我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

FRANK -フランク-/FRANK

2014-10-05 21:37:00 | 劇場&試写★4 以下

 

 

マイケル・ファスベンダーが、かぶり物を絶対とらない実在のバンドマンに扮する

ということへの興味だけで気になってたこの作品。

 

イギリスのコメディ(笑い)って、個人的にはあまりウケないのが多いんだけど。

コメディだと思ったら、自分の中の心の病からかぶり物を外せなくなった切ない男、フランク。

その理由は最後まで明かされない。

かといってシリアスドラマでもなく中途半端。

コメディというジャンルにするにもあまりに笑えない、独特なヘンな映画だった。

 

実在した英国のコメディアン、クリス・シーヴィーをモデルにした

謎多きミュージシャンを演じるインディ・コメディ。

 

主演はマイケル・ファスベンダー演じるフランクでもあるが、

同時に語られて行くのは、ミュージシャンを夢見る冴えない、男ジョン。

観たばかりの「アバウト・タイムで主演演じた注目の男、ドーナル・グリーソン。

 

マイケル・ファスベンダーは、ずっと顔なしだと思ったら

最後の8分くらいの間にちょこっと顔だし。

 

フランクの側にいてテルミンなど担当のキツい女クララに

マギー・ギレンホール。

 

ほんっとみてて苛つく女でした

キャラとしての魅力も感じず、、、、

 

監督は特に有名な作品も撮っておらずこれが3作目のレニー・アブラハムソン

 

 

誰よ、脚本~!?と思ったら、なんと原作があり、脚本と原作は

数年前にジョージ・クルーニーやユアン出演なのに全くひどくて笑えなかったコメディ、

ヤギと男と男と壁と」と同じ原作者ジョン・ロンソン という人。

あー、納得、、、、。

 

共同脚本も務めた作家ジョン・ロンソンが実際にクリス・シーヴィー扮するキャラクター

“フランク・サイドボトム”のバンドに参加した体験談をベースに、いくつかのエピソードを織り交ぜフィクションとして映画化。

だって。

 

4/10(44点)

 

 

 ややネタバレあり。内容に触れてるのでこれから観る人注意

「ヤギと~」よりはまだマシだけど、ノレず。

しっかり寝た日だから眠気はこなかったけど。 キャラがクレイジーなへんな映画。

ヘンな映画は好きだけど、これは脚本がつまらない。

冴えない主人公ジョン演じた赤毛のドーナル・グリーソンはいいけど内容が引込まれない。

 

皆フランクになりたがる。

とあるが、そこまで魅力的に描かれないのが大問題。

もっと彼を魅力たっぷりにしてもいいんじゃない?愛すべきってほどにはならず。

 

冒頭、常にメロディを考えパソコンに打ち込んで作曲してるジョン、

自分の日常はTwitterで報告。フォロワーはたったの14人くらいだけど。

ある時、キーボード担当が海で自殺する場面に居合わせて

たまたま自分もキーボードが出来ると言ったことで、そこにいたバンドのリーダー

フランクから声がかかりバンド出演を急遽依頼されるも

ただの町の喫茶店みたいなとこで演奏するだけ、しかもその曲がまたひどい。

で、その後アルバムを作る事になり森の別荘?に引きこもり

自然の中で曲作りと練習がはじまる。メンバーにとけ込もうとするが、好かれない。

メンバーも誰も、フランクの素顔を知らない。

そして決してかぶり物をとろうとしない。(でも普通に喋る。食べる時は流動食?液体ものをストローで)

どうしてか?というところで多分、その興味だけでひっぱるんだけど

かぶり物をいきなり外してゴミ箱?に捨ててるシーンなどあるけど

本人シャワーシーンになるとやっぱりかぶってて、どうやらいくつかあるらしい。 笑

そんなシーンでくすっと笑ってる人は数人いたが笑えず。

つまらないケンカや、お金底ついてジョンが祖父の遺産のへそくりで出す云々とだらだら続く。

森にこもってる間じゅう、ドーナルくんはこんな風。

 

 

