日々のつれづれ(5代目)

旅行レポート以外の、細々としたこと。
割とまめに書くようにしています。
お気軽にコメント下さい。

2017年12月28日~2018年1月3日 【旅行】年越しはバングラデシュで(2)

2018-01-17 19:35:47 | 旅行・ハイク&ウォーク
 12月29日、今日は現地の代理店手配で終日観光。英語ガイドつき専用車でダッカ郊外の旧跡ショナルガオを訪れ、ダッカ市街に戻ってオールド・ダッカエリアを見学。

 信号が存在せず、ひたすら鼻先を突っ込みビービー鳴らしながら前進するのがバングラ流。後席に居ても辟易するがドライバーはさすが日系旅行社の仕事に慣れているのか、さほどガツガツ行かないのが幸い。ガイド氏は英語が解り易いだけでなく、観光以外にも政治、経済、教育、交通など多方面にわたって色々と説明してくれ、その一方でありがちなプライベートな質問を一切して来ず実に好感の持てる人物だった。

 肝心の観光はと言えば、ショナルガオはクルマを降りて古い通り数百mを歩き、私有となっている古い建物の内部まで開錠して入れて貰ったり。オールド・ダッカでもクルマから降りて川をゆく手漕ぎボートを貸しきってドブ臭い川面を移動し、リキシャに乗って旧市街を眺め、行列をすっ飛ばし(たぶん「外国人観光客だ」で交渉できるのだろう)旧跡に入りと盛り沢山。

 日本円でも安くはない代金を支払ったが、ツアー部分以外の旅行情報、バングラ事情もたっぷり仕入れることができ、満足ゆく1日だった。写真はオールド・ダッカにあるモスク(スター・モスジッド)内部にてガイド氏。バングラデシュはインド圏に思えるがイスラム教徒が9割近い国なのである。

 Hotel Asia & Resorts Dhaka 泊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【本】佐渡谷重信著 「アメリカ精神と日本文明」(講談社学術文庫)

2018-01-17 06:41:32 | 本・映画・展覧会
 エマソン、ソロー、ホイットニー…ちょっとご無沙汰していた名前を目にし、アタマの片隅に残っているか怪しい読書歴を思い出そうとする。ジェファソン、あ、ダメだ(汗)。

 ちょっと論理展開が強引過ぎると思うが、要は「近代アメリカの思想者は従前の西洋思想への矛盾に気づき東洋思想を取り入れ、その思想が日本の識者によって、近代発展時代の日本に紹介された」というもの。

 断片的に知っていた人物の業績や人間相関を知ることができスッキリした。が、事実はそこまで。当人達がどれほど東洋思想に影響を受け思索の方向を「修正」していったかは誰にも判らない。かの偉人達に影響を及ぼすほど東洋思想は偉大、などと考えてはならないという警鐘が強く脳内に響く。

 2017年12月15日 自宅にて読了
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月28日~2018年1月3日 【旅行】年越しはバングラデシュで(1)

2018-01-16 20:02:22 | 旅行・ハイク&ウォーク
 年末年始の休日は6日間。目的地は過去に未訪問の国。できれば鉄道に乗れる国。あまり航空運賃の高くない国。そう絞り込んでいったらバングラデシュが残った。インド系で人が鬱陶しいのではないかと危惧したが、それではいつまで経っても行けないので覚悟した。秋のうちにビザを取得、今回は自分で行く手間を惜しみ代理店に依頼した。飛行機の都合で最終日は午後半休で+0.5日、この差が現地での行動時間や航空券代に効いてくる。

 12月28日、1日目。会社から羽田空港へ直行、私服に着替えてスーツバッグを手荷物預かりへ。一週間なので2,000円を超えてしまうが、コインロッカーより断然安い。CZ386便(B-6542:A330-200)で中国広州まで。満席に近かったが幸い2席を占有でき気楽に過ごせた。向かい風のため5時間以上かかり遠く感じた。

 乗り継ぎの検査に時間が掛かっているうちに「Dhaka!」と呼び出され行列をパス。聞き逃すとひどい目に遭う。おかげでラウンジにも頼まれていた買い物もできず、CZ391便(B-6516:A330-200)の乗客となる。今回も2席を占有。ダッカまで4時間あまり、今日の2便ともCAは親切で気配りもでき、本当に中国系キャリアかと驚いた。おまけにシートピッチも広い。

 到着は23時過ぎ、寝酒を仕込んでいるためスーツケースは預けざるを得ず、ちゃんと優先引渡しで出てきたものの時間が掛かり制限区域を出られたのは1時間後。早さ優先で空港カウンターのタクシーでホテルへ。こんな時間でも有名な渋滞が残っており、明日からのことを思うと少し気が重くなった。写真は、今年最後の機上での夕陽。

 Hotel Asia & Resorts Dhaka 泊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月28日 【食べ物】羽田空港・六厘舎

