我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

トランス/TRANCE

2013-10-17 02:40:25 | 劇場&試写★6以上

 

 

「トレインスポッティング」「普通じゃない

127時間」「スラムドッグ$ミリオネアなどなど

様々なタイプの作品を撮り続ける、ダニー・ボイル監督最新作

 

記憶を失ってしまった男の潜在意識に入り、消えた絵画を探し出せ

ゴヤの絵画をめぐって関わっていく3人の男女

 

キーとなるのは名画盗難と催眠療法

 

ここでいう、トランスとは 催眠治療を指す。

 

絵画の場所、記憶を失ったオークション競売人にジェームズ・マカヴォイ。

 

いつでも悪人、ギャングのボスにヴァンサン・カッセル。

 

催眠療法士のエリザベスに、ロザリオ・ドーソン。

 

 

脚本は、ダニー・ボイルとはデビュー作の「シャロウ・グレイブ」の頃から

トレスポ、普通じゃない、ザ・ビーチと主に初期組んでいた脚本家、ジョン・ホッジ。

複雑な絡み合いを、独自の主観で映像化することに成功。

 

 

記憶をめぐるtranslation

見せ方がやっぱり巧みで惹き込まれていく。

絵画はどこへ消えたのか。

その先にある、意外な繋がりと結末。

 

 

ギャングが、失われた狙いの絵画のありかを見つけるために

催眠療法士を使ってって、面白いこと考えるけどずいぶん手間かかるな 笑

無作為に選んだ中から本人がチョイスしたのは

実は関わりのある女でー。

自分は助けられるといいながら

ギャングのボスにも色目使ったり。

怪しく謎が多いので観る方も、関係性を疑うこととなる。

依頼人であるギャングのボスともいいカンケイになっちゃって

なんだこの女?欲求不満か絵画狙いかって感じですが。

 

 

白昼のオークション会場から、ゴヤの「魔女たちの飛翔」が盗まれた。40億円の名画を奪ったのは、ギャングたちと手を組んだ競売人のサイモン。なぜか計画とは違う行動に出たサイモンは、ギャングのリーダーに殴られる。その衝撃で、サイモンの頭から絵画の隠し場所の記憶が消えてしまった。 催眠治療(トランス)で記憶を取り戻させようと、催眠療法士を雇うリーダー。だが、サイモンの記憶には、いくつもの異なるストーリーが存在し、深く探れば探るほど、関わる者たちを危険な領域へと引きずり込んでいく。そしてその先には、サイモンでさえ予想もつかなかった〈真相〉が待ち受けていた─。

 

 

7/10(70点)

 

 

 

 

ダニー・ボイルの映画は好きだけど、今回あまり期待はしてなかったので

意外と面白かったかなって感じ。

途中から女(ロザリオ・ドーソン)がずいぶんオイシイ役というか

けっこうメインだなぁと思ってたら

3人の子持ちで妻と別れたダニー・ボイル監督とこの起用がきっかけで

つきあってたからなのだよね~と妙に納得。

まさかのいきなりフルヌードにびっくり

 しかもかなりのいいボディで

 

立場逆転のようなマカヴォイの狂気じみた目がすてき

 

個人的には、催眠療法士とそこまで実は過去に関わっていた

という展開が、そういうことね~って感じはあっても

あまり好意的に思える展開ではなかった 笑

実は大きな罪を作っていた、大事な記憶から消えていた部分についても

警察もそんなことすぐつきとめないか?

