犬小屋:す~さんの無祿(ブログ)

犬と楽器と日々
ゲゲゲの調布住まいの須山。
雑種犬カバサ&ジーロと戯れ、
音楽をこねくりつつ、
鍼灸する。

こんな先生だったらいいなになる

2016年10月15日 | からだ
[あらすじ] 他人の評価を気にし過ぎると、やる気が落ちる。
それくらいならうぬぼめしよう。

自分の評価は自分でする。
自分がしっかりやっていることは自分が全部見てくれている。
こんなすてきな味方がほめてくれたら嬉しい。

ただ、自己評価って難しい。
ついついほめ過ぎてしまったりする。
甘くなっちゃいけないってんで今度は厳しくなり過ぎて、
必要な休憩もサボりと見たりする。
どうもさじ加減が難しい。

自分を自分で評価するから、難しい。
なるべく他人のように、自分を見ればいいのだろう。

外から自分を観察する。
赤の他人だったら、なんの身びいきもしないし、意地悪もしない。
そういう目で見る。

評価というのは、感想ではない。
なんなら数値化しても良い。
テストの採点をするのに、先生が感情をさしはさんだら、
みんな良く思わないだろう。
自己評価するときも同じだ。
「自分ちゃんはよくがんばってるから、オマケで○にしちゃおう」とひいきしたり、
「自分はしょっちゅう宿題を忘れる。こらしめにそれとは関係無いテストの点も低くつけよう」
なんて非道をしたりもしない。

現実の先生より、自分先生は、長い時間を自分と一緒に過ごしているし、
どんな気持ちでいるかも知ってくれている。
自分先生は、きっといい先生になってくれる。

卒業の日まで、ずっと元気でいてね。
『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うぬぼめ | トップ | プロってなんだ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。