我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ローマでアモーレ /To Rome with Love

2013-06-12 13:10:55 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

昔からのこだわり、NY舞台をやめてから早数年、コンスタントに新作を送り出すウディ・アレン監督作

最近は「それでも恋するバルセロナミッドナイト・イン・パリなど、ヨーロッパがお気に入り。

今度はローマ

スカちゃん&ヒュー・ジャックマン主演の「タロットカード殺人事件」(2006)以来、

6年ぶりにウディアレン爺自身も出演

 

ここ最近はめっきり自分は出なくなって、雰囲気保てるからいいなーと思ってたんだけど

今回は久々に登場というのでちょっと心配に 笑

ジェシー・アイゼンバーグやペネロペも出演ということでずっと楽しみにしてた☆初日、劇場にて鑑賞~

 

イケメンのローマ男と婚約した娘のもとへやってきた元オペラ演出家にウディ爺。

 

婚約者の父親で葬儀屋、シャワー中に歌うオペラはプロ並み?!

 

恋人の親友で不思議な魅力を放つモテ女優に恋してしまう建築家の卵の青年にジェシー・アイゼンバーグ。

そのモテ女優にエレン・ペイジ。

その建築家の先輩で、いつでもどこでも側にいてやたらと横から口を挟む存在はアレック・ボールドウィン。

 

どこにでもいる普通の新婚カップルの宿泊先に現れたセクシーなコールガールにペネロペ・クルス

 

その新婚カップルの女の方は偶然憧れのスターと出逢う。

 

ある日突然、大スターに祭り上げられた平凡な男にロベルト・ベニーニ。

 

 

6/10(60点)

 

 

ギリギリでおまけで60点 キャストもいいし、つまらなくはないんだけど

フツウすぎて、ここ近年のウディ映画のなかではいちばんおちるなー

それぞれの人物が絡みながら織りなす恋のから騒ぎ

ということでちょこちょこ笑いを挟むいつものパターン 笑

 舞台ローマの雰囲気はさすがに素敵だけれど、

パリのあの舞台のストーリーにはかなわない。

爺、いつまで俳優もやるのかな??

 

ロベルト・ベニー二のくだりがしつこすぎて、いらなかったんじゃない?と思える 

一般人が一時わけもなく突然いきなり有名になり 困るが

別の人に話題が移れば見向きもされなくなり、寂しく感じて注目されることが

いつしか快感になっていた、という皮肉?めいたのがまた「らしい」けど少々無理矢理でしつこい。

 

 

シャワーがないと美声で歌えない娘のフィアンセの父親というキャラも面白いケド

それに絡むウディがまたしつこい 笑 そこで中高年の観客の笑いをとってた。

こういう定番の笑いを求めるんだね~   わたしはそこが逆に笑えない。

面白かったのは、普通のカップルが手違いで彼女の方がなぜか憧れの俳優と二人きりになり

ひとりトイレで葛藤しながらもその俳優と寝るかどうかと迷ってるホテルの1室でのやりとり。

そこへ強盗が乱入して、俳優の妻が浮気を疑い尾行していて警察と乱入、、、、ってシーン。

 

ジェシー・アイゼンバーグが親友の子、エレン・ペイジにやっぱり惹かれていき

うまくいきそうになったところでエレンが女優としての飛躍のチャンスに、あっという間に

その恋愛なんてどうでもよくなったかのように気持ちがコロッと変わる

そんなところも奔放さゆえ。

 

 

いつも日常のアレコレを描きつつ、皮肉を交えて教訓をも唱えるウディ流ラブコメ

今回もその王道で。 ちょっとぴり飽き飽きしてきたけど

この王道さが好きな人にはウケるでしょう~

 

 