あんな話題になった絵画事件の被害者なのにとか。

ギャングと初めはグルだったこともマスコミ的にも餌食になりそうなネタだし。

 

ギャングのボス、ヴァンサン・カッセルも

簡単にあんな女(催眠療法士)に気を許しちゃって夢中になっちゃうし

最後に至っては結構お間抜けで、マカヴォイの指示に従って車なんて運転させられちゃって

弱いギャングども 笑

 

でもそこはさすが、ダニー・ボイル作品。

音楽に乗った躍動感、飽きずに見られる面白さあり。

これまでよりも、好みはわかれそうな作品だけど

 気になる方はぜひ劇場で

 

公式サイト

TRANCE          2013年    アメリカ=イギリス    102min

10月11日より、公開中~


ロンドンプレミアにて

 

 

 既にロザリオ・ドーソンと監督は破局済み

 

 

ダニー・ボイル監督の次回作としてはまだ詳細未定で待機中。

porno  
Babylon  (TV Movie)  2014年

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (14)   Trackbacks (34)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パッション/PASSION | TOP | 嗤う分身/The Double »

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (yukarin)
2013-10-17 12:46:30
名画を盗むのに催眠療法を使う設定はなかなか面白い名~と。
ダニー・ボイル監督だからと期待してたけどなかなか面白かった♪音楽も引き込まれる感じで良かったし。
それにしても、ロザリオ・ドーソンったらそこまで見せていいの?とびっくり(笑)

>マカヴォイの狂気じみた目がすてき
そうそうこの目が良いよねー
こんばんは~ (マリー)
2013-10-17 17:42:21
え~~!?もう破局しちゃってるの?
知らなかった~~~。

映画は面白かったなぁ。
migさん評価もけっこう高くてホッ。マカヴォイさん、おひとよしキャラかと思いきや~ヴァンサン、極悪人かと思いきや~2人のギャップがよかった!
ロザリオのヌードってボカシかかっていたっけ?どこかにそう書いてあって・・・私、ぼ~っとスルーしちゃってて。
あのぼかしは「ぼくエリ」同様ダメ!とか書いてあって。記憶にない私はトランス状態~?(笑)

ごきげんな(死語?)音楽にスピード感あふれる展開が好みだった~~~。さっすがボイル監督~。
え?? (kira)
2013-10-17 22:55:02
>既にロザリオ・ドーソンと監督は破局済み
そうなんですか~?
あの「準備するわ」のフルヌードは、
二人の関係がモノを言ったのだと邪推してました(笑)

普通はダメ男がカッコよくなっていくものだと思うのに、
マカちゃんの空白にはびっくり~
見せ方が飽きさせないでよかったのですが、これは一番、
光の使い方が印象的でした!
yukarin★こんばんは (mig)
2013-10-18 22:47:44
そうそう、まさか暢気に催眠術で思い出させるなんてー。
しかも、その女とすぐ寝ちゃうし。
女も女だよ、したたか。
あいかわらずの音楽の使い方もよかったね!
マカボイはタイプじゃないけど時々みせるあの意志ある目がイイ。笑
マリーさん★ (mig)
2013-10-18 22:51:57
ヴァンサン、よわっちかったぁ 笑
マリーさんはそんなに気に入ったのね!
そう、あのボカシはおかしいわぁ。だって、
あれがないっていうのが絵画に引っ掛けてあったものね。
まぁ、ないってわかるけど…でもぼかしててもつるんとしてなくて黒く茂ってたよーな?笑
ダニーボイルは面白いの多いから
次も期待だね★
kiraさん☆ (mig)
2013-10-18 22:54:46
そうみたいですよ、
だからこの役のために寝たのかと 笑
離婚してるとはいえダニーボイル監督も3人も子供いるしなー年齢差もあるでしょうね。
映像もあいかわらずいいよね♪
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-10-18 23:37:08
面白いというよりも楽しい映画でした。
私も催眠療法士があそこまで絡むのはちょっと出来すぎかんと思いましたね。

