我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

パッション/PASSION

2013-10-16 00:00:00 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

 

「パッション」といえば

これでしたが。 メル・ギブソン監督の。

全く別もの。

 

リュディヴィーヌ・サニエとクリスティン・スコット・トーマス共演、

監督アラン・コルノーの遺作ともなった2010年のフレンチ・スリラー 「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて」を

レイチェル・マクアダムスとノオミ・ラパスで、ブライアン・デ・パルマ監督がリメイク

 

 

前知識まったくなしで鑑賞。

あからさまにレズっぽい雰囲気のなか、スタート。

 

愛、嫉妬、憎悪、復讐が絡み合う。

昔懐かしいような、王道サスペンススリラー。


 

 

部下の手柄を自分の手柄にするのは朝飯前。

セクシーで、仕事の出来る上司だが偉ぶってて意地悪いクリスティーン。

レイチェル・マクアダムスの性悪女は本当にハマる。

 

対する、ノオミさん。イザベル。「ドラゴンタトゥーの女」リスベットはどこへやらで

最近すっかり女らしい。ほお骨と目の位置高くてなんかいつもじっと見ちゃう。

 

時に同情を狙い

 

同じ男を共有してる

 

 

飴と鞭?それとも、レズ?

いやこっち?  ノオミさんお顔大きいです

この右の赤毛の子、どこかでーってずっと考えてたら

パフューム ある人殺しの物語の赤毛ちゃん、カロリーネ・ヘルフルトだった。

ノオミさん演じるイザベルのアシスタント、ダニ役。

 

 

本作の舞台は、ある広告会社。

上昇志向をもち、広告会社の重役へとのぼりつめたクリスティーンは、アシスタントのイザベルを信頼し、新しいスマートフォン の広告プランを彼女に任せた。しかしそれは表向きの顔で、イザベルのつくったCM映像が重役から高い評価を集めるとクリスティーンはそれを”自分が思いついたプラン”だと公言。更に彼女は”操り人形”として自分の思うままに動かすイザベルに数々の屈辱を味わわせる。
成功ためなら手段を選ばないクリスティーンと、屈辱を晴らすために動き出すイザベル。物語はそこにクリスティーンの恋人ダークや、イザベルの忠実なアシスタントを巻き込み予想もつかない展開に。

 

 

そしてある夜

殺人は起きた。

次第に解き明かされる、完全犯罪の謎。

あなたは解けるか。

犯人は誰。

 

 

 

 

7/10(78点)

 

 

久しぶりな感じのする懐かしい正統派サスペンス。

倒錯的愛、偽りの愛、裏切り、妬み、同性愛

そしてデパルマお得意の画面二分割

ここにデパルマ、完全復活!といえる、ファンを喜ばせる演出。

リメイクというだけあって脚本は良く出来てるけどとくに目新しいことはないけど

映像美と少々のエロティック。独自の世界観と女の醜い諍いに目が離せなくなる。

 

 

レズシーンって女のわたしがみても何かわくわくする 笑

相手のどこにそんなに惹かれるのか、じっくり観察しちゃうんだけど

ノオミさんのどこがそんなに惹かれるんだろうとか今回は考えちゃった 
 

都会なれしてなくどこかあか抜けない感じの印象のノオミ演じるイザベルが、

都会的で仕事が出来て美人の上司に憧れつつも次第に気持ちは、、、、

この流れが面白い。

レイチェル・マクアダムスの嫌な女っぷりもまた、見どころのひとつ。

 

そして殺しの全貌が明かされていくラスト近く。

お葬式に現れた人物。

詫びの花束を届けにいく警察(そんな夜中に)

ラストがまたいいのだ。

 

 

映像美にこだわるデパルマ、今回はカメラマンのホセ・ルイス・アルカイネを起用。

彼はペドロ・アルモドバル監督の「ボルベール」や「私が、生きる肌を手がけた人で、

本作は全編を35ミリ・フィルムで撮影。

音楽は、過去のデパルマ作品「キャリー」や「殺しのドレス」でタッグを組んだピノ・ドナッジオ。

 

デパルマ節をぜひ、堪能あれ!!

