我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog12周年迎えました✨

ユナイテッド93/UNITED 93

2006-08-03 00:33:00 | 劇場&試写★6以上
その時わたしは仕事から帰って、のんきに海外ドラマ「フレンズ」を観てた。。。。
大好きな街NY、、、母からの電話ですぐにチャンネルを変えると、
生涯忘れられない衝撃が。涙があふれた、、、、。

あれから今年で5年。早くも数本映画化されると聞いた時、
どうせハリウッドスター使って、、、ハリウッドの儲け主義め!!
遺族たちの傷だってまだまだ癒えていない、たった5年じゃ。。。
でも何年経ったって、、、、。と怒りをおぼえてた。

実際、この秋に公開される「ワールドトレードセンター」はニコラスケイジが勇敢な警官

として出演する感動作に仕上げられているらしいし、、、、。

ただ、試写で先日観た人が「鳥肌がたったよ」と言ってたほどだったので
今日のこの試写は心して、臨みました。。。。。。。


この作品の凄さはそのリアリティ
って言っちゃうと安っぽいかな。
でもそのリアリティがこの作品のキモ。

監督/脚本は「ボーンスプレマシー」のポール・グリーングラス
有名俳優をあえて使わず
管制官やパイロット、軍関係の人など当時実際に現場にいた人間を出演させたという。
  
一人のヒーローを称えたありがちなドラマというものではない。

監督は、ユナイテッド93便が10時3分、ペンシルベニア州に悲運の墜落を遂げるまでを
知る事実を曲げることなく見せるべき事に徹底したという。
これは
2001年9月11日
4機の旅客機がハイジャックされ、3機は"目的到達"
残りの1機に焦点をあてた物語。。。


管制塔内では、情報が錯綜、混乱。


そして中盤からは機内での様子、どうやってハイジャックするに至ったか。
当時のニュースだけでは知り得なかった(多分多少憶測としての)事実が描かれる。

先の、ワールドトレードセンターへの2機激墜の事件も知らず、
普通に、あたりまえに穏やかなフライトをしていた。

ただでさえ言葉の違うハイジャック犯が同乗していて何をするかわからない状況。
このハイジャックされた93便の乗客乗員がたった40人だったことは
小さい機種だとは思っても、そんな少人数だったことへの驚き。




どんな時もこれが最期、と思って生きるわけではないけど
いざという時に備えてってわけじゃないけど、
普段からいつでも自分の愛する人たちに、
自分のその気持ちを伝えるってやっぱり大事だな、、、、
そう心から思えた作品でした

なかなかアメリカ人みたいに「I YOU」は言えなくてもね。




8/10
無関心だなんて言ってられせん
どんな人も観ておくべき作品!
でも実際被害にあわれた方たちの多くはは辛すぎて正視するのは無理だろうな、、、、
まるでその真実のドキュメンタリーをみせられていたような感覚の111分。
もう2度と起らないとは言えない、起ってはいけない、他人事じゃない、
その時自分だったら??
何をすべきなのか???
観た人それぞれが、何かを感じることが出来るはず。
だから少しでも多くの人に観てもらいたい作品





あらためて、この9.11事件に対するやるせなさ、許せないという怒りがこみあげてきたのでした、、、、。


 公式サイト
UNITED 93 2006年 5月28日全米公開   111min
8月12日 ロードショー



去年の追悼記事で書いた、グランドゼロその後など


ハイジャックされた4機について


※この映画の売り上げの一部は、追悼基金に寄付されるそうです。。。




人気blogランキング←please click

現在3位あたりにランクイン
いつも読んでくれて&応援もホントにありがとう~~


『映画』 ジャンルのランキング
Comments (89)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランスアメリカ/TRANSAMERICA | TOP | スーパーマン リターンズ/SUP... »

89 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
ええー! (きらら)
2006-08-03 00:28:05
migさん、一緒?銀座でしたかー??



今日はじっくりちゃんと観たくてフレックスとって行っていました。

もうねー、まさに嗚咽でしたよ。

エンドロール始まってみんながいなくなってからひとり(だったんです)でひっそり泣いていました。

みんなが家族に電話していたでしょ?

私、自分が旦那さまとか両親とかに電話するときを想像してしまい、すごく辛かった。



WTCの予告でも泣いてしまったけど、

ニコラスケイジのお顔は笑っちゃうかも。。。
電話 (kossy)
2006-08-03 00:36:28
英語圏の人たちは「アイ・ラブ・ユー」を恋人以外の家族にも簡単に言えるからうらやましいです。

日本人が家族にかける電話だったら、何て言うんだろ。



それにしてもmigさんの高い評価にびっくりしました。

多くの人に観てもらいたい映画でしたよね。
きららちゃん☆ (mig)
2006-08-03 00:40:50
アレ??

