鯛の尻尾を奪い取れ

OCNブログから引越してきました、マンホールの蓋ばかりですがよろしく
のんびりやっています

熊谷陸軍飛行学校桶川分教場

2016-05-16 19:27:06 | りくぐん!
桶川分教場1

 バス停を降りるとさっそく案内板が見えてきます桶川市のアピールっぷりが素晴らしい事になっています(現在は解体中、復元されるらしいのですが)
桶川分教場2

 道路案内板、こっち来いこっち来いと誘っています(おいてけ堀?
桶川分教場3

 まだある案内板、そんなに迷いやすいとは思えないのだが、
桶川分教場4

 「陸軍」標石がお出迎え、左右にずらずらっと並んでいるのが可愛い。
桶川分教場5

 敷地内にもある陸軍標石、これ何?撫でたり舐めたりしていいの?(舐めるなよ)
桶川分教場6

 コンクリート製の円形防火水槽、さすがに鯉は泳いでないぽい(それは地方の宿場町です)
桶川分教場7

 弾薬庫、小さい。
 まあ飛行学校で実弾を使う機会はそうなかっただろうからね。
桶川分教場8

 やっとたどり着いた分教場、わかりやすく言うと木造校舎、燃えやすくて隙間風が入ってくる、窓のガラスは一体何回割られた事やら。
桶川分教場9

 校舎右側、仕官集会所と書かれていますが職員室だと考えるとわかりやすいかも
桶川分教場10

 左側は教室、大空の浪漫を語り合う場所(特攻の話はしてはいけない
桶川分教場11

 車庫南西側から
桶川分教場12

 車庫北西側から
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊(とよ)砲台

2016-05-10 18:53:10 | 対馬要塞
豊砲台入口

 対馬北端にある豊砲台です、のっけから脅すようですがこの入口の近くには四台くらいの駐車スペースしかありませんしすれ違い不可な一本道です、安全策をとるなら近くの海鮮食堂「和」のあたりに停めて来たほうが良いかと、忠告しましたよ。
豊砲台看板1

 入口にある看板、黒く消されている部分はここには長門級の砲塔が据えられていたという部分、赤城だ土佐だと諸説紛々なのが現状らしい。
豊砲台通路1

 さっそく中に入ってみるがいきなりダンジョン気分が味わえる、こんな所でニンジャで遭遇したら瞬殺される事間違いなしです。
豊砲台通路2

 分岐があらわれた
 【コマンド】
 右へ行く
→奥へ行く
 上に行く (え?
 引き返す
豊砲台通路3

 上に行く階段、よく見ると封鎖されていて行けない。
豊砲台通路4

 右に行くと隠し部屋がある(隠してない)
 入ってはいけない雰囲気をかもし出している。
豊砲台跡地1

 奥に行くのが正解でした、ぽっかりと空いた丸い縦穴は砲台をそのまま引き抜いたような形です。
豊砲台

 ちなみに本当に長門級の砲塔が埋まっていたとしたらこんな感じのがあった事になります(写真は陸奥の砲塔ですが)
豊砲台跡地2

 地上から見た砲台陣地、さすがにフェンスで囲まれています(飛び降りたがる人がいたのか?)
豊砲台跡地3

 近づいてみる、でかい・丸い・美しい
豊砲台看板2

 地上部にある看板、よく見るとさきほどの分岐、左にいくという選択肢もあったぽい、うっかり見逃してしまった。
豊砲台

 山頂部にあるコンクリ塊、空気穴か昇降口らしいのだが不明。
豊砲台

 更に埋もれているコンクリ塊、何だろうか気になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

豊(とよ)砲台

2016-05-10 18:52:42 | 対馬要塞
豊砲台入口

 対馬北端にある豊砲台です、のっけから脅すようですがこの入口の近くには四台くらいの駐車スペースしかありませんしすれ違い不可な一本道です、安全策をとるなら近くの海鮮食堂「和」のあたりに停めて来たほうが良いかと、忠告しましたよ。
豊砲台看板1