 

大手広告会社で働く野心にあふれたクリスティーンは、 ニューヨークに本社を持つ世界的広告会社のベルリン支社で働く女性エグゼクティヴ。その優秀な部下イザベルは、新規の案件で斬新なアイデアをひねり出し、 クリスティーンから任されたロンドンでのプレゼンを成功に導く。ところがクリスティーンはその手柄を横取りし、ニューヨーク本社への復帰を勝ち取ってしまう。その後もクリスティーンの心ない仕打ちに苦しめられ続けるイザベルだったが…。

 

  公式サイト 

PASSION           2012年     フランス=ドイツ   101min  

 10月4日より、公開中〜


 

2012年 トロント映画祭にて

 

ヴェネチア映画祭にて。

 

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死霊館/THE CONJURING | TOP | トランス/TRANCE »

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かった〜♪ (tomoco)
2013-10-16 00:36:35
これはほーんと観たかったのだ☆
でも有楽町まで一人で行くのもなーって思ってたから一緒に観れてよかった♪
お誘いありがと

うん、久々王道のサスペンススリラーだよね!
こういうの大好き
しかも今回、映像が「私が、生きる肌」のカメラマンで
音楽が「殺しのドレス」なんて好物すぎるわ
リメイクだったとはあとで知ったけど、
こういうリメイクならどんどんやってほしい笑
tomocoさん☆ (mig)
2013-10-16 00:49:53
早っ!ありがと!
うん、あの流れで即行く!ってなったから
ちょうどよかったねー♪
それにしてもギリギリで、でもチケもとってもらえて感謝☆面白かったよねー
カメラマンのことすぐ気付いたtomocoさんすごいよ
調べたら書いてたけど、ホント美しい映像撮るよね。
女優達も良かったんだよね
次は地獄だね☆
デ・パルマ、キター! (ボー)
2013-10-16 14:07:21
エンディング近くは、怒涛のデ・パルマ節!
客観的に出来がどうこうは関係なくて、初期のデ・パルマっぽい映画だから、というだけで嬉しくなる…。

ノオミさん、たしかに目の位置が高い!(笑)
つまり、顔が大きいってことになるんですねえ。
おはよー! (yue)
2013-10-16 15:38:49
レイチェルMcすごい出まくりだよね〜
わがままか意地悪いのがハマり役^^
ノオミさんはあんまり可愛くないけど演技派だよね。
エロティックドラマだね、78点なら★8じゃないんだ〜?

レイチェルMcの"The Vow"見た?けっこう好きだったな。
あと新作の"About Time"というラブコメ、
早くもこっち先週から公開してるよー
けっこういい作品に出てるからこれも面白いのかな。
See you!

Re:ボーさん☆ (mig)
2013-10-17 12:25:45
ボーさん、早速みていたんですね☆
レイチェルのファンでしたっけ、
ノオミとのアブナイやりとり、王道サスペンスだけど
デパルマの懐かしい感じしてよかったですね、
そう、目が高いこと=顔でかいではないと
思うけど、なんか気づいたら顔大きい
Re:yue (mig)
2013-10-17 12:28:48
おはよ☆
レイチェル、ウディアレンのにはでるわ、
デパルマでるわで大御所にも気に入られてすごい出まくりだねー!
また、ハマるしねやな奴。
今回ノオミさんとの意外な組み合わせよかった☆
その新作知らないわ、みたいなー
感想教えて♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

