我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&セレブゴシップ+たまーに日記★
I hope you enjoy my blog;)

ザ・タウン/ THE TOWN

2010-11-04 15:44:41 | 劇場&試写★6以上






ベン・アフレック監督第二作目。東京国際映画祭クロージング作品。



ロンドンで、まだ〜むと「リミット」を観た時、開場まで時間が随分あって
チケット購入したらたまたま隣の部屋でやってたこのベン監督作
シネコンではなかったから、入場したらそのまま入れちゃって40分間観れたのでした♪

昔、「アルマゲドン」で来日した時に渋谷の上映会場後に顔合わせパーティがあって
主演のベン・アフレックが普通にその辺に突っ立ってたんだけど
まさかこんなに評価受ける監督になろうとはケヴィン・スミス監督や、親友マット・デイモンとやってた初期の頃から応援してる俳優。
最近は俳優としてはマットに負けてたけど、監督として1作目の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」で出世。

今回も期待でした
何故か日本での上映はかなり先の2月。東京国際映画祭での上映は3回分あったけど即完売、
当日券を求めて朝6時半起きで、小雨の寒い中並んでゲットしての鑑賞
 日本の映画祭チケ取るのでこんな苦労したの初めてかもー。

前置きがちょっと長くなったけど
そういう意味でもかなり気合い入っての鑑賞。40分観ただけでもしょっぱなから銀行強盗に入ったシーンでグイグイ惹き込む!

チャック・ホーガン原作の「強盗こそ、われらが宿命(さだめ)」を映画化した犯罪ドラマ。
全米一、銀行強盗発生率の高い街ボストン、チャールズタウン。
そこで育ったダグは父親同様、当然のように強盗を生業として暮らしていたが
ある日、強盗に入った銀行の行員クレアに一目惚れしてしまう。
そしてFBIの捜査の手が迫る……。
というシリアスドラマ。




キャスト
プロの銀行強盗のリーダーにベン・アフレック。主演/脚本/監督の三役。


強盗に入った銀行の支店長にレベッカ・ホール。
スカちゃん、ペネロペ、ハビエルのウディ監督作「それでも恋するバルセロナ」で一人だけポスターに顔入らなかった可哀想な人。
「フロスト×ニクソン」にもいました。





本作では何がいいって、この人!ジェレミー・レナー



いやぁ「ハートロッカー」の時のイメージを一蹴、どこからどう見ても普通にいそうな、ガラの悪いヤツ!(笑)
ダグの頼りになる親友で、強盗仲間。
「28週目…」や「ジェシー・ジェームズの暗殺」にも出てたのね。



脇キャストも凄い。
ドラマ「MAD MEN」のジョン・ハム

 

花屋で悪の親玉にピート・ポスルスウェイト、 ダグの父親にはクリス・クーパー

そして今や「ゴシップガール」でブレイクした、ブレイク・ライブリーも。


この子、「旅するジーンズと16歳の夏」にもメンバーの一人だったのよねー。




面白い!けど いろいろ、ありえなすぎー♪



以下、ネタバレありレビュー


社会派作品だったベンの初監督作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に比べてかなりエンターテインメント性強い。
それだけに「ザ 映画」としてはすごく楽しめるんだけど、
各映画祭などで言われてる程に完璧な映画、とか傑作!というほどの作品ではないとわたしは思う。
人物の感情とか行動とか、えー?そこでそうなる?とかどうしても素直に納得できない部分も多かったな。

細かい事いうなと言われるかもしれないけど(笑)映画は楽しめてなんぼ、楽しめたかで評価と
個人的に思ってるし そういう意味でも十分楽しんだ作品であるにはあるけど、
どこかで感情移入出来るようなキャラクターやセリフじゃないと、えー?となっちゃう。
そこ含めて面白いって時もあるんだけど☆

えー?と思ったところを箇条書きしてみると、

1.強盗に合ったうえ、人質にとられて逃れてからも指の震えが止まらないほど相当怖い思いをしたのに、
数日後に声かけてきた見知らぬ男に気を許してすぐにデートとかあり得ない。

人質ではないけど、男に襲われて怖い思いをした人を知ってるけど、
その後も相当に男には警戒してたし、しかも見知らぬ男と二人で会うなんて絶対無理なはず。
それとももう神にでもすがる思いだったか、一目ぼれしたとか?


2.そもそも、そんな目に遭った時に着てた血の付いたシャツ、(たぶんその日気づくと思うけど)
クリーニングに持っていかないですぐに捨てるんじゃない?

出逢った時にクレアの心情を見せる場面だから仕方ないのか。

3.首のタトゥーのことを警察にすぐ話さない理由はないと思うし、ダグがそれを聞いた後、
すぐに仲間に話して、やばいぞお前見られてる。
と忠告しない。


あとでカフェでドキドキする伏線になるから仕方ないのか。

4.あんな警官に化けて紛れて出てこれるか〜
5.一つの事件で指名手配中に、すぐに別の強盗決行。
往生際悪く最後の最後まで金の袋を手放さないダグの親友。命かけてまで、そんなに金欲しいか〜!

6.最後の「お金」実は善人と感じたからってあんな強盗した薄汚いお金を
言われた通り使うのはいかがなもの。たとえ寄付でも〜。
普通警察に持ってくでしょ、

原作だから仕方ないのか。綺麗に話しまとめた感じ。


なんてところが気になっちゃった点。
あともうひとつだけ、ベン・アフレックは好きだけど、
どうもベンが主演のキャラクターとしてイマイチ。
いくらワルを装っても、いい人感が漂いすぎだし、ワルになりきれない(悪く言えばワルを演じきれてない)
悲しい母親との別れを経験していて、その「タウン」に育ったという環境だけで
夢を挫折して強盗の仕事?を選んだ。
一目ぼれした女性と現実逃避を夢見て、自分勝手に急に足を洗おうとするリーダーには
あまり見えない。
実は弱さを持つ一面を感じるのはいいんだけど
その優しい眼差しや印象から、いくら怒鳴っててもなーんかボスってだけのカリスマ性というか
迫力がないんだよね〜ベン、ごめん。
でも自分の映画だしね、ギャラもかからないし自分がやっちゃえとなるだろうな〜。
(なんて勝手な意見)


あ、演技でいえばジェレミーのほかにもピート・ポスルスウェイトの死に様、良かった〜(笑)
面白い作品には素晴らしい役者さんたちの存在が不可欠

《追記》⇧ って書いちゃったんだけど、なんと。2011年、イギリスの名脇役ピート・ポスルスウェイト氏、
がんで亡くなってしまいました。64歳で...早すぎる。
ご冥福をお祈りします。



こんな町で生まれ育ち、自らの選択で悪いことも散々してきた男。
町を出て、いつかやり直せる日はくるのか…。




8/10(80点)


散々いろいろ書いちゃったけど、映画としては面白かったので満足
追いつめられてもどこまでも逃げようと、カーチェイスシーンなども迫力満点。
修道院のマスクも最高。
これは強盗エンタメ作品として、万人受けするだろうし
海外同様、日本でもヒットするだろうな。


本作での評価を受けて、ベンには次の監督としてのオファー続々。
主演作が減るのは残念だけど、今後も監督の分野で躍進していって欲しいな!

