わたしの好きな詩人

毎月原則として第4土曜日に歌人、俳人の「私の好きな詩人」を1作掲載します。

私の好きな詩人 第195回 ―冬野虹―  佐々木 貴子

2017-04-23 12:15:31 | 詩客

虹の白布をー『冬野虹作品集成Ⅱ巻 頬白の影たち』(書肆山田 2015年)―


 日ごろ詩を読むことは滅多にないのだけど、『冬野虹作品集成Ⅱ巻 頬白の影たち』は素敵な出会いだった。短時間で一気に読みきってしまったのを覚えている。

 

寛衣【チュニック】は洗われて 月の微光のふくらみとなるために

いつもの石の上に干されている


(引用「MINERVA」冒頭部分)

 集中最初の作品である「MINERVA」の、この布の描写にズギュンとやられた。
 布は人が肌を触れるもの、生活に用いるもの。それでいて何故か清浄さと神秘さを感じるもの。風にはためく白い布や陽に透ける布。私はよく、その美しさに見入ってしまう。そして神秘さを覚える。けれど何故、布にそんな神秘さを覚えるのかは分析できておらず、謎のままだ。
 この二行には、その謎が理屈っぽく説明されることもなく、するっと核心が現れる。寛衣【チュニック】の美しさが、心の中でふくらんでくる。
 以後、次のように続く。


ペネロープは丘に
はなれている けれど在る両の手は空を離れず
その色を編んでいる
ユリッスのほこりのマントは ひかりのベルトは
ほこりのマントは 場所をひたすらあふれて
そとの まわりの 水の轍に触っている
ペネロープは織る ほどく 織る
風の袖のほとんどと知恵の数の重さを語りあった
すぐそばの嵐のしめった空気を愛するために
招かれたナイヤード
寛衣【チュニック】は洗われて 月の微光のふくらみとなるために
石の上に置かれている

映しかえすペネロープの空


( 引用「MINERVA」p16-19のうちp16-17の中ほどまで)

 ユリッスとペネロープ。愛情ときずなで結ばれていそうな二人。夫婦だろうか。寛衣【チュニック】はきっとペネロープがユリッスのために洗ったのだろうし、寛衣【チュニック】に月の微光をふくませるなんて、ただの愛情じゃない。すっごく尊敬していて、誇らしい旦那さんなのだ。ペネロープは「両の手は空を離れず/その色を編んでいる」また「織る ほどく 織る」とある。それは、誇りに思うユリッスのためだろう。織る、という行為は献身でもある。織る、ほどく、また織る、ということには、想い合い、絆の中につながれる二人の時間が示唆されている。
 ところで、ペネロープとユリッスは誰。もしかして原典があるのでは、と気になりネットで調べてみた。彼らはオデュッセウスの