元オペラ演出家のジェリーと妻は、ローマっ子のイケメンと婚約した娘が滞在するローマへとやってきた。フィアンセの実家に招かれたジェリーは、バスルーム から聞こえてくる、そのフィアンセの父親の歌声に驚愕、それはまるで高名なオペラ歌手、カルーソーの再来かと思わせる美声だった! 
 同じ頃、田舎からローマに出てきた純朴な新婚カップル。ホテルに到着後、妻は美容室へ向かうがすぐ迷子に。一方、帰りを待ちわびる夫の部屋には、なぜか真っ赤なミニドレスに身をかろうじて包んだコールガールが現れる...。
 建築家志望のジャックが恋人と暮らす家に、恋人の親友で女優の卵のモニカが転がり込んでくる。幼く見えるモニカだが、恋愛に関しては大胆で奔放。ジャックはそんな彼女に惹かれ…。
 レオポルドは、妻と子供思いの平凡な男。しかしある朝、一歩自宅から外へ出た途端、マスコミに取り囲まれ、突然パパラッチに追われる大スターになっていた。以来、レオポルドの一挙一動が、ローマ中の話題となり…

 

 

 

 

映画『ローマでアモーレ』予告編

  公式サイト 

To Rome with Love           2012年     アメリカ=イタリア=スペイン

6月8日より、公開中~

 

プレミアにて

 

 

 

 

ウディ・アレン次回作は、ケイト・ブランシェット、ピーター・サースガード主演「blue Jasmine」

Blue Jasmine Official Trailer #1 (2013) - Woody Allen Movie HD

 

突然の危機。NYニュージャージーに住むある人妻(ケイト・ブランシェット)の人生を描いたシニカルコメディ。

舞台はサンフランシスコ。

他の共演に、アレッ ク・ボールドウィン、サリー・ホーキンス、ボビー・カナヴェイル、ルイ・C・K、アンドリュー・ダイス・クレイ、アルデン・エーレンライク、マイケル・エマーソン、ピーター・サースガード、マイケル・スタールバーグ

全米で今年の7月26日公開予定☆

意外な役者できたな~ 次回も楽しみ♪

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月公開☆新作映画リスト | TOP | *・:*:♪:*☆blog8周年/8th ann... »

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
この前の (ノルウェーまだ~む)
2013-06-13 12:04:58
みぐちゃん☆
この前観てたの、初日だったんだねー
「オブリビオン」より高得点の6だから、結構面白かったってコトね☆

ウディ爺、最後のほうの写真、赤いドレスのペネロペの○っぱいモミモミ写真に見える~(笑)
おはようございます♪ (non)
2013-06-18 09:08:15
キャストも良いしウディお爺ちゃんなので気になるけど、フツーな感じなのですね…
でもレンタル始まったらまた見てみます(^0^)

そして、遅ればせながら、ブログ8周年おめでとうございます
いつもいつも楽しくて、素敵な記事を本当にありがとうございます
これからも楽しみにしております
でもくれぐれも、migさまのペースで、無理はなさらないように…
まだーむ☆ (mig)
2013-06-19 23:18:01
コメありがとう、1週間近く経っちゃった。
ブログ書く事たまってるのにぜんぜんやる気ないよー
8周年記事も書いてない
うん、オブリビオンよりは面白かったかなぁ?
まだーむ見たっけ?

>ペネロペの○っぱいモミモミ写真

ほんとだ! 笑
nonさん☆ (mig)
2013-06-19 23:20:36
うわ、最近更新も出来てないのに
ありがとうございます
nonさん昔からいつも応援してくださって
いまはツイッターでのおつきあいで復活できて嬉しいです
またお話しましょう!記事はほんとはたまりすぎてるので徐々にまた書きたいです
変わらずみてくれて感謝です~
中高年代表 (クラム)
2013-06-30 06:39:07
予想していましたが、完全に趣味が分かれましたね。
これ、最近の中でいちばん好きです。
個人的にはW.アレン出ている方が好みだということも分かりました。

で分析してみると、記事の中にある
「こういう定番の笑いを求める」。
まさにそのとおり!
そうか、ぼくは毎年「水戸黄門」のようなW.アレンを期待してたんだ
と分かりました。
まあ、2~3年に一度はこんな感じもいいのではないかと・・・
クラムさん☆ (mig)
2013-07-02 02:57:20
こんばんは☆
途中で寝落ちしてしまいました

あははそうですね~たまにはいいんですけど
作品にもよるけどキホン私は出ていない時のほうが楽しめてるな、出てると笑いとるのがベタべたすぎるんですよね 笑

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

22 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『ローマでアモーレ』 2013年5月15日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『ローマでアモーレ』 を試写会で鑑賞しました。 久しぶりに笑った×5 【ストーリー】  娘がイタリア人と婚約した音楽プロデューサーのジェリー(ウディ・アレン)は、ローマを訪れる。婚約者の家に招待されたジェリーは、浴室で歌う婚約者の父がオペラ歌手のような...
ローマでアモーレ (映画感想メモ)
浴室だと歌が上手く聞こえる……って、この発想は無かったわ( Д) ゜ ゜ いい加
ローマでアモーレ / To Rome with Love (勝手に映画評)
ウディ・アレン脚本・監督・出演のラブコメ。 いやぁ、ウディ・アレンの作品は一筋縄では行きませんね。『ミッドナイト・イン・パリ』の時もそうだったんですが(って言うか、『ミッドナイト・イン・パリ』は元々、現実と虚実が絡み合っているのがテーマ)、現実と虚実が...
ローマでアモーレ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
巨匠ウディ・アレン監督が、古都ローマを舞台にさまざまな男女が繰り広げる人間模様を軽妙なタッチで描くロマンチック・コメディー。『タロットカード殺人事件』以来となるウディが自身の監督作に登場するほか、ベテランのアレック・ボールドウィン、『それでも恋するバル...
ローマでアモーレ (心のままに映画の風景)
イタリア人と婚約した娘に会うため、ローマにやって来た元オペラ演出家のジェリー(ウディ・アレン)は、フィアンセの父親の美声に驚き、オペラ界への復帰を目論む。 建築家の卵ジャック(ジェシー・アイ...
ローマでアモーレ (だらだら無気力ブログ!)
クスクス笑えて面白かった。
ローマでアモーレ (とりあえず、コメントです)
ウディ・アレン監督の最新作です。 このところ舞台をヨーロッパ各国で転々としていて、今回はローマ!と聞いて楽しみにしていました。 歴史ある街並みと文化を織り交ぜながらのドタバタでラブコメな展開に笑ってしまうような作品でした~
ウディ・アレン監督『ローマでアモーレ (To Rome with love)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ウディ・アレン監督によるローマを舞台に描かれるお馴染みの恋愛群像劇(艶話)『ローマでアモーレ (To Rome with love)』「タロットカード殺人事件」以来の本人出演の他にアレック・ボールドウ
ローマでのアレン模様 (笑う社会人の生活)
18日のことですが、映画「ローマでアモーレ」を鑑賞しました。 毎年のように見せてくれる ウディ・アレン監督作です スペイン、パリ、ロンドンと続いて 今回はイタリア! アレンお得意のさまざまな男女の人間模様が描かれる 4つのストーリー やはりイタリアというお国...
ローマでアモーレ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ローマでアモーレ』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作は、『恋のロンドン狂騒曲』でロンドン、『ミッドナイト・イン・パリ』でパリというように、このところヨーロッパの大都市を舞台にして映画を制作しているウディ・アレン監督が、今度はローマに場所を移し....
映画、ローマでアモーレ (フクロウと大理石 黄昏のフクロウ)
 2012年のウディ・アレンの監督作品、ローマでアモーレが世界で一番最後に日本で劇場公開になった。  最近は監督と脚本が多く、主演することは少なくなったウディ・アレン。もうすぐ80歳になろうという彼が、主演する体力はないが映画には出たいと言う思いが伝わってく...
「ローマでアモーレ」 (Con Gas, Sin Hielo)
同じ説明不能なら、楽しい方がいい。 W.アレンの映画では、いつも愚かな人間が出てきてイタい行動をする。ただ、描き方がさらっとしているからか、喜劇にしろ悲劇にしろ何故か観た後に心の中にどこか温かな空間が生まれる気がする。 齢70を過ぎて突然世界を回り始めたW...
ローマでアモーレ (KATHURA WEST)
ローマでアモーレ 原題:To Rome with Love 監督:ウディ・アレン 出演:アレック・ボールドウィン、ロベルト・ベニーニ、ペネロペ・クルス、ジュディ・デイヴィス、ジェシー・アイゼンバーグ、エレン・ペイジ、他 2012/アメリカ=イタリア=スペイン オフィ...
「ローマでアモーレ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「To Rome with Love」2012 USA/イタリア/スペイン ローマ、ヴェネチア広場にあるヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂近くで交通整理する警察官の語りからドラマは始まる。やがてアメリカからやって来た旅行者ヘイリーがカンピドーリオ広場でローマに住むミケランジ...
ローマでアモーレ (そーれりぽーと)
いかにもイタリア好き必見なタイトル、しかもウディ・アレン監督作、『ローマでアモーレ』を観てきました。 ★★★★★ 数人の監督が特定の街と愛をテーマに短編を持ち寄ったオムニバス企画映画『パリ、ジュテーム』『ニューヨーク、アイラブユー』を彷彿としますが、一...
ローマでアモーレ (映画の話でコーヒーブレイク)
前回の「グランド・マスター」を見た後、引き続き本作を鑑賞しました。 ウッディ・アレン監督はニューヨークからヨーロッパに作品の舞台を移し、 ロンドンからバルセロナ、パリ、そして本作はローマです。 それぞれの街の雰囲気がストーリーの中に色濃く活かされていて、 ...
『ローマでアモーレ』 (ラムの大通り)
(原題:To Rome with Love) ---この映画って、 邦題があまり評判よくない作品だよね。 ウディ・アレンの新作だっけ? 「そう。 でも観てみたら、このタイトルを付けた人たちの気持ちが分かる、 そういう映画なんだ。 夕景の陽のような暖かい光の中、 ローマの名所が全編...
映画:ローマでアモーレ To Rome with Love なぜか「都市の魅力度」について考察するはめに(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
元々NYの魅力を描かせたら天下一品だったウディ・アレン。 最近では、 2010「恋のロンドン狂騒曲」 2011「ミッドナイト・イン・パリ」    ときて、今回の「ローマでアモーレ」、と世界の都市を巡っている。 さてローマ。 この物語の狂言まわしは、英語がほとんど...
『ローマでアモーレ』 ウッディの欧州都市巡り (Days of Books, Films )
To Rome with Love(film review) 『ローマでアモーレ
「ローマでアモーレ」:今回は切れ味鈍し (大江戸時夫の東京温度)
映画『ローマでアモーレ』は、ウディ・アレンが久々に役者としても登場した作品。バル
愛しのローマ♪ ~『ローマでアモーレ』 (真紅のthinkingdays)
 TO ROME WITH LOVE  旅行中に出逢った弁護士と婚約した娘に会うため、元オペラ演出家のジェリ ー(ウディ・アレン)はローマにやってくる。ローマでホリデイを過ごすジョン(ア レ...
「ローマでア・モーレ」 (ここなつ映画レビュー)
ウディ・アレンは、自身の回顧趣味と若者(中年を含む)へのエールを上手くミックスした作品が最近多いように思う。今回のテーマは(きっと、多分、)「夢が叶ったら」。夢が叶った後どうなるか、その後行き過ぎていく中で夢が覚めたらどうなるか、をアイロニーも含めて...