俳優で弟のケイシー・アフレックと、「ザ・トレード/ The Trade」の脚本を執筆中で
マット・デイモンが初メガホンを勧めてるとか。





綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグは、思わぬ事態から支店長のクレアを人質に。
その後クレアは無事解放されるが、強盗たちの影におびえる日々を過ごす。
そんな中、彼女は魅力的な男性に出会うが、その男性こそが自分を人質にしたダグだった。





 公式サイト 
The Town   2010年      アメリカ    125min

東京国際映画祭クロージング作品。
 2011年2月5日(土)より、全国公開決定〜




プレミアにて。



クリス・クーパー、つまんなさそう






妻、ジェニファー・ガーナーとどこか系統的に似てるレベッカ・ホール。やっぱりベンのタイプ?







応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click






『映画』 ジャンルのランキング
Comments (50)   Trackbacks (77)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストーン/ STONE  | TOP | BURIED/ [リミット](追記☆2度目... »

50 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
キャストが魅力的! (シン)
2010-11-04 21:18:33
こんばんはー。
これがmigさんのブログの中にたびたび出てくるベン・アフレックの監督2作目『ザ・タウン』ですね。
ロンドンの劇場では隣の部屋にも入ることができるんですね。それで、『リミット』が始まるまでの40分間を観たわけですか。
海外では日本よりもサービスがゆるやか、という感じですね。
写真を見た限りでは、ジェレミー・レナーは本当に普通人になりきっているという感じですね。演技が本当にうまいんでしょうか。
migさんの「えー?と思ったところ」を読んでみると、なるほどー、と思いますが、それでも評価がすごく高いことに驚きます。
それだけ、楽しめたか度が高いんですね。
僕も観ようと思います。
2月の上映ですか。本当に「なぜ?」ですね。
東京国際映画祭でも3回も上映されて、なにかと話題の多い映画ですね。楽しみにしています。
シンさん☆ (mig)
2010-11-05 09:30:05
おはようございます♪
あ、blogじゃなくTwitterですね☆

あちらの劇場、もちろん基本的にはそんな事駄目だけど、(シネコンとかは無理)
単館だとそのまま入れちゃうこともよくあって、トロントでもやりました(笑)
映画ごとの入口にチケ回収するひとがいないところあるんですよ。

あは、読んじゃったんですね(笑)
つっこみありつつも、そこ込みで面白いっていう映画あるんですよね。
私は特に映画の出来じゃなく、楽しめたか基準で☆の数つけてるので8になりました
ほんとに日本公開遅過ぎ。海外ではDVD出てる頃ですよ〜。
公開したら是非劇場でご覧下さいね♪

migさん (xtc4241)
2010-11-05 12:10:07
こんにちは(いま11月5日12:00頃です)

ジャパニーズ・テニス・プレイヤーのXTCです(笑)
あの写真はネットから、拝借したものです(ほんとはいけない?)
特にフォアハンドの写真はウィンブルドンで連覇したフェデラーだから、わかると思ったのです。
すいません!

確かに疑問に感じたところが多いのに、
評価8。
ちょっと、びっくりしました。
でも、作品が気に入ったればこその疑問といえるのかな?
「クロッシング」といい「ストーン」といい、
この「ザ・タウン」といい、みんななんか持ってる映画が多いですね。
ジェレミー・レナーは、「ハートロッカー」のときも感じたんですが、
感情をあまり出さずに、えらいことを飄々とやっちゃうという雰囲気がありますね。
一種の存在感を感じます。
xtc4241さん☆ (mig)
2010-11-07 09:37:13
おはようございます☆
ゴメンナサイ!抜けちゃってました
沢山コメントつづいてたりするとたまにやっちゃうんです、許して下さいね

あ、私ほんとスポーツに疎くて選手の名前とか顔とか全然知らないんですよ〜(笑)その名前聞いても知らないくらい

疑問というか、つっこみどころは気になったので書かずにはいられなかったけど、そこが悪いってわけじゃなくリアリティはないなぁって偉そうにも思っただけなんですよね。
ジェレミーレナー、ほんと良かったですよ!
ベンは監督だし、ファンなんだけど
悪いけど今回はハマってませんでした(笑)
でも海外でも評価高くて今後も期待出来る監督の一人です。
公開したら是非ご覧下さいね♪
生還したよ! (ノルウェーまだ〜む)
2010-11-08 19:06:53
migちゃん、お久しぶり〜
色々トラブルありの、アウシュビッツから帰ってきたよ。ふう〜

この映画、突っ込みいっぱいのmigちゃん、最初ほどは楽しめなかったのかと思ったら、評価8だね〜
ジェレニーがやっぱりバッチリだったよね。
私も全部観たいわぁ
まだ〜む☆ (mig)
2010-11-09 11:22:08
お帰り〜♪

トラブルあったの!?
大丈夫だったー???
そうなの、細かいこと感情移入とかはなかったな、
でも面白いの!
最初の40分で既に面白くなって来てたもんね、
そちらでもまだやってるだろうけど、これは字幕付きで観て欲しいわ☆

アウシュビッツレポ、楽しみ
ちょっとえーっ?な (ノルウェーまだ〜む)
2011-01-22 03:28:04
migちゃん、ようやくUPできたよ。
えー?と思うところがある割りに、高得点だったんだね。
私は強いて言うなら6点くらいかなぁ。

やっぱり最後は無理やりなかんじがあって、細かいところで気になっちゃって。
最初の40分がやっぱり迫力あって楽しめたね。
こんにちは (dai)
2011-01-30 12:00:43
マスクはかなり個性的でしたね。
何かのインタビューでFBI関連の事件で、
実際に使われたものに似せて作ったのだとか。

