鯛の尻尾を奪い取れ

OCNブログから引越してきました、マンホールの蓋ばかりですがよろしく
のんびりやっています

南城市(佐敷町)

2017-01-20 18:40:39 | マンホール(沖縄県)
南城市(佐敷町1)

 描かれているトカゲハゼとは佐敷の海岸に棲息するムツゴロウぽい絶滅危惧種の魚らしい、見た事も食べた事もないので味はわからぬ、だがメロスは魚食に対しては人一倍敏感であった(呼んでない帰れメロス
 中央に描かれているのは南城市章。
南城市(佐敷町2)

 同じ絵柄ですが佐敷町章の井桁が描かれています。
 佐敷の干潟に棲息しているらしいのですがあの小さな砂浜?
南城市(佐敷町3)

 佐敷町の小蓋、波が簡略化されている。
南城市(佐敷町4)

 南北に通っていない謎のjis蓋、具体的には22.5度(1/16)ずれている、どういう意図があるのだろうか?
南城市(佐敷町5)

 井桁の町章が描かれた止水栓、これはこれで可愛い、缶バッジのデザインにあってもおかしくない、てゆか欲しい。
南城市(佐敷町6)

 仕切弁はこんな感じでした。
佐敷湾の朝

 せっかくですので朝焼け空の写真でもどうぞ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浦添市

2017-01-19 18:26:58 | マンホール(沖縄県)
浦添市

 ひまわりぽい紋様が面白い浦添市の蓋、太陽のマークが三つ入っているのも特徴。
 しばらく眺めていると段々と目がちかちかしてくる罠。
浦添市

 浦添市の市章の入った止水栓、こんなバッヂがあったら一つ欲しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名護市

2017-01-18 17:21:51 | マンホール(沖縄県)
名護市1

 名護市の蓋、カンヒザクラをついばむメジロ、テッポウユリが描かれています。
名護市2

 名護市の小蓋、こうして見るとテッポウユリに乗りながらカンヒザクラをついばんでいる姿がわかりやすい。
名護市仕切弁

 「名護市章」「仕」「弁」「φ50HIVP」と書かれた仕切弁の蓋。
 津堅島の時もそうなのだが仕切弁には管の素材を記載しなければならないルールが沖縄にはあるのだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今帰仁村

2017-01-15 18:32:31 | マンホール(沖縄県)
今帰仁村(古宇利島排泥桝)

 今帰仁村(なきじんそん)には下水道がありません、どうやら集落の規模から村章の入った公共枡しかないらしい、そして下水道がないのは古宇利島とて同じです、橋が開通して沖縄本島から屋我地島を経由して古宇利島へ渡れるようになった現在も上水道(農業用水)の蓋しかありません、写真の蓋には「古宇利18-2-1」「1号排泥桝」と書かれています。
今帰仁村(古宇利島空気弁)

 排泥桝の隣にあった空気弁の蓋、この分割やドットパターンは可愛い。
今帰仁村(古宇利島排泥弁)

 一回り小さな排泥弁の蓋、1号とか4号とかどういう意味なのかは不明、島に来るほとんどの人から見向きもされない所がいい。
今帰仁村(古宇利島給水所)

 農業用水の給水所、250Lで10円、この値段なら島で簡易銭湯でも始めても元が取れるんじゃね(勝手に変なこと始めるな)
 いぁ、やりませんが
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うるま市

2017-01-15 09:34:34 | マンホール(沖縄県)
うるま市1

 4市町が合併したうるま市の蓋です、この蓋には市の蝶オオゴマダラ、ヨット、エイサー、闘牛が描かれています。詰め込んだ感じですね。
うるま市2

 小蓋、上に比べるとヨットの自己主張が激しい、
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うるま市(石川市・具志川市)

2017-01-13 19:02:33 | マンホール(沖縄県)
うるま市(石川市)

 石川市は闘牛の町らしく蓋にも闘牛が描かれているようです、上には伊波織りの紋様、下は市の花サンダンカと市の木リュウキュウコクタンが描かれているらしい(また聞きなれない植物が出てきたぞ)
うるま市(具志川市1) こちらの蓋にも闘牛が描かれているようですが一度に三組もまとめて取り組むのか忙しないな、その周囲は柵、中央にあるのは具志川市の市章と市の花キクらしい。


うるま市(具志川市2)

 具志川市の小蓋、牛二頭が組み合っているのでこれなら闘牛だとわかりやすい。
うるま市(具志川市3)

 上の蓋と似ているがちょっと違う間違い探し蓋、いくつの違いが見つけられるでしょうか。
うるま市(具志川市4)

 沖縄でよく見られる波の蓋、具志川市の空気弁でも使われていました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うるま市(与那城町)

2017-01-12 19:05:51 | りくぐん!
うるま市(与那城町1)

