我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

ブルージャスミン/BLUE JASMINE

2014-05-17 23:53:53 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

ケイト・ブランシェットがアカデミー賞で主演女優賞受賞の

ウディ・アレン作品

 

基本的にアレン爺出てない方が好きとは以前も書いたかもだけど今回も監督&脚本のみ。

 

 

ニューヨークで、裕福な実業家の夫ハルとリッチな生活を送っていたエレガントな女性ジャスミン。

ハルが詐欺師だったため、逮捕され息子は出て行き、全てを失い今や酒と精神安定剤が手放せない。

庶民的なシングルマザーの異母姉妹である妹、ジンジャーの元に身を寄せるが、

そこには妹と結婚し一緒に住みたがってる男が。

そしてジャスミンはセレブ気分が抜けない。

今まで働いた事もなく優雅に暮らしてきたジャスミンはプライドも高く

仕事も男も選ぶので、こんなどん底の状況ではうまくいかない。

パーティーで知り合った独身のエリート外交官ドワイトに見初められ

ついに品良く金もありそうな男を見つけたと付き合い始めたジャスミンは、上流階級への返り咲きを夢見る

 

夫、ハルにはアレック・ボールドウィン

 

妹ジンジャーにサリー・ホーキンス、

 

ジンジャーの低俗な恋人、アルにボビー・カナヴェイル。

 

そしてやっと出逢ったリッチな男、ドワイトに

胡散臭くて最低男が板についてる、ピーター・サースガード。

今回も、騙すのか?はたまた珍しく騙されるのか? 笑

 

相変わらず、アレンのシニカルなブラックさが効いたコメディドラマ

セレブ人生から転落し、苦労知らずに生きて来た一人の女の破滅(再生はなし)

 

 

8/10(80点)

 

夫に養ってもらい何不自由なく暮らしてきたセレブ身分の人間が

ある日突然、貧乏生活になり、それまで鼻にもかけていなかった人間たちの世話になる。

人生の歯車が狂ってしまったことで、謙虚に慎ましくなる事も大事なのに

あくまで自分を貫き通しプライドは捨てない。

思いやりも忘れ、笑顔も幸せも、失っていく。

やがて全てから見放され頼る人もなくとことん孤独に陥っていく

本当の意味での転落人生。

 

どんどん精神的に参っていく。

上品イメージのケイトがハマりすぎるほどの絶妙な演技力で魅せる。

そしてサリー・ホーキンス演じる腹違いの妹がまた、対照的すぎて面白い。

妹の下品で粗野な恋人が気に入らない、自分に寄ってくるその下品な友人の男も願い下げ。

働いた事もないし金はない、が妹の家に転がり込んだままも困るので

好きなインテリアコーディネートの資格でもとろうと思いつくも学校は高いし無理。

じゃあネットで資格を取ろう!となるが、パソコン音痴。

ならばパソコン教室に通って、、、、とかなりの遠回りが笑える。

仕方ないから歯医者の受付のバイトを始めるも、医者のセクハラで続かず。

やっとのことでパーティで声かけて来た男が、別荘を買ったばかりの金も地位もある男。

このチャンスを逃すまいと、息子がいること、犯罪で別れた夫がいることも隠し

インテリアコーディネーターだと偽ってゴージャスな未亡人のふり。

うまい事騙し、プロポーズされるまでにこぎつくけど、、、、、

とアレン独特の脚本の流れがやっぱり秀逸。

 

いつも騙す側ばかりのピーター・サースガードが今回はどっちだ?と思いながら観るのも楽しい。

今回は見事に騙されそうになって一気にキレる。笑

そしてジャスミンはどん底。

最終的に精神が増々ぼろぼろになってほぼすっぴんで独り言を言いながら歩く姿が

可愛そうというか怖いというか、

何とも哀れとしか言いようがない。

 

 

 

ニューヨークでのセレブ生活が崩壊し、妹の住むサンフランシスコへとやって来たジャスミン。質素な生活を送る妹の厄介になりながらも、虚栄心が捨てられず に周囲にまるで馴染めない。おのずと精神もますます疲弊していく。それでも華やかな生活を諦めることができず、再びセレブな舞台への返り咲きを期して躍起 になるジャスミンだったが…。

 

映画『ブルージャスミン』本年度アカデミー賞(ケイト・ブランシェット)主演女優賞受賞!