まあ突っ込みどころは多々ありますが、
良く出来ていた一本でしたね。
まだーむ☆ (mig)
2011-01-30 16:02:30
ごめんねー、抜けちゃっててお返事、、、
入れた筈なんだけどたまにそうなっちゃうの

そうでもなかったんだね〜。
いろいろ違和感あったりもするんだけど
映画としてはすごく面白かったので高得点よ♪
daiさん☆ (mig)
2011-01-30 16:04:57
こんにちは☆
へぇ、このマスク実際にあるものモデルにしてるんだ〜。
犯罪映画にうまくラブもmixしてましたね☆
ベン次回作も期待しちゃうなー♪
Unknown (KLY)
2011-02-02 15:17:50
migさんの突っ込みどころは全部その通り!
っていうか私もサラって流してたところも突っ込んでるし。(笑)
まーただ私はこの作品はまあまあかなぁって感じなんです。なんというか、見所になるようなシーンとかお話とかは確かに良いのだけれど、それぞれもっと良い作品てあったと思うのよね…。
あと最後のクレアのセリフの部分がちょっと理解出来なかったの。青空がどうとかって。何か見落としちゃったのかなぁ…?
あれがダグに来るなって言ってる意味なのはもちろん見てれば解るんだけどね。
とりあえずメインのベンとジェレミーとジョンがカッコよくてよかったです。^^
KLYさん★ (mig)
2011-02-02 22:34:51
ふふふ。
うん、そんな簡単に男に近づくか!?っていうのも感情移入ができなかったし
他にも色々と、、、
kLYさんのとこでこの質問は解決してましたね、こんな晴れている日は人が、、、って
変なセリフだったけどね。
ベンは監督主演なのにジェレミーに演技と存在感では食われちゃってたな(笑)

ベンファンなので、また観たい♥
ジェレミーはワルの方が似合ってるなー♪

こんにちは (えめきん)
2011-02-05 08:58:47
久しぶりに骨太のクライムサスペンスを見た気がします。主人公ダグを取り巻く様々な人間関係の全てに爆弾が内包されているという状況が、緊迫感を存分に出していました。

クレアの尻軽ぶりは、女性にはやはり違和感があるんですね。確かにあの展開は都合が良すぎる気もしますが、その後の悲恋話が好きなのであまり気になりませんでした。
えめきんさん (mig)
2011-02-05 09:58:36
こちらにもありがとです☆

うんうん、そうですね。
骨太クライムドラマのなかにラブが、、、
犯罪者と知らず見知らぬ男に惹かれるのが
怖い思いをしたばかりで ???
よくも悪くも?そこは映画だなって。
クライムでもエンタメ作品ですよね♪
ベン・アフレック (にゃむばなな)
2011-02-05 15:02:53
いくらツッコミどころがあってもいいんです。
あのベン・アフレックがジェニファー・ロペスに振り回されていた過去を消したいくらいに骨太な男としての映画を撮ったなら、それでいいんです。
何か同じ男として、これからもベン・アフレックを応援したくなりましたよ。
にゃむばななさん☆ (mig)
2011-02-06 01:26:26
こんばんは☆

いやつっこみどころを認めたらどんな映画でも駄作のつっこみも許せるってことになるから。
好みで許せるかに分かれるってことだと思いますよ
ま、面白かったので帳消しです
こんにちは。 (BROOK)
2011-02-06 15:26:59
たしかにツッコミどころがありましたね。
migさんが書かれているところは、私も思いました。

展開は好きでしたし、
激しい銃撃戦も充分に堪能出来たので、
総評して、面白かったです。
観ました〜 (マリー)
2011-02-06 19:20:01
こちらにも〜〜〜。
さすがベン、美味しいとこ全部持っていってたね〜。
でも自分で監督・脚本・主演って大変だろね〜。好きなように作れてそれはそれでいいのかな???

migさんのツッコミ。
私も1は特に思ったの。
でも、あの若さで支店長・・・周りに頼らず一人で肩肘張って生きてきた〜っぽい彼女だから
あんな目にあって、誰かに誰でもいいから頼りたかった・・・というように解釈しました(無理やり?笑)

あのタトゥーが見えそうで・・ってとこ、私までドキドキしちゃった。
ああいうドキドキ感、演出うまかったなぁ〜。
ぶつかりそうでぶつからないカーチェイスとかもね。

ラストは私には意外な展開。
絶対みんな死んじゃう?なんて思ってて。。。
キャッチコピーには「衝撃的なラスト」って付いてるけど、それとは違うよね(笑)
余韻を残すラストはスキです。
こんばんは♪ (yukarin)
2011-02-06 22:16:12
私も見終ってしばらくしたら、ツッコミ所色々と出てきたけど、ベン・アフレック監督作品は好きかも。
確かにmigさんのえーと思う所は私もちょっと思いました。
特に1と6はね^^;

でもベン素敵だったし、好きな銃撃戦やカーチェイスも堪能したんで全体的には良かったほう。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2011-02-06 22:39:05
migさんが面白いと言ってましたし、評価も
☆8こ・・・と感想読みましたら、結構
ツッコミどころたくさん書かれてたんですね
(笑)いちいちごもっともですσ(^◇^;)

ただ、3に関してですが、ダグがジェムに言わないのは、残忍で凶暴な親友に話したら、クレアが殺されると思ったからでは?もともと始末したいと思っていたようですしσ(^◇^;)
また、FBIに話さないのは、車の中でクレアがいろいろと脅かされたからではないかと
推測しました。

ジェレミー良かったですよね〜助演男優賞獲れるかも?応援しちゃいます♪
ピートは、存在感のあるいい役者さんなのに
亡くなったと知って驚きました(*_*)

私は楽しめた作品でした♪


BROOKさん☆ (mig)
2011-02-07 11:35:34
こんにちは☆そうですね、
つっこみ含めてもエンタメクライムムービーとしてハラハラしたし十分楽しめる映画でしたよね♪
マリーさん☆ (mig)
2011-02-07 11:39:31
マリーさんこんにちは☆

うんそうだよね〜、衝撃のって何でもつけたがる(笑)

あはは、誰でもイイからにはならないとおもったんだよね〜知らない人には絶対警戒する筈、襲われた人を知ってるんだけど相当暫くトラウマになってたんだよね、
そうとこリアリティないんだけど
でも映画だから面白かった♪
ベン、今後も頑張って欲しい♥
yukarinちゃん★ (mig)
2011-02-07 11:40:53
うんうん
そうでもない
って声もあるけど、yukarinちゃんは面白い派だと思ってた★
あのマスクがまた怖いよね、
ジェレミーレナーはほんと今回気に入っちゃった♪
ワルってやっぱりカッコいいのかなー(笑)
ひろちゃん☆ (mig)
2011-02-07 11:43:50
こんにちは♪

