我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

ザ・ウォーク(3D字幕)/THE WALK

2016-01-26 01:31:10 | 劇場&試写★6以上

 

 

1974年にワールド・トレード・センターでの空中綱渡りに挑戦した、フィリップ・プティの著書を実写化!

2008年のアカデミー賞受賞ドキュメンタリー「マン・オン・ワイヤー」でも描かれたが本作の

監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一期一会」などのロバート・ゼメキス。


ゼメキス映画大好き 本作も楽しみにしてました~。

わたしは超、高所恐怖症だけどこういうのこそ3Dで観て恐さを楽しまなくちゃ

実際観てるだけで落ちて死ぬわけじゃなし。

ってことで、普段だったら3D否定派だけど、今回ばかりは別


これは絶対に大画面じゃなきゃダメ

面白さが全然違うと思う、そして3Dが最高

 

ジョセフ・ゴードン=レヴィットがフィリップ・プティをフランス語訛りの英語を話して熱演。

髪のせいなのか、なんだかいつもより可愛いぞ。



弾き語りしていたアニーと出会う。シャルロット・ルボン。



ベン・キングズレーはこういう目の下にアイライン必要な役ハマる。

 

 

いつもロープをはれる場所を探していた。

たまたま雑誌で見つけた記事、NYにこれから建てられる世界最高の高さを誇る高層ビル。

そこで綱渡りをするのを夢と決めたフィリップ。

地上411m、110階の最上階でそびえ立つツインタワー間をワイヤーロープ1本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩に挑む

 

 

内容としては。

師匠との出会い。

力になってくれる恋人との出会い。

捕まれば共犯になってしまう事を覚悟の上での協力してくれる友人を集め。

ビルの下調べは変装をして潜り込み、潜入捜査。

当日の入念な計画と実行。

 

 

 

8/10(87点)

 

 

素晴らしい。

夢とパワーをもらえる映画

予想してた以上に面白かった!

3Dの特性を最大限に活かし、本当なら相当苦労したはずのシーンを

エンタメとして楽しく魅せ、緊張感と臨場感を持って描いた手腕はさすがゼメキス監督!

これ、DVDやTVで観てもだめ。気になってる方は絶対、劇場へ!!

 

手汗なんて~と思ってたけど、本気で手に汗すごい出た

しかも隣の男性なんて、観ながら空中渡るシーンになったら突然鼻息荒くなってうるさいったら

 

私も、そのシーンが終わったら すーっと気が抜けた。ものすごい緊張感と脱力感。

 

前半から本人の解説によりNYの自由の女神の像の上から実況トーク。

 

一度渡るだけだと思ったら、まさかUターンして戻って来たり、

寝転んだりひざまずいたりするとは!!

 

数学の教師やってる高所恐怖症の助っ人とか(キュート)

専属カメラマン(昔のトラボルタ風)とか

ヤクでハイになってるロン毛とか(ウォーキングデッドs6にちょこっと出演)

 

二つのビルの間にロープをかけるというだけでも至難の業!

一体どうやって、というところで既に興味深い。

 

とにかくこの映像体験は自身の目で

そうか、綱で渡るくらいの人だから、こんな端っこに立つとかぜんぜん平気なんだ

と妙に納得したり。

 

ちょっと、そこのアナタ

高所恐怖症でとか、恐いとか言ってる場合じゃないですよ

この映像、体験しないとソン

無理無理ムリ~!と心で叫んじゃった。

本当にすごい。 人間やれば出来るんだね。やって出来ない事はない!夢は叶う!

 

地上110階・411メートル、幅2.2センチのワイヤーの上から眺める世界。

その光景を、最新3Dとデジタル技術で作り上げた。

9.11アメリカ同時多発テロによって今となっては存在しないワールドトレードセンター

ツインタワーのロビーから各フロア、 そして屋上に至るまでをCGと巨大なセットによって完全再現!

少しづつ雲が切れて、下の街が小さくみえてくる演出がまた凄い。

屋上の高さから地上を眺めた、74年当時のニューヨークのあらゆる街並みが作られている様に圧倒感動

 

CGとはいえ、ちゃんと3m60cmの所から歩いて渡る訓練もして撮影に挑んだジョセフ。素晴らしい。

 

 

実際のプティの写真。

(本当はこのあと、彼女と祝杯をあげる予定をすっぽかして、ファンの一人とベッドに行ってしまったらしいけど)

 映画は出来過ぎというくらいの友人たちの協力のもと、大成功。

それは現実の話でかなりエンタメ性に溢れ、映画的なストーリーでもある。

 

本人の限りなく熱い情熱も凄いけど、縁は大事だね。

彼らの友情と協力なくしては成功もなし。

今はなき、ツインタワーへの愛と敬意あるラストカットも素敵でした、、、

 

