我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+たまーに日記★
11周年迎えました✨いつもありがとうございます!

偽りなき者 /THE HUNT/JAGTEN

2013-03-18 10:40:18 | 劇場&試写★6以上

 

 

 

「セレブレーション」「DEAR WENDY ディアウェンディ」のトマス・ヴィンターベア監督作で、

主演のマッツ・ミケルセンが、カンヌ映画祭で主演男優賞受賞でも話題のデンマーク映画

 

マッツさんといえば、「007 カジノロワイヤル」での悪役から国際スターの仲間入り。

 この顔、インパクトありました

 この、どこか哀しみを秘めた憂いのある目がいいのよね

 

 

少女の仕返しからはじまった小さいけれど重い、嘘。

 小さな村で幼稚園の教師として働くルーカスは離婚を乗り越え、息子と過ごすクリスマスを心待ちにしながら、

仲間たちと狩猟を楽しむ穏やかな日々を送っていた。

ある日、ルーカスにプレゼントを受け取ってもらえなかった園児クララが、

軽い仕返しのつもりで発した嘘が彼の人生を狂わせる

 

 

「ーそれでもボクはやってない」

 

“ルーカスにいたずらされた”というクララの証言を町の大人たちは鵜呑みにし、

潔白を訴える彼の言葉に耳を貸すものは誰もいなくなる。

性的犯罪を犯した男として、村中から疎外視され、様々な嫌がらせや暴力にさらされる。

 

この子役、アニカ・ヴィタコプが巧い!!

最近、新人とは思えない子役多い。

あどけなく、無垢な感じながらも、その表情や仕草がかなり憎たらしく

観る側の感情をかなり苛つかせる。新人賞勝手にあげたいくらい。

 

たった一人の信じてくれる友人以外に、父親を信じる息子の存在が救い。

この子、スカちゃん(スカーレット・ヨハンソン)そっくり 笑

 

 

デンマーク語での原題は「JAGTEN」 英題「The Hunt」 ということで「狩猟」を意味する。

 

邦題ではぜんぜん違う意味になってしまっているのが残念。

主人公、ルーカスの趣味である狩猟、食べる目的でシカを撃つ。

そして、皮肉なことに自分が 身に覚えもないことで犯罪者という烙印を押され

村中の人間から非難され、憎しみの標的にされる。

 

 

 8/10(85点)

 

 

これはそこらのホラーよりもずっと怖い。

子どもは頭に取り込んだ絵や写真、知識から勝手に自由な発想をし

想像力豊かに嘘もつく。罪など感じずにやってしまうところが怖い。

子どもが発したなにげない嘘で、「子どもは純粋で嘘をつかない」と信じ込んでいる大人たちは

それを一方的に信じて翻弄、騒動になっていく。

 

園長に対しては、もっと自分のところで働く人間の、意見もちゃんと聞いたら?

そしてルーカスはもっと「やっていない!」と主張すれば、、、、と言いたくなるけど

小さな村の住人皆から非難されてとことん孤独に、そして無実の罪に苛まれていく。

 

その発言が、親友の娘だったからまた酷い。

長年の親友の言葉よりも、娘の言葉を信じた父親。

息子と、その名付け親でもあるもう一人の親友が信じてくれる存在でほんとうに良かった。

この二人がいなければ本当に観ていてもつらい。

マッツ・ミケルセンの孤独な哀しみを秘めた目が最高に効いてて、

セクシーでもあり、普段頼りない可哀想な男には惹かれないわたしでも

こういう場合は別なのか、マッツの魅力なのか、助けてあげたい。という母性本能?のようなものが

ふつふつと、、、

スーパーの店員までが「来るな!オマエに売るものなんかない!」と

暴力で追い返した時にはもう、こんなスーパー訴えてやれ!と思わずにいられない。

 

 

そしてルーカスは

クリスマスの夜に正装して、村の皆が集う教会に向かう。

 