ジョンが密かにYouTubeの動画にアップしてたことからどこかの地域のライブイベントの誘いがきて

張り切って行くも、そんだけのアクセス数じゃ普通と言われ、結局色々ありメンバーも離れ

ステージにジョンとフランク二人で立ち、今日が人生最高の日と思った瞬間

一気に絶望へ。

 

あることでキレたジョンはフランクにかぶり物を取れ。というが

道路に飛び出しそのまま車にひかれるも走って消えてしまう。

 

ようやく実家を突き止めて行くと本人が素顔のままいる。

精神的に昔から写真も嫌がり顔を出す事も拒んだような事が両親から明かされるが

ちっぽけなライブハウスだかカフェで三人でしょぼい演奏と歌でバンドを続けてた

クララたちの前に現れて素顔のままで歌うフランク。

 

こう文章にしてるとなかなかいいお話のように感じるが

フランクの心の葛藤などがそれまで描かれていたわけでもないし

それまでヘンな映画としての印象が強いまま急に哀しさ誘うエンディングにされても、、、という気持ちで

終わってしまったので  えーこんなか。

という印象でした~

 

こういうのはハマる人はハマっちゃうんだろうなー

わたしはダメ。

気になってる方はぜひ☆

個人的にはおすすめできません 

ファスベンダーファンにも、

最後のちょこっとくらいしか顔を見せないので余計にフラストレーションかもだし  笑

 

 

 

ミュージシャンを夢見る青年ジョンは、ひょんなことからキーボードの代役としてインディ・バンド“ソロンフォルブス”のライヴに飛び入りで参加すること に。ところが、そのバンドでフロントマンを務める男フランクは、なんと巨大な張りぼてのマスクを被っていた。しかも、プライベートでも決してマスクを脱がない筋金入りの変わり者だった。やがて人里離れた湖畔の小屋で始まったバンドのレコーディング合宿にも参加することになったジョンだったが…。

 

 

 映画『FRANK -フランク-』予告編

 

 

 公式サイト 

FRANK   2014年    イギリス=アイルランド    95min

10月4日より、公開中~

 

プレミアにて

 

 

かぶり物しちゃってるから演技どうこうはいまいちわからない

正直、誰でもいい感じではあったな   笑

と思ったけどラストでのうまくない歌が重要なのかも 

 

ファスベンダーのお顔ほとんど観られずがっかりだったので?

お蔵入りになっててやっとリリースになった「ハンガー」 これから観ようっと

 

 

MyTwitter

Twitterボタン

 

 

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (8)   Trackbacks (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アバウト・タイム ~愛おしい時... | TOP | アンダー・ザ・スキン 種の捕食/... »

8 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
着ぐるみ (バラサ☆バラサ)
2014-10-13 16:09:29
というのか造形物のセンスが悪くて、どうにも観に行く気になれませんでしたが、やはり笑えないようですね。アダム・サンドラーとかチョウ・シンチーとか笑いの沸点は圧倒的に低いのですが。

ゆるキャラ大国の日本では、被り物は可愛くないといけません。
あー!! (りお)
2014-10-14 05:17:08
「ヤギと男と男と壁と」!!
あれひどかったね。。。
あれよりはかなりマシだと思うけど。
わたしはフランクが可愛いなーと思えたので、「可もなく不可もなく」にプラスαってくらいで、そんなに良かった訳じゃないよ(笑)
パラサ★バラサさん (mig)
2014-10-14 23:10:11
こんばんは~
そうなんですよねー。
可愛く、っていうのは日本がそういう国なんですよね。海外のって大抵可愛くない。笑
笑えるというよりシュールな感じです、求めるとこが違うとダメになっちゃうかなー
主演以外のキャストに魅力感じなかったのが残念。
りおさん★ (mig)
2014-10-14 23:11:43
ヤギ男、ほんと最悪。あれほどつまんないのもそうないよね これまで観た映画全部のなかでも確実ベスト10に入る。笑
あれよりはましだけどこれも私にはまったくピンとこなかったなぁ。そうフランクが可愛いと思えればまだいいよね。
やっと書けたよ (maru♪)
2014-11-03 01:12:44
ひゃー 44点(笑)

