そのままガーデン

雑草を生かしてガーデニングしたい。
時間をかけずに庭を楽しみたい。自然そのままの庭の記録です。

カタクリの姿

2017-03-23 20:30:00 | そのままガーデン

3月23日 季語 黄水仙(きずいせん)

 

水仙が咲いています。

あちらこちらを向いています。

合唱団のようだなと。

 

カタクリの姿、何かに似ているなぁ。

白鳥。

翼を広げた白鳥です。

 

しなやかな羽と優雅な首を持つ白鳥です。

 

去年より、芽がたくさん出てきました。

カタクリの花言葉は「初恋」「寂しさに耐える」

三つ並んで芽を出しました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白金台

2017-03-22 20:00:00 | お出かけ

3月22日 季語 薇(ぜんまい)

 

草間彌生さんの展覧会の後

白金台に行きました。

普通の家を買い取ってお店にして

洋服やお菓子を売っている「YAECA」

す・て・き。静かな店内。

 

その後、歩いて行ったレストランは

「irving place」

 

螺旋階段でバルーンと緑が迎えてくれました。

 

木が使われているお店。

 

椅子は木の座面だったり、ソファーだったり。

木のドアも好みです。

照明がほの暗く落ち着く店内でした。

6時になると、テーブルにキャンドルを運んでくれました。

ゆらゆら揺れる炎。

美味しい珈琲とアップルチーズケーキ。

贅沢な時間。

木と植物、照明が工夫された空間でした。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

榊の花

2017-03-21 20:00:00 | そのままガーデン

3月21日 季語 蕨(わらび)

 

黒い小さな粒は、榊の花の蕾。

 

黒い粒から、白が見えます。

 

小さな白の花、タネツケバナ。

宙に浮いているよう。

花びらはハートのかたちです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

展覧会のお土産は

2017-03-20 20:00:00 | お出かけ

3月20日 季語 片栗の花(かたくりのはな)

 ≪春分≫初候 雀始巣(すずめはじめてすくう)

昼と夜の長さがおなじになり、本格的な春の到来。

雀が巣を作り始める頃。


草間彌生さんの展覧会でお土産を買いました。

50分待って買った物は、四つ。

夫は缶に入ったお菓子。

題名は「みんなは平和を求めている」


缶バッチ「戦争をやめよう」


私が買ったのは、

「リンリン」のメモ。

水色とピンクが好き。

カメラのレンズを覗くと水玉が立体的に浮き上がりました。


絵葉書。「ふるさとへ帰りたい」

絵が気に入って選らびました。

題名は心の声でしょうか。


今朝のカタクリ。

別の場所のカタクリも蕾が開きそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美術手帖 1993・6

2017-03-19 20:00:00 | 日々

3月19日 季語 三椏の花(みつまたのはな)

 

1993年6月号の美術手帳の表紙は

草間彌生さんでした。

 

今回の展覧会のパンフレットとお土産と一緒に。

24年前、何をしていましたか?

私は三人の男の子を育てていました。

 

木の皮を手で剝がしました。

小さな黒いつぶつぶ。

卵だと思ったら、歩き出しました。

 

蟻が集合しています。

何してるのでしょう。

 

沙羅の木は新芽と枯れた花が一緒です。

 

カタクリ、来週中に咲きそうです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三月の展覧会

2017-03-18 21:29:47 | お出かけ

3月18日 季語 貝母の花(ばいものはな)

 

草間彌生~わが永遠の魂~

展覧会に行ってきました。

写真が撮れる展覧会です。

 

 

花が中央でお出迎え。

喜びがあふれ出るような色と形。

 

永遠の魂シリーズの絵が並びます。

一枚一枚みるのもいいですが、

絵に囲まれる場所で見回すと調和がとれていて

別の感動があります。

題名を読んで絵を眺めると別の発見があります。

 

5月22日までの展覧会。

もう一度行きたい。

若いころのコラージュがとてもよかったです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫の花

2017-03-17 20:00:00 | そのままガーデン

3月17日 季語 木五倍子の花(きぶしのはな)

 

小さな菫がひっそり咲いていました。

 

大根の花も咲きました。

この付近に毎年群生します。

 

ヒメオドリコソウは、元気いっぱい。

 

ネコヤナギ、満開です。

 

赤い米粒大の蕾は雪柳です。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花束

2017-03-16 21:00:00 | そのままガーデン

3月16日 季語 土筆(つくし)

 

自然のままのクリスマスローズの花束です。

 

赤の花束。

 

原種のニゲルは、一輪だけ咲いています。

 

今日のリビングの温度は15℃になりました。

 

枯葉の中にイヌノフグリが増えてきました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の雪

2017-03-15 20:00:00 | そのままガーデン

3月15日 季語 土佐水木(とさみずき)

≪啓蟄≫菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

菜虫は青虫のことで、

モンシロチョウの幼虫などが知られています。

春に美しい蝶になるのです。

 

子どもの頃蝶が飛ぶのを待ちました。

「黄色い蝶が飛んだら、スカートをはいていいよ」

と母が言ったからです。

春は蝶が飛ぶスカートがはける季節。

とても待ち遠しかったのに、

スカートをはいた嬉しい記憶はありません。

待つことが楽しかったのですね。

 

 

今日はお昼過ぎに、雪が舞いました。

寒い日が続いています。

けれど、カタクリの芽が増えました。

 

カキドウシの花も増えました。

花が終わると茎が垣根を通す勢いで伸びるから、カキドウシ。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柔らかな雨

2017-03-14 20:00:00 | 日々

3月14日 季語 フリージア

 

柔らかな雨が降りました。

暖かくなった気温は、また低くなりました。

 

枯葉についた蜘蛛の糸に雨のしずくがついています。

緑の草が伸びだしました。

 

 梅は満開になりました。

 

欅に鳥が止まっています。

キューくるくる、ぴっつぴっつぴ。

これが私の聞きなしです。

 

昨日、誕生日だった私は、年金事務所に行きました。

 

年金の手続きを済ませました。

これから生きている限り、年金がいただけます。

ありがとうございます。大切に使います。

二年間しか勤めなかった会社が払ってくれていた厚生年金基金。

国民年金の1.5倍でした。感謝です。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加