銀座じゃない、、、、



ワタシはMTVの試写で九段下方面、、、

なーんダ☆



狭い試写場だったからもしかしたら、、、なんて

きららちゃんの顔しらないのに



この作品、まわりはあんまり泣いてる感じがしなかったけど

わたしは数回、涙あふれてきて



あの電話のシーンはあるな、とは思ってたけど

もう感情移入しまくっちゃった、、、





ニコラスの顔で笑っちゃダメ
kossyさん☆ (mig)
2006-08-03 00:48:17
観てきましたーコメントに行こうと思ったら、

ありがとうございます



家族にも愛してるとか

愛、じゃなくっても普段から何か伝えられたら、、

って思います



いつでも今が最期、なんて思うわけじゃないけど

そんなことも大事だなーとますます思いました



あ、9はびっくりかナ~。

思っていたよりもずしんと心にきたので、、、

そういうkossyさんも満点
Unknown (りお)
2006-08-03 01:59:00
おおーmigさんも高評価ですねっ



武蔵野館に、遺族の方のメッセージがポスターになって貼られていました。

日本人も乗っていたんですね、この飛行機。。。
おはよう☆ (きらら)
2006-08-03 06:43:35
migさん、おはよう

昨日ね、なんとなく旦那さまのお顔見てから寝よう~

(記事書いたり、コメント書いたりしている時点ではまだ帰ってきていなかったの

なんて思っていたけどいつの間にか寝ちゃっていました。あは!



migさんのレビューで高評価ついていると

きっと劇場に観にいく人増えると思うから!

劇場いくのに参考にしている人多いと思うから!

だからこの映画が高評価でよかったです

わたしだったら、、、満点ですヨ★
ネットで広がる本当の真実・・・ (ホワイト・ラビット)
2006-08-03 11:31:40
 ↑ 初投稿で管理人さんの名前間違いました。申し訳ありません。上記コメント削除お願いします。すいません。



初めまして、migさん。

作品自体のデキは良いようですね。ただ「911事件」は日本人が知らされていない事実が沢山あるようで、公開反対派の遺族も公式報告の「信憑性」に疑問を持っているようです。(携帯電話は通じなかった、墜落現場に機体や遺体がなかった証言など。。。)



「2001年9月11日にはテロは起きなかった・・・」とする、9・11検証・ドキュメンタリー「Loose Change=ルース・チェインジ」が全世界で波紋を広げていますが、22歳のディラン・エイブリー監督が100万円以下で制作した作品が、いまネットを通じてブレイクしています。この作品の成功で、初の劇場作品となる3弾が米国では秋に公開予定です。



英語版なら色んな場所から本編を「無料」でダウンロードできます。英語字幕データはあります。字幕表示方法など詳しくは検索で。ビデオグーグルではトップ100に、ドイツ語版含め3品がランクイン中。今年はまだ「911事件」映画が続くので、真実に興味があればお勧めです。

http://www.loosechange911.com/download/trailer.wmv

http://www.wa3w.com/911/index.html

http://video.google.com/videoranking

http://8136.teacup.com/empire/img/bbs/0000243.jpg
Unknown (パール)
2006-08-03 18:54:32
この映画すごく観たい!!

そして私も周りの大好きな人たちに大好きな気持ちを伝えたいナ

家族と同じくらい大事な友達に愛をいっぱい伝えるの!
行きます。 (KIMIKO代理)
2006-08-03 19:09:53
大変・感動いたしました。絶対!観に行かなくちゃ!と思わせるコメント。

死に直面した時の どう生きどう死ぬか…を考えさせられるのダロうな‥とか。

絶対あってはならない行為に怒り、遺族達の怒りや悲しみを思う時に、一体、何故?!こんな事が!と考えると その根底にあるアメリカの利己的な超合理主義への批判もあっても良かったかな‥とも思う。

仕掛けたのは どうあれアメリカ!絶対許されぬ仕返しだとしても 未だに眼が覚めないで同じ事を繰り返し続けているアメリカ!そこの問題点も大きい筈。



私も観に行きますよ絶対!
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2006-08-03 20:55:52
客観的な描写がこの映画を心に響かせるものにしてくれていますね。

私は冒頭の出発ロビーのシーンで、すでに涙腺が緩んでいました。

この後起こる出来事から誰も逃れられないのだと思うと切なかったです。

家族にも、一度は観て欲しいと思った映画でした。

post a comment

Recent Entries | 劇場&試写★6以上