2018-01-16 06:35:03 | 食べ物・飲み物
 羽田空港の国内線・国際線ターミナルにはさまざまな飲食店がある。そうした中でも国際線ターミナル出発コンコースにある本店は、市中の店が超人気で行列必至であるのに対し空いており狙い目と言える。とは言え普段はラウンジで自由に飲み食いできるため、例え人気店であってもお金払ってまで食べるのはなぁ…と横目に見て通り過ぎていた。だが今日は利用航空会社が異なり、いつものラウンジが使えず、別のラウンジが使えるのだが実力は未知数。思い切ってこちらに寄ってみた。

 オーダーしたのはベーシックなラーメン、豚骨醤油味。お好みは?などと訊いてこないのは空港店だからか、この店はそうなのか。渡された通知機がピーピーブルブルするまで数分。フードコート構造のため着席は容易なのがありがたい。

 旨い。空港のフードコートと言う条件を考えれば文句ないレベル。だが、これは市中と同じ味なのだろうか?同じ味だとすれば、市中の店への評価は不当に高いのではないか。異なる味であれば「看板に偽りあり」だ。釈然としないまま、ラーメンを啜るのであった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月27日 【ジェミニ】LED化で電装負荷軽減

2018-01-15 20:29:58 | クルマ
 ジェミニ2連投です。

 クルマの電装負荷は軽いに越したことはない。ましてや旧車では。白い色が気に入らないLEDではあるが、ヘッドランプをHID化したのでもはや抵抗する意味はないと考えウインカー以外の電球をLED化した。ウインカーはLED化すると点滅速度が変わってしまい対応が面倒だし、点灯時間が短く効果は小さいはずなので見送った。使うことのない駐車灯も対象外だ。ストップも点灯時間は短いがスモールと共用なため交換。ちなみにヘッドランプ以外は買ってから四半世紀、一度も球切れしていないかもしれない。車検を機に、ようやくLED球を入手し交換を行った。

・前スモールランプ(B19段つきダブル球 8/3.4Wx2):S25段つきダブル球(W数不明)x2
・後ストップ&スモールランプ(S25段つきダブル球23/8Wx2):S25段つきダブル球(W数不明)x2
・後スモール&パークランプ(B19段つきダブル球 8/3.4Wx2):S25段つきダブル球(W数不明)x2
・ライセンスプレートランプ():S25シングル球(W数不明)x1
・バックランプ:交換忘れた!
・インパネ(T10x20くらい):T10ウェッジLEDx20くらい

 リヤコンビネーションランプは満足行く輝度(写真)。フロントはちょっと問題で、ホワイトLED+オレンジレンズ=イエローになってしまった。明るさは良いが色がちょっとねぇ…いずれ黄色い(電球色)LEDを探すか。ライセンスプレートランプも、覚悟はしていたが白色はしっくり来ないなぁ。いずれもバッテリーへの負荷軽減と思って我慢するか、自分では見えないし(^^;)。インパネは外すのが大変で、LED球を用意し車検整備のついでに工場で交換して貰った。真っ白くならず、それでいて少し明るくなって満足。

 ちなみにバッテリーはオートバックス製のベーシックグレードだが、年間3,000km程度しか走らない割には充電不足になることもなく、今回の車検で満8年になった。補水もターミナル清掃もしていないにもかかわらず。エンジン始動できず再充電してもダメになったら交換だが、電気を喰うアイテムが殆ど着いていないクルマって経済的だなぁ。ちなみにオーディオのバックアップと時計は外してある。走行中でも信号待ちではヘンドランプOFFくらいはしている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月27日 【ジェミニ】車検引き取り

2018-01-15 06:14:58 | クルマ
 要交換部品がメーカー欠品・製造待ちで時間がかかったが、年内ギリギリで車検が終わった愛車を引き取ってきた。一般的な車検整備内容以外でやったのは
・ホイールシリンダASSY交換
・リヤブレーキライング(リーディング側)交換
・フロントブレーキパッド交換
・左右タイロッドエンド交換 ※これがバックオーダーとなってた
・ヘッドランプバルブ交換(HID断線→高輝度ハロゲン)
あたりか。ブレーキ部品は予備部品があったので念のため積んでおくべきだった。無駄な出費をしてしまったな。そんなに距離は乗らないため、もうあの部品が使われることはない気がする。

 2年間の走行距離は6,000kmあまり、その前の2年より少し増えたけどやっぱり少ないね。維持は意地ですよ、もう。来年3月に初登録から40年を迎えるのが待ち遠しい。

 引き取り後の試運転を兼ねて横浜まで遠回りして帰宅、年末の静かさで首都高速はガラガラ、深夜かと思う道を心地良くクルーズできた。初めて中央環状線(山手トンネル)を通ったよ。4号、3号への分岐部分のみ渋滞していて、あれは事故多発だろうなと思った。同じ空いているなら、多少は遠回りでも景色を見られるC1経由の方が愉しいな。仕事で走るなら中央環状でしょうね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月26日 【音楽】2017忘年会その6・ギター仲間と