まぁ、私も好きだと言ったものの、嫌いじゃなかったっていう感じの方が強いけど(笑)

これ絶対宣伝方法が違うと思うんだよねー
あんなにポップでカワイイ感じで宣伝したら、そういう映画だと思うよねぇ
実際は全然違うし

さて! 「西遊記」の感想頑張る
maru♪ちゃん☆ (mig)
2014-11-03 22:51:35
うん、これは全くダメだったわ~
今年つまんないのあまり観てないからワーストいれちゃうかも。
まぁこれは好みにかなりわかれるよねー
西遊記はまた劇場みにいく♪
旅行前に今月のリスト頑張って書くわ!
あ、TBきてないわ~
ほんと、分かれましたね。 (真紅)
2014-11-22 05:54:54
migさん、こんにちは♪
うわ、評価低!(笑) 私はツボでしたわ。
インターステラー、早く観たいな~。西遊記も!!
どちらも評判いいので楽しみです^^
真紅さん★ (mig)
2014-11-23 01:12:41
あはは、わたしこれほんとダメでした~
期待もしてなかったけど
キャラクター全部が魅力も感じずで、、、、
ハマる人はハマるんでしょうけど
どうも可愛く思えず、、、ワーストしちゃうかも 
ぜひ西遊記、インター楽しんでね♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

8 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
『FRANK -フランク-』 (2014) (相木悟の映画評)
仮面が訴えるホロにがバンド・ムービー! 一見、奇抜なインパクトをうけるも、その実、直球に胸をえぐる青春映画であった。 本作は、『アダムとポール』(04)、『ジョジーの修理工場』(07)と、国際的に高評価をうけてきたアイルランド人レニー・アブラハムソン....
FRANK -フランク- 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
『X-MEN フューチャー&パスト』や『悪の法則』 などに出演する人気俳優マイケル・ファスベンダー がかぶりものを脱ぐことができないミュージシャン を演じる映画『FRANK -フランク-』が公開 されましたので観に行ってきました。 FRANK -フランク- 原題:FRANK 製作:...
FRANK―フランク― (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞FRANK―フランク―/FRANK 2014年/イギリス、アイルランド/95分 監督: レニー・アブラハムソン 出演: ドーナル・グリーソン/マイケル・ファスベンダー/マギー・ギレンホール/スクート・マクネイリー/フランソワ・シヴ...
映画・FRANK-フランク- (読書と映画とガーデニング)
原題 FRANK2014年 イギリス・アイルランド合作 ミュージシャンになることを夢見て曲作りに励むジョン(ドーナル・グリーソン)ひょんなことからインディー・バンド『ソロンフォルブス』にキーボード奏者として参加することになりますバンドの中心にいるのは巨大....
FRANK -フランク- ★★.5 (パピとママ映画のblog)
『X-MEN』シリーズや『それでも夜は明ける』などのマイケル・ファスベンダーが、かぶり物をしたバンドマンにふんしたコメディードラマ。イギリスのコメディアン、フランク・サイドボトムをモデルに、演奏中はもちろん、どんなときでもかぶり物をかたくなに脱がないバンド....
マスクマン~『FRANK -フランク-』 (真紅のthinkingdays)
 FRANK  ミュージシャンを夢見て日々曲作りをしながら、実家暮らしの冴えない会社 員生活を送る青年ジョン(ドーナル・グリーソン)は、偶然の出逢いから 「ソ ロンフォルブス」 という発音しにくい名前の、エキセントリックなバンドに参加 する...
FRANK -フランク- (だらだら無気力ブログ!)
う~ん、期待してた感じの面白味はなかったかな。
FRANK フランク (いやいやえん)
【概略】 イギリス人青年・ジョンは、巨大な張りぼてのマスクを被るカリスマミュージシャン・フランクのバンドに加入することになるが…。 コメディ・ドラマ コメディというか…ドラマというか…。 とにかく痛々しい話です。 マイケル・ファスベンダーが決して...