やはりダニー・ボイル監督のクライムサスペンスの『シャロウ・グレイブ』を超えることは出来ないのかな~。
Reにゃむばななさん☆ (mig)
2013-10-20 12:15:18
シャロウグレイブはほんと面白かったなぁ
昔見たきりだから、またみたい!!
期待値下げてみたからそこそこ面白かったけど、
催眠療法士がずいぶん美味しい役でしたね★
やっと観てきたわ (ノルウェーまだ~む)
2013-11-02 14:10:11
migちゃん☆
ようやく観てきたわ~
migちゃんが高得点だったからキタイして観たら、やっぱり面白かったー☆
でも途中からエリザベスのすること、なんかなーってかんじだったね。
ラストもそれでいいの?って思っちゃった。
催眠の悪用その1 (クラム)
2013-11-03 20:26:30
R.ドーソンの役がいやに大きいと思ったら、裏にからくり有りでしたか。
J.マカヴォイはいい意味で予想を裏切る役を演じますね。
確かに狂気じみた目が印象的です。
もちろんプレミアの画像ではまったく別人になっていますが。
音楽が良かった!だけになりつつ (q 思い出しても)
2013-11-04 20:17:54
ロザリオ・ドーソンって
監督と、そうだったのか・・・
まーゴージャスボディー見せたのは別にして
ぼかしたのがひっかかったなぁ
突き詰めちゃったらダメだよね
 話自体、ノレたけど
でもさぁ
思い出しても「音楽が良かった」になってるわ
まだーむ☆ (mig)
2013-11-05 22:47:28
あれー、わたし高得点でもないんだけどね
そうそう、医者のくせにおかしいでしょーやりすぎ 笑
クラムさん☆ (mig)
2013-11-05 22:49:00
マカヴォイ、次はもうすぐフィルスって作品で
主演ではちゃめちゃですね 笑
なかなかいい役者になりました☆ (上から目線)
ロザリオドーソン、しかしフルヌードはすごいなぁ。
qちゃん (mig)
2013-11-05 22:52:10
ずいぶんまえに送ったけど
なんとかスナイパー(マコの)TBきてないなー?

そう、あのぼかしはないよね~
わたしは書かなかったけど。
あとラストがあれはちょっと惜しいかなぁ.

