「詩客」自由詩エッセー

「私の好きな詩人」など詩人のエッセーを掲載します。

スカシカシパン草子 第15回 『ビッグ・フィッシュ』について 暁方ミセイ

2013-11-07 00:37:02 | 詩客

 映画を見ることは、純粋な趣味と言えるかもしれない。詩作なんて世の中から見たら趣味も同然なんだけど、それなりに悩み葛藤し書いてしまっているし、たまの句作も読書も美術鑑賞も音楽鑑賞も、趣味と呼ぶには、ちょっと下心がありすぎる。いつも何か創作のヒントにならないか考えてしまい、そのために苛立ったり不安になってしまうことがある。でも映画鑑賞は、実に気楽!なにせ、わたしは映画を撮ろうなんて思い立ちもしないだろうし、ただただ何もかもに、ひらきっぱなしの思考で感嘆していられるから。
 映画鑑賞においては、完全なる、普通のポップコーン片手の観客だ。流行った映画はぜひとも見たい。『ホビット』とか『ロード・オブ・ザ・リング』とかに熱狂し、『ショーシャンクの空に』を見ては落涙、『ラブ・アクチュアリー』を見てはにやにや、そして心の友は『インディー・ジョーンズ』シリーズときている。楽しむため以外の目的で、映画を見ることはほとんどない。
 でも案外、そっちのほうが、不意に創作意欲をかきたてられたりするので、世の中真面目なら上手くいくってもんじゃないんだなーとしみじみ思う。

 さて、いろいろ何となく見てきたなかで、いまのところ暫定一位の映画がある。誰にも、全然、聞かれていないけど、ここで自発的に発表しておきたい。2004年公開の、ティム・バートン監督の『ビッグ・フィッシュ』だ。とても有名ですが。
 ティム・バートン作品は全体的に好きだけど、これだけちょっと異色作だよなーと思う。それまではおとぎ話そのものを描いていたのに、現実世界を舞台にして、おとぎ話の効能みたいな部分に触れているので。ちなみにここで大幅に方向転換するのかと思いきや、次作は『チャーリーとチョコレート工場』で、変わらずにぶっ飛んでいた(むしろやりすぎていた)から、やはり、これが異例だったんだね。
 あらすじは、Wikiを見て・・・と言いたいところだけど、ごく簡単に書いておくと、とある親子がおり、父は死が迫り、息子にはもうすぐ子どもが生まれようとしている。父は昔から、息子や周囲の人々に、自分の人生のまるでおとぎ話のような話を聞かせていた。魔女の家で自分の死に方を見たり、巨人と友だちになったり、妻の家の前を水仙で埋め尽くしてプロポーズをしたり。美しい結合双生児の歌手の話、サーカスで働いた話、そして自分は、本当は巨大な、湖の主なんだという話・・・。しかし息子は、父のでたらめに愛想を尽かしていた。父は、都合のいい嘘つきだと思っている。そんな父のおとぎ話を、お別れの前に、息子はもう一度聞きに行く。という話。
 この映画のどこが一番かって、ものすっごい悲しいところ!現実がめちゃくちゃでも、人はイマジネーションで、美しい世界に生きることができる。それを「逃避」と言ってしまえばそれまでだけど、想像力は、人の心の尊い機能だと思う。それを他ならぬティム・バートンが、映画にしたことが特別だった。物語パートの映像全体に、人生そのものの温かさや寂しさや悲しさや感謝が、こう、ふわーと全部乗っかっている。
 クライマックスはいつ見ても涙が止まらない(あの拍手がだめ!)。複数の感情がいっぺんに押し寄せるからなんだろうなーと思う。人は多分、単一の感情ではそんなに泣けるほど揺れないけど、温かさのなかに、悲しさや楽しさを同時に感じるから、キャパオーバーで涙になって溢れるのかなあ。
 
 ちなみに、一箇所だけ、まがいなりにも詩人という身分に引き戻されて、ぞわっとする部分もある。幻の街「スペクター」で、ブシェミ扮する大詩人のノザー・ウィンズローが、ここへ来て書いた詩を見せるシーンだ。ノザーはスペクターに、既にかなり長い間滞在しているのに、なんとまだ詩が三行しか書けていない(しかもひどい内容!)。なにせスペクターは、町も人も景色も美しく、最高の場所なので、きっと幸せすぎて書くことなんか何もないのだ。
 恐ろしい。これからあまりに幸せになって詩が書けなくなることを「スペクター症候群」と呼ぼうかな。幸せになったら書けないし、書く限り幸せになっちゃいけないのかも。・・・怖いなあ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の好きな詩人 第111回 -武... | トップ | ことば、ことば、ことば。第9... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。