 入口にある看板、黒く消されている部分はここには長門級の砲塔が据えられていたという部分、赤城だ土佐だと諸説紛々なのが現状らしい。
豊砲台通路1

 さっそく中に入ってみるがいきなりダンジョン気分が味わえる、こんな所でニンジャで遭遇したら瞬殺される事間違いなしです。
豊砲台通路2

 分岐があらわれた
 コマンド
 右へ行く
→奥へ行く
 上に行く (え?
 引き返す
豊砲台通路3

 上に行く階段、よく見ると封鎖されていて行けない。
豊砲台通路4

 右に行くと隠し部屋がある(隠してない)
 入ってはいけない雰囲気をかもし出している。
豊砲台跡地1

 奥に行くのが正解でした、ぽっかりと空いた丸い縦穴は砲台をそのまま引き抜いたような形です。
豊砲台

 ちなみに本当に長門級の砲塔が埋まっていたとしたらこんな感じのがあった事になります(写真は陸奥の砲塔ですが)
豊砲台跡地2

 地上から見た砲台陣地、さすがにフェンスで囲まれています(飛び降りたがる人がいたのか?)
豊砲台跡地3

 近づいてみる、でかい・丸い・美しい
豊砲台看板2

 地上部にある看板、よく見るとさきほどの分岐、左にいくという選択肢もあったぽい、うっかり見逃してしまった。
豊砲台

 山頂部にあるコンクリ塊、空気穴か昇降口らしいのだが不明。
豊砲台

 更に埋もれているコンクリ塊、何だろうか気になる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐世保市

2016-05-08 21:00:04 | マンホール(長崎県)
佐世保市1

 佐世保市(させほしなのかさせぼしなのか迷う)の蓋です、南蛮船が描かれているようですが見たことはありません。
佐世保市2

 わりとよく見るパターン、五つの菱で一つになっている。
佐世保市3

 JIS蓋のようだが珍しい分割パターン16分割だけ、これだけ素直なのも珍しいかも。
佐世保市4

 8−16のパターンの蓋
佐世保市5

 ブロックパターンは●だがそれよりも汚水蓋を雨水蓋に転用したらしい菜に作られたリベット痕が問題だろ、いくら歩道とはいえこんな突起物を放置するなよ。
佐世保市制水弁

 上水道の弁は大抵は丸い物なのですが佐世保に関しては八角形の物もあるらしい、九州では普通なのかも知れませんがわたしはこの知ではじめて見ました。
佐世保市仕切弁

 同じく八角の仕切弁の蓋です。
佐世保市止水栓

 これも八角、どんだけ丸を否定しているんだ?
佐世保市防火水槽
 佐世保市の防火水槽には消防車と市の花カノコユリが描かれていました。

佐世保市消火栓1

 消火栓の蓋です、普通は一つにつながっている黄色の部分が九つに分割されているのが面白い。
佐世保市消火栓2


佐世保市消火栓3


佐世保市電気蓋低圧

 寡聞にしてSAITOというメーカーについては全く知らないのですがこんな蓋もありました、ブロックパターンが〇S
佐世保市ガス蓋

 西部ガスの蓋、手書きぽい195が萌え
佐世保市ガス蓋2

 もう何なのこれ、ハンダで文字でも書いたの?
佐世保市商店街角蓋1

 商店街の歩道にある蓋、どうやらここは歩道自体が暗渠ぽい、これは何だ、川沿い商店?
佐世保市商店街角蓋2

 似たような蓋だが色合いも違えば角度も違う時間がなかったので4枚しか撮れませんでしたがまだあるかも、絵柄は地元名産の喧嘩独楽です。
展示用の喧嘩独楽

駅に飾ってあった展示用の独楽ですがただの張りぼてです、実物は掌中に収まるサイズの子供の玩具ですです、ただしぶつけて壊す事が前提ですのでほとんど凶器。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

棹崎砲台

2016-05-08 08:06:17 | 対馬要塞
棹崎公園の案内板

 対馬の北西部にある棹崎公園には対馬野生生物保護センターがありツシマヤマネコが見られるそうですが目的は君じゃないので今回はスルー、まずは砲台陣地の配置を見ておきましょう。
棹崎砲台観測所1