ちょこっとネタバレ

ラストについて。

クララの父親である親友テオが、教会でルーカスから一言言われたあとに

娘の部屋でルーカスは何もしていなかったと確信を得、

食べ物を家に持って行き 和解したあと

息子の成人で狩りをできるようになったお祝いパーティで

何事もなかったかのように仲間たちや村の連中と元に戻って騒ぎ

その後、息子や仲間と狩猟をしていると

何者かによって自分に向けた銃が。危うい所で的ははずれ そして犯人は走り去る。

一瞬、何が起きたのかと予想もしていなかった結末にびっくり。

 

一度向けられた疑惑の念、簡単には人の信頼は取り戻せないという怖さ。

徹底して、子どもの小さな嘘からの波紋、疑いはけっしてすぐに晴れるものではないのか。

 

そして子どもは責められないと言うけど、間違った事を簡単に言葉で発してしまうことは

仕方ないにしても、この場合は注意もせずに済む問題ではない気もしたけど

ルーカスは近づくクララに寛容に、いつものように抱きかかえてあげた。

 

身近で起きてもおかしくないとも思えるこの話、

さすがに銃で狙う、、、、というのは日本では

観た後もじわじわといろいろ考えて、心に突き刺さる 見応えあるドラマ。

オススメ。

 

親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス。クララの証言以外に無実を証明できる手段がない彼は、身の潔白を説明しようとするが誰にも話を聞いてもらえず、仕事も信用も失うことになる。周 囲から向けられる憎悪と敵意が日ごとに増していく中、ルーカスは自らの無実を訴え続けるが……。

 

  公式サイト 

JAGTEN         2012年    デンマーク   115min

 3月16日より、公開中~ 

 

カンヌ映画祭にて。

 

 

「ディアウェンディ」の時にも書いたけど、俳優?ってくらいなかなかのイケメン監督と。

 

 

 

応援して下さると嬉しいな
クリックして下さってる方、感謝です
←please click

 

『映画』 ジャンルのランキング
Comments (20)   Trackbacks (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エイリアンバスターズ /The Watch | TOP | Hit&Run / ヒット&ラン/Hit and... »

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
これこれ! (ノルウェーまだ~む)
2013-03-18 17:06:22
migちゃん☆
これ今劇場でやっているんだね?
全くノーマークだったわ(汗)
イギリスですごく評価高かったし、気になっていたやつだわ~
マッツさん、本当に目が魅力的よね。
惹かれる~♪
戦慄 (かのん)
2013-03-19 11:06:16
ホントそこらのホラーよりもリアルな怖さに圧倒される素晴らしい作品でした。

クララがその小さな心を痛める姿がいじらしかったですし、ルーカスの包容力にも胸打たれるだけに、狂気に満ちていく大人たちの姿に戦慄がはしりました。
面白そう! (yue)
2013-03-19 17:19:52
デンマーク映画なんだ~
ほんと邦題聞いて見たいという気にならないなぁ、
こういう「~な者」ってタイトル多いし。

でも怖さがディープでて面白そう!
子供が演技するスリラー/サスペンス(←古い?)好きだし!!
女の子の憎たらしさが伝わってきたよ^^
ネタバレは読まないでおいたよー今度みるわ~★
かなり良かったー♪ (kira)
2013-03-20 19:20:18
自らが起こした状況であってもルーカスに近づくのを止められないクララに、
この、集団ヒステリー状態の中にあっても、態度を変えることなく接するルーカスは、
教育者の鑑というか、大人の男の理想像というか、
それでも決して譲らないとことか、漢でしたね~