あれ?私ひろちゃんとこコメしたかな?
うん、3はもちろんそうなんだけど、
でも親友なんだから先に話してしまうのがフツウかなと、
でもそこまでリアル突き詰めたら映画としての面白さがなくなるからつっこんだけどいいの(笑)

観てからけっこう経ったからまた観に行きたいな〜♪
こんばんは。 (オリーブリー)
2011-02-08 22:16:16
migサンと同じ!
総体的に楽しめる映画だったけど、やっぱり、ラストがどうかで評価変わるよね。
ツッコミも多かった。
コインランドリーのそれ思ったわ〜警戒心ないなあ〜って。
小銭貸してって、男に言わんよね(苦笑)
レベッカって、覚えにくい顔してる(汗)
でもベンには期待してま〜〜す♪

鼻炎が酷くて体調不良です〜また寒くなるそうですから、migさんも気をつけてね。
返すべきかと・・ (メビウス)
2011-02-08 22:20:12
migさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

監督さんってやっぱりデビュー作で何かと印象的な作品作っちゃうと後々にイヤでもそのデビュー作が比較対象にされちゃう時がありますから、ベンにとっても今回のは結構ハードルが高かったのかもしれませんねぇ〜?

でも1作目の『ゴーン〜』と違い、ザ・タウンは銀行の襲撃シーンやカーチェイスといったアクションシーンがかなり迫力あって自分は好印象でしたねっ。最初の銀行強盗も不気味マスク被って襲う辺りが『ダークナイト』みたいだったかな〜とw

気になる点で言えば、migさんの挙げてる『え〜?』な感じの6番が自分も同感。普通に考えればちゃんと返するのが筋ってもんですよねぇ。
そんな汚い金だと分かっててもちゃっかり寄付しちゃった辺り、クレアもタウンに馴染んできたとしか思えてなりません^^;
オリーブリーさん☆ (mig)
2011-02-09 09:31:34
おはようございます♪

体調大丈夫??

週末から都内でも雪とか、、、、
ゆっくり休んで下さいネ、

うんクレアに関してはどうしてもつっこまずにいられない、
お金貸してってあの直後なのに絶対言わない。
なんかうまい方法で出逢う方法あったんじゃないかな
なんて偉そうだけど(笑)

でも映画として面白かったから満足☆
☆メビウスさん (mig)
2011-02-09 09:33:38
おはようです♪

そうですね、前作も評価されたし常に期待されちゃうことへのプレッシャーは凄いと思いますね、
そんな中でのこのエンタメ作品。
少しラブも盛り込んだところがベンらしさかな。
自分のいた「街」を描いてるってなかなかいいですよね。

今後も期待しちゃうな、
ベン作品。
こんばんは (ノラネコ)
2011-02-09 22:59:06
男達のドラマが非常に濃密かつ深く作られてるのに対して、クレアは結構アバウトでしたね。
ベン・アフレックは女心が苦手?
まあ、その辺の突っ込みはあっても、非常に面白い娯楽映画でした。
伊達に25歳でオスカーとった訳じゃないですね。
ノラネコさん☆ (mig)
2011-02-10 01:04:49
こんばんは☆

そうそう、でも演じる側も意見しないのかなーって思いますね。
私だったら言っちゃうなぁ。
うん、そのとおりですね。
つっこみあっても面白いんだからそれでいいんです(笑)
あちらでの評価はややそこまで?って気もしなくはないけどこの映画、好きですー♪
町の不良たち (クラム)
2011-02-11 09:21:42
誰も触れていないけど、個人的にはFBIのJ.ハムがよかったです。
彼がしっかり軸として立っていたから、
物語の層に厚みが増していたように感じました。

J.レナーは「ハートロッカー」でも狂気に憑かれた兵士でしたが、
今回はどこから見てもまさに札付きの不良!
好青年っぽいB.アフレックとチームを組むのには無理があったかな。
面白かった! (真紅)
2011-02-11 10:34:29
migさん、こんにちは〜。
わはは、すごい突っ込み(笑)。
クレアはダグに一目惚れっていうか、メロメロでしたね〜。
だってベンアフかっこいいもん♪
レベッカ・ホール、確かにジェニファー・ガーナー系。。
好きな女優さんじゃないけど、この作品ではよかったと思います。
クラムさん☆ (mig)
2011-02-11 22:12:55
こんばんは☆
うん、ジョンハムって似たようなキャラをドラマでやってるんですよね〜
ニホンじゃ馴染みないですもんね。

ベンちゃんがもうちょっとワルな感じならいいんだけどちょっとリーダーにはムリありましたよね。
ジェレミーくんはオスカーとればいいなぁ♪
☆真紅さん (mig)
2011-02-11 22:14:38
こんばんは☆いつもTBと
今回コメントありがとうです。

すごいでしょ?笑

アラがいろいろ目立ってたけど楽しめたから最終的にはOKなんです♪

そっか〜カッコいいからってあんなことあったあとすぐ付いてくなー、だよね
Unknown (風情♪)
2011-02-13 15:16:44
こんにちは♪

>傑作というほどの作品ではないと思う。

全くもって同意見であります!
諸々の要素を詰め込んだワリには巧く纏まっていた
し、オモシロいし飽きることも無いんだけど、結局
のところ感じるものも熱くなるものもそれほど大き
くは無かったんで周りとの温度差に若干の座りご心
地の悪さを感じてるところなんすよねぇ…。
それに話もそうだけど、ダグ一人がキレイに纏まり
過ぎたのがチョイと引っ掛かってるんすよねぇ。
ホント、悪かぁねぇんですけどね…r(^^;)
今晩は☆★ (mezzotint)
2011-02-14 01:11:56
migさん
確かにベン演じるダグは良い人っていうオーラ
が勝っていましたね。
ジェレミー・レナ―、最後のシーンがとても
良かった。
期待度、高かっただけに、ちょっと物足りなさも
ありました。クリス・クーパー、何かあれだけ
だったのでちょっと残念です。
風情♪さん (mig)
2011-02-14 10:01:04
おはようございます☆

