我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

パンズ・ラビリンス /EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH

2007-10-09 00:00:41 | 劇場&試写★6以上

ずっと気になってた作品だったので、初日に観てきました~
アカデミー賞では 撮影賞、美術賞、メイクアップ賞の3部門で受賞
脚本賞や外国語映画賞は逃してしまったけど、、、、、
監督/脚本は、宮崎駿作品など日本のアニメやマンガにも造詣が深く、
『ミミック』でデビュー後、2としては面白かった『ブレイド2』や『ヘルボーイ』などのアメコミを監督し
独特の世界観にファンを掴んだスペインのギレルモ・デル・トロ。

2006年、カンヌやトロント映画祭などでも大絶賛され、やっと日本上陸!!



不思議の国のアリス、ダークバージョン??

1944年のスペイン。
内戦で優しかった父を亡くしたオフェリアは、母カルメンの再婚相手、独裁者フランコに心頭するヴィダル大尉の元に身を寄せる。
大尉の子供を宿した母は日に日に衰弱し、その義父は残忍な本性をオフェリアにちらつかせる。
孤独と不安に苛まれ、森を彷徨うオフェリアが足を踏み入れたのは謎めいたラビリンス。
驚く彼女の前に羊の姿をしたパンが現れ、夢のような言葉を囁く。
「あなたは魔法の国のプリンセスかもしれない」、、、、  
そして、オフェリアの永遠の幸せを求める冒険が始まった。



ビックリするほど一筋縄じゃいかない作品だった。
重くもあり、悲しくもあり、そして幸せでもある、、、、。
ファンタジー一辺倒ではなく、
歴史的事実に基くスペイン内戦後の混乱した時代とオフェリアの関わるファンタジーの世界が平行して進む、
現実世界と不思議な世界を交錯させて展開するストーリー。
単なる綺麗なファンタジーだと思って観ていたら、よくも悪くも裏切られる

7/10

独特な世界観 映像美 に、参りました

自由のきかないまさに暗黒と言える厳しい現実。愛する母親は、惨忍冷酷で独裁主義者の男(大尉)と再婚。
恐ろしいその新しい父親から逃げたい気持ちも理解してはくれない。。。

この義父、生まれてくる息子の事しか頭になく、
超独裁的で、まるで虫を殺す様に簡単に人を殺す惨忍極まりない野郎。



1000人の候補者の中からオーディションで選ばれたという
孤独で無垢な少女、オフェリアを演じたイバナ・バケロ(13)もかなり良かった☆
メキシコのアカデミー賞では主演女優賞、スペインゴヤ賞では 新人女優賞受賞。

かなり痛いシーンやグロいシーンもあるので、
そういうのが苦手な人は、映像ちょっと覚悟した方が良さそう。
ただ逆に、ファンタジーがそんなに得意じゃない人には受け入れやすいかも。
わたしはというと、たぶん、観る人が最初に抱いてるイメージ通り、ダークであれ100%ファンタジー
を予想してたので、厳しい現実世界のシーンが長いのは意外だったー。

途中までは、映像は美しいけどそんなに引き込まれなかったのだけど
チョークを手にし、別世界に入ってからの後半が面白かった
そして、 なんと言ってもあのラスト、、、!!
ラストがすごく好き。締め方がかなり良かった
このラストを幸せだととるか、悲しいととるかは人それぞれだけど、、、、
あんなエンディングにもっていったことが素晴らしいと思う。
不思議とあとからジワジワと良かったナ、と思える作品でした。  大人のためのファンタジー





※ふざけてるわけではありません。
このキャラすごい好き
もっと出して欲しかったよ~!!



公式サイト
EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH   2006年   スペイン=メキシコ   119min
10月6日より、公開中~





人気blogランキング←please click


応援クリックしてね






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (76)   Trackbacks (86)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハリウッドゴシップ☆News | TOP | GEORGE A.ROMERO\'S DIARY OF... »

76 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
一番乗り~ (えい)
2007-10-08 23:46:59
こんばんは。

人気のmigさんのところで
これは超珍しいこと。
あまりに嬉しくて記念に書き込んでいきました。
こんばんは! (アイマック)
2007-10-09 00:15:17
私も観てきましたー。

見応え十分、リアルなファンタジーでしたねえ。

>そして、 なんと言ってもあのラスト、、、!!

驚きのラストだったけど、よかったです。
余韻が残る映画でした。
手から目玉が出るクリーチャー、いいね。
グロテスクなのに、洗練されてみえるのはなぜ?
怖い暗い気色悪い (misao)
2007-10-09 04:01:01
ファンタジーが好きなのですが、これはかなりグロイ、と聞きDVDで見た小心者ですが・・・やっぱり怖かった!私には。
ホラー系全然駄目なんです。いや、よく出来てると思いますよ。だけど生理的に駄目・・・うっかり子供に見せなくて良かったです。夜うなされそう・・・・あの目玉のお化けの人はシルバーサーファーもやってたそうですが・・・変なの専門のお方でしょうか?
こんにちは♪ (dai)
2007-10-09 06:50:38
衝撃的なラストでしたね。なかなか最近は観ない終わり方でした。
でもこの観る人にとって、幸ととるか不幸ととるかという手法は私も好きです。
おはよー☆ (きらら)
2007-10-09 06:56:46
migちゃん
初日に観た作品ってこれだったのねー♪有楽町でもやっていたんだ

これ私もかなり好きかも
migちゃんの言うとおり後からじわじわ~って感動というかすごさがしみてきた感じかも。
あのラストもまさか、、、って感じだったよね
私にとっては悲しいラスト。なので★1コマイナス~。

手に目がついている怪物は怖かったよー
でもあのチョーク、砂時計が終わった後でもつかえちゃうのねん、なんて思っちゃった☆
痛かった・・・(涙) (non)
2007-10-09 08:33:15
migさん、こんにちは~
TB、コメントありがとうございましたぁ☆

いや~予想していたのと違ってましたよね~
それは皆さん共通して思ってらっしゃるみたいだけど。
だって、映画館での宣伝も、いかにも「お子様もどうぞ」って感じで、ファンタジー色を強くアピールしてますよね。
いやはやほんとに、良くも悪くも裏切られました

何より痛かった・・・痛いの苦手な私には、辛かった・・
「もうやめて~」って感じでしたよ・・とほほ
でも、あのラストは良かった~
あのラストには、胸がギュッとなってしまいました
だから、どんなに痛くてグロくても、最終的には良い作品だったと思えますね。
Unknown (あん)
2007-10-09 08:34:17
私も、この映画好き!でした。
ラストは、驚きと悲しみでいっぱいでした。
終わったあとも、少女のことを思い出して泣きました。