 まずは観測所、海に面した山の頂上にある。
棹崎砲台観測所2

 入り口、中はそんなに広くはないが厚いコンクリートで固められている事だけはわかる。
棹崎砲台漢族所3

 やはり狭い、窓というか穴が横にも開いているが吹きっ晒しの防爆室でしかない、対馬はそんなに寒くはならない?
棹崎砲台観測所4

 明かりを取るための穴だろうか上が小さい四角柱の空間、雨の日には室内がびっしょりになると思うのだが(小波感)
棹崎砲台観測所5

 地下通路、短いのですぐ外に出られるがとても暗い。
棹崎砲台観測所6

 屋上部、有料の双眼鏡があるが戦時中にこれはないだろう、フェンスも後付け、つまりここは何もない平らな所だったと思われる、右手前にあるのは先ほどの明り取りの穴。
棹崎砲台第一砲車跡

 謎のオブジェがある円形広場になっている、ちなみに観光客をはじめ人影はまったくない。
 この砲台は昭和11年7月着工、昭和13年3月竣工、昭和20年10月GHQの指示により撤去、一発の砲弾を打つ事もなく45口径15cm加農砲は姿を消したのでした。
棹崎砲台第二砲車跡

 ソテツの生えた円形広場、
棹崎砲台第三砲車跡

 現在の棹尾崎灯台である、
 レンガの壁の中に円形の土台が残っている。
運輸省標石1

 上の写真の右側の角、灯台入り口門柱の脇にある標石、運輸省とあるので灯台設立時の物だろう。
運輸省標石2

 他の三つの角にはこちらの石があった、こちらにも運輸省と彫られている。
棹崎砲台

 謎の横穴がある、扉が開いているので入ってみてもすぐ終わる小さな石室、どうやらただの弾薬庫のようだ。
棹崎砲台第四砲車跡

 弾薬庫のすぐ脇にある砲車跡地、これだけ見事に円形広場しか残っていないとは説明がないとわからない人が出るのではないか(そういう人は多分ここに来ない)
棹崎砲台

 第四砲車から戻る途中にあった横穴、ここも弾薬庫らしいが中には入れなかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

対馬市

2016-05-06 17:48:30 | マンホール(長崎県)
対馬市(厳原町阿連地区漁業集落排水)

 対馬のデザイン蓋がこちらになります、阿連(あれ)漁港に並ぶ漁船が描かれている厳原町(いづはらまち)の蓋です。
 ここで注意して欲しいのは、対馬には一応バスが走ってはいますがあてにしてはいけないという事です、阿連は島の西側にある漁港なのでバスだけで行くとしたら一日で厳原港まで帰ってこられるか難しいところです、悪いことは言わないのでこの蓋を撮る人はレンタカーを借りましょう。
阿連漁港

 こじんまりとしたのどかな漁港です、早朝には活気のある光景が見られるのでしょうが観光客はそんな時間にここにはまずいません。
対馬市(角蓋)

 島特有種のツシマテンが描かれている蓋です、ここに来るツアー客は日本語がわからないのか見事なまでにスルーしていきましたが。
対馬市

 ホトトギスです、合併前の厳原町の鳥がこちらには描かれています。
対馬市

 こちらの蓋にはツバキが描かれています、ツバキといえば合併して対馬市となった市町村のうち上県町・峰町・美津島町の花がツバキでしたね(なぜここに?)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信太山駐屯地

2016-04-26 20:50:36 | 旅行
信太山駐屯地標石1

 行ってきました信太山(しのだやま)駐屯地、ここは大正8年開設との事で古い史跡がごろごろしてそうな期待で向かいます、まずは修史館の入り口近くにある「陸軍」標石、ごちそうさまです。
信太山駐屯地標石2

 正門から左手にフェンスが伸びていますが一番手前だけ「陸」標石、他は「防衛庁」です。
 外部との境界を明確にするためなのか赤く着色されえいます。
信太山駐屯地旧兵舎1

 おそらくここが戦前の物だと思われる旧兵舎、今は部室っぽい扱い?
 ここにレンガ煙突があるミスマッチ感が萌え
信太山駐屯地旧兵舎2

 木造建築、トタン屋根、そしてレンガ煙突!このミスマッチ感がたまらない!一階部分のレンガは白く塗られている(剥げているのもポイント高い)
信太山駐屯地旧兵舎3


信太山駐屯地旧兵舎4


信太山駐屯地修史館1

 小奇麗な木造の館、説明してくれた人によると駐屯地開設以来の物だとか、それが本当ならもう100年近くになる歴史的建造物!これはこれは大事な物です。
信田山駐屯地修史館2