あ、でもあんまり楽しめなかったのかな??
わたしはエンタメクライムムービーとしてちゃっかり楽しんじゃいました☆
もう一度観るには内容覚えてるから暫くはいいかな?
でもベンやジェレミーがかっこいいからまた観たいな♪


☆mezzotintoさん (mig)
2011-02-14 10:02:50
おはようございます♪


あ、期待しすぎかな?
全体的にほんと両極端に評価わかれてるかなー。
わたしはすごく楽しめちゃった、
クレアの件とかつっこみどころは多かったですね、
ベンほんといいひとにみえるからこのリーダーにはムリが。
でも自分出た方がお金もうくし?(笑)
矛盾点 (KGR)
2011-02-15 00:49:51
うーん、確かに言われてみれば(1)は不自然ですね。

最後のお金は「使っちゃうのかよ」しかも
「ネームプレートまで入れて」って感じでしたが、
拾ったお金でチョコ買って運よく当選しちゃう
良い子のお話があるくらいですから、
良いことになら汚いお金を使ってもいいっていう倫理観なのかなと思いました。
KGRさん (mig)
2011-02-15 02:34:32
アハハ、なるほど〜

あのラストも確かにね(笑)

明日コメ伺いますねー☆
期待しすぎたかも。 (koji of the dead)
2011-02-16 23:59:03
またまた、こんばんは。

コメント、一回で済ませればいいのにね〜。
ごめんなさいよ。

前評判が良かったせいか、期待しすぎた感じ。
でも、十分面白かったし楽しめましたよ。

そうですよ、ジェレミー・レナーの悪っぷりがお見事でしたね。
俺も、盗んだ金使うか?姉ちゃん!って思いましたです。
kojiさん☆ (mig)
2011-02-17 00:22:39
いいのよ♪
うれしいわ

ホラーファンなのに、チャッキーは思い入れないの?(笑)

こっちはそうでもなかったかな?
ジェレミーねー、私的にはオスカーでもいいんだけどな。

盗んだ金使うのはあんな真面目な人が、変だよねー。
こんにちはー^^ (みすず)
2011-02-18 10:47:36
面白かったです〜♪
migさんの記事、うんうん、って思いながら読んじゃいましたよ^^
つっこみどころは満載だけど、ドキドキハラハラしながら観れたし^^
ジェレミー・レナーが光ってましたね^^
みすずさん☆ (mig)
2011-02-18 22:11:56
こんばんは♪

ふふふ、同じ感想かなっ。
でも面白いからいいんだよね♪
映画ならではの面白さ!でした
渋谷東急館初めて行ったわ〜 (tomoco)
2011-02-24 13:00:40
レビューどこにあるの〜と思ったら、
migちゃんこんな前に観てたのね!

うんうん、つっこみどころ満載(笑
でも冒頭からぐいぐいテンポよくて面白かったわ〜
カーチェイスのシーンとか、スリリングで迫力あったし。

ジェレミーレナー、わたしはあの丸顔で童顔なところがなーんかいい人に見えちゃって。
去年のオスカー授賞式とかでのくったくない笑顔の印象も強かったし
(ハートロッカーは今度の日曜にやっと観るけど^^;
さすがに最後はかっこ良かったけどね
むしろベンの方がはまってたかな〜

彼女が「それ恋」←こう略していいのか?
のあの子だったの全然わかんなかった!あれ3回くらい観てるんだけどな〜(汗

お話は新しさはなかったよね、ちょっと期待しすぎたかも。
それでも十分楽しめて満足だけど
26日の件了解です^^
★tomocoさん (mig)
2011-02-25 10:31:46
それほどでもなかったかな?

東急のあそこ超面倒な場所なのよね、たまーに行くんだけど好きじゃないかな

え?あんなに怖い顔なのにいい人にみえたの?
ベンは私プライベート(ゴシップ)のやさしいとことか、昔からいろいろみてるからかな(笑)
全然怖さ足りん

でも監督としても今後も応援してる♪

明日、楽しもうね♡

Unknown (SGA屋強盗一)
2011-03-02 13:07:26
migさん、こんちはっす。こないだ誉めてたからさぞいい評価なんだろうな〜と思っていたら、見事にツッコミまくり(笑) あ、でも一応高評価なことは高評価なのね

わたしが気になったツッコミどころは、例のシスターの服着て銀行に行くところ。そんな目立つかっこで銃持ってたら、絶対途中で通報されるだろと(笑)
あと6番はそんなお金使っちゃってそれこそ警察に捕まらないのかな・・・と。でもまあ個人的にすごく共感してしまうところがいろいろあったので、この映画大好きです
パンフには「マットにはよく相談に乗ってもらった」と書いてあって和んだよー つかマット、ちゃんとつっこんだのかな(笑)
☆伍一君 (mig)
2011-03-02 22:47:26
こんばんは☆
そうよ〜、だってすごいつっこみたい部分多すぎ。でもKLYさん前いってたようにそんなのも気にならないくらいが楽しめたってことっていうか、いや気になってるか(笑)
つっこみどころ含め面白いというね、
そうねー、でもあのシスターのマスクつけての強盗はほんとにあった事件みたいよ。
これ、実話ではないけど。
そっか、なのにマットは出なかったのね。
霊媒師で忙しかったのか。
っていうか、マットこそ強盗とかするワルに見えんしね、出番ないか(笑!)
こんにちは♪ (maki)
2011-08-02 10:01:22
コメントありがとうございました

migさんのいわれてる えー? のところはほんとツッコミ要素ですよね!
また、修道女の格好して警官と目があったところの反応は面白かったです
「み な か っ た 事にしよう…」って(笑)
ダグの足枷となる役柄ですが、ジェレミー・レナーさんの演技は凄くよかったですね
実はハート・ロッカーはまだ観てないのですが、気になってきました
makiさん☆ (mig)
2011-08-03 00:12:02
こんばんは☆

いえいえ、いつもTBとコメありがとうです。

つっこみはもう避けられない映画でしたけど、それ含め面白かったですよね♪
映画らしい映画。
ジェレミーレナーは「ハートロッカー」ではけっこうフツウのキャラで印象弱いんですが
今回カッコ良かったです☆
今後も注目♪トムちんとも次、共演だし♥
ぜひみて下さい〜