 公式サイト

 BLUE JASMINE           2013年    アメリカ    98min

5月10日より公開中~

 

 

 

 

アレン爺の次の作品は、監督作ではなく出演で

ジョン・タトゥーロ監督作 タトゥーロと共演で日本では7月公開

「ジゴロ・イン・ニューヨーク」

 

7月撮影開始が決定した監督としての最新作は、

「マジック・イン・ザ・ムーンライト / Magic in the Moonlight」で

ホアキン・フェニックスとエマ・ストーンが主演。こちらも楽しみ♪

 

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (14)   Trackbacks (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 肉/WE ARE WHAT WE ARE | TOP | ヴィオレッタ/MY LITTLE PRIN... »

14 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白かったね! (ノルウェーまだ~む)
2014-05-18 12:32:34
migちゃん☆
この作品、面白かったね~なかなかに怖くもあるけど・・・
ケイト上手かった!
ピーターサースガードも、お?そうなるかー?と思ったわ。

熱海の懐かしいホテル、楽しめたみたいで良かったね~♪
温泉5回も入ったのー??(笑)
いいなー
嘘吐き (RYU)
2014-05-18 15:16:57
はじめまして。

愛知では、名古屋方面に行かないと上映していないのですが、面白そうな映画ですね!

セレブというのは、どこか抜け出た才能があるのだと思いますが、余裕のあった時期に比べて、人生が変わってしまう、というのは、どこかで譲るところを、見つけられないといけないのだと思います。

自分も金ないですがw、物質だけが全てでない、というのは、まともに自分の欲望に正直になっていない、嘘吐きであるからかも知れません。恵まれ過ぎた生活や環境というのは、欲を堕落させるもので、金にも恵まれ、ホーキンスさん演じる人にも恵まれている、というのは、本当の転落劇ではなかったのではないでしょうか。

多分、このストーリーには、違うところで続きがあると思います。多分、監督の方というのは、本物の破滅というのを知らないんでしょうね。サンフランシスコに家族が居て、そこが駆け込み寺となった、というのは、夢破れても誰しも最後の絆がある、ということでしょう。人事とは思えないストーリーですがw、独裁的なんですよね、きっと。

それでは失礼しました。
こんばんわ (にゃむばなな)
2014-05-18 23:19:41
他人の不幸は蜜の味とはよこう言ったもので、こういう嫌な女の転落劇はどこか楽しく、でもどこか可哀想でもあるんですよね。
普通の映画ならこのどちらかの感情へと持っていくものですが、さすがは御大。両方とも味あわせてくれるところに類稀なる実力を改めて感じましたよ。
まだーむ☆ (mig)
2014-05-19 17:06:30
ケイトもうまかったけど
内容もまた面白かったわ~さすがアレン爺。
うまいことシニカルコメディ。
熱海、あのときは3回くらいしか入らなかったんだよね、あんなに塩分濃い温泉て気づかなかった!
お風呂は計6回も入っちゃったあの吊り橋もまたわたったよ♪
あ、プリズナーズのTBきてなかったよー
RYUさん☆ (mig)
2014-05-19 17:08:35
はじめまして、コメありがとうございます。

>監督の方というのは、本物の破滅というのを知らないんでしょうね。

いやいやかの有名なウディ・アレン作品ですよ 笑
まぁ面白くする上での設定であってそこまでリアルさを追求する人ではないので
いかに皮肉をこめて面白く人生を語るか、でしょうか。
上映されたらぜひ観てくださいね☆
キャスト含め、おすすめです~。