”手の目”の怪物は、良かったですね!
独創性 (kazupon)
2007-10-09 09:10:21
migさん

独特の世界観、一筋縄ではいかない、ほんと
そういう映画ですね~かなり好き嫌いありそうで
賛否あるかな?と思ったらかなり評判いいみたいですよね。アカデミーなんかも、やっぱり映画のオリジナリティにやられた人が多かったような気がします。
ラストは悲しいけど、幸せという不思議なエンディングで自分も気に入ってます。
それにしても下の記事、オーウェン・ウイルソン
元気そうで安心しました。相棒ベンの新作には
チョイ役で出てないのかな?今回。
Unknown (風情♪)
2007-10-09 10:18:18
こんにちは♪

ボクも100%ファンタジーの作品だと思ってたんで
この展開はビックリでしたが、イイ意味で裏切られ
た作品でした。
ボクは重い気持ちで劇場を後にしたくないと言う思
いがあるんで、あのラストはオフェリアにとっては
でした♪
あの義父の存在はムカつきましたね~!
野郎の所業を目の当たりにしたら例え部下でも軍法
会議での有罪覚悟でその場で撃ち殺してますよ!
(゜▽゜)v
えいさん☆ (mig)
2007-10-09 17:07:18
そんなそんな!
わたしこそ、えいさんupしてすぐみてくれてコメント一番嬉しいです
アレ?この映画の感想は?(笑)
アイマックさん☆ (mig)
2007-10-09 17:09:29
こんばんは♪
そうそう、余韻が残るラスト、、、、
あのラストがほんとに心に染み入っちゃったなー
そういえば、洗練されてる
普段はああいう化け物みたいなの、出てくるの抵抗あるけど、今回のはすごく好きだな
misaoさん☆ (mig)
2007-10-09 17:12:16
お久しぶりです♪
そうですね、わかります。
けっこうホラーに近い部分もありましたもんね、クリーチャーのシーンなんか。
ほんとに良く出来てるし、カエルなんてほんとグロくてキモチワルいし。。。
あの目玉の手の人はシルバーサーファーもなんですね、
あとヘルボーイのキャラもそうみたいですね☆
daiさん☆ (mig)
2007-10-09 17:13:43
こんばんは♪
そうですね、わたしも同感です。
こんな風なラスト、ちょっと想像つかないですね。
途中、ゲームっぽくもあったり、戦争映画でもあり、、、と
様々な局面を見せる作品でした☆
あとであそびにいきますね~
きらりん☆ (mig)
2007-10-09 17:17:55
そうなのー、有楽町はビッグの上の劇場でやってたのよ
綺麗で観やすいから良かった♪
あはは、きらりんと全く逆でわたしはあのラストが良くって
観た直後より時間経ってからの方が良かったなって感じるの。
中盤(前半?)鍵が出てくる迄ちょっとタイクツな感じもしちゃって。
でも今はまた観たいかも
そうそう、つっこみどころもちょっとあったねー、砂時計もだね(笑)
nonさん☆ (mig)
2007-10-09 17:20:22
こんばんは♪
そうですよねー、nonさん、痛いのダメだし大変だったでしょう?
うんうん、あのイタさはかなり意外でした
フツウのファンタジーだと思いますよね~
クリーチャー出てくるにしても。
大尉の口、自分で縫っちゃうし!(笑)
ラストが良いと気分いいですね
あんさん☆ (mig)
2007-10-09 17:22:26
こんばんは♪

あんさん、感動の涙ですか
優しいのね
物悲しいような、あったかいような空気に包まれたラスト、
ほんと意外で良かったですね
あとであそびにいきますね♪
kazuponさん☆ (mig)
2007-10-09 17:26:32
ほんと、先に試写で観てた人の話では 皆、エ?って感じで
ちょっとビックリ、ざわざわ。みたいな感じだったようで
賛否両論必至かなーって思ってました。
やっぱり映画レビュー書いてるひとたちはかなり観てる人が多いから
あまり観てない人も多い試写とは反応違うのかなー?^^

ベンの新作、またファレリー兄弟のなんですよ♪
オーウェンも出て欲しかったなー。
kazuponさん、ウェスアンダーソン作品好きそう!
風情♪さん (mig)
2007-10-09 17:29:08
こんばんは♪
そうですねー、ラストはほんと大事!
途中迄面白かったのに、ラストダメっていうのは多いけど
やっぱりラストがいいと幸せな気分で劇場後にできますね♪
ほんとあのオヤジはムカ
でした!
途中口裂いたときはヤッタ!って思ったけど
ちゃんとトドメさしてよー!って思っちゃった
Unknown (オリーブリー)
2007-10-09 17:58:56
こんにちは~TB、ありがとうございました。

私もこの映画好きです!
ラストは切ない方に取りましたが、後味は悪くないです…良い作品だと思います。

お目のクリーチャーは、普通に目の場所にはめ込むのかと思ったらお手とは!!
怖い“いないいないばあぁあ~~”でした(笑)
TB&コメントありがとうございました (くまんちゅう)
2007-10-09 18:47:57
これ期待以上の満足作品です。
雰囲気もクリーチャーも悪役も良かったです。
ラストも納得、余韻に浸りました。

ハッピーエンド説推進してます。
私も☆ (latifa)
2007-10-09 21:22:18
migさん、こんにちは!
トロントや旅行の記事、コメントは残しませんでしたが、幾つも楽しく拝見させて頂きましたよ~(^O^)

ところでこの映画、migさんが気に入ったキャラ(目玉無し男)私も気に入ってたんです。(気に入るってのは、表現がちょっと変ですが(^_^;))もっと見たかったです。
観ちゃった。 (とく)
2007-10-09 22:07:48
とくも、初日に行ってきました?また、すれ違ったかな?
とくは、あの終わり方ハッピー<バッドエンディングかなーみたく、感じました。
いろいろと、人の話し聞くと、あれは、ハッピーだよ!いやいや、バッドだよ!みたいな意見を聞きます。超混んでたので前から2列目で観ました。画面でか!
かなり、近くでみても、CGなんか、全然すごいです。オフェリアちゃん、ぴか一光ってたなー。
こんばんは~! (JoJo)
2007-10-09 22:13:26
migさん、いつもTBお世話になっております~!実は、最近TBの調子がヘンで、migさんのところに、せっかく送信しても送信できてないものも多々あり(TT)これもうまくいくかわからないので、これを機会にご挨拶させていただきます!

本作、まさかあんな展開で、あんなラストを迎えるとは思いもしなかったので衝撃でした。ラスト、おっしゃるように、あれをどうとるかは観客次第ですね・・・今年劇場で観た中でNO1の作品でした!
お久しぶりです (sin)
2007-10-09 23:32:59
哀しいストーリーでしたねぇ。
胸が締め付けられてしまいました…。

映像も見所満載で、長い間待った甲斐がありました!