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

77 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
【レビュー】ザ・タウン (セガール気分で逢いましょう)
ボストンの犯罪多発地区―。 『ダークナイト』のオープニングをも思わせる周到な銀行強盗から幕を開ける。ドクロのマスクを被った男たちは機敏にその場を征圧し、ひとりも犠牲者を出さぬまま巨大な金庫から大金をせ
『ザ・タウン』(ベン・アフレック監督・主演) (ラムの大通り)
(原題:The Town)
ザ・タウン 〜東京国際映画祭より〜 (とりあえず、コメントです)
ベン・アフレックが監督&主演を演じた作品です。 東京国際映画祭のクロージングになっていたのでチャレンジしてみました。 ボストンの片隅で生きる男たちの過酷な運命を描いていました。
【観たい映画】ザ・タウン (KINOMANIE)
2010年 アメリカ 原題:THE TOWN 監督:ベン・アフレック 脚本:ベン・アフレック、ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード 原作:チャック・ホーガン 音楽:デヴィッド・バックリー、ハリー・グレ...
「ザ タウン」逃れられない宿命 (ノルウェー暮らし・イン・London)
秋にロンドンで公開されていた映画。 途中まで見ていたので、続きを見たかった〜と思っていたら、運よく機内映画で見ることが出来た。 冒頭から見せる迫力の銀行強盗シーン。 ジョン・デリンジャーの強盗と違って、それは確かにトラウマとして残る恐怖体験なのだけど・...
ザ・タウン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
試写会同行させていただきました。ベン・アフレック監督作品『ザ・タウン』冒頭からみせる鮮やかな銀行強盗シーンに息を呑み目が離せなくなる・・・ということだそうですが・・・せっかくの試写会なのに冒頭から堕ちました^^;;;まーーったく、覚えてない・・・ダグと...
ザ・タウン (Memoirs_of_dai)
監督は永久に不滅です 【Story】 綿密な計画を立て、ある銀行を襲撃したプロの銀行強盗一味のリーダー、ダグ(ベン・アフレック)は、思わぬ事態から支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質に。そ...
ザ・タウン (試写会) (風に吹かれて)
また会える ここか あの世で 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/thetown2月5日公開監督・主演: ベン・アフレックボストン北東部のチャールズタウンは、アメリカ
ザ・タウン (LOVE Cinemas 調布)
『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で監督として高い評価を受けたベン・アフレックの送る第2作。強盗団のリーダーと人質となった女性の恋愛模様や、仲間との絆を描いたクライムアクションだ。主演は監督のベン・アフレック。共演に『それでも恋するバルセロナ』のレベッカ・ホ...
ザ・タウン (あーうぃ だにぇっと)
1月24日(月)@新宿明治安田生命ホール。 大活躍(笑)の1日の締めくくりは “ザ・タウン”。 開場時間過ぎに会場到着。 まだ会場のシャッターが下りていた。 到着と同時にシャッターが上がり、しばらくして入場が始まる。 が、ホール内には入れず、ロビーに並...
ザ・タウン (うろうろ日記)
試写会で見ました。強盗と人質と言う関係で出会った二人ですが、主人公は、人質を見張
映画「ザ・タウン」@ヤクルトホール (masalaの辛口映画館)
 客入りは7割ほど、試写会の主権はAXNさんだ。   ★ベン・アフレック監督、最新作★[初版・映画ポスター]ザ・タウン(THETOWN)[DS] 映画の話 綿密な計画を立て、ある銀行...
ザ・タウン (5125年映画の旅)
全米一銀行強盗が多発する、ボストンのチャールスタウン。ここで生まれ育ったダグもまた、仲間と共に強盗を生業としていた。ダグは地元で暮らすクレアと恋に落ちる。しかしクレア ...
『ザ・タウン』 (こねたみっくす)
荒削りだけど、面白い。 かつて離婚したら自身の財産の半分を渡すという婚前契約をジェニファー・ロペスと交わした男と同一人物とは思えないほど、ベン・アフレックが渋く格好い ...
ザ・タウン (eclipse的な独り言)
行ってまいりました。この映画、そうとういけています。
ザ・タウン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE TOWN。ベン・アフレック監督・主演、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト、クリス・クーパ ...
ザ・タウン (悠雅的生活)
人質。ダイヤのネックレス。お天気のいい日。
映画:ザ・タウン The Town 意外にクラシカルな仕上がりにニンマリ。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ベン・アフレックの監督第2作。 橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。 チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。 彼に、強烈な個性がたく....
映画レビュー「ザ・タウン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Ost: the Town◆プチレビュー◆宿命から抜け出そうともがく青年の純愛と、クライム・アクションのからみが絶妙。監督アフレックの手腕は確かだ。 【85点】 ボストン北東部チャール ...
『ザ・タウン』 (Cinema + Sweets = ∞)
2/1に一ツ橋ホールにて、ベン・アフレック監督・主演の『ザ・タウン』を試写会で観てきました。 ベン・アフレックの主演作品ってちょっと久々に観るかなーという印象。脇役とかではちょこちょこ出てきていたとは思うけれど。 監督第2作目ということもあって、楽しみにし...
ザ・タウン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(14) ベン・アフレック久々のヒット作!
劇場鑑賞「ザ・タウン」 (日々“是”精進!)
「ザ・タウン」を鑑賞してきましたチャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となるベ...
映画「ザ・タウン」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ザ・タウン』(デジタル上映)(公式)を、初日(2/5)鑑賞。初日の深夜の回で観客は10名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら55点。後半が違っていたら、★★★★☆(5点満点で4点)でも良かった。 ざっくりストーリー ...
『ザ・タウン』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THETOWN監督・出演: ベン・アフレック出演:ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライブリー、ジェレミー・レナー公式サイトはこちら。東京国際映画祭クロージング作...
『The Town』 (キマグレなヒトリゴト)
監督としての才能はあるんだろうな、と思うんだけどね、ベンベン。 The Town Gone Baby Goneがよかっただけに、ちょっとハードルが あがっちゃったのが可哀想だけど、最初まではよかったのに!! ボストンの撮りかたとかね、凄く上手いと思うんですよ。 間違いなくボス...
ザ・タウン (心のままに映画の風景)
全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。 完璧に仕事をやり遂げてきたプロの強盗一味は、ある銀行を襲った時に、支店長のクレア(レベッカ・ホール)を人質にする。 クレアは無事解放され...