2018-01-12 20:03:13 | 音楽、ギター、カラオケ
 年内土壇場、飛び込みでお誘いを頂きギタ友さんと宅飲み忘年会。

 ちょうど就職活動の子息が居て、志望理由とか訊いてちょこっとアドバイス。数年前から比べると随分しっかりしたもんだ。オジサンも嬉しいよ。

 先日Charのライブをご一緒する予定だったのがご家庭の都合で行かれなくなり、当分お会いする機会はないかなと残念だったので嬉しい年の暮れになりました。来年また一緒にプレイできると良いですね♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

(Live) PRISM -40年の軌跡-

2018-01-12 06:22:28 | 音楽、ギター、カラオケ
 ついに結成40年を迎えたPRISM。メンバーの都合からか「Xdays」と銘打って集中的にライブを行うことが多く行くチャンスを逃していたが今年はクリスマスに参戦!今日は曲名メモを取らず音に集中しようと思った。

 和田アキラさんのギター、前より好みの音になったな。ちょっと歪ませすぎじゃないかと思っていたのがクリーン度アップ、相変わらずの速弾きを追いかけやすくなった。岡田治郎さんのベースは割と別のセッションで聞いているのだど、今日はスラップ少な目、フレットレス的なトーンのプレイも少なめ。ただし運指やスピードは超絶。渡部チェルさんは自由自在なキーボードプレイ、最新アルバウではボーカルも披露。でも私はインスト曲の方が好きだな。そしてドラムの木村万作さん、どうしたらあんなしなやかでゆるやかな動きであんな響いて通る音が出せるんでしょう?わかんねー。終演後は新作CDを買い、盤面サインを貰ってメンバー全員と握手。ついでにアニメ劇中アニメ「第三飛行少女隊」のOP曲について、作曲者のチェルさんに聞いちゃったよ。

 結成40年、聴き始めてほぼ40年。彼らはどこまでゆくのか、自分はどこまで従いてゆけるのか。聴き始めた頃の学友との日々を思い出したりしながら音に浸ったひとときでした。

 2017年12月25日 横浜関内・Stormy Mondayにて

追記
 演目の中にすっげぇラテンな曲があって、アキラさんが所属していた(故)松岡直也さんのバンドを思い出していたら正にそのナンバーだった。今のプログレっぽいスタイルしか知らないファンからすると、松岡バンドでギター弾いてるアキラさんなんて想像し難いかもしれないね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月25日 【食べ物】横浜関内・来々軒

2018-01-11 20:35:18 | 食べ物・飲み物
 久々に関内のライブハウスへ行くことにしたので、久々に関内のラーメン屋を物色して腹ごしらえ。

 お約束的すぎる店名にたじろいだが、入ってみたらオーソドックスな味噌ラーメンでホッとした。茹でじゃない炒め野菜、こうでなくちゃ。玉葱だったらなお良かったけど。麺は定番の西山なのもポイント高い。

 メチャクチャ個性があったり美味しかったりではないけれど、安心して食べられる一杯だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月22~24日 【旅行】冬の島旅・八丈島(3)

2018-01-11 06:21:40 | 旅行・ハイク&ウォーク
 今日はひたすら船に揺られて帰るだけ。本当に回るだけなら飛行機で日帰り、レンタバイクで一回りで済んでしまう島なんだな。そうでなくとも2日目の最終便で帰れないことはなかった。でも昼の船旅も悪くないのだ。

 レンタカーを返却、ガソリン175円/L!ちなみに自宅周辺は135円/Lくらい。120kmしか乗らなかったけどアップダウンがきつく車も古くて燃費が悪かった。9時40分出航予定は到着遅れのため10時に出航。この航路は「橘丸」がせっせと往復している。貨物船友正丸も往復しており、冬場の客貨船は減便しても良いんじゃないか…ところでこの船、クリスマスの飾りつけや乗組員のサンタコスなどカケラもありません。清々しいぞ。

 荒天で寄航が懸念されたが御蔵島にも無事に寄り、三宅島ではまとまった数の乗船があった。三宅島を出て直ぐ、神津島から伊豆大島までの島々が見える好天。うねりが懸念されたが行きよりよっぽど穏やか、ベタ凪ぎで気持ち良い航海。島焼酎を2杯飲んだら2時間も昼寝してしまった。

 東京湾に入ってからは速度制限による減速で時間がかかる。観音崎から竹芝まで3時間近くかかるのだ。ジェットフォイル同様、久里浜に寄ってくれないかな…それでも羽田沖では頭上を着陸機が轟音を上げて通過し、ベイブリッジや東京タワーの綺麗なイルミネーションを見られたのは良かった。やはり東京は寒い。八丈島、初日に雨が降ったので諦めがついたけどバイクで回りたかったなぁ。来年は三宅島(写真手前)、できれば御蔵島(写真奥)にも行ってみたいな。(おわり)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加