TBさせていただきますね♪
こんばんは (ノラネコ)
2007-10-09 23:50:31
母国語で撮る作品と、ハリウッドで撮る作品のテイストをこれほど明確に別けてる人も珍しいですね。
まあハリウッドでの作品も、耽美的な美意識や異形趣味など、十分個性的ではあるのですけど。
私はこの作品の源流とも思えるスペイン語映画「デビルズ・バックボーン」が好きです。
こんばんは! (kenko)
2007-10-10 00:15:09
ほんとにこれは一筋縄ではいかない作品でしたけど
デルトロ作品の中では一番くらいにお気に入りの作品となりました。

私も手のひらに目を装着する怪物すごく好き
登場シーンあれだけじゃもったいないくらいにナイスなキャラでしたよね~
「ヘルボーイ」はこれよりは随分軽いノリだけど
ちゃんとデルトロらしいマニアックな香りのする作品です。
Unknown (ボー・BJ・ジングルズ)
2007-10-10 00:44:34
コメント&TBありがとうございましたー!
私も初日の初回に観ました。ワーナー・マイカル・シネマズ板橋は空いてました~。有楽町でもよかったんですけど。

あのラストは…余韻が残ります。いまだに引きずってるといってもいいです。幸せととるか悲しいととるか。どちらかといえば悲しい、ですかねえ…。
とにかく、あの展開は、観るほうにとっては、心に突き刺さりましたね。
素晴らしい作品でした!
Unknown (団長)
2007-10-10 05:20:55
ただいま人気ブログを応援しています。
応援ポチッ!
Unknown (マイマイ)
2007-10-10 08:25:40
これ、見るかどうか、すっごく迷ってるんですよ><
見た人のレビュー、どれを見ても
「グロイシーンや痛いシーンがある…」なんて書いてあるから、
そういうシーンが苦手な私にとって、耐えられるかなぁ…って^^;
でも、ストーリーはすごく興味あるんですよね!

うーん、どうしよう><><><
あ・・・ (きゃんでぃー)
2007-10-10 11:23:10
migちゃんの このレビューを見て思い出した


これ、、、見るのをすっかり忘れてるジャァ~~~~ンあたし。


さっそくリストに入れときました。


でも、、、 イタいシーンとか、、グロいシーンがあるの??
あたしに耐えられるかなぁ。。。
オリーブリーさん☆ (mig)
2007-10-10 11:46:07
こんにちは♪
ほんとこれみたら怖いいないいないばぁ!ですよね
ラスト、良かったですね~☆
もう一度観たい気がします
くまんちゅうさん☆ (mig)
2007-10-10 11:47:50
こんにちは♪
いつもありがとうございます
こんなラスト、想像つかなかったし、すっごく余韻残りますね~
くまんちゅうさんは今年のNo1かな?
またあそびにいきますね☆
latifaさん☆ (mig)
2007-10-10 11:49:36
こんにちは♪

あのクリーチャー、すっごくいいキャラなのに
あれだけで終わってもったいなかった気もしますね、
中に入ってる人ももっと活躍したかっただろうに(笑)

トロント記事も楽しんでくれたんですねー
嬉しいナ♪
とくさん☆ (mig)
2007-10-10 11:52:04
おやー、とくさんもビッグの上の劇場ですか
恵比寿は混んでそうだし避けました☆

ほんとそうです、ラストはどうとるか、、、
わたしもバッドエンディングだと思ってますよー
でも、明るく楽しくhappyに終わるんではなく、このラストだからこそこの作品全体が生きたんだと思ってマスー
jojoさん☆ (mig)
2007-10-10 11:54:49
こんにちは♪
こちらこそ、いつもありがとうございます
コメントいただいた方のところへしかコメントいれてないのですが読ませてもらってます♪

そうなんですね、TBの健はおきになさらずに☆
今回はちゃんと入ってましたよー
おお、今年ナンバーワンですか♪
トータルの順位は年末出すのでしょうか?気になります
sinさん☆ (mig)
2007-10-10 11:56:37
わお、かなり久しぶり?ですね
TBありがとう♪
今時間がないので夜にお邪魔しますねー
すごい映像も良かったですね、安っぽさないし。

あ、関係ないけどボンジョヴィ、来年1月公演決定ですね
ノラネコさん☆ (mig)
2007-10-10 11:58:24
こんにちは♪

ほんとにそうですね、アメコミに強いせいか、ブレイドも2なのに?面白かったですし。
デビルズバックボーンって気になってたのに観てないかも、、、、
ヘルボーイも観たいとおもいつつ、、、、
これを機に、ふたつとも観たいなーと思ってマス♪
konkoさん☆ (mig)
2007-10-10 12:00:51
こんにちは♪

ほんっと、登場シーン全部で何分だろう??
あの怪物に近づきながら、ぶどうを食べちゃうシーン、
すっごく良かった、あのあたりの数分間とラスト。
わたしの中ではベストシーンです☆
ヘルボーイの方が重いんですかぁ。。。。
今度観てみます♪
ボーBJジングルズさん☆ (mig)
2007-10-10 12:03:28
こんにちは♪

こちらこそ、いつもありがとうございます
同じ都内に住んでるボーさんともいつかニアミスありそうですね!
そんなことがあったら声かけて下さいね

そうですね、わたしも悲しいと思っています。
だからこそ良かった
あとひく映画でした。
団長さん☆ (mig)
2007-10-10 12:04:19
ありがとうございますー☆
わたしもぽちしておきましたヨ!
マイマイちゃん☆ (mig)
2007-10-10 12:06:26
あ、そうだなー、痛いシーンは目を伏せるとして(笑)
観る価値ある作品なので、ちょっとガマンする価値はあると思うな。
気になってるんだったら特にね!
グロイのは、カエルのシーンとか、、、うーん、
きらりんも大丈夫だったし、きっと大丈夫よ
マイマイちゃんの感想も聞きたいな。
きゃんでぃーさん☆ (mig)
2007-10-10 12:08:19
おはよー♪
きゃんでぃーさんもこれ、気になってたのね
あれ?ホステル観れたきゃんでぃーさんなら
これくらいどうってことないと思う(笑)

痛いばかりじゃなくて、素敵なお話なので、、、、
きゃんでぃーさんはなんて言うかなー☆楽しみ♪
こんばんは☆ (ゆかりん)
2007-10-11 22:49:03
かなり気になってたんですが、評価が良いですね。
こちらでももうすぐなので楽しみです♪
ただ近所のシネコンでは上映してくれなくて、ショボい劇場だけの公開なの・・・
ゆかりんちゃん☆ (mig)
2007-10-12 21:25:32
こんばんは♪
評価いいよー(笑)
好き嫌い分かれそうだけど、概ね映画ブロガーさんたちには評判いいみたい☆
しょぼい劇場にわざわざ行ってみる価値はあるかも!
ゆかりんちゃんの感想待ってるよー
こんばんは♪ (くろねこ)
2007-10-13 23:00:18

いや~。痛かった。この時代に生まれなくて
ホントに良かったと思いました~(泣)
ファンタジーでありながらなんだか
いろいろと考えさられちゃったし泣けました。
私★5つだしちゃいました!!