18 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
パッション (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】(F) ブライアン・デ・パルマ監督のサスペンスミステリーってだけで
「パッション」 (或る日の出来事)
こういう、ブライアン・デ・パルマが好きなんだよ! ウェルカムバック! デ・パルマ!
パッション/レイチェル・マクアダムス (カノンな日々)
『殺しのドレス』『ミッション:インポッシブル』などで知られる巨匠ブライアン・デ・パルマ監督が『トゥ・ザ・ワンダー』のレイチェル・マクアダムスと『ミレニアム ドラゴン・タ ...
パッション (だらだら無気力ブログ!)
ノオミ・ラパス、スクリーンで観るたびに綺麗になっている印象が・・・。
パッション ★★★★ (パピとママ映画のblog)
キャリアや異性をめぐる女と女のいさかいを、『リダクテッド 真実の価値』などのブライアン・デ・パルマがエロチックに描くサスペンススリラー。フランスのアラン・コルノー監督作品を、『きみに読む物語』などのレイチェル・マクアダムスと『ミレニアム』シリーズなどの....
パッション (はるみのひとり言)
初日に観て来ました。何故かおっさん率高し。若くして国際的な広告会社の重役に登り詰めたクリスティーン。仕事でもプライベートでも貪欲な女性。出世のためには手段を択ばない彼女は、有能で従順な部下のイザベルが考案したCMのアイデアを自分のアイデアだと言い放ち横取...
『パッション』 2013年10月14日 TOHOシネマズみゆき座 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『パッション』 を観賞しました。 TOHOシネマズデーなので2本見てきました。 このあとの『トランス』と話が似通っていて混同します 観る映画は全然違うの見た方がいいでしょうという教訓を得た日でした 【ストーリー】  自らの地位を広告会社の重役まで押し上げた...
「パッション」 (ブライアン・デ・パルマ監督) (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年/フランス・ドイツ合作制作:SBSプロダクション=ワイルドバンチ配給:ブロードメディア・スタジオ 原題:Passion 製作:サイド・ベン・サイド 監督:ブライアン・デ・パルマ 脚本:ブライ
『パッション』(ブライアン・デ・パルマ監督版) (ラムの大通り)
(原題:Passion) ----今日の映画『パッション』は ブライアン・デ・パルマ監督の新作。 確かこの監督、えいのお気に入りのひとりニャんだよね。 「さすが、長年連れ添っているだけのことはあるね。 てっきり、 『あれっ。ゴダール?メル・ギブソン?』なんて ボケて....
ショートレビュー「パッション・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ぼくらのデ・パルマが帰って来た! 久々に鬼才の映像マジック全開の、ウェルメイドなサスペンス映画だ。 舞台となるのは、世界的広告代理店のベルリン支社。 ここを仕切るクリスティーンは、生馬の目を抜くこの業界で若くして成り上がったやり手。 その美貌に群がる...
[映画]「パッション」(ブライアン・デ・パルマ監督作品) (タニプロダクション)
TOHOシネマズ みゆき座 座席位置 前方左端 評点・・・☆☆☆★★★ 上出来の部類 以下、facebookより転載。 ブライアン・デ・パルマ監督『パッション』観賞。『リダクテッド 真実の価値』以来の新作。 何か日本未公開映画のリメイクらしいです。 ドキッ!女だら...
「パッション」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Passion」2012 ドイツ/フランス ドイツ、ベルリン。大手広告会社の重役に登り詰めたクリスティーンは野心満々な上狡猾な女。そしてアシスタントのイザベルはクリスティーンに憧れを抱いている。しかしある時イザベルの企画を自分の手柄にし、その後屈辱とも思える行...
「パッション」:デ・パルマ復活も、やや薄味 (大江戸時夫の東京温度)
あのデ・パルマ(今野雄二さん流に言えば「ディ・パーマ」)が帰って来た!とでも言い
パッション (映画的・絵画的・音楽的)
 『パッション』を吉祥寺バウスシアターで見ました。 (1)あまり事前の情報を持たずに見たのですが、なかなか良く出来たサスペンス映画で、拾い物でした。  世界的な広告代理店のベルリン支社のトップであるクリスティーン(レイチェル・マクアダムス)が主人公。 ....
女のバトル、そして殺人 (笑う社会人の生活)
14日のことですが、映画「パッション」を見ました。 広告会社で働く、野心的なクリスティーンはアシスタントのイザベルのアイデアを横取りし地位を上げようとする そんなイザベルは新たな広告で見返し、クリスティーンの地位を取るのだが・・・ 女のバトル、キャリア....
映画『パッション』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-82.パッション■原題:Passion■製作年、国:2012年、フランス・ドイツ■上映時間:101分■料金:1,800円■観賞日:10月20日、TOHOシネマズみゆき座(日比谷)□監督・脚本:ブライアン・デ・パルマ◆レイチェル・マクアダムス◆ノオミ・ラパス◆カロ...
パッション (いやいやえん)
どんなにビッチ役でもレイチェル・マクアダムスさんはやはり可愛い。同主演のノオミ・ラパスさんがおばさん顔だから、余計に華やぐ。真っ赤なルージュ、自分の美しさを知った上でそれを利用するやり手の女性を演じてました。おばさん顔というかごく普通のノオミさんは...
パッション (miaのmovie★DIARY)
パッション DVD(2014/07/25)レイチェル・マクアダムス、ノオミ・ラパス 他商品詳細を見る 【PASSION】 制作国:ドイツ  制作年:2012年 クリスティーン(レイチェル・マクアダムス)は、野心を隠さず、 狡猾さと大胆な行動で国際的な広告会社の重役へと登り詰 めた...