>「ーそれでもボクはやってない」
ここ、笑っちゃったけど、私も
やってない事の立証の難しさで、思い出したよ
で、助けてあげたかったよね
まだーむ (mig)
2013-03-21 00:14:39
お☆この人、惹かれるでしょう?
シャネル&トランヴィスキーにも出てたよ。
ぜひぜひみてみて!!
今日レディースはなにかみたかな?
ハネケは??
かのんさん☆ (mig)
2013-03-21 00:16:47
こんばんは☆
私は子どもには厳しいので 笑
まったく子どもには感情移入せず
ただ憎たらしいと思って苛つきながらみてました
息子くんが家で「うそつき!」と罵る所、すかっとしちゃった。
素晴らしい映画でしたね。
yue☆ (mig)
2013-03-21 00:18:58
うん、yueも観てーー!
気にとめてくれて嬉しいよ、北欧映画だしね。
このおちびが憎たらしい、、、
ほんとにコドモってなにするか、言うかわかんないから怖いわ
あ、でもスリラーではないよ。
そう、邦題だめだわ~
kiraさん☆ (mig)
2013-03-21 00:21:50
観ましたね☆
もっと頑としてやってないと強調すればいいのに
園長に聞かれた時点で、謹慎2日と言われてそのまましちゃったらやってもないの認めたことになっちゃうのにねぇとか、やるせなかったです
息子くんと、ヒゲの名付け親の友人の存在に救われました
親友、テオ役の役者も良かったですね。前回もディアウェンディに出てた
こんばんは (ノラネコ)
2013-03-23 17:19:26
これは大人の男にとっては特に恐ろしい映画。
私の知っている人も痴漢冤罪をかけられた事があるので、ケースは違えどどこでも起こりうる話だと思います。
思い込みで暴走するのが善意の市民社会というのが更にコワイですね。
まあちょっといくらなんでも街の人聞く耳持たなすぎ・・・という気もしましたけど。
ノラネコさん☆ (mig)
2013-03-24 01:49:31
こんばんは☆
うんうん、わかりますね。
そう私もそれは思いました、園長もあまりに
自分の職員の話最初から聞かな過ぎだし
2日休めといわれてはい、とそうしてたら認めたようなもんじゃんって思いますね。
そこはちょっとねー。
明日コメ伺いますね。
こんばんわ (にゃむばなな)
2013-03-26 21:19:19
年端もいかない少女の嘘で人生が狂わされる。
この恐ろしさは『つぐない』を超えてましたね。

子供が嘘をつかないなんて、自分の子供時代を思い返せばそんなことなどあり得ないと分かるはず。
それが分からなくなる恐ろしさが本当に怖かったですよ。
にゃむばななさん☆ (mig)
2013-03-28 22:52:39
こんばんは、
ほんと恐ろしいですよ~。

つぐないと言えば、ジョーライト監督作
明日観てきまーす。

あ、私マスターだめでしたぁ。
最期が謎です (まひろん)
2013-06-16 22:02:00
初めてコメントします。
遅ればせながら、観ました。
中盤の展開は皆さんが感じているように
じれったいと感じる部分もあり
没頭してしまいました。

しかし、最期の終わり方が気になって仕方ありません。

発砲したのは誰なのでしょうか。

狩猟仲間の一人が
未だにルーカスを疑い嫌っている。

おそらく、そういう結論?
になるのでしょうが

同行して山上にいたのは
マルクスだったし、
あのシルエットも
どことなく似てなくもない?

そうなると解釈が変わって来るんですよね。

パーティでクララを抱き上げた所を目撃して
やっぱりと勘違いして及んだ行為?

せめて、発砲者がマルクスでない事を教えて欲しかったです。

まひろんさん (mig)
2013-06-19 23:14:41
コメありがとうございます。
観てからけっこう経つのでマルクスって誰だっけ?という感じですが、
そうです、あれは狩りの仲間が結局は疑いを持ったまま、簡単に疑念は晴れはしないという怖さを描いてますね。
観ながら苛つくけど、深い作品でした、、、、。
migさん (まひろん)
2013-06-20 00:31:28
ですよねー!

ご返答ありがとうございました。

いつも映画情報楽しく拝見してます。
また、ふいにコメントさせて頂きます!