くろねこさん☆ (mig)
2007-10-14 11:29:46
こんにちは♪
痛かったですねー!
大尉、自分で簡単に裂けた口縫っちゃうし(笑)
気に入ったひとも多いですね。
なかなか珍しいタイプの映画でした
こんばんは☆ (ALICE)
2007-10-15 23:18:22
こちらにもコメントを…

アカデミー賞でかなり注目を浴びたこの作品
やっと日本にも上陸してくれまたね。
私も不思議の国のアリス、ダークバージョンだって
思ってしまいました。暗くて悲しくて重いんだけど
なんとなくこの辛いことばかりの世の中を生きるより
幻想の世界に逃げ込むほうが幸せなのかもって
ラストはこれしかないのかもねって思えた。

主人公のオフェリア役の女の子はすごく
大人っぽい女優さんだったね。
ALICEちゃん☆ (mig)
2007-10-16 01:01:25
こんばんは♪

こっちにもありがとー♪
うんうん、幻想かどうかは観る人に任せてるようなカンジだけど
どちらにとっても悲しいようなしあわせのような、、、やっぱり悲しいのかな、
すごくあの子もハマってて良かったよね☆
明日、ALIceちゃんとこ行くね~
監督 (kimion20002000)
2007-10-16 02:02:27
TBありがとう。
このおたく監督は、クリーチャーなどの造形のデッサンを残しているけど、とてもうまくて味がある。
書籍で出してほしいなあ。設定集。
ご無沙汰してます (じぇいるばーど)
2007-10-17 00:39:13
相変わらず、精力的に書き綴っていらっしゃいますね
完全復活には程遠いのですが、私もちびちびと映画の感想を、また書き始めました。
いつまで気力が続くか判りませんが。
また覗きに来させて頂きますね。

kiminon20002000さん☆ (mig)
2007-10-17 10:29:09
こんにちは♪
ほんとこのオタク監督、クリーチャーや幻想的な世界観、秀逸でしたね☆
次回作も楽しみ♪デビルズバックボーン、気になりつつまだ観てないのでそっちも観たいです☆
じぇいるばーどさん☆ (mig)
2007-10-17 10:31:04
こんにちは!おひさしぶりです~
最近、めっきり忙しいのですが映画祭で観て来た映画などレビューたまってていっきに書いたりしてました☆
わたしもあそびに行かせてもらいますね!
復活!

今後も宜しくお願いしますー
やっと観てきました~ (ゆかりん)
2007-10-17 18:40:19
こんにちは☆
やっとこちらでも公開されたので観てきました♪
migさんの評価が高かったので気になってたのです。
思った通り良かったです。
ペイルマンがいいですね(笑)
子ども食べちゃうのにあまり怖くない、もっと出て欲しかったくらい。
映像の雰囲気も好みで満足でした。
ただ、足を切るシーンとか虫は・・・つらかった。

その後、最近できた紅茶専門のお店でお茶飲んできました。で衝動買い、、、でもちょっと優雅な気分(笑)
ゆかりんちゃん☆ (mig)
2007-10-18 11:15:28
こんにちは♪
おおー、良かった!
ね~、ほんとあの目の怪物もっと観たかった~あれだけじゃもったいないよね!
けっこう、グロかったものね、わたしはそういうの含めて良かった(笑)
紅茶でくつろいで、、、、この季節には優雅でいいね
残酷なお伽噺 (パピのママ)
2007-10-18 21:50:33
今晩は!、お久しぶりです
絵画のような美しさの中に、内戦の流血と、少女の試練の涙が混ざり合い、映画でなければ味わえない迷宮幻想が複雑に絡み合って、珠玉の大人のファンタジーですよね
しかし、巨大カエルは気味悪いし、マンドラゴラって朝鮮人参みたいで、根の動きがキモカワイって感じ。
手に平に目を持つ怪物にも驚いたし、パンはギリシャ神話の牧羊神なんだけど醜悪で悪魔みたい。
オフェリアが、森の中へ逃げて、大尉に撃たれる時、レジスタンスは何やってんだよ!、早く助けてやれよって心の中で叫びまくりましたね(笑)
パピのママさん☆ (mig)
2007-10-19 00:02:55
こんばんは♪

おひさしぶりですー☆
朝鮮人参!(爆)
そうそう、オトナ向けファンタジー♪

すごい展開になってましたよね。あとであそびにいきますね!!
Unknown (アガサ)
2007-10-19 21:57:07
こんにちは。
私も「手に目を付けちゃう」ペイルマンがとっても気に入ってしまいました。
肌のタルンタルン具合が、お爺ちゃんっぽかったですよね♪
私はこのラスト、救いが無い・・と思いました。
やはり幼い子供が犠牲になるのは辛すぎます。
お腹イッパイ (未来)
2007-10-20 01:41:54
想像とはかなりギャップのあった作品でした。
予想以上にエグかったので余計に。。。

私もあの子供喰いのキャラが結構好きかもです。

最後は本当に素晴しかった、私にとってはハッピーエンドです。
アガサさん☆ (mig)
2007-10-20 11:42:34
おはようございます♪
ふふふ、そうですね♪
ラストは本当に捉え方で変わりますね。
わたし、このラストがすごく気に入りました
アガサさんのところへは夜におじゃましますね!!
いつもコメントありがとうございます
未来さん☆ (mig)
2007-10-20 11:45:03
そうなんですよね~、これ普通のファンタジーっていうより、すごくグロかったりするのでビックリしちゃう人もいますよね☆
ある意味ハッピーエンドですね、
本人が幸せな気持ちで幕を閉じたので、、、
未来さん、夜お邪魔しますね。いつもありがとうございます♪
お久しぶりです♪ (kira)
2007-10-26 20:41:00
こんばんは、migさん
気合を入れて、やっと観てきました~

これは、観る側の(おとなの)信じる心や勇気、忍耐、弱き者への愛情。。。
そぅいったものが試されている作品だったような気がします。
音楽、とても良かったですね!
大好きな作品になりました~
kiraさん☆ (mig)
2007-10-26 23:46:39
こんばんは♪
お久しぶりです~

なかなか、一般の人の反応は??って感じみたいですけど
やっぱり映画ファンのひとたちの評価は高めですよね!
音楽もまた雰囲気を高めてて良かった~
Unknown (SGA屋伍一)
2007-11-06 22:19:45
電車で一時間かけて観にいってきたのに、わりかしそばの劇場でやることが決定いたしました はやまるんじゃなかった・・・


手が目のヒトはテーブルに行儀良く座ってるところがかわいらしかったですね
「実は全部空想?」とも取れるラストでしたが、最後に花がピョコっと咲いていたところをみると、やっぱりオフェリアの夢はかなったんだろうなーと
そうでも思わなきゃやりきれないですよね

SGA屋伍一さん☆ (mig)
2007-11-07 11:17:05
あはは、そうなんですね~。
そういえば行儀よく座ってました
いろいろ、ちょっと不思議なテイストの映画でしたね♪
Unknown (りお)
2007-11-10 11:17:13
まさにオトナのためのファンタジーって感じでしたね。
観に行って良かったよー
ホント、あのラストにつなげたのが素晴らしかったって感じです。

目のないクリーチャーは、寝ている間に目を隠しちゃえばいいわけだ。
ぬるいなー(笑)
りおさん☆ (mig)
2007-11-11 09:13:59
ほんとネ!