信田山駐屯地修史館3

 右側に別室があります、みんな大好き座敷牢、じゃなくって物置なのかな?
信田山駐屯地消火設備1

 ここには不思議な事に地上式消火栓が数えるほどしかありません、そのかわりに前時代的な素敵な消火設備が備わっているのです、これはこの駐屯地では是非とも見ていってもらいたい。
信太山駐屯地消火設備2




 展示品の一つ、38式野砲
「野砲兵第四聯隊跡」碑


> 馬魂碑

 これは軍馬の鎮魂碑かな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和泉市

2016-04-25 20:18:21 | マンホール(大阪府)
Izumisi1和泉市1

 和泉国府・国分寺があった和泉市、この蓋には泳ぐ魚を狙う鳥(カワセミ?)が描かれています。
Izumisi2和泉市2

 市の花スイセンが描かれた蓋。
和泉市量水器1

 和泉市の花スイセンが描かれている量水器の蓋がありました。
和泉市量水器2

 別パターンの量水器の蓋、よく見ると市章の縦横比もちょっと違う?
和泉市3(泉北下水道)

 泉北下水道と書かれた蓋も数多くあります、泉北と書かれた場合は和泉市だけではないのかも。
和泉市4

 上の蓋の中央部、「S」は泉北の頭文字から取ったのでしょう。
> 和泉市(泉北用水組合双口排詭弁)

 泉北と名はついているが泉北下水道とは別物の泉北用水組合、まぎわらしい。
 こちらは昭和35年発足としかわかりません、まあ骨董蓋でしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横須賀市2

2016-04-17 07:33:03 | マンホール(神奈川県)

横須賀市側溝蓋1

 海の町横須賀には帆船が描かれている蓋があります。
Yokosuka1横須賀市側溝蓋2

 カモメの描かれている蓋もありました。
Yokosuka2横須賀市側溝蓋3

 黒船の描かれている側溝蓋。
Yokosuka3横須賀市側溝蓋4

 小さくてわかりづらいですが、ウインドサーフィンをしている人が描かれています。
 「郵便局通り」とローマ字で書かれてもいます、この蓋は文字の違うパターンも存在します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本庄水源池

2016-04-15 19:51:16 | 日本海軍
本庄水源池1

 本庄水源池の南側の門柱です。

 まずは本庄水源池から説明しないとですね、呉鎮守府が置かれ呉港が軍港として指定されたのが明治十九年、これにより軍港への浄水の安定供給が必要となりました、二河川からの水だけではたりなくなったので新たな水源が求められ本庄水源池(本庄ダム)が建設される事になりました。
 起工は明治44年着手は大正元年竣工は大正7年(出展は日本水道史らしいが確認できていません)
本庄水源池2

 まぁそれは一旦おいといて、本庄水源池は海上自衛隊焼山送信所(現在は廃止)と隣りあわせとなっているので標石があります、「防衛省」「防彳工庁」がペアになっているのはある意味珍しいかも。

 焼山送信所は呉の高射砲陣地跡地があるはずなので是非とも訪れたかった所なのですが、そうですか立ち入り禁止ですか、
本庄水源池3

 そんな事を思っているとまた更に標石が増えていました、「呉水二二六」、数字の入っている標石は他にもあるのかな?
本庄水源池4

 「呉水」標石その1、どこにも軍港水道と書かれていないのがまた良い
本庄水源池5

 「呉水」標石その2、1と2はすぐ近くにあります、この標石のある場所のヒントはフラワーパーク焼山墓苑。
本庄水源池6

 で、実際の本庄水源池堰堤(本庄ダム)がこちら。
 呉と横須賀の共通点は平地が少ない山麓の港だった事です、あくまでも平地に水源を求めた横須賀と違って急峻な川にしか水源を得る事のできない呉はダムを建設するしか水源を確保する手段はなかったのです。
本庄水源池7