ではでは
まひろんさん (mig)
2013-06-21 23:55:43
ありがとうございます
こんばんは♪ (yukarin)
2013-11-22 23:59:20
マッツ・ミケルセン良かったー。
007の時とは全然雰囲気が違ってて、こういう役も合うんだなーと。
子役の子はうまい。
でも....こどもの嘘は怖い。
ちょっとしたホラーよりも怖いよね。

園長にはいらついたーっ
yukarin★こんばんは (mig)
2013-11-24 02:32:05
マッツ、いいよね~
新作がお正月渋谷で公開になるの判明して
楽しみ♪
こどもも憎らしくてうまかったよね、
オンナ園長ムカつくー。
やってないって言わないで素直に休むのもイライラしちゃった 笑
こんにちは (maki)
2015-09-14 11:37:55
ラストの銃撃者が誰であったとしても
いまだ疑惑の中にいることに気づいてしまう
このラストは本当に恐ろしい

けれど…
この銃撃の犯人は、こっそり、私はクララの兄ではないかと思っています
マルクスと同じ年頃の少年、クララにされた仕打ちに衝撃をうけていた描写、逆光の中みえる小さな肩
そもそもは兄がクララに例の画像をみせたのが原因ですけどそんなことは忘れているだろうし
年頃の少年らしく、皆のように早々と「分別」は消え去らないのではないか、と。
makiさん☆ (mig)
2015-09-15 01:17:13
こんばんは~。
そうですね~ラスト誰がだったか詳しいシーンはもう忘れたけど確かそう匂わせて終わったんじゃなかったかな。
恐ろしい話でしたね。
ぞーっとする作品集めた最新記事にこの映画も入れましたよ★