普段はクリーチャーでてくると幻滅するんだけど、この映画では素晴らしかったなー。
キャラもたってたし☆
でもこの手に目のクリーチャー、あれだけのシーンってちょっともったいないね
Unknown (ケント)
2008-04-16 13:31:04
migさんこんにちは、ケントです。TBお邪魔しました。
ファンタジーというには、重く悲しいお話でしたよね。大人のファンタジーかもしれません。
観る人によってかなり意見が異なるような作品だと思いますが、僕には素晴らしい映画に映りました。
ラストの締めかたは実に見事ですが、「ステイ」と似ていましたね。
ファンタジー部分はオフェリアの願望と妄想だと思いましたが、migさんはどう感じましたか?
ケントさん☆ (mig)
2008-04-17 01:13:24
こんばんは♪
この映画、評判いいですよね、
ああ、ステイも好きでしたよ~
そうですね~、願望と妄想。
観てから時間たったのであんまり詳しく覚えてないんですけどわたしもそう捉えたと記憶してます☆
歴史+ファンタジー (クラム)
2008-05-11 23:39:12
「ミスト」が公開されましたが、
1本のために安くない交通費出すのもなーとケチったため、今週末はDVDで引きこもりです。

ずっと気になっていながら劇場観賞できなかったこの作品。
ダークファンタジーって何だろう?と思ってました。
そしたらスペインで起きた内戦の歴史と重ね合わせてたんですね。
しかも現実の世界の方が比重が大きい。
こういう手法はありそうでなかったのかもしれません。

DVDに監督のコメントが付いているので観終わった後で聴いてみましたが、
きめ細かく作りこんでいることに驚かされました。

そもそもおとぎ話というのは、飢餓や疫病といった暗い背景を持っていることが多いらしく、
その観点からいけば、本作の作り方は基本的と言えるかもしれません。

ラストは、監督自身はオフェリアは魔法の世界へ行き幸せになったと思ってるけど、判断は観客に任せるとのこと。
正直なところ、そのコメント聞くまで自分の中ではどっちつかずでした。
というより、オフェリアの願望と妄想と捉えても仕方ない感じでしたね。

あと、ペイルマンも洞窟の中のカエルも、
パンがオフェリアを試すために姿を変えていたものだって言ってました。
実際に演じていたのもパンとペイルマンは同じ人だったようです。
初見でそこまで洞察できたらすごいんだけど。
クラムさん☆ (mig)
2008-05-12 00:16:51
こんばんは♪
そうなんですよね、そこの部分ダークなファンタジー。
監督のコメントは観てないですけどそうなんですね~。
そうですね、ラストについては様々に皆うけとめてますよね。
うん、いろいろな見方が出来る所もまたよかったり。

わたしも今思い直してもこの作品、スキですね~。

パンとペイルマンが同じ人、、、?
そのキャラの名前すらもう忘れちゃったので、
また観直したほうが良さそうです
掟破りの再コメント (クラム)
2008-05-13 22:25:52
追加です。

ペイルマンは、例の手のひらに目玉を入れる「もっと出してほしかった」っていうキャラです。
パンは迷宮の番人ですね。

ペイルマンは3匹の妖精のうち2匹を食いちぎっちゃうのですが、
その2匹、実は最後の王宮の場面で再び登場しています。
これがペイルマン=パンが試してたって証でもあるようです。

そこで思ったこと。

ぼくが記事に載せた"Happy Tree Friends"では毎回出演者が惨殺されるのですが、
次の回には無関係にぴんぴんして出てきてまたむごい目に遭っています。
あのキャラクターは妖精だったんだ・・・と思うようになりました。
まだ未見でしたら、あの悪趣味なアニメを覗いてみてください。
クラムさん☆ (mig)
2008-05-14 00:40:03
またまたありがとうございます。

あ、そうでしたね
教えて下さってありがとう~

あのアニメ、可愛いですよね
日本でもTVで決まったんですね~。
時間ある時にみてみますね
Unknown (ひめ)
2009-12-31 03:03:57
面白かったです!!
私、これ大好きかも♪
不思議な生き物たちもすっごく良かった。

>このラストを幸せだととるか、悲しいととるかは人それぞれだけど、、、、
ほんとに!
私は…ハッピーエンドだと思います^^
★ひめちゃん (mig)
2009-12-31 10:43:33
こっちもありがとう☆

これはすごくウケもいいよねー♪
そうだね、ハッピーなんだと思う

あ、あと更にひめちゃんにオススメ
1月公開「かいじゅうたちのいるところ」
ぜったい劇場で観てね!
わたし満点にしちゃった♪
既に来年のベスト3以内確定なの(笑)
かいじゅうたちのいるところ (ひめ)
2009-12-31 15:49:06
ぜーったい見ます!
昔、読んだことあるけど、絵本買っちゃった^^
ひめちゃん☆ (mig)
2009-12-31 22:04:28
うん、わたしもまた観たいんだ~★
劇場で観ちゃう!

絵本も甥っ子にクリスマスにあげたの♪
ひめちゃんのベスト、年内間に合うかなー?あと2時間きったよ!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