 残念ながら立ち入り禁止な堰堤、写真には写っていませんが左手に小島がありお社があります。
本庄水源池8

 橋の手前、美しい撫で回したい
本庄水源池9

 溢流提、ダムの水位が高くなりすぎた日にはここから隣接する二河川に水を流す、隣に水道橋があるのも萌えポイント。
本庄水源池10

 外から見た溢流提
本庄水源池11

 水源池のサクラ、左手は水源池です水遊び厳禁、なので
本庄水源池12

 二河川から見た桜並木、これも良いものだ。
本庄水源池13

 水源地に流入する小田川にかかる橋、残念ながらここは立ち入り禁止だ。
本庄水源池14

 これは第一量水井、第二があるのかは知らない、ここで宮原浄水場へ送る水の量をコントロールしているぽい、
本庄水源池15

 別の角度から見た量水井、手前にある黒いのは仕切弁だそうです。
本庄水源池16

 取水口、中央には「池源水庄本」の文字が、右手には「著手大正三年十月」、左手は「竣功大正五年八月」

 あれ?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横須賀海軍水道走水系統

2016-04-08 19:24:11 | 日本海軍
煉瓦造貯水池

 開国にともない横須賀が軍港に定められ水道の敷設が完成したのは明治9年、はじめての水道こと走水系統がここに生まれたのです。それまでの給水は溜池から引く水道だったために供給量の面でとても拡大して行く横須賀には対応できなかったのです。
 こちらは走水水源の水を一時溜めておくために造られた貯水池、明治35年に建設された。
鉄筋コンクリート造浄水池

 貯水池とは道路対岸の海側にある浄水池、こちらは明治41年の建設となっています。
浄水池銘板

 「横須賀軍港水道」「浄水池」と書かれている戦後の物か?
走水隋道

 現存する走水系統の遺産はこれくらいだろうか、もともとは走水の水を送る水道路としてつくられた隋道が二つある走水隋道、当初は高さ1,5m 幅1mであったが明治16年に今の大きさに拡張され車馬の通行もできるようにしたとか。
 関東大震災のときはここをはじめ全ての水路が分断された歴史もある。
ヴエルニー像

 海軍水道のの父として名高いヴェルニー氏の像

 寒村だった横渚が軍港となるにあたり大量の上水が必要となりそこから海軍水道が生まれました。
陸軍省標柱1

 そんな走水水源池ですがなぜか「海軍省」ではなく「陸軍省」と掘られた標柱があるのです。
 海軍水道なのに陸軍用地??
陸軍省標柱2

 この標柱の裏面にその疑問を払拭するヒントがありました、「東京湾要塞第一地帯標」
 明治17年より始まった東京湾要塞計画により海軍水道の聖地が陸軍省により砲台陣地として指定された痕跡がここにあるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

田戸台長官舎

2016-04-07 20:29:39 | 日本海軍
田戸台長官舎

 田戸台長官舎1(通称)はかつての横須賀鎮守府長官官舎で今は会場自衛遺体田戸台分庁舎と呼ばれています。この歴史ある史跡を保護するために貴重な人員を割いているという事なのでしょう頭が下がる思いです。
田戸台長官舎2

 正面入り口をちょっと斜めの角度から、正面の屋根も三角左右の屋根も三角の切り妻である事がわかるだろうか、ちなみに玄関の旭日旗はいつもあるわけではない(去年平日に行ったらなかった)
田戸台長官舎3

 更にもっと左に寄ってみると正面からはレンガしか見えなかったが煙突の周囲だけ石積みである事がわかりますね。
田戸台長官舎4

 玄関をちょっと右手に、もう一つの煙突(この裏はピアノのあるあたり?)と右手の屋根の切り妻が見えてくる。
田戸台長官舎5

 右手の切り妻(三角屋根)、屋根の下の壁に注目すると柱が垂直方向に並べてあるのがわかる、これは呉の長官舎でも見られるがすべてが垂直なのはこの田戸台だけ。
田戸台長官舎6

 更に回り込むと右側に雰囲気の違う瓦拭きの建物が見えてくる、今までの洋館は賓客を応接したり軍事会議をしたりするいわゆる公の場なのにたいしてこちらは居住空間なのです、和室なのにベッドを持ち込んだりした事もあったのは内緒なのです。
田戸台長官舎7

