保有しているものを手放すことに
抵抗を感じる効果のことをいいます。

この「保有効果」を活用したマーケティング手法も現在では数多く使われています。
例えば、「返金保証システム」。
「使ってみて気に入らなければ返金します」との謳い文句で、通販などでよく使われます。
試しに購入して、手元に商品が届いてしまうとよほど粗悪なものでなければ、手放すことなく
使い続けることになります。

また、保険会社などでよくみられる「無料の保険の見直し相談」は、保有効果を
薄めるための対抗手段として使われています。
一旦入った保険については、保有効果により、なかなか見直しを行うことはありません。
その保有効果を崩すためには、現在の保有価値が本当に保有するだけの価値を備えているかを
認識させることが必要になります。「無料相談」という低いハードルを武器に、他の保険と
比較をさせて、価値がないことを認識させることにより、保有効果を崩すことができます。

このように保有効果は、一度選択して購入してしまうと自分が持っている商品や利用している
サービスに対して、実質以上の評価を与えることになります。そして、新たな商品やサービスに
変更しにくくなることを意味します。

企業は自社の商品やサービスがお客様から選ばれなければ、企業として存続することはできません。
そして、お客様から選ばれ続けるためには他社よりも早くお客様に自社の商品やサービスを保有して
いただくことが重要です。

お客様に選ばれる品質を、お客様にしっかりアピールして他社よりも早くお客様に選択・保有して
いただくことができれば、いつか必ず成功にたどり着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エンパワーメント〜社員に自律的に行動する「力」を与える〜

2016-05-07 21:25:09 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「エンパワーメント」について考えてみたいと思います。
「エンパワーメント」とは・・・
組織において与えられた目標を達成するために、組織の構成員に自律的に行動する「力」を
与えることをいいます。

ビジネスの世界では、変化のスピードに対応するため、社員に自主的な判断を委ねることが
あります。上司からの具体的な指示や解決策を受けることなく、社員自らが問題点を発見し、
解決する能力が重要となっています。

このエンパワーメントを成功させるためには、次の3点に注意が必要とされています。
1 経営理念、ビジョンの共有
  組織の存在意義や使命を共有していなければ、社員各自の判断でバラバラな方向に進んでいく
可能性があります。組織としての統一性や一貫性を保つことが必要です。
2 能力の把握と資源の提供
  社員に適正な「力」を与えるためには、社員の能力を正しく把握する必要があります。
そして各自の能力に応じて情報や経営資源の提供を行います。
3 正当な評価と報償
  社員各自の行動が経営理念やビジョンが求めるものと一致している場合は、正当に評価をし、
報償を与えることが必要です。正当な評価を受けることができなければ、社員の意欲を
高めることはできません。

このようにエンパワーメントにより行動をして「力」をつけるのは社員ですが、それが成功するか
どうかは、経営者の考え方、行動にかかっています。

経営者が経営理念やビジョンを社員に語り、社員の能力に応じた教育を受けさせ、社員の行動を
正しく評価し、報償を与えることができれば、組織のパワーは強くなり、いつか必ず成功に
たどり着けるはずです。

私はそう信じています!

(参考文献:「MBAマネジメントブック」ダイヤモンド社)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グーデンベルグ仮説〜多少上下しても需要が変わらない価格帯がある!?〜

2016-04-20 20:00:37 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「グーデンベルグ仮説」について考えてみたいと思います。
「グーデンベルグ仮説」とは・・・
消費者が値頃と感じる価格についての仮説で、消費者にとって多少価格が上下しても需要に
影響がない価格帯があるという考え方のことをいいます。

一般には、価格が下がれば需要は増加し、価格が上がれば需要は減少します。
つまり、価格が安くなれば売れるし、価格が高くなれば売れないということです。
このことを需要の価格弾力性ともいいます。

しかし、グーデンベルグ仮説では、消費者が商品に関しての情報を熟知しており、その商品の
価格に関して一定の価格感(値頃感)を持っている場合、多少価格が上下しても需要に影響しない
価格帯が存在すると考えられています。
そして、この価格帯の中で最も高い価格を設定することができれば、最大の利益が獲得できる
とされています。

ある商品に対して消費者が持つ値頃感のことを「参照価格」とも言います。
消費者はあらかじめこの参照価格を持ったうえで購買行動をしています。
定番商品など、消費者がその商品について一般的な価格帯の情報を持っている場合は、
販売者はこの「参照価格」を参考に価格設定をせざるを得なくなります。

事業者が行う販売価格の設定は、事業の利益を左右する重要な意思決定の一つです。
経営者は、グーデンベルグ仮説に基づき、利益が最大になる価格を設定しなければなりません。
そのためには、日頃から消費者の購買行動に注意を向け、消費者が持つ「参照価格」と
需要に影響のない価格帯を探る努力が必要となります。

経営にとって一番大切なものは、お客様です。お客様を知り、お客様が満足する商品を、
お客様が満足し、なおかつ会社側も利益がとれる価格で提供することができれば、
いつか必ず成功にたどり着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リーセンシー効果〜購入直前の広告が最も効果が高い!?〜

2016-04-05 22:57:34 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「リーセンシー効果」について考えてみたいと思います。
「リーセンシー効果」とは・・・
購入の直前に見たり聞いたりした広告が、購買活動に影響を与える効果のことをいいます。

例えば、スーパーで買い物をするとき、POPで紹介されている商品を購入したり、買い物の
直前に聞いたラジオのCMで流れていた商品を購入することがありますが、それらもこの
リーセンシー効果によるものといえます。

リーセンシー(Recency)とは、「最近、あたらしいこと」などの意味を持っています。
顧客の購買分析に使われるRFM分析の「R」も「Recency」で、このときは「最終購入日」を表します。

リーセンシー効果を高めるには、購入しようとしている消費者のすぐ近くで広告を打つことが必要です。
最も購入時点に近い広告は、POPや店内放送などがあります。
POPは、一見シンプルな販促ツールですが、「物言わぬ営業マン」と言われるほど効果があります。

買い物の際に何を買うかはっきりしているお客様は20%前後と言われています。残りの80%近くの
お客様は衝動買いに近い購入をしていることになります。
POPは、そのようなお客様に商品の特徴や効果の情報を購入の直前に提供して購入の決定づける
役割を担っています。

世の中には商品やサービスが溢れています。その中から自社の商品やサービスをお客様に選択して
いただくためには、情報の提供(広告)が必要です。
購入に際してどれにしようか悩んでいるお客様に、効果的な情報提供(広告)を行うことができれば、
必ずお客様から選択してもらえるようになります。
自社の商品やサービスが、お客様からの支持を得ることができれば、いつか必ず成功にたどり
着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加