86 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『パンズ・ラビリンス』 (ラムの大通り)
(原題:El laberito del Frauno) ----これってずいぶん前に観たんじゃなかった? 「映画のポイントをどこにおいて、 フォーンに喋るか、 ちょっとそこを決めかねていたんだ」 ----イメージとしてはダークファンタジーだよね…。 「うん。 舞台は1944年のスペイン。 内戦...
感想/パンズ・ラビリンス(試写) (EDITOREAL)
ダークファンタジー。いや、ダークリアル?? 『パンズ・ラビリンス』10月6日公開。1944年スペイン。オフェリアは、臨月を迎えた母の再婚相手である大尉の元に越してくる。内戦と独裁的な大尉、そして日に日に体調が悪化する母。辛い日々の中オフェリアは妖精の姿を見つけ...
パンズ・ラビリンス (小部屋日記)
Laberinto del fauno, El/Pan's Labyrinth(2006/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ /アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ だから少女は幻想の国で、永...
「パンズ・ラビリンス」を観る (紫@試写会マニア)
またまたアカデミー受賞(撮影・美術・メイクアップ)作品を試写する機会に恵まれました。日本ではこの秋に公開予定なので、少し早めの試写会です。 「パンズ・ラビリンス」、直訳すると“妖精パンの迷宮”でしょうか。 ダークで、魅惑的で、人間の弱さと儚さとが併せ持...
パンズ・ラビリンス (映画のメモ帳+α)
パンズ・ラビリンス(2006 メキシコ・スペイン・アメリカ) 原題   EL LABERINTO DEL FAUNO    監督   ギレルモ・デル・トロ   脚本   ギレルモ・デル・トロ       撮影   ギレルモ・ナヴァロ                   音楽  ...
パンズ・ラビリンス (Big Screen)
○EL LABERINTO DEL FAUNO ○PAN'S LABYRINTH ○2006メキシコ/スペイン/アメリカ/119min ○公開(CKエンタテインメント) 2007/10/06・映倫 PG-12 ○ジャンル ファンタジー/ドラマ/ホラー[◆◆◆◆◇◇]4/6 スペイン内戦の最中、ヒロインのオフェリア(イ...
Pan's Labyrinth パンズ・ラビリンス (Cinematheque)
1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオーフェリア。母は敵方の冷酷な独裁主義の大尉と再婚する。恐ろしい義父から逃れたいと願う彼女は、屋敷の近くで謎めいた迷宮を見つけ出し、足を踏み入れると、迷宮の守護神“パン”が現
映画~パンズ・ラビリンス (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ...
「パンズ・ラビリンス」  (ハピネス道)
今年のアカデミー賞を見ていたとき、 美術賞、メークアップ賞、そして撮影賞の3部門を受賞したこの作品のことは何も知りませんでした。 メキシコ、スペイン合作の異色のファンタジーがこんなにも高い評価を得たのは何故だろうかと、興味津々でした。 日本公開は10...
パンズ・ラビリンス (Memoirs_of_dai)
Humanity 【Story】 1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)は、この恐ろしい義父から逃れたいと願うばかり自分の中に新しい世界を創り
度肝を抜かれた!『パンズ・ラビリンス』 (水曜日のシネマ日記)
第76回アカデミー賞で撮影賞・美術賞・メイクアップ賞を受賞し、脚本賞・外国語映画賞など6部門でノミネートされた作品です。
パンズ・ラビリンス (描きたいアレコレ・やや甘口)
いい歳をして、まだそんな本を読んでいるオトナや、トラウマになろうとも、やっぱりコドモにも観てほしいエグいファンタジー。 少女オフェリアは、めったに笑顔を見せてくれない。 それ故、彼女の笑った顔は、心に残る.
『パンズ・ラビリンス』 (Sweet* Days**)
監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他 アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞 1944年、内戦終結後も荒れるスペイン。父...
パンズ・ラビリンス (It's a Wonderful Life)
2006年度私的ナンバー1映画だった「トゥモロー・ワールド」 の凄まじい撮影、アカデミー賞撮影賞取らなきゃウソだろーって 思ってましたが、見事に逃して賞を持っていったのがこの作品。 いったいどんな凄い映画なんだろ?って心待ちに待つこと半年・・長い!...
パンズ・ラビリンス (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 メキシコ&スペイン&アメリカ  ファンタジー&ドラマ&ホラー  監督:ギレルモ・デル・トロ  出演:イバナ・バケロ      セルジ・ロペス      マリベル・ベルドゥ      ダグ・ジョーンズ 【物語】 1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政...
映画レビュー「パンズ・ラビリンス」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆現実と妄想が美しくも残酷に交錯する。どぎつくて甘美なビジュアルで描くダーク・ファンタジーの傑作。【85点】1944年のスペイン。内戦で父を亡くしたオフェリアは、冷酷な義父のビダル大尉から逃れるため、屋敷の近くの謎の迷宮に足を踏み入れる。そこ...
Pan's Labyrinth 「パンズ・ラビリンス」 (表参道 high&low)
大人向けのフェアリーテールなんでしょうかPan's Labyrinth(パンズ・ラビリンス)は40年代のスペインを舞台にした女の子と「パンの迷宮」の物語。 現実の世界では主人公の母親がファシストの将軍と再婚しレジスタンスと戦う拠点に移動、妖精と知り合いになった彼女(名...
パンズ・ラビリンス  称号:良作 (映画細胞~CinemaCell)
1944年、スペイン。少女オフェリアは内戦で父を亡くし、母の再婚相手である大尉
パンズ・ラビリンス (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”Pan’s Labyrinth”脚本・監督=ギレルモ・デル・トロ。撮影=ギレルモ・ナバロ。美術=エウヘニオ・カバレロ。音楽=ハビエル・ナバレテ。今春のアカデミー賞では、6部門にノミネートされて、撮影・美術・メイクアップの3部門で受賞したダーク・ファンタジー。☆☆☆...
パンズ・ラビリンス (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
本年度ベスト1映画に決定か!
パンズ・ラビリンス (お気楽に映画で極楽)
大人向けのダーク・ファンタジー。すっかり観入り、あっという間でした! スペインの内戦終結後でも続く過酷な戦いの中で不安を抱え生きるオフェリア。厳しい現実から逃げるように森の中で見つけたラビリンスに入り込んで
「パンズ・ラビリンス」(メキシコ/スペイン/アメリカ 2006年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
少女は理想郷の存在を信じた。 目を背けたくなる現実からここではない何処かへ「パンズ・ラビリンス」。
パンズ・ラビリンス (心のままに映画の風景)
1944年のスペイン。 内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発する人々がゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、ゲリラの鎮圧にあたるビダル将軍(セルジ・ロペス)と再婚
パンズ・ラビリンス (そーれりぽーと)
今年のアカデミー賞中継を見ていて、ひときわ目を引いたのが、この『パンズ・ラビリンス』。 何が面白そうって、独特な造形が目立つファンタジーの世界。 鬼才ギレルモ・デル・トロ監督作なんて代名詞が付くこの映画、この監督に鬼才なんていつから付いたんだろう? 半年...
「パンズ・ラビリンス」 (首都クロム)
 あくまで私個人の抱いたイメージですが、昨夏の「ローズ・イン・タイドランド」が“現実世界で生きる手段の一つとしての妄想”なら、今作は“現実世界で生きることを拒絶するための妄想(或いは幻想)”という位置付けなのかも知れません。厳しい現実に対して、前者は不...
「パンズ・ラビリンス」感想 ダークな不思議の国のアリス (ポコアポコヤ 映画倉庫)
不思議の国のアリスのダーク版というか、大人向けのファンタジーと、1944年のスペイン内戦時代とを、2つ上手い具合に並行させながら、描いているという、ひとひねりある映画。
「パンズ・ラビリンス」★★★★★ (JoJo気分で映画三昧!+α)
   '06製作 監督ギレルモ・デル・トロ  主演イバナ・バケロ 共演ダグ・ジョーンズ、セルジ・ロペス、アリアドナ・ヒル、マリベル・ヴェルドゥ、アレックス・アングロ他によるスペイン発ダーク・ファンタジー。 第79回アカデミー賞3部門受賞、全米映画批評家協...
パンズ・ラビリンス☆独り言 (黒猫のうたた寝)