 柱のラインをわざと残し、漆喰やレンガなどで装飾した壁面なのがおわかりでしょうか、これがハーフティンバーという建築様式、らしいですがそうなのですか?(なんだその弱気)
田戸台長官舎8

 そろそろ中に入ってみましょうか、その前にこれは踏むなよ、絶対に踏むなよ。
田戸台長官舎9

 客間、兼会議室、奥に見えるのはピアノ
田戸台長官舎10

 長官執務室、下の白いのは泥除けの敷布だがタイミングによってはこの部屋も奥まで入れない(ときもある)
田戸台長官舎11

 クジャクのステンドグラス、そういえば今年は見かけなかったなこれは。
田戸台長官舎12

 暖炉、一番目の煙突がここにつながっているのだろう、暖炉は庶民の憧れですね欲しい。
田戸台長官舎13

 洋館二階部分の出窓、ベイウインドウという名前があるらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京外国語大学

2016-03-23 20:59:48 | マンホール(東京都)
東京外国語大学1

 掩体壕のついでにふらふらと調布飛行場の西側を歩くとやたらとオープンな建造物群があらわれます、門もないのでそこらの散歩人のふりをして歩いていくとTUFS(東京外国語大学)の文字の入った蓋に出会えます。
東京外国語大学2

 中央の紋章、炬火(たいまつ)とL(言語)、羽根が描かれているらしい。
東京外国語大学3

 こちらはJIS蓋。
東京外国語大学4

 電気の蓋もある、こちらもフクニシ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

陸軍調布飛行場(掩体壕)

2016-03-22 21:40:23 | まち歩き
調布飛行場(掩体壕)

 掩体壕とは空襲から身を守るシェルターだという認識で大体おk、た・だ・し・守るべき対象が人ではなく航空機だったり大砲だったりするだけだ、防空壕とはそこが違う。
 調布飛行場の周りには有蓋無蓋あわせて60もの掩体壕があったそうな。
調布飛行場(白糸台掩体壕1)

 もっとも愛された掩体壕、それが白糸台掩体壕、地主さんから手厚く保護されて今では(府中市)史跡となっているようです。
調布飛行場(白糸台掩体壕2)

 この平べったさで何を守れるのか不思議ですが戦前の航空機はここに格納できるほど薄かったのか?
調布飛行場(白糸台掩体壕3)


調布飛行場(大沢一号掩体壕1)

 大沢一号です、あいにく工事中でしたが「掩体壕の取り壊しはありません」とわざわざ工事の看板に書かれているだけに地元から愛されている印象、工事が終わったらまた撮りに行きます。
調布飛行場(大沢一号掩体壕2)

 裏手はこんな感じです・
調布飛行場(大沢二号掩体壕1)


調布飛行場(大沢二号掩体壕2)

 この二号は入り口がふさがれているかわりに飛燕が描かれています、すぐ隣に飛燕の像まであります、うんちょっとわけわからない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

調布市(鬼太郎)

2016-03-19 20:40:02 | マンホール(東京都)
調布市鬼太郎蓋1

 故水木しげる氏は調布の名誉市民でもあった縁でこのたび鬼太郎の蓋が設置されるはこびとなりました、鋳造ではなく額縁蓋、しかも内容がマナー啓発と蓋クラスタからは非難轟々なのが用意に推測できますが調布市としては安価で便乗したい思惑があったのでしょう、まあお役所のする事ですし、
 それはともかくとしてこちらの蓋には鬼太郎と目玉おやじが描かれています。
調布市鬼太郎蓋2

 ねずみ男と鬼太郎との抱擁、目玉おやじが邪魔虫ぽい?ぽい?
調布市鬼太郎蓋3

 ねずみ男とねこ娘
調布市鬼太郎蓋4

 一反木綿とぬりかべ
調布市鬼太郎蓋5

 砂かけ婆
調布市鬼太郎蓋6

 子泣き爺
 ここまで啓発文に関して一切説明しません。水木しげる蓋なのに氏に対してまったく敬意のない蓋の設置は調布市すごいとしか言えない、有名人ならとりあえず消費しとけという市の打算(功利主義)が見えてきました。(毒をはいているようですが誉めてます一応)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加