にゃむばななさん☆ (mig)
2014-05-19 17:10:06
まったくその通りですね。
ウディアレンならではの作風ですよね。
加えて初参加のケイトもハマりすぎなほどよかったし
セレブとは真逆の妹やその彼氏との対比もまた面白かったですね♪
次回作も楽しみ。

migさん (RYU)
2014-05-20 23:59:37
アレン映画観ました♪

自分のブログの方で、勝手に旧作だったですが、面白いですよ。なにか、距離感があるスタイルでしたね。

BJのジンジャーも、引いてる分だけ、客観的かつ冷酷にいじる事ができるのでしょうが、それって、大衆が求めるゴシップの基本なんですよね。

人間に迫り過ぎると、真実であったり、擁護に回らざる得ない、でも、適度に引いて、外野のマスコットとして、言うだけ言うなら、行動によって責任を取る必要もありません。

だから、リアリズムから離れざるを得ないのでしょう。それが楽観の秘訣なのでしょうが、どうも、migさんのレビューを観る限り、辛味もあるようで(笑)。

先日チェックしたところ、豊橋では上映予定はないみたいなので、アレン氏の旧作をなぞろうかな、と想っています。
RYUさん☆ (mig)
2014-05-22 22:35:13
アレン映画はそれこそ70年代からすごーくたくさん撮ってる人なので色々ありますが、
基本皮肉=シニカルなコメディが多いです。
それも、人生や人の性格や運命などを。
キャストもほんとにうまい人を起用しますし、
そのときそのときのハマった女優を使ってます。
ここ最近アレン爺がハマっていたスカちゃん(スカーレットヨハンソン)出演のはアレン作品初心者でもみやすいかと思いますのでおすすめですよ。
あとは去年のオスカーで話題になった
ミッドナイトインパリとか。
昔のももちろんいいです。いつもJAZZを使った音楽も素敵だし。

残念なひと (クラム)
2014-05-24 17:30:01
C.ブランシェット、主演女優賞とっていたんですね。忘れてました。
でも、戴冠にふさわしい怪演でしたね。

それにしても、これほど救いようのない転落なのに、
いつもと同じシニカルなコメディに仕上がっているところが憎いです。

P.サースガードって、そんなに騙す役が多いのですか?
クラムさん☆ (mig)
2014-05-25 00:22:16
あは。つい最近なので記憶に新しいです
シニカルで、でも面白いんですよね。リアルで。

ピーターサースガード、騙すというかめちゃやなやつ。最近だと
ラヴレースや17歳の肖像でも騙す最低男。
ホラーで普通の父親とかもありますけど。
こんにちは (たいむ)
2014-05-26 17:49:53
まさしくシニカルコメディ。
ケイトが実にうまくはまってましたねー。
ジャスミンがあまりに哀れすぎて、また再起させてあげたくなってしまいましたが、自分でしでかしたことと思うと冷めた目で見る感じでもあり。
たいむさん☆ (mig)
2014-05-29 00:37:11
こんばんは~
ほんとケイトはハマり役でこういうセレブで、
プライド高くてってほんとにそんな風にみえちゃいますよね、悲しい女って 笑
哀れですよねこういう女っているんだろうなって思わせるリアルがうまい、さすがアレン爺♪
まさか (sakurai)
2014-06-19 09:41:59
爺さんがジゴロじゃないでしょね!
そうそう、サースガードが出てきて、なんかありそう・・と思ったのですが、珍しく普通の人?!
やっぱ、貫録のケイトさんでしたね。オスカーも納得でした。
sakuraiさん☆ (mig)
2014-06-21 23:26:56
こんばんは~☆
そうー、珍しく騙される側でしたね!
最近だとラブレースという映画でも最低の男でした 笑 ほんとこのかた、ハマりすぎだけど
ケイトもハマってた!!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