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

22 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
偽りなき者 (心のままに映画の風景)
デンマークの小さな町。 親友の娘クララ(アニカ・ヴィタコプ)の作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)は、潔白を訴えるが耳を貸すものは誰もいなく、仕事...
偽りなき者/マッツ・ミケルセン (カノンな日々)
デンマーク映画ということで先ず興味を抱いたのですが、どんなお話なんだろうとあらすじを読んでますます興味津々となってしまいました。何気ない子供の作り話をきっかけに主人公 ...
『偽りなき者』 (ラムの大通り)
(原題:JAGTEN) ----この映画って、 ラース・フォン・トリアーらと ドグマ85の運動を起こした トマス・ヴィンタ―ベアの作品だよね。 「うん。 でも、予告編を覗いてみたら、 ドラマトゥルギーの強烈さを感じさせてくれる作品。 それだけで観てみたくなったね」 ----ど...
映画・偽りなき者 (読書と映画とガーデニング)
2012年 デンマーク 原題 JAGTEN 英題 THE HUNT 森と湖が美しい村 幼稚園で働くルーカス(マッツ・ミケルセン) 温和な性格で園児たちと元気よく遊び、休日には幼馴染の友人たちと猟に出かけたり湖で遊んだり酒を飲んだり 平穏に暮らしていた彼は、親友テオ...
偽りなき者  (to Heart)
決して、譲れないものがある―― 原題 JAGTEN/THE HUNT 製作年度 2012年 製作国・地域 デンマーク 上映時間 115分 脚本 トマス・ヴィンターベア 、トビアス・リンホルム 監督 トマス・ヴィンターベア 出演 マッツ・ミケルセン/トマス・ボー・ラーセン/アニカ・ヴィ...
偽りなき者 (佐藤秀の徒然幻視録)
“真っ直ぐ”が災いの元 公式サイト。デンマーク映画。原題:Jagten(狩猟)、英題:The Hunt。トマス・ヴィンターベア監督、マッツ・ミケルセン、アレクサンドラ・ラパポート、トマス・ボ ...
偽りなき者 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年3月22日(金) 21:10~ 109シネマズ川崎10 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 それでも僕はやってないinデンマーク 『偽りなき者』公式サイト 冤罪とまではいかないが。 勤めていた学校が廃校になり、現在幼稚園勤務の中年男。 彼を...
偽りなき者・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
無垢なる者は、存在しない。 幼稚園教師として平凡な人生を送っていた男が、親友の幼い娘の小さなウソによって破滅へと追い込まれてゆく。 「光のほうへ」で知られるデンマークのトマス・ヴィンターベア監...
『偽りなき者』 2013年3月8日 京橋テアトル (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『偽りなき者』 を試写会で鑑賞しました。 不快指数高いけど、考えさせられる映画であった。 【ストーリー】  親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)。クララの証言以外に無実を証明できる手段がない彼...
『偽りなき者』 (こねたみっくす)
自ら確認しない限り、それは偽りの正義でしかない。それが分からぬ者はこの世で最も愚かである。 これは現代の魔女狩りを描いた秀作、いや第65回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受 ...
偽りなき者 (映画的・絵画的・音楽的)
 『偽りなき者』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作はデンマーク映画。  主演のマッツ・ミケルセンはカンヌ国際映画祭で主演男優賞を獲得しました。  映画の舞台は、デンマークの田舎の小さな町。  主役のルーカス(マッツ・ミケルセン)は42歳。離婚した上に....
偽りなき者 (とりあえず、コメントです)
自然の豊かなデンマークを舞台に謂れ無き罪により追い詰められていく一人の男を描いたドラマです。 主演のマッツ・ミケルセンの存在感を感じる予告編を観て、これは観たいなとチャレンジしてみました。 美しい風景と共に、最後まで心がざわめくような何とも言えない余韻を...
偽りはなき (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「偽りなき者」を鑑賞しました。 親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス 無実を訴えるが誰にも話を聞いてもらえず 仕事も信用も失い、周囲からは憎悪と敵意が向けられ・・・ 小さな嘘が男の運命を悲劇へと....
「偽りなき者」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Jagten」…aka「The Hunt」2012 デンマーク ルーカスは離婚と失業の試練を乗り越え穏やかな日々を取り戻していた。元教師の彼は幼稚園教師となり子供たちに慕われている。ある日、ルーカスの幼稚園に通う親友テオの娘クララの何気ない嘘に変質者扱いされてしまう。園...
偽りなき者 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『セレブレーション』『光のほうへ』などの名匠トマス・ヴィンターベアが、無実の人間の尊厳と誇りを懸けた闘いを重厚に描いた人間ドラマ。子どもの作り話がもとで変質者扱いされてしまい、何もかも失い集団ヒステリーと化した世間から迫害される男の物語は、第65回カンヌ...
『偽りなき者』 ウイルスと嘘が似てるのは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『コンテイジョン』はウイルスの蔓延にさらされた人々のパニックを描くと同時に、偽情報の感染力の強さも描いた映画だった。  デンマーク映画『偽りなき者』も、子供が口にしたデタ...
映画「偽りなき者」を観ました。 (みなと横浜みなみ区3丁目)
昨日、朝からの雨模様のなか、ようやく横浜・ジャックアンドベティにオファーされたこの映画を観るために、早めに家を出た。 途中から雨が本降りになったが、10時05分の開演30分前に着いた時には、すでに10
偽りなき者(2012)☆★JAGTEN (銅版画制作の日々)
 決して、譲れないものがある―― 今晩は☆彡 久しぶり映画鑑賞に出かけました。行先は京都シネマ。気になっていた映画「偽りなき者」を観て来ました。この作品の監督、トマス・ヴィンターベアは以前にも観たことがあります。前作は「光の方へ」でした。今回同様重たい...
偽りなき者 (こんな映画見ました~)
『偽りなき者』---JAGTEN THE HUNT---2012年(デンマーク)監督: トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン 、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ 、ラセ・フォーゲルストラム 少女の何気ない嘘によって人生を破壊された男が、理不尽な迫害を....
【偽りなき者】冤罪事件の作り方 (映画@見取り八段)
偽りなき者~ JAGTEN ~     監督: トマス・ヴィンターベア    出演: マッツ・ミケルセン、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルド、ラース・ランゼ 公開: 2013年3月16日 2013年10月9日。DVD観賞。 第65回...
偽りなき者 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【JAGTEN/THE HUNT】 2013/03/16公開 デンマーク R15+ 115分監督:トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルド、ラース・ランゼ 決して、譲れないものがある―― [Story]デンマークの小さな町で...
偽りなき者 (いやいやえん)
きっかけは少女のささやかな嘘。疑惑は憎悪となり、小さな町を埋め尽くす。 デンマークには「子供と酔っぱらいは嘘をつかない」ということわざがあるそうです。誰もがこのことわざを盲信しているかのように、幼稚園