「ザ・タウン」 その街こそもう一人の主役 (はらやんの映画徒然草)
アメリカの中でも古い街の一つ、ボストンの一角のチャールズタウンは世界でも最も銀行
ザ・タウン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE TOWN】 2011/02/05公開 アメリカ PG12 125分監督:ベン・アフレック出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、タイタス ...
★ザ・タウン(2010)★ (CinemaCollection)
THE TOWNボストンの一角。肉体労働者が住む地区は銀行と現金輸送車強盗が世界で一番多いチャールズタウン。この街で銀行強盗は 職業のように、父から子へ受け継がれる。ー...
ザ・タウン (Akira's VOICE)
犯罪を甘く描いたらダメだ! 
ザ・タウン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アイルランド系移民で強盗という稼業から抜け出そうとする主人公の葛藤を、激しいアクションとリアルな脚本やロケで見せる濃い内容の作品になった。すべてを捨てないと街を出ることができない現実を証明している。こういう実在する土地で現代を舞台にして映画が作れてしま...
『ザ・タウン』・・・きょうは晴れた日だから (SOARのパストラーレ♪)
クライムアクションとしての見応え、そしてこの手のジャンルらしからぬ温かな余韻を残すラスト。どちらも私の好みにピタリとはまった。 銀行や現金輸送車を襲った犯人たちが繰り広げるド派手な銃撃戦やらカーチェイスをこれでもかと見せておいて、最後は観客の想像に委ね...
『ザ・タウン』 (purebreath★マリーの映画館)
この街に残るか、先へ行くか。ボストンの一角。肉体労働者が住む地区は 銀行と現金輸送車強盗が世界で一番多いチャールズタウン。この街で銀行強盗は 職業のように、父から子へ受...
映画 「ザ・タウン」の感想です。 (MOVIE レビュー)
映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと共同執筆した「グッド・ウィル・ハンティング(1997...
ザ・タウン (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ベン・アフレック 【出演】ベン・アフレック/ジョン・ハム/レベッカ・ホール/ブレイク・ライブリー/ジェレミー・レナー/ピート・ポスルスウェイト/クリス・クーパー/タイタス・ウェリバー/ 【公...
『ザ・タウン』 | 大傑作です。 (23:30の雑記帳)
アメリカでは 「数十年に一本のクライム・ドラマの傑作」 とまで評価する向きもあるようですね。 全面的に同意します。 クライム・ドラマって、見終わった後は どんなに面白 ...
ザ・タウン/試写状 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたのは、ハメット賞を受賞したチャック・ホーガンのミステリ小説を映画化した「ザ・タウン」(原題:THE TOWN)の試写状。 2007年に公開された「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(原題:GONE BABY GONE)以来、ベン・アフレックが2度目のメガホンを取った犯罪映画...
厄介な絆の形。『ザ・タウン』 (水曜日のシネマ日記)
強盗団の一員として現金強奪を繰り返して生き抜いている犯罪の町に生まれ育った宿命を背負った男の物語です。
「ザ・タウン」 THE TOWN (俺の明日はどっちだ)
・ 舞台は銀行強盗発生率が全米一高い街と言われるボストン、チャールズタウン。 そんな犯罪多発地帯で生まれ育ち、父親と同様に強盗を生業として暮らしていた男が、銀行強盗をきっかけに出会った女性と恋に落ち、やがて新しい自分に生まれ変わるべく、この「街」を出て行...
7.ザ・タウン (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 261オープニング土日動員: 4万3813人オープニング土日
ザ・タウン・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ベン・アフレック監督・主演によるクライム・サスペンス。 全米一の犯罪多発地帯、強盗こそが住人の“ビジネス”となっている街、それが「ザ・タウン」だ。 生まれ育った街の呪縛から逃れ、新しい人生を歩みだ...
ザ・タウン (こんな映画見ました〜)
『ザ・タウン』---THE TOWN---2010年(アメリカ)監督:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック 、 ジョン・ハム、 レベッカ・ホール、 ブレイク・ライヴリー 、 ジェレミー・レナー  チャック・ホーガンのハメ...
ザ・タウン (晴れたらいいね〜)
2月上旬上映開始もんでは、これがいっちゃん観たかった!隙あらば、ベン・アフレックは顔が嫌いだの、しゃべり方が嫌だとか、散々ほざいてしまってますが、初監督作「ゴーン・ベイ ...
「ザ タウン」 (Con Gas, Sin Hielo)
それはしがらみの象徴。 タイトルが「タウン」である。都市でもなく村でもない独特のねっとり感。 その昔「シムタウン」というゲームがあった。「シムシティ」同様に町を発展させるのが目的なのだが、道を歩いている人の顔がはっきり見えるのが大きな違いだった。 顔....
その街の男〜『ザ・タウン』 (真紅のthinkingdays)
 THE TOWN  ボストンのチャールズタウン。犯罪の多発するこの街で生まれ育ち、幼馴染と 銀行強盗を繰り返すダグ(ベン・アフレック)。彼は人質として拉致した銀行の支 店長クレア(レベッカ・...
7.ザ・タウン (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 261オープニング土日動員: 4万3813人オープニング土日
ザ・タウン (だらだら無気力ブログ)
チャック・ホーガンのハメット賞受賞のミステリー『強盗こそ、われらが 宿命』を、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」に続いてこれが監督2作目となる ベン・アフレックが自ら主演も兼任して映画化した犯罪ドラマ。 強盗を家業とする主人公が、ある女性を愛したばかりに仲間...
ザ・タウン ()
人は生まれるときに その生まれを選ぶことはできない 一発逆転など 世の中のほんの一握り 誰が道端の花を温室に移すだろうか 反対に 温室の花に、道端で咲け! やれるはずだ! と誰がそんな酔狂なことをするのか 強盗稼業が脈々と受け継がれる街に生ま
ザ・タウン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
監督第1作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」が好評を博した俳優ベン・アフレック(「消されたヘッドライン」)が主演も兼ねた監督第2作。ボストン北東部の犯罪多発地帯を舞台に、犯罪 ...
この 町 だから (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「ザ・タウン」を鑑賞しました。 銀行強盗犯のリーダーと人質にされた女性の愛 強盗仲間、家族、警察、タウンでの人間ドラマ ベン・アフレック監督・主演 良く出来た クライム・ドラマでした ストーリーとしては そこまでのことはないのですが ...
ザ・タウン(2010)◆◇THE TOWN (銅版画制作の日々)
チャック・ホ―ガン原作の『強盗こそ、われらが宿命』を元に映画化。ベン・アフレックが主演と監督を兼ねている作品です。銃撃シーンはやカ―チェイスはスリル溢れていると思いました。ただ物語全体はちょっと物足りなさがあるなあなんて思いました。 全米屈指の強盗多...
ザ・タウン 地元のしがらみが今は懐かしい (労組書記長社労士のブログ)