少年時代に綱渡りに魅せられ、以来独学でその技術を磨いてきた青年、フィリップ・プティ。彼にとって綱渡りとはアートであり、自己表現の方法だった。そんな自らの欲求を満たしてくれる舞台を求めていた彼は、エッフェル塔を抜いて世界一の高さになるというニューヨークのツインタワー建設の記事を目にする。 その瞬間、この地上110階、高さ411mのワールドトレードセンターで綱渡りをしたいとの欲望に取り憑かれたプティ。さっそく大道芸人仲間のアニーをは じめ、この壮大な夢を共有してくれる仲間を集め、入念な準備に取りかかるプティだったが…。

 

『ザ・ウォーク』予告1 2016年1月23日(土)公開

 公式サイト

THE WALK         2015年      アメリカ      123min

1月23日より、公開中~

 

プレミアにて

 

現在のフィリップ・プティ氏。

自身のドキュメンタリー映画「マン・オン・ワイヤー」もあわせてどうぞ

 現在、66歳。まだまだ現役だそうで。

これからの活動にも期待!

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  パラドクス/EL INCIDENTE/TH... | TOP | ストレイト・アウタ・コンプ... »

12 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (yukarin)
2016-01-26 12:54:10
これは3Dで観る映画だよね~3Dの奥行きがいい感じに出てるので高所恐怖症なので怖かったわーっ
セットとCGてわかってるのに本物を見てるかのような感覚になれたのはすごい!!
前髪があるせいかジョセフが可愛くて見とれてた 笑
本当に人間やれば出来る!ものなのねーと
yukarin☆ (mig)
2016-01-26 21:39:49
こんばんは~
そう、ほんとに3D最高だったね!普段は3Dなんていらぬと思ってるけど、こればかりは別だね。
臨場感ハンパなかったね★
ジョセフ、可愛かったよね、モノクロのパリのシーンも。パパにも勧めちゃったわ。笑
こんばんわ (にゃむばなな)
2016-01-26 23:23:47
私にはこれを3Dで見る勇気はありませんわ。
もし3Dで見ていたら途中で失神していたか、最悪失禁していたか…。
ですからこれを3Dで見れる勇気が凄いですよ。
Unknown (Ageha)
2016-01-27 11:06:29
綱渡りするだけやんって最初は思ってて、
あくまでも「カメラ大好きおばちゃん」としてみたかったってのがそもそもの動機だったため、

モノクロの街並みも、カラースプラッシュも奥行きも、
揺れているロープに足だけのカットも
カメラワークそのものにそれこそいちいち細かいとこで
きゃーきゃー言うてたんですが、
仲間が増えていく過程も、準備段階でのスリルも
思っていたよりずっとこの映画面白かったです。

なによりあの綱渡りシーンの怖さといったら!
1回で十分やとおもってて、でもえらいあっさり終わったなとがっかりしたら
「往復」からのひざまづき~の横になり~のと
もう心で悲鳴あげてました。もうやめて~って。(;´∀`)
生きてるからこそのドヤ顔回想だとわかってても
ヒエ~~~でした。3Dめっちゃよかったです。
足元からぞわぞわ~っとくる恐怖体験は初めてでした。
にゃむばななさん★ (mig)
2016-01-27 16:49:42
いや~。私も吊り橋や歩道橋だめなくらい
高所恐怖症だけど
映像の面白さを楽しまなきゃもったいない!
これは本当に3Dに向きに作ったのがわかる臨場感でした。

Agehaさん★ (mig)
2016-01-27 16:51:31
カメラ大好きおばちゃんて何のことだろう??
いや、ほんと。まさかの往復だけにとどまらず
横になったりひざまずいたりで驚き!!
ほんとにこんなことあできるなんて
種もしかけもないのはおかしい!ってほどでしたね!

これは3Dで観ないとねーほんと。
逆にもったいないですよね♪
高い (ノラネコ)
2016-02-05 22:17:01
心臓バクバクでしたが、スチル見ると、スタジオ内のワイヤーもけっこう高いですね。
十分怖いですわ。
ノラネコさん★ (mig)
2016-02-05 22:53:11
いやーこれ面白かった♪今年のベストに入っちゃうかな。
そうそう実際結構な高さでやってますよね。
私はぜっったい無理だー 笑
Unknown (area47号)
2016-02-06 20:37:24
直接的なメッセージはありませんが、9.11により崩壊され、アメリカの象徴であったワールドトレードセンターは永遠に心の中で生き続けるということを命知らずの若者を通して描いていて良い映画でしたね。

久しぶりに3Dでもう一度観たいと感じました。
area47号さん☆ (mig)
2016-02-08 23:25:21
こんばんは~
そうなんですよね。
観ていてハラハラだったし、ちゃんとエンタメしながらも、ツインタワーに敬意を表わしていたと思います★
DVDじゃちょっと面白さ半減しちゃうのでこれは大画面ですね!

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上