トーサポブログ~願えば、夢は必ず叶う~

~人生と経営のヒントがここにある!~

キャズム理論~新製品・技術には普及率16%で大きな溝が待っている!?~

2017-02-25 22:08:27 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「キャズム理論」について考えてみたいと思います。
「キャズム理論」とは・・・
イノベーター理論が唱える「普及率16%の理論」に対して、ハイテク産業においては
アーリーアダプターとアーリーマジョリティの間には大きな溝(キャズム)があるとする理論です。

キャズム理論以前は、イノベーター理論が唱えられており、新商品を購入する顧客は、
購入時期が早い順から、
・イノベータ(革新者)2.5%
・アーリーアダプタ(初期採用者)13.5%
・アーリーマジョリティ(前期追随者)34%
・レイトマジョリティ(後期追随者)34%
・ラガード(遅滞者)16%
と分類され、イノベーターとアーリーアダプタを合わせた普及率16%まで達するとその新製品、
新技術は急速に普及するとされていました。

一方、キャズム理論は、マーケティングコンサルタントのジェフリー・A・ムーアがハイテク産業の
マーケティングに携わる中で発見したもので、ハイテク産業においては「普及率16%」のところに
大きな溝があり、多くの製品や技術はこの溝に落ちて消えてしまっていると指摘しました。

これは、アーリーアダプタは、他人が持っていないものを持つことを重視しているのに対して、
アーリーマジョリティは、多くの人が持っているという安心感を重視しているため、
普及率16%に達してもまだアーリーマジョリティが安心して購入できる状態になっていないことが
理由のようです。

アーリーマジョリティが安心して購入できるようにするためには、普及率が16%前後になったときに、
新たな広告を行うなどの施策が必要となってきます。

経営者は常に新たな商品やサービスを提供していかなければ、競争市場に残ることはできません。
そして新たな商品・サービスをアーリーマジョリティまで普及させることを常に考えて
おかなければなりません。新商品・サービスがアーリーマジョリティまで普及することができれば、
いつか必ず成功にたどり着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スペンドシフト~消費はより価値があるものへとシフトする!?~

2017-02-11 19:14:15 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「スペンドシフト」について考えてみたいと思います。
「スペンドシフト」とは・・・
スペンド(消費)がシフト(移動)するとの意味で、お金や時間の消費の仕方が
変化していくことをいいます。

従来の考え方では、消費をする際には「より多くのものをより安く」買うことが
重要でしたが、今ではその考えから変化して「価格は高くても価値あるものを
手に入れる」ことが重視されてきています。

このスペンドシフトは、物の価値での比較にとどまらず、「地域のため」の消費や
「信頼できる会社から」の消費、「人との絆を深める」ための消費など、消費に
付随した価値に基づくものもあると言われています。

この考え方は、2010年に米国で発売された著書「スペンド・シフト」で紹介されたもので、
その後の日本においても同様の現象がみられると言われています。

日本の企業では、経営理念に「地域貢献」、「社会的信頼」などを取り入れているところが
多数見受けられます。
これらの企業が経営理念通りに事業を展開してれば、スペンドシフトによりお客様が
増えていくはずです。

経営者は、お客様が求める価値を常に意識した商品やサービスを提供し続けて
いかなければなりません。そして、お客様にその価値を認めてもらい、他の商品や
サービスから自社の商品・サービスにスペンドシフトしてもらえることができれば、
いつか必ず成功にたどり着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イエスバット話法~相手の意見を聞き入れた後で提案すると受け入れてもらえる!?~

2017-01-29 20:36:34 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「イエスバット話法」について考えてみたいと思います。
「イエスバット話法」とは・・・
相手の意見をいったん「イエス」で受け入れた後に「バット(しかし)」で否定する話法です。

このイエスバット話法は営業などで使われることが多い話法です。
人は、自分の話を否定されるのを嫌がります。でも営業の話をしている場面ではお客様の
考えを変えてもらわなければならいときも出てきます。
そのようなときに使われるのがイエスバット話法です。

まず、お客様の話を十分に聞いた(イエス)うえで、反論(バット)すると、いきなり否定されるよりも
こちらの意見に耳を傾けてもらえやすくなります。

しかし、この話法では途中で一度相手の意見を否定していますので、そこが強く印象付けられると、
最初のイエスの効果が薄まってしまいます。
また、相手方も「イエスバット」を使ってきて、お互いに「イエスバット話法」の欧州となり、
どこまで行っても平行線で終わるかもしれません。

