goo

一日の始まり

07/12/05 今朝は、1時半ごろに一度目を覚ましたが、また寝たら5時近くになっていた。

 いつものように、エアコンとストーブをつけ、コーヒーをいれてパソコンに向かう。

 窓の外は、カーテン越しの覗くと、高速道路を照らす外灯の明かりが見えるが、走る車のライトも、空には星が見えない。

 昨日朝積もっていた屋根の雪も日中には溶けたのだが、夕方になるとまた雪が降り出した。

 仕事から家に帰り、居間へ行くと次男が食事をしていた。

 「ただいま」と言ったが、返事が返ってこなかった。

 食べながら「明日は、病院の受付をしに行かなくても良いんだな」と聞くと、小さな声で「うん」と答えた。

 今日は、退院して始めての診察の日だ。

 夕食を食べ終わり、次男は部屋へ戻ったので、私も部屋へ戻ると、まもなく次男が下へ降りて言った。

 私もお風呂に入るため、下へ降りると次男が妻に肩をもんでもらいながら話していた。

 就職の事を話していたが、次男は不安に思っているようだ。

 「看護師さんも、あせらないほうが言いと言ってたじゃないか」と言うとうなづいていたが、本人はどんな職種に就くか悩んでいるようだ。

 病気の性質上?本人の希望(正社員)は中々難しいと思うのだが・・・・。

 次男は「仕事に就かないと、引け目を感じる」とも言ったが「お母さんなんか引け目だらけ」と言うと、うなずいていた。

 妻は、何度かパートについたのだが、長男が仕事場へ日に何度も電話をして、辞めさせられた。

 後は、子供たちの病気の関係で家を空けることも出来ないので、仕事をしなく?なったのだ。

 私がお風呂からあがって、部屋へ戻っていると長男から電話があり、妻が出た後私が代わって話しをした。

 「来週外出ね」と言うので「来週?」と聞き返した。

 来週ではなく、今週なのだが、「今週だっけか」と長男はまた言った。

 「体調も良くないとだめだから、その日にならないとわからない」と言うような事を言った。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 一日の始まり 一日の始まり »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。