 与那城町(よなしろちょう)の蓋です、町の木クワディーサーが描かれているようですがどの木がクワディーサーなのか部外者にはさぱり、コバテイシという和名もわからない、
うるま市(与那城町)

 与那城町の小蓋、こちらにも同じ木が描かれていますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うるま市(勝連町)

2017-01-10 17:36:32 | マンホール(沖縄県)
うるま市(勝連町1)

 勝連町の蓋です、絵柄は沖縄の盆踊りエイサーが描かれているようです、エイサーの名前は聞いた事はありますがなにせ実物を見たことが無い、これが本当にエイサーなのかどうか知る術もなし、
うるま市(勝連町2)

 こちらの蓋にもエイサーが描かれていますが人物が二人消えてしまいました、踊っている最中に忽然と姿を消す村人はそのまま誰の記憶からも消えていくエイサー恐るべし(勝手に変な話を作るな)
うるま市(勝連町3)

 こちらの蓋も絵柄は一緒ですが受け枠に波が描かれています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うるま市(勝連町津堅地区農業集落排水)

2017-01-09 09:56:23 | マンホール(沖縄県)
津堅島1

 津堅島は沖縄本島の平敷屋から船で30分ほどの所にある離島です、漁業と農業(主にニンジン)で知られる他に海水浴やダイビングでも賑わう(らしい)
 蓋にはニンジンのキャラクターと島が描かれています。
津堅島2

 小蓋、外側の「津堅島」「農集排」とニンジンマークがない以外は同じデザイン。
津堅島仕切弁

 上にうるま市の市章、左に「仕」、右に「上水」、下に「φ75HPPE」と書かれている、
 蓋に描かれているニンジンのキャラクターは実はフェリーにも描かれている、どんだけニンジン好きなんだよ(いぁわたしも好きですが)
津堅島

フェリーが島に近づくと製作中の防波堤が目にはいる、奥に積み上げられているのはテトラポッドに似ているがテトラネオという別物です。
津堅島の狛犬1

 集落の入り口には狛犬がいる、魔除なのかこれは?
津堅島の狛犬2


ニンジン展望台

 ニンジン島アピールのためなのか展望台もこんな形、高さは十メートルほどだがこれでも島を一望できる(つまりそれほど起伏がない)
ニンジンベンチ

 展望台の中にあるベンチ、わたし以外誰も来ないのだが、
ニンジン畑

 こんな光景が島のあちこちで見られる
ニンジン畑用スプリンクラー

 ニンジン畑の撒水状況。
ニンジン畑用貯水池(建設中)

この島には集落から遠い畑地区に貯水池がいくつかあるのだが足りていないらしく更に造られているらしい。
ミーガー

 井戸があるのだが激しく道路に撒水していて道路水浸し、今は水は要らない時期なのかな?
津堅島ビーチ

 普通の砂浜は歩きづらいので岩交じりのここを歩いてみる、時折貝を拾い集めるのも良し。
アフ岩

 すぐ近くに無人島がある、泳いで行けそうな距離
アフ岩ビーチ

 この距離で砂浜が見える、夏になると誰かきっとあそこまで泳ぐ人がいるに違いない、いいなぁ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄の警戒標識

2017-01-07 17:32:15 | 道路のあれこれ
ヤンバルクイナ1

 沖縄は本土とは異なる生態系のため独自に進化を遂げた道路標識(警戒標識)が生息する、当然の事ながらヤンバルクイナの棲む世界にしかヤンバルクイナ注意の標識も生きていく事はできない、厳しい自然の摂理だ。
ヤンバルクイナ2

 上と同じ標識だが下の補助標識が異なっている、うっかりクイナを社畜と読み間違えそうになるがここではクイナの生命は人命よりも重い。
イモリ

 ヤンバルクイナだけが保護対象となっている訳ではなくイボイモリ注意の標識も存在する。
カメ

 こちらはリュウキュウアカガメ注意の標識、注意どころかうっかり踏んづけてしまうと単車は飛んでいってしまうのでこれは要警戒。
カエル

 えーとこれはオキナワイシカワガエル?むずい、
ウマ これはウマに注意ではなくてウマに乗った人に注意、つまりだなここには馬賊が出る!気をつけるんだ!


農耕車

 未来の21世紀、馬だけではなく農耕車に乗った賊も出没する、それが沖縄クオリティ。
自転車

 都市部の山賊は自転車で襲ってくる!すげえな沖縄、やりたい放題じゃないか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マンホール(調布市)

2016-12-31 07:16:39 | マンホール(東京都)
調布市(角川大映スタジオ1)

 京王線調布駅は最近になって整備が進められ名物だったタコ滑り台も撤去されたとの話も聞きますが整備に伴って新蓋が設置されたらしいので見に行きました。
 「角川大映スタジオ」と下に書かれた蓋です、往年の名作「ガメラ」が描かれた壁画、これは大映スタジオにあるのかな。
調布市(角川大映スタジオ2)