29 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
「ブルージャスミン」イタいな~、イタ過ぎるよな~。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ウディ・アレン] ブログ村キーワード  しばらくヨーロッパを徘徊…、放浪…、もとい!ヨーロッパを拠点に、各地(ロンドン、バルセロナ、パリ、ローマetc,etc)で映画を撮っていた“名匠”ウディ・アレン 監督が、アメリカへ戻って撮った新作「ブルージャスミン」(ロング...
【 ブルージャスミン 】虚飾の花 (映画@見取り八段)
ブルージャスミン~ BLUE JASMINE ~     監督: ウディ・アレン    出演: ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、ピーター・サースガード、ルイス・C・K、ボビー・カナヴェイル、アンドリュー・ダイス・クレイ、マイケル・ス...
ウディ・アレン監督、ケイト・ブランシェット主演『ブルージャスミン(Blue Jasmine)』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『ブルージャスミン』(Blue Jasmine)ウディ・アレン監督ケイト・ブランシェットが本作でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)の主演女優賞を受賞した(他、各種映画賞多数)物語・ジャス
劇場鑑賞「ブルージャスミン」 (日々“是”精進! ver.F)
見栄の果てに… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405100001/ ※GW期間限定【300円,100円クーポン】【メール便送料無料】SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【ブ...価格:5,029円(税込、送料別) スペシャル・プライ...
『ブルージャスミン』 (2013) (相木悟の映画評)
ウディ・アレンが届ける、苦~いシニカル・コメディ! 喜劇なのか、悲劇なのか、苦笑をまじえつつ複雑な後味の残る匠の逸品であった。 本作は、ルーティン・ワークな映画製作を己に課し、職人的に独自のアート路線を快走するウディ・アレンの監督第44作。最近はアメ....
「ブルージャスミン」☆しあわせの見つけ方 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
ケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を獲得した作品。 他の作品の女優たちも、かなりいい演技だったからケイトが突出して素晴らしかったとは思えないけど、自然体でありながらも、人生に翻弄されて戸惑う心を表現した彼女の演技はやっぱり見事だった☆
ブルージャスミン ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
ウディ・アレン監督がケイト・ブランシェットをヒロインに迎え、サンフランシスコを舞台に転落人生の中でもがき、精神を病んでいく姿を描くドラマ。ニューヨークでセレブ生活を送っていたものの夫も財産も失ったヒロインが妹を頼りにサンフランシスコに引っ越し、再生しよ...
ブルージャスミン (そーれりぽーと)
『8月の家族たち』のメリル・ストリープの熱演を上回って、本年度アカデミー賞主演女優賞をケイト・ブランシェットが受賞した『ブルージャスミン』を観てきました。 ★★★★ これは、ケイト・ブランシェットに軍配が上がったのに納得。 何もかも失ったストレスで頭おか...
ブルー・ジャスミン Blue Jasmine (映画の話でコーヒーブレイク)
いよいよ明日10日から公開です。 ここ数日、テレビで予告CMが流れています。 でも…なんだか違和感が。 「わたし、これでオスカーをとりました」というキャッチコピーにかぶるケイトの形相がすごい! どちらかというとコメディーかな?っとおもえるようなイメージです。 ...
『ブルージャスミン』 (こねたみっくす)
虚飾とは哀れなり。 何とも滑稽でビターなブラックコメディだこと。さすがウディ・アレン監督といいましょうか、第86回アカデミー賞主演女優賞を受賞したケイト・ブランシェット演 ...
ブルージャスミン (あーうぃ だにぇっと)
ブルージャスミン@一ツ橋ホール
「ブルージャスミン」 (セレンディピティ ダイアリー)
ウッディ・アレン監督の最新作、「ブルージャスミン」(Blue Jasmine)を
ブルージャスミン (心のままに映画の風景)
ニューヨークでセレブ生活を送っていたジャスミン(ケイト・ブランシェット)は、夫ハル(アレック・ボールドウィン)のビジネスが崩壊し、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。 再出発を図ろうとするものの、質素な...
『ブルージャスミン』 (My Pace, My Self)