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

34 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
トランス (あーうぃ だにぇっと)
トランス@スペースFS汐留
トランス~魔女の宅配便 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。イギリス映画。原題:Trance。ダニー・ボイル監督、ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、タペンス・ミドルトン、ダニー・スパーニ。18世 ...
トランス/ジェームズ・マカヴォイ (カノンな日々)
『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督と脚本家のジョン・ホッジが再タッグを組みジェームズ・マカヴォイを主演にギャングと競売人が盗み出した名画に関する記憶を巡っ ...
トランス ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
さまざまな作品を世に送り出したダニー・ボイル監督が、『つぐない』などのジェームズ・マカヴォイを主演に迎えたサスペンス。『トレインスポッティング』の脚本家ジョン・ホッジとボイル監督が再びタッグを組み、ギャングと名画を略奪した競売人が絵画の隠し場所の記憶を...
トランス (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【TRANCE】 2013/10/11公開 アメリカ 102分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、ダニー・スパーニ、タペンス・ミドルトン、サイモン・クンツ、マット・クロス ここは、誰も見たことのない<記憶のその先>――...
劇場鑑賞「トランス」 (日々“是”精進! ver.F)
記憶の迷宮の中にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310110002/ 【送料無料選択可!】トランス [輸入盤] / O.S.T.価格:1,569円(税込、送料別) メール便180円♪宅配便350円♪SALE OFF!新品北米版B...
トランス (心のままに映画の風景)
白昼のオークション会場からゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」が盗まれ、競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ギャングのリーダー、フランク(ヴァンサン・カッセル)に暴行され気を失う。 強盗の協力者であったサイモンは、絵画を抜き取り隠していたが、頭に...
トランス (ダイターンクラッシュ!!)
2013年10月14日(月) 14:40~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 混乱している。 『トランス』公式サイト 騙し系の映画。 人間の欲深な話がテーマだと思うのだが、マカヴォイがストーカーだったという物語をリセットす...
『トランス』 2013年10月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『トランス』 を観賞しました。 本日の2本目なり~ 【ストーリー】  アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)はギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を盗み出すことに成功する。しかし計画外の動きを見せた彼はギャングのリーダー(ヴァ...
トランス (風に吹かれて)
真実はどこに公式サイト http://www.foxmovies.jp/trance監督: ダニー・ボイル 「トレインスポッティング」 「スラムドッグ$ミリオネア」白昼のオークション会場で、ゴヤの傑作
トランス (そーれりぽーと)
名画強奪をめぐるサスペンスをダニー・ボイルが撮ったなんて、面白いに違いない!と、前知識0で『トランス』を観てきました。 ★★★★★ これヤバい、すげーオモロイ。 何も知らずに観て正解。 何も知らずに観て下さい。 ダニー・ボイルの映画は、ずっと目が釘付けで...
『トランス』 (My Pace, My Self)
この秋一番公開が待ち遠しかった『トランス』ついに観てきました~!! もうマカヴォイ君主演というだけで観る気100% そして絵画が絡むお話ということで美術好きには更にワクワク しかも『Happy&Glorious』以来1年2ヶ月ぶりのダニー・ボイル監督の新作(!...
トランス (だらだら無気力ブログ!)
観てるこっちもトランス状態に。
トランス / Trance (勝手に映画評)
絵画のオークション会場で強奪されたゴヤの名画。しかし、頭を強く打った事から、絵画を持ちだした強盗団の一味が、絵画を何処に隠したか忘れてしまう・・・。 どんでん返しの繰り返しです。しまいには、どれが本当の話なのかが、若干混乱してしまいます。それが、このト...
トランス (to Heart)
原題 TRANCE 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/イギリス 上映時間 102分 映倫 R15+ 脚本 ジョー・アハーン/ジョン・ホッジ 監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームズ・マカヴォイ/ヴァンサン・カッセル/ロザリオ・ドーソン/ダニー・スパーニ アート競売人のサイモン(...
トランス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) 一見難解なストーリーに睡魔が襲うが映像の素晴らしさには
『トランス』 (時間の無駄と言わないで)
ダニー・ボイル監督作品のサスペンス。 ダニー・ボイルらしい画作りと音楽がとてもイイ。 いちいち格好イイ。 お話も面白いは面白いんだけど、それにしても催眠療法が便利過ぎ ...
『トランス』 (こねたみっくす)
忘れた記憶、知識が繰り出す言葉、豊かな経験。最後に笑うのは誰か。 やはりダニー・ボイル監督にはクライムサスペンスが似合います。デビュー作『シャロウ・グレイブ』を思い出 ...
『トランス』 (ラムの大通り)