時代は1944年スペイン内戦の時代・・・『パンズ・ラビリンス』観てきました。注目してたのはアカデミー賞で撮影賞・美術賞そしてメイクアップ賞を受賞している作品だったから監督がギルレモ・デル・トロって誰だっけ?調べてみると『ミミック』や『ヘル・ボーイ』の監督さ...
パンズ・ラビリンス (Imagination From The Otherside)
スペイン内戦を背景に、少女の成長と幻想世界での冒険を描いたダーク・ファンタジー。 主演は新鋭イバナ・バケロ。 共演に「ニノの空」「シェフと素顔と、おいしい時間」のセルジ・ロペス、「ベルエポック」「天国の口、終りの楽園。」のマリベル・ベルドゥ、「ヘルボー...
パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして
パンズ・ラビリンス・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
うわぁ・・・想像していたのと全然違う。 予告編の印象から、ちょっとダークな「不思議な国のアリス」、あるいはアニメ好きの ギレルモ・デル・トロならスペイン版の「千と千尋の神隠し」的な物を想像していた。 そして
パンズ・ラビリンス (C note)
ずーっと前からむちゃくちゃ楽しみにしていたギレルモ・デル・トロ監督最新作『パン
「パンズ・ラビリンス」 (或る日の出来事)
これから観ようと思っている方へ忠告。 少女が主役の可愛いファンタジーと思ってはいけません。圧倒的に残酷な戦争の現実を直視した、重い作品。 今年のアカデミー賞で、撮影・美術・メイクアップの各賞を受賞したことで、
mini review 07076「パンズ・ラビリンス」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
解説: 1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。『デビルズ・バックボーン』のギレルモ・デル・トロ監督がメガホンをとり、ファシズムという厳しい現実から逃れるため、架空の世界に入り込む少女...
『パンズ・ラビリンス』 (映画館で観ましょ♪)
第79回アカデミー賞で撮影・美術・メイクアップの3部門を受賞。 そんなワケですごく観たいと思っていた作品。 ダークファンタジーってどんなだろう? ダークで切ない不思議...
パンズ・ラビリンス (e3 ~えっちと映画とエトセトラ~)
http://www.panslabyrinth.jp/ 1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオフェリア。母は冷酷な独裁主義の大尉と再婚する。 恐ろしい義父から逃れたいと願う彼女は、屋敷の近くで謎めいた迷宮を見つけ出し、足を踏み入れると、 迷宮の守護神“パン”が現れる。 パンは「あ...
パンズ・ラビリンス (Diarydiary!)
《パンズ・ラビリンス》 2006年 スペイン/メキシコ/アメリカ映画 - 原題
[映画『パンズ・ラビリンス』を観る (美少女は人類の宝)] (ミッドナイト・蘭の「元祖・天才バカ板!」)
▼やあ、ミド蘭だよ。 今宵は、久々に美少女を堪能したので、いい酒飲んでるよ。     (大分麦焼酎「銀座のすずめ」) いや、何の予備知識もなしに、とある娘と急遽映画を観に行くことになり、パッパッと決めたのが、『パンズ・ラビリンス』でした。 これなら、私も女...
Pan's Labyrinth (PiPiPiX.tXt)
強烈な対比が紡ぎだす、ファンタジーとは何かという究極の問いかけ パンズ・ラビリンス/Pan's Labyrinth/El laberinto del fauno(2006)監督:Guillermo del Toro ギレルモ・デル・トロ出演:Ivana Baquero ...
パンズ・ラビリンス (日常の履歴)
半年以上前から、海外の高い評価は耳に入ってきていて、公開を待ちわびてた作品。 ダーク・ファンタジーとは聞いてたけれど、思ってた以上に現実世界のお話がメインだった。 それも、第二次大戦中の内戦状態にあるスペインが舞台。 主人公の少女はその渦中にあって、明...
「パンズ・ラビリンス」 (みんなシネマいいのに!)
 1944年のスペイン、再婚した母に連れられて、レジスタンス掃討の指揮を取る冷
パンズ・ラビリンス(映画館) (ひるめし。)
この無垢な魂が、世界を変える。
「パンズ・ラビリンス」:表参道バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}表参道とか原宿とかって、個性的なお店がいっぱいあるんだけど、どこに何があるのかよくわからないのよね。 {/kaeru_en4/}まったく、迷宮みたいな町だもんな、このあたりは。東京人でも、なんか、おのぼりさんになった気分になるぜ。 {/hiyo_en2/}迷宮、すな...
パンズ・ラビリンス (★Shaberiba ★)
ありのままの現実は,生きるにはつらすぎた。 だから少女は幻想の国で永遠の幸せを探した・・
パンズ・ラビリンス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』  コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  既にご覧になられた方の間では、...
夢はもうひとつの人生である…―「パンズ・ラビリンス」 (豆酢館)
これだけは劇場で観ておきたいと思い、念願の鑑賞と相成りました。 だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 「パンズ・ラビリンス」(2006年製作) 公式サイトはこちら。 監督:ギレルモ・デル・トロ 製作:アルフォンソ・キュアロン&ベルサ・ナヴァロ&...
トップ10圏外 「パンズ・ラビリンス」 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 28オープニング土日祝興収: 2758万円 うちメイン館の土
パンズ・ラビリンス (Akira's VOICE)
哀しみと希望が交差するダークファンタジー。
パンズ・ラビリンス (ゆるり鑑賞 Yururi kansho)
パンズ・ラビリンス オリジナル・サウンドトラック(2007/09/27)サントラ商品詳細を見る 監督 ギレルモ・デル・トロ (2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ) 【物語のはじまり】 スペイ...
パンズ・ラビリンス (2006年・スペイン、メキシコ) (白ブタさん)
ダークなファンタジー・・・{%butterfly_a%}
パンズ・ラビリンス (Alice in Wonderland)
こんなに暗くて悲しい作品を久しぶりに観たような気がします。あまりにも悲しくて思い出し笑いならず思い出し涙を流したくらいです。 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚した...
「パンズ・ラビリンス」(2006・墨西・西・米) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
全国ロードショー中です。"ELLABERINTODELFAUNO","PAN'SLABYRINTH"監督、脚本・・・ギレルモ・デル・トロ出演・・・イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ、エウセビオ・ラサロ、パコ・ビダル、...
パンズ・ラビリンス (映画鑑賞★日記・・・)
【PAN'S LABYRINTH】PG-122007/10/06公開(10/16鑑賞)製作国:メキシコ/スペイン/アメリカ監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル1944年のスペイン。内戦終結後もフラン...
【劇場映画】 パンズ・ラビリンス (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた...
『パンズ・ラビリンス』:スペイン内戦の流血の記憶を辿る迷宮譚:Myムービーに掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
『パンズ・ラビリンス』のレビューを「スペイン内戦の流血の記憶を辿る迷宮譚」と題して、Myムービーに掲載しました。
パンズ・ラビリンス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
無垢で孤独な魂は、地獄に天国を見出そうとして、闇の悪魔を光の天使へと反転する。哀しい瞳をした少女の前に現れたのはパン(牧神)。いたずら好きの彼は戸惑う少女にこう囁いた。「あなたは、長い間捜し続けていた魔法の王国のプリンセスに違いない。 それを確かめ...
映画「パンズ・ラビリンス」 (happy♪ happy♪♪)
予告を観て想像していたのとちょっと違い 残虐で悲しいおとぎ話{/hiyo_shock2/} 映像は好きだけど、ストーリーがあまりにも悲しく 残虐シーンで何度目をつぶってしまった事か。。。{/hiyo_cry2/} でも作品としては見応えある作品だと思います{/star/}{/star/}{/star...
『パンズ・ラビリンス』 (すきなものだけでいいです)
第79回アカデミー賞 撮影賞・美術賞・メイキャップ賞 受賞作品 今年の2月に行われた、“元祖!アカデミー賞”。 数々の候補作の中で一番興味を惹かれ、尚且つ謎に包まれていたのがこの 『パンズ・ラビリンス』 でした
パンズ・ラビリンス (future world)