昨日のレイトショーで『ブルージャスミン』鑑賞 札幌駅のお店は21時で終わりなのに上映開始が21時45分ということで、時間潰すのがちょっとしんどかった レイトショーだと帰宅が日付変わる頃だから翌日こうして感想を書こうにも記憶が薄れてしまう(汗) 先週観た2作も...
『ブルージャスミン』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ブルージャスミン」□監督・脚本 ウッディ・アレン□キャスト ケイト・ブランシェット、サリー・ホーキンス、アレック・ボールドウィン、       ピーター・サースガードド、ルイス・C・K ■鑑賞日 5月11日(日)■劇場 ...
「ブルージャスミン」 (Con Gas, Sin Hielo)
虚構の城郭が消え失せてもなお。 コメディではないW.アレンはひさしぶり。彼自身が出てこないこともあって、会話の洪水は鳴りを潜めているが、その代わりにC.ブランシェットの表情がすごい。 もちろん脚本や演出がこなれているのも事実だが、この救いがたい転落女性を....
ブルージャスミン (あーうぃ だにぇっと)
ブルージャスミン@一ツ橋ホール
「ブルージャスミン」みた。 (たいむのひとりごと)
第86回アカデミー賞でケイトが主演女優賞を受賞したこともあって公開を楽しみにしていた作品。もっとコメディ色が強いのかなと思っていたけれど、さすがオスカー受賞というべきか、ケイト演じるジャスミンの滑稽さ
ブルージャスミン (to Heart)
原題 BLUE JASMINE 製作年度 2013年 上映時間 98分 脚本:監督 ウディ・アレン 出演 ケイト・ブランシェット/アレック・ボールドウィン/ルイス・C・K/ボビー・カナヴェイル/アンドリュー・ダイス・クレイ/ピーター・サースガード ニューヨークでのセレブ生活が崩壊し....
ブルージャスミン (映画的・絵画的・音楽的)
 『ブルージャスミン』を吉祥寺バウスシアターで見ました(これで同館は見納めになるかもしれません)。 (1)およそ1年ぶりのウディ・アレン監督作品であり、主演のケイト・ブランシェットがアカデミー賞主演女優賞を受賞したということで映画館に行ってきました。  本...
ブルージャスミン (こんな映画見ました~)
『ブルージャスミン』---BLUE JASMINE---2013年(アメリカ)監督:ウディ・アレン 出演:ケイト・ブランシェット 、 アレック・ボールドウィン、 ボビー・カナヴェイル 、ピーター・サースガード、 サリー・ホーキンス ウディ・アレン監督が初顔合わせとなる...
映画:ブルー・ジャズミン Blue Jasmine 落ちぶれた元 NYセレブ主婦を演じるケイト・ブランシェット。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
公開が近くになってからアップしようと思っていたのだけど、公開が5月(観て半年以上も先!)と知り、お先に。 今回の主演はケイト・ブランシェット。 彼女の演技が注目されており、いよいよ主演女優賞でオスカー獲得か?と騒がれている。 (The Aviatorでキャサリン...
憂鬱な夜に咲く花~『ブルージャスミン』 (真紅のthinkingdays)
 BLUE JASMINE  ニューヨークからサンフランシスコへやってきたジャスミン(ケイト・ブラン シェット)は、夫が逮捕されたため、セレブから無一文に転落していた。血 の繋がらない妹で、シングルマザーのジンジャー(サリー・ホーキンス)の ...
ブルージャスミン/ケイト・ブランシェット (カノンな日々)
主演のケイト・ブランシェットが見事オスカーを獲得したウディ・アレン監督の最新作です。サンフランシスコを舞台に一人の女性転落人生を描くシリアスなドラマだそうで、今作はロ ...
ブルージャスミン 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ウディ・アレン監督の新作で主演のケイト・ブランシェット が第86回アカデミー賞主演女優賞を受賞した映画 「ブルージャスミン」が公開されましたので観に行って きました。 ブルージャスミン 原題:BLUE JASMINE 製作:2013アメリカ 作品紹介 ウディ・アレン監督が...
ブルー・ジャスミン (迷宮映画館)
ケイトのうまさに尽きる。
ブルージャスミン (いやいやえん)
【概略】 かつてN.Y.セレブリティ界の花と謳われながら、今では結婚生活も資産もすべて失ったジャスミンが、虚言と現実逃避を繰り返し、次第に精神のバランスを崩していく。 ドラマ 「ジャスミンという名前に変えたの ジャネットなんて平凡だもの」 かつてセレ...
ブルージャスミン(2013)**BLUE JASMINE (銅版画制作の日々)
 虚栄という名の花 Movix京都にて鑑賞。久しぶりに映画館へ・・・。どうしても観たかったこの作品。ケイト・ブランシェット、さすがでした。落ちぶれたセレブがとてもお似合い。落ちぶれても過去の栄光を引きずるところなんてナイス演技で、思わず笑ってしまいまし...
「ブルージャスミン」 (或る日の出来事)
わりと笑えるのと、サリー・ホーキンスさんがいいのと。