(原題:Prometheus) ----ダニー・ボイルって、 去年のロンドン・オリンピックで 開会式総監督を務めた人だよね。 北京オリンピックがチャン・イーモウだったし、 映画人のフィールドも広がってきたニャあ。 「そうだね。 それだけ現代のイベントは <映像>のウェイト....
トランス (Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン)
    『トランス』  (2013) アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ギャング一味と協力し、オークション会場から40億円の名画を盗み出すことに成功する。 しかし、計画外の動きを見せたサイモンは、ギャングのリーダー、フランク(ヴ...
トランス (とりあえず、コメントです)
ダニー・ボイル監督&ジェームズ・マカヴォイ主演のダークなサスペンスです。 この二人でどんな物語を見せてくれるのだろうと楽しみにしていました。 現実と夢の間を彷徨うような展開と共に、ちょっとぞっとする物語が繰り広げられていました。
「トランス」 (ここなつ映画レビュー)
ゴヤの有名な絵画「魔女たちの飛翔」の盗難を巡って、息もつかせぬ心理戦。最後に勝利するのは誰なのか? 「何も知らずに観るのが幸せである」とか何とか、評論家のレビューにあったように、予備知識ゼロで観た方が幸せかも。なので、ここから先はほんの少しネタバレ...
トランス ★★★☆☆ (センタのダイアリー)
「スラムドック・ミリオネア」、「127時間」のダニー・ボイル監督最新作。 「トランス(TRANCE)」は英語のトランス状態、夢うつつ、催眠状態のこと。 映画の内容は、題名そのままで、記憶喪失に陥った主人公が催眠療法により記憶の回復を図ろうとするが、事件は二転...
トランス (映画的・絵画的・音楽的)
 『トランス』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作のはじめの方では、競売人で主人公のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)の口から、彼が関与するオークション会場の警備の完璧さについて語られます。 ...
[映画『トランス』を観た(短評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これは、観てみるとわかると思うけど、ダニー・ボイル監督が、明らかにクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』を意識した作品だと思う。  私は、一部に評判の良かった『インセプション』を、あまり面白く感じなかったので、こちらの方が気に入ったのだが、...
催眠療法~『トランス』 (真紅のthinkingdays)
 TRANCE  ロンドンでオークションを手掛ける競売人・サイモン(ジェームズ・マカヴォイ) は、裏社会のギャング・フランク(ヴァンサン・カッセル)と共謀し、ゴヤの名画 を盗もうとする。しかし犯行途中のトラブルでサイモンは記憶を失くし、名画も ...
「トランス」催眠術にかかれ (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
評判も良い話題の映画「トランス」 ダニー・ボイル監督だしね☆ 監督とか俳優とか関係なく映画を観る!といいながらも、ダニー・ボイルは別♪これは観ないとね。 ロンドンの映画祭のレッドカーペットで、「あの凄い声援もらってる人、誰?」と話していたのがダニー・ボ...
「トランス」 (Con Gas, Sin Hielo)
圧巻のひねり技とでも言おうか。 D.ボイル監督の新作は、人の記憶をめぐる心理サスペンスとでも呼べばいいのだろうか。 記憶喪失になった主人公・サイモンと、彼が直感で自分の専門医にと選択した催眠療法士・エリザベス。 エリザベスの手によって、現実と深層心理、....
トランス  驚くべき“秘密”!!!!! すごーく欲しい~ (Said q winning)
監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、ダニー・スパーニ、タペンス・ミドルトン、サイモン・クンツ、マット・クロスストーリー:アート競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)はギャング一味と協力し、オー...
「トランス」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Trance」2013 UK サイモンに「つぐない/2007」「ジェイン・オースティンの秘められた恋/2007」「ウォンテッド/2008」「終着駅 トルストイ最後の旅/2009」「声をかくす人/2011」「ビトレイヤー/2013」のジェームズ・マカヴォイ。 フランクに「オーシャンズ...
記憶を思い出せ (笑う社会人の生活)
27日のことですが、映画「トランス」を鑑賞しました。 アート競売人のサイモンはギャング一味と協力し、名画を略奪したが 絵画の隠し場所の記憶を失い、ギャングらは催眠療法師を雇い 催眠療法で記憶を復活させようと画策するが・・・ これは面白かった‼&...
トランス (銀幕大帝α)
TRANCE 2013年 アメリカ/イギリス 102分 犯罪/サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2013/10/11) 監督: ダニー・ボイル 『127時間』 出演: ジェームズ・マカヴォイ:サイモン ヴァンサン・カッセル:フランク ロザリオ・ドーソン:エリザベス <スト....
映画『トランス』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-81.トランス■原題:Trance■製作年、国:2013年、イギリス■上映時間:101分■料金:1,800円■観賞日:10月19日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:ダニー・ボイル◆ジェームス・マカヴォイ◆ヴァンサン・カッセル◆ロザリオ・ドーソン◆ダニー...
トランス (いやいやえん)
【概略】 オークション会場からゴヤの名画を奪った競売人・サイモンは、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失い…。 サスペンス 頭の中がトランス状態になるのかと思えば意外と単純なストーリーでした。無くなった絵画をめぐり 催眠状態が絡んで真実と虚...