 もう一つ大映スタジオ蓋があります、こちらには大魔神像、これもスタジオにあるのか。
調布市(日活調布撮影所)

 こちらの蓋は日活撮影所と書かれています、撮影所の外観の写真とギターを持った鳥が描かれている蓋、よくわかりません。
調布市(日活株式会社)

 こちらの蓋はフィルム缶の蓋をデザイン、CM蓋っぽくもありこれはこれで面白いかも。
大魔神

 これは調布とは全く関係ない場所にある「生き埋めになっている大魔神像」
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

羽田レンガ堤防

2016-12-30 09:08:57 | まち歩き
羽田レンガ堤防

 多摩川の河口に五十間鼻という場所がありそこは朝焼け空の撮影ポイントだったりする。
 その近くには低いレンガでできた塀があるのを以前から知ってはいたのだがそれが何なのか今までずっと気にも留めないでいた、何を考えてこんな低い塀のある道路を作ったのだろうか。
 結論から言うとこの塀は、昭和4年に竣工したレンガ堤防の名残でかつては羽田猟師町を洪水から救ったり空襲で川に逃げ込んだ人を大火から守ったりと逸話のある堤防だったらしい。
 道路側からみると低い塀にしかみえない、今ではあちこちに通路ができているためにこの階段に意味が無い。
 今ではコンクリート製の新堤防ができたためにレンガ堤防は役目を終えています、そして新堤防とレンガ堤防の間に住宅があったり駐車場があったり南北を堤防にはさまれた不思議な空間があります。
陸閘

 名前だけは何度か聞いたことがある陸閘、堤防の一部を開けておいて普段は通路にしているのだが増水時には止水板を立てる奴だなこれは。
 奥に見えるのは使う人がいない(であろう)階段。
陸閘2

 わかりづらいが住宅地は道路よりわずかに低い位置にある、これが陸閘が必要な理由だろうか。
陸閘3

 止水板を立てる溝が二つある、よほど水が浸入しやすい立地だったのだろうか。
新堤防の内側

 住宅地だけではなく繋船場まであるのが見てわかるだろうか。
海岸の防潮扉

 これは羽田ではなく港区海岸R130の終点近くにある高潮防潮扉、今の時代だとこういう物がある(電動らしい)
五十間鼻からの朝焼け

 もうちょっと雲が少ないと良かったなこれは。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浜松市4

2016-12-24 20:46:45 | マンホール(静岡県)
浜松市(家康くん)

 なんかもうこれはコメントに困るとしか言いようがない、出世大名家康くんって徳川家を馬鹿にしているのか腰の鍵盤は何なのかもうちょと何か別の方法は無かったのか過去の偉人を引き合いに出さないと駄目なほどに浜松は寂れているのか、何を考えているのだ浜松市は。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和歌山市3

2016-12-23 17:54:23 | マンホール(和歌山県)
和歌山市色蓋

 以前に乗せた和歌山市の手まり蓋、色のついたものもありました。
和歌山市色蓋2

 違うパターンの手まり蓋、謎の躍動感が面白い。
和歌山市水道蓋

 水道人孔蓋もあります。
謎の案内板

 忍者?何で忍者???
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北栄町(大栄町・北条町)

2016-11-09 19:00:08 | マンホール(鳥取県)
北栄町(大栄町1)

 由良の駅を降りるといきなり謎のブロンズ像が立ちはだかっていたりします。
 見ると「名探偵コナン」
 うわーい、さっぱり分かりませ~~ん。
 コナンと言っても「コナン・ザ・グレート」じゃなくっちゃ分かりませんってば。
 後々知人に聞いてみたら、10年以上も小学生をやってるすごい子供だと判明、いい加減卒業しろよ。
北栄町(大栄町2)

 大栄町は中国地方の北、日本海に面した地です。
 イメージ的には砂浜、砂浜には西瓜がよく似合う、松も似合う。
 なのに梅の花は何だろう?
北栄町(大栄町3)

 ♪松の林をきゅらきゅら~、西瓜を踏み分けきゅらきゅら~
 巨砲(おおづつ)さんの登場です。
 日本海側の台場がこの地にあったらしいのです。
 これは百年前の遺跡?日本海海戦でしょうかね?
北栄町(大栄町4)

 大栄町(だいえいちょう)まだまだ梅が続いてたりします。
 砂地イメージの大栄町なのにウメ、精霊さんも大変です。
北栄町(大栄町5)

 ずっと撮り損ねていた蓋がこちら、永遠に小学生を続けるコナンくんです、同級生も卒業できないのか?
北栄町(北条町)

 大栄町から東に歩くと北条の町となります。
 中国地方のイメージとちょっと離れた葡萄の町らしいです。
 ワイナリーがある、という事はワインが造られているのでしょう。
 北条ワインってのを売り出したいのかな、この町は。
 まあ、どこかで見かけたら一度くらいは買ってみたいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加