【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。 仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた....
『ザ・タウン』 (The Town) (Mooovingな日々)
年に300件以上の銀行強盗が起こるボストン郊外のチャールズタウン。全米一、銀行強盗発生率の高い街である。その街で生まれたダグ・マクレイと幼なじみで兄弟のように育ったジェム、そしてデズ、グロンジーは今やプロの銀行強盗団だ。犯罪者で刑務所に収監されている父を...
『ザ・タウン』はスウィートな犯罪映画だよ。 (かろうじてインターネット)
 今回は第二のクリント・イーストウッドではないかともっぱら評判のベン・アフレック監督『ザ・タウン』の感想でございます。  観に行った映画館はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。なんだろ話題性に反して...
映画「ザ・タウン」を見て、長崎の「まちづ... (映画と出会う・世界が変わる)
ジャンルとしてはクライムサスペンスにラブロマンスをまぶしたものと言えようか。ラブロマンスも、犯罪の加害者と被害者で、被害者である女性は、相手の男性が加害者であることを知...
生まれたところを遠く離れて(…生きてみたい) ベン・アフレック監督・主演『ザ・タウン』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。前作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が高い評価を受けたベン・アフレック監督第2作『ザ・タウン』主演もベン・アフレック。共演は「それでも恋するバルセロナ」のレベッカ・ホール、「
ザ・タウン (みすずりんりん放送局)
 『ザ・タウン』を観た。  【ストーリー】  広大なアメリカのどこよりも、銀行強盗が多発している小さな街がある。  ボストンの北東部に位置するチャールズ・タウン。  そこに暮らす者たちは、愛情...
『ザ・タウン』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー...
ザ・タウン (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ザ・タウン/THE TOWN 2010年/アメリカ/125分 監督: ベン・アフレック 出演: ベン・アフレック/ジョン・ハム/レベッカ・ホール/ブレイク・ライヴリー/ジ...
ザ・タウン / The Town (うだるありぞな)
ランキングに参加してます。 クリックお願いします。    全米屈指の強盗多発地区、ボストンのチャールズタウン。この街に生まれ育ったダグは、かつては輝かしい将来を夢見ていたものの、今では父親と同じ道を進み、気心の知れた幼なじみたちを率いて銀行強盗を....
『ザ・タウン』 ボストン犯罪映画 (Days of Books, Films )
The town(film review) アメリカ映画で犯罪ものといえばニュー
ザ・タウン(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ちゃんと観るのって久しぶり、ベン・アフレック。 「ザ・タウン」を観たよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、タイタス・ウェリヴァー 上映時間:125分 ...
その街の強盗たち ベン・アフレック 『ザ・タウン』 (SGA屋物語紹介所)
うわああ気がつけばまた一週間更新が空いとったw 本日は日本ではどちらかというとバ
THE TOWN (naguCo.com)
意外に女性受けも良いと評判の本作品 ボストンで最も治安の悪い地域に生まれ育ち 家業のように強盗を繰り返して生きる男たち そんなある日、してはいけない恋に落ちる 運命を変えようと奔走し最後の悪の手を染めるその時 傷つけてしまった彼女の愛を知る 『強盗こそ、わ...
[遅ればせながら、映画『ザ・タウン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆すまんね、今、風邪か花粉症かわからない状態で、体調が悪い。  本日は2本観る予定だったが、この『ザ・タウン』を観て、いったん外に出たら、もの凄い寒気に襲われ、帰宅を決めた。  だから、短信です。  でも、映画を観る前も体調は万全じゃなかったが、映画を...
ザ・タウン (メルブロ)
ザ・タウン(原題:THE TOWN) 348本目 2011-08 上映時間 2時間5分 監督 ベン・アフレック 出演 ベン・アフレック(ダグ) 、 ジョン・ハム(フローリー)      レベッカ・ホ ...
ザ・タウン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。  いずれも...
『ザ・タウン』 事件のたびに変わるのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。  1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。  本作では、後の...
映画『ザ・タウン』を観て (KINTYRE’SDIARY)
11-13.ザ・タウン■原題:TheTown■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッ...
ザ・タウン (The Town) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★ 私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅前にはサラリーマン族や商店などちょっと裕福な人が集まり、線路を...
ザ・タウン (銀幕大帝α)
THE TOWN/10年/米/125分/犯罪ドラマ・アクション/PG12/劇場公開 監督:ベン・アフレック 原作:チャック・ホーガン『強盗こそ、われらが宿命』 脚本:ベン・アフレック 出演:ベン・アフレック、ジョン・ハム、レベッカ・ホール、ピート・ポスルスウェイト ....
ザ・タウン (いやいやえん)
ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わっ
ザ・タウン (いやいやえん)
ベン・アフレックってちょっと苦手。でも監督としての手腕はなかなか良いと思います。前作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」も素晴らしかった。 たくさんのしがらみと因縁が、ダグをこの土地に縛り付けている。銀行強盗のリーダー格でブレインであるダグが人質として関わっ...
ザ・タウン (green grass)
どこで見たのか忘れてしまったけれど、予告編を観て、夫が面白そうだと言っていた映画『ザ・タウン』をレンタルして観ました。ベン・アフレック監督&主演。...
ザ・タウン (A Day In The Life)
劇場にて観賞 解説 俳優として活躍する一方、前監督作『ゴーン・ベイビー・ゴーン』が 高い評価を受けたベン・アフレックの監督第2作。 強盗団のリーダーと人質女性の愛を軸に、犯罪都市に生きる者たちの 生きざまが描かれる。 監督のベン・アフレックが主演...
【映画】ザ・タウン…アフレック夫妻には厳しい私だったが。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
サブタイトルのアフレック夫妻に厳しい私…云々は映画「バレンタインデー」の記事を併せて参照ください さて久しぶりの更新 寒くなって来るとパソコンの前に座るのも億劫でですねぇ 最近の近況ですが… 昨日2011年12月18日(日曜日)、娘が貯めていたお小遣いでAndroid...
ザ・タウン (ダイターンクラッシュ!!)
2013年6月2日(日) 録画再生(BS プレミアム 2013年5月24日23:45放送) 強盗一家の2代目阿呆面ベン・アフレック。 人質とした元銀行支店長と恋仲に。 どういう訳か優秀なFBIが阿呆と仲間の仕業と突き詰め、支店長の家で待ち構える。 襲撃場の球場には、大量の警官隊...