「アカデミー賞3部門受賞作品」スペイン・メキシコ・アメリカの合作~ ちょっと異色な‘ダークファンタジー’くらいに思ってました。 ・・・とんでもない、カテゴライズは難しい・・・ とにかく、お腹イッパイ、凄い作品です。 現実はあまりにも過酷で、夢の国で...
スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス (Prism Viewpoints)
パンの迷宮を抜け出す鍵の名は心。 『Pan's Labyrinth』 『パンズ・ラビリンス』 ウィキペディア(Wikipedia) スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリアは、 妊娠中の母親と共に母親の再婚相手であるヴィダル大尉
パンズ・ラビリンス (to Heart)
だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。 原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 ...
パンズ・ラビリンス、或いは、解離性障害 (気ままにランダムハート)
情けないまでに、いきなりの号泣をしてしまった。
★「パンズ・ラビリンス」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。 といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。 ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。
おいでよ、怪物の森 ギレルモ・デル・トロ 『パンズ・ラビリンス』 (SGA屋物語紹介所)
時はスペインの内戦時代。少女オフェリアは再婚した母に連れられて、義父のいる紛争地
パンズ・ラビリンス (映画三昧、活字中毒)
■ シネカノン有楽町2丁目にて鑑賞パンズ・ラビリンス/EL LABERINTO DEL FAUNO 2006年/メキシコ・スペイン・アメリカ/119分 監督: ギレルモ・デル・トロ 出演: イバナ・バケロ/セルジ...
パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚...
【映画】パンズ・ラビリンス (新!やさぐれ日記)
■状況 MOVIX伊勢崎にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 各映画評で好評だった為 ■感想 すみません。無料で観ちゃってごめんなさい。 ■あらすじ 1944年のスペイン内戦で父を亡くし、独裁主義の恐ろしい大尉と再婚してしまった母と暮らすオフェリア(イバナ・バケロ)...
パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。 (銅版画制作の日々)
ファンタジーの中に、現実を見る   10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。 主人公の少女が出会う...
パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 (CARAMEL*PAPA)
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...
パンズ・ラビリンス (Good job M)
公開日 2007/10/6 12/8(大分県)監督:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ/ダグ・ジョーンズ/セルジ・ロペス/アリアドナ・ヒル 他【あらすじ】1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオフェリア。母はフランコ軍のビダル大尉と再婚するが、オフェリアは残忍な新し...
パンズ・ラビリンス (ダイターンクラッシュ!!)
12月24日(月) 21:15~ シネカノン有楽町1丁目 料金:1300円(会員料金) パンフ:800円 『パンズ・ラビリンス』公式サイト 少女が主演であるのだが、極めてダークなファンタジー。如何にもヨーロッパな雰囲気の映画だ。監督はメキシコ人だけど。 スペイン...
映画『PAN'S LABYRINTH』劇場鑑賞 (蛇足帳~blogばん~)
去年の10月に『スマステ』の「月イチゴロー」で吾郎ちゃんが、「コトイチ!(今年一番!)」と大絶賛していた映画『PAN'S LABYRINTH』をやっと観に行くことができました。 単館ロードーショー向けの作品なんですが、去年の10月に公開されたにも関わらず、口コミなどで話...
パンズ・ラビリンス (C'est Joli)
パンズ・ラビリンス’06:メキシコ=スペイン=アメリカ ◆原題:EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH◆ 監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ「ヘルボーイ」「ミミック」◆出演:イバナ・バケロ 、 セルジ・ロペス、 マリベル・ベルドゥ、 ダ...
パンズ・ラビリンス、DVD (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
前々から見たかった映画。 パンズ・ラビリンス  ギレルモ・デル・トロ監督。 第79回(2006年)アカデミー撮影賞、美術賞、メーキャップ賞受賞作品。 原題は「El laberinto del fauno」faunoはローマ神話のファウヌス(フォーン)、 ギリシャ神話のパーンと同じものを指...
パンズ・ラビリンス (銀の森のゴブリン)
2006年 メキシコ・スペイン・アメリカ 2007年10月公開 評価:★★★★★
パンズ・ラビリンス (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  少女が主役で、妖精やモンスターが登場するファンタジー映画なのだが、『ナルニア物語』とか『ライラの冒険』などの娯楽フアンタジーとは全く異なる作品である。 というのも、この映画のファンタジー部分は、主人公の少女オフェリアが、現実逃避するために...
パンズ・ラビリンス (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  少女が主役で、妖精やモンスターが登場するファンタジー映画なのだが、『ナルニア物語』とか『ライラの冒険』などの娯楽フアンタジーとは全く異なる作品である。 というのも、この映画のファンタジー部分は、主人公の少女オフェリアが、現実逃避するために...
パンズ・ラビリンス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
[[attached(1,center)]] 1944年、スペイン。 内戦終結後も、フランコ政権の圧政に反発する人々が、ゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンとともに、この山奥へとやって来る。 この地でゲリラの鎮圧にあたる...
パンズ・ラビリンス (とんとん亭)
「パンズ・ラビリンス」 2007年 メキシコ/スペイン/アメリカ ★★★★★ 王国に迎えられた、姫・・・・。その国で幸せになって欲しい・・・ 悲惨な現実社会から、逃避したいと願う少女が描いた妄想。 1944年、スペイン。 内戦終結後も、山で....
『パンズ・ラビリンス』 (・*・ etoile ・*・)
これはホントに見たかった! 見逃していたのでDVDにて鑑賞。これは映画館で見たかった・・・(涙) 「1944年フランコ独裁政権下のスペイン。父を亡くしたオフェリアは、身重の母と共に継父ビダル大尉の元へ向かう。息子の誕生にしか興味のない大尉との辛い日々の中、オフ...
パンズ・ラビリンス (eclipse的な独り言)
 シドニー・ポラックが亡くなっていたのですね。結構好きな監督でした。(DVDにて
『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...
【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/} 来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけ...
パンズ・ラビリンス (mama)
PAN'S LABYRINTH 2006年:スペイン・メキシコ 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:セルジ・ロペス、イバナ・バケロ、アリアドナ・ヒル、マリベル・ヴェルドゥ、ダグ・ジョーンズ、マリベル・ベルドゥ 再婚した身重の母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮を...
パンズ・ラビリンス (ひめの映画おぼえがき)
パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD] 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ...
パンズ・ラビリンス (RISING STEEL)
パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH 独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。 パンによるとオフェ...