そこで有効なのが「イエスアンド話法」というものです。
これは、イエスバット話法で用いられる接続詞の「しかし」を、「実は」、「そして」、
「したがいまして」、「さらに」などに変えて自分の意見を伝える話法です。
これらの言葉でつなぐと、否定された印象が残らないため、意見を聞き入れてもらいやすくなります。

ただし、営業の場合には、こちらの提案を聞き入れてもらうことよりも、本当は、こちらの提案に対して、
相手が「ノー」や「バット」と言っている真の理由を解決してあげることが重要なのです。

私は「営業」とは、「相手の悩みを、自社の商品やサービスで解決すること」だと思っています。

お客様の悩みを話の中から聞き出したうえで、その悩みを解決できる提案を行うことが重要です。
お客様の悩みを解決できる提案を提供し続けることができれば、いつか必ず成功にたどり着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モラル・ライセシング~頑張った自分には甘くなる!?~

2017-01-19 20:04:22 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「モラル・ライセシング」について考えてみたいと思います。
「モラル・ライセシング」とは・・・
人は、良いことをしたり、頑張ったりした後には、自分に甘くなることをいいます。

例えば、ダイエットをしているときに、昼間に大好きなお菓子を食べずに頑張ったので、
そのご褒美に夜お菓子を食べすぎたり、午前中の仕事は頑張ったけど、その分午後は
だらけてしまったり・・・
このようなことを、モラルライセシングの罠といいます。

モラルライセシングの罠には、良いことをした後には、悪いことをしても構わないと
思ってしまうこともあります。

ダイエット中のご褒美のお菓子など、結果が自分だけに影響するようなものであれば、
自己責任として済ますことはできますが、影響が他人や社会に及ぶことになるのであれば、
十分注意しなければいけません。

モラルライセシングの罠に陥らないためには、そもそもなぜそのような行動をしようと
思ったのかを常に意識しておく必要があります。
なぜ、良いことをしようと思ったのか?なぜ頑張る必要があったのか?
これを忘れてしまうと、ついつい自分に甘くなり、反対の行動が出てしまいます。

経営者は、社会貢献のために経営をしていることを忘れてはいけません。人の雇用や
納税などで社会に貢献しているからこそ、経営を継続することができるのです。
頑張って利益をあげたから、自分のご褒美のために税金を少なくしようなどの罠に
陥ってはいけません。

正しい経営を行い、社会に貢献することを忘れなければ、いつか必ず成功に
たどり着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンダーマイニング効果~外的な動機付けはモチベーションを低下させる!?~

2016-12-24 18:51:54 | ビジネス
こんにちは!
夢を信じるコンサルタントの池田です。

今回は、「アンダーマイニング効果」について考えてみたいと思います。
「アンダーマイニング効果」とは・・・
内発的に動機づけられた行為に対して、報酬などの外的な動機づけを与えるとモチベーションが
低下する現象のことをいいます。
アンダーマイニングとは、弱体化やひそかに傷つけるとの意味です。

例えば、好きなゲームを自由にやっていたのに、突然、ゲームをクリアすると報酬が発生することに
なってしまうと、報酬をもらうことが主となり、報酬がもらえなければゲームをしたくなくなる
現象が起こります。

人の意欲には内発的モチベーションと外発的モチベーションの二種類があります。
内発的モチベーションとは、行動の動機が、達成感や面白さ、充実感を感じることなど自分の
内部に存在し、これにより行動の意欲が引き出されるものです。
一方、外発的モチベーションとは、行動の動機が物理的な報酬や他人からの評価など外部に
存在することをいいます。

内発的モチベーションにより行動していた人に、外発的モチベーションを与えると、報酬などの
外発的モチベーションが発生しなければ行動しなくなってしまいます。

アンダーマイニング効果を使えば、先の例のようにゲームに夢中となっている子供に対して
報酬を与え続け、ある時に報酬を与えることをやめて、子供に自発的にゲームをやめるように
仕向けることも可能です。ただし使い方を誤ると、自発的に良い行動していた人のモチベーションを
下げることにもなりかねません。

経営者は、社員のモチベーションを上げるよう工夫することが大切です。モチベーションのアップの
ためには、内発的モチベーションに目を向けて、内発的モチベーションを継続させることを
意識しなければなりません。
社員が、内発的モチベーションを継続的に持ち続けることができれば、いつか必ず成功に
たどり着けるはずです。

私はそう信じています!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最後までお読みいただきありがとうございます。

池田税理士・中小企業診断士事務所のHP
コメント
この記事をはてなブックマークに追加