我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

バッド エデュケーション / BAD education

2005-11-28 10:28:11 | Recommend Movie

劇場で、4月に観たこの作品。
DVDがついに発売★ガエルガルシアベルナル史上,最高の演技で魅せる(とmigは思う)、スペインのペドロ・アルモドバル監督の傑作。

監督が言ってる「この愛の物語を全ての人々に捧げる」というのはちょっと違ってて、
好き嫌いは分かれる映画だと思うので万人におすすめは出来ないケド、
どうせガエルファンだけど、
ゲイが題材の映画は苦手だけど、
同性愛者ではないけど、
アルモドバル作品のファンってわけでもないけど、
とにかく、この映画がどこか好き
買ってきました~

で、観直してみたんだけどやっぱりこの映画好き!

1980年のマドリード。ある日、若手映画監督エンリケのもとに、俳優で同級生だと言う男が、自らが書き上げたという脚本を手に現れる。
それは幼い頃のエンリケの神学学校時代の親友であり初恋の相手。
変わってしまった彼に戸惑いながらも、脚本に引き付けられる、、、



そこに描かれていたのは、ふたリの人生を変えた自分達の引き裂かれた過去の真実だったから。




学校の校長であり、指導者の立場であるマノロ神父に愛されてしまい運命を変えられてしまう!
エンリケを守りたいが為に、自らの幼い心を犠牲にして。。。

そして、エンリケは16年経ったいま、
親友の秘密を知ることに。



脚本の中の芝居と交差させながら、同時進行で進むストーリー。
次第に真実が明らかにされてエンリケ、イグナシオ、ファン、そしてマノロ神父(ペレングエル)のそれぞれが一途で純粋な愛を貫く。

イグナシオはエンリケを、
マノロ神父は幼き日のイグナシオを、
そして神父がベレングエルとして生きてからはファンを。

サスペンスでありながら、美しくて儚い,それぞれの愛の結末。



バッドエデュケーション 公式サイト




ガエルは、おそらく(完全に)ゲイである、アルモドバル監督に見初められて
今回のイグナシオ&ファン役に抜てき。 
オカマ役も見事演じて新境地★ ガエルだから成り立った映画

人生を狂わせたことへの復讐、ゆすり、報復。人間関係をうまく交差させながらそれぞれの心情を巧みに描くのは
この監督ならでは。
ここ最近の3作品を比べると
migの中では「オールアバウトマイマザー」よりも「トークトゥハー」、
「トークトゥハー」よりもこの「バッドエデュケーション」
どれも複雑な人間関係の交差でストーリーは展開する。
そしてどの作品も、強烈な世界観がある


9/10
好みにもよる映画だけど、単なるゲイの愛の物語ではないから、
先入観なしでとりあえず観てほしい~



映像も良かったけど、稀にみるフライヤー(チラシ)の美的センスの高さ
過去No1かもというくらいゴージャスで素敵
加えて、音楽も素敵。若きイグナシオが神父に謳う賛美歌?や
"ムーンリバー"も心地いい
そして、役者たちが皆、ハマリ役!
後のほんとの神父だけちょっとジャックニコルソンを緩くしたような
普通のおじさんっぽくて神父には見えなかったケド。



2004年 製作 スペイン 105min
【staff】
監督 ペドロ・アルモドバル
製作総指揮 エステル・ガルシア
脚本 ペドロ・アルモドバル
音楽 アルベルト・イグレシアス

【cast】ガエル・ガルシア・ベルナル /フェレ・マルチネス /
ハヴィエル・カマラ /ルイス・オマール /ダニエル・ヒメネス・カチョ


人気blogランキング←please click
              
(1日1回有効)クリックよろしくね★皆様のおかげでもうすぐtop10~
いつも読んでくれて&応援してくれてありがとう~



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (6)   Trackbacks (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キラツヤ★コスメ | TOP | ディア・ウェンディ / DEAR W... »

6 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ガエル君 (kazupon)
2005-11-28 12:44:48
こんにちわ!この作品最初観た時は想像以上に

ゲイを主題にしている映画だったので引いてしまったんですが、見終わった後はやっぱり心に残ってる作品ですね。色々な方の感想を読ませていただくと、

男性よりも女性のほうが抵抗なく観れる映画な気がしております^^

ガエル君は個人的には昔のジョニー・デップのポジションにいる気がしてます^^インデペンデンス系の

低予算な作品にも、クオリティ重視でどんどん出てますし、、逆にハリウッドメジャーってまだそんなに

無いのかな?これからもっと人気出るでしょうね。
kazuponさんーー★ (mig)
2005-11-29 01:03:00
女性の方が抵抗ないんですかね?

ワタシのまわりで観たという

男性もなかなか評判は悪くないようです、、、

ワタシも、けっこうゲイがテーマの作品好きな方ではなかったんだけど、、、。

あ~、昔のジョニーデップ。

確かにインディーズ系のによく出ていましたよね



ジュードロウにあきれ果てた今、(笑

ガエルくんには今後も期待です
いまごろ (カオリ)
2006-05-28 15:50:27
DVDで観たんですが、すごい作品&役者に出会ってしまった・・・と言う感じです。ガエルはこれからどうなっていくのか・・・楽しみな役者ですね。TBさせていただきました~
カオリさん☆ (mig)
2006-05-29 01:01:28
こんにちは♪

いつもありがとう☆



ガエルは最高なんです!(笑



「ドッドジアイ」という作品もオススメですよー。



そうそう、カンヌの模様を昨日upしました、

ガエルくんはちょっとキモくなっちゃってました



よかったら見てください♪



この監督新作も載せてマス。

またペネロペで、ちょっと今から楽しみです♪
(^コ^)(^ン^)(^ニ^)(^チ^)(^ワ^) (とんちゃん)
2006-07-04 18:13:06
ペドロ・アルモドバル監督作品初体験です♪

独特な世界観、私 好きかも♪ ホモ映画としても 綺麗なので許せます(o^-^o)



今回のカンヌ国際映画祭で ペネロペが尻尾ふりまいてた監督ですよね? ゲイだったんだ~~^^



ガエル 綺麗でしたね★

とんちゃん☆ (mig)
2006-07-04 23:27:08
とんちゃんの顔文字のコンニチワ、可愛いね



気に入ってよかった☆

アルモドバル作品、これの前の2003年作品「トークトゥハー」もイイですよー。

思い込み男と二人の女の話。



時間あるとき観てみてね☆

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

20 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
バッド・エデュケーション (ネタバレ映画館)
 アルモドバル監督の半自叙伝的映画だなんて、ひょっとして彼はゲ、ゲ、ゲ・・・  全体的には、同監督の『オール・アバウト・マイ・マザー』や『トーク・トゥ・ハー』のような映像によるインパクトは弱かったように感じました。だけど、『モーターサイクル・ダイアリーズ
バッド・エデュケーション (It\'s a Wonderful Life)
「海を飛ぶ夢」に続きスペイン映画。ペドロ・アドモバル監督の最新作。 観終わった直後、正直言って「うわあ!コレはちょっとキツかったかも!」 と思ったんです。、 でも後になってじわじわ映画の事を考えてしまう、不思議な作品でした。 「オール・アバウト・...
バッド・エデュケーション (プチおたく日記 vol.2)
ゲイを扱った作品なんですが・・・ 感想は後ほど! まずはこんなストーリーです。 1980年、マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケのもとに、エンリケの神学校寄宿舎時代の親友
GayJapanNews様が日刊ゲイ新聞にニュース記事提供 (日刊ゲイ新聞編集長のブログ)
GayJapanNews ゲイジャパンニュース様から 世界のゲイ関連ニュース記事を提供していただくことになりました。 「メンバー全員と検討をさせていただき」ご了解をいただきました。 ありがとうございます。 GayJapanNews ゲイジャパンニュース様は、 スタッフ.
ガエル・ガルシア・ベルナル Gael Garcia Bernal 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),30 October 1978,Guadalajara, Jalisco, MexicoAlatriste (2005) The Science of Sleep(2005) The King(2005) バッド・エデュケーション Mala educacion, La (2004) モーターサイクル・ダイアリーズ Diarios de motocicleta(2004) Drea
映画「バッド・エデュケーション」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
■感想: DVDで観ました。ペドロ・アルモドバル監督の半自伝的ドラマ。主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナルと「アナとオットー」のフェレ・マルティネス。ペドロ・アルモドバル監督の作品は初めて観ました。オープニングはよかったです。
サスペンス、復讐、そして愛 「バッド・エデュケーション」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_suki/} バッド・エデュケーションアミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る ゲルマニウムの夜、シレンティウムに続いて、今年、神父による性的虐待を盛り込んだ映画を観るのは3本目になります。 流行ってるんですかね?神父の性的
バッド・エデュケーション (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  美しい謎めきと妖艶な男たち
バッド・エデュケーション【LA MALA EDUCACION】 (maimai\'s cinema land)
魅惑のガエル ガエル・ガルシア・ベルナルくんのファンだったら、見逃せない1本!なんと監督はあの「オール・アバウト・マイ・マザー」、「トーク・トゥ・ハー」の鬼才、ペドロ・アルモドバル。感動作も感動だけじゃ終わりません。しかも今回は、恥美的な目くるめく男
『バッド・エデュケーション』 (*Sweet Days*  ~movie reviews etc~)
バッド・エデュケーション / アミューズソフトエンタテインメント ガエル主演、ペドロ・アルモドバル監督作品。 仕事に行き詰まりを感じていた映画監督のエンリケの所に、幼い頃の同級生のイグナシオが突然訪ねてくる。神学校の寄宿舎で共に過ごしたエンリケとイグナ
『バッド・エデュケーション』’04・スペイン (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1980年、スペインのマドリード。新進映画監督のエンリケは、若くしてすでに成功を収めていた。そんな彼のもとにある日、少年時代の親友イグナシオが脚本を手に突然訪ねてくる。神学校寄宿舎では強い愛で結ばれていた2人だったがイグナシオの変貌ぶりに戸惑い...
「バッド・エデュケーション」 (ひらりん的映画ブログ)
おっ、どこかで見たと思ったら、 主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル。 ラテン系若手俳優人気ナンバー1ではないでしょうか!!! 2004年・スペイン製作のミステリー・ドラマ、105分もの。 
バッド・エデュケーション (がちゃのダンジョン 映画&本)
『バッド・エデュケーション』 (2004)LAMALAEDUCACION BADEDUCATION上映時間105分製作国スペインジャンルドラマ/ミステリー「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督が、2人の青年の過去から現在に至る壮絶な愛と裏切り、...
バッド・エデュケーション (映画を観たよ)
ペドロ・アルモドバル監督の作品は結構好き。 「オール・アバウト・マイマザー」も「トーク・トゥー・ハー」もね。でも見た後は結構参ります。どうすれば良いのか解んない気持ちになります。 特に「トーク・トゥー・ハー」はちょっと混乱しました。でも好き。 い ...
バッド・エデュケーション(04・スペイン) (no movie no life)
うわーーーー!久々にやられた。 主役のガエル・ガルシア・ベルナルに完全に飲まれました。 彼の作品で観ていたのは、チェ・ゲバラに興味があって本を詠んでたときに観た「モーターサイクル・ダイアリーズ 」・・・そんときは、なかなか静かな青年だなあと ...
バッド・エデュケーション (悠雅的生活)
少年時代の初恋、再会、そして…
バッド・エデュケーション (とんとん亭)
「バッド・エデュケーション」 2005年 西(スペイン) ★★★★ プロローグの音楽が中々いい。 バッド・エデュケーション=悪い教育課程 神聖な学校の神に仕える筈の神父が、1人の少年の人生を狂わせてしまった。 少年の狂おしいまでの美しい歌声 ...
バッド・エデュケーション (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】1980年マドリード。新進気鋭の映画監督エンリケ(フェレ・マルチネス)の元に、神学校の寄宿舎で共に少年時代を過ごしたイグナシオ(ガエル・ガルシア・ベルナル)が訪ねて来る。幼い頃の面影が全くないイグナシオにエンリケは戸惑うが― ...
バッド・エデュケーション (ひめの映画おぼえがき)
???????祉????ャ?宴?若?激?с? ?g?o??????㏍?祉?≪??≪????? ?堺?鐚?????祉???激?≪?祉???????????с??祉??????c???鴻????????祉????❼????ゃ...
バッド・エデュケーション (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『秘密の先に在るのは、 究極の愛か、 欲望か。』  ってなワケでいかにも~なジャケットのコチラの「バッド・エデュケーション」ですが、やっぱりKaz.姐さんのご紹介映画です。  出てくる男性が殆どゲイって映画なので、これまた男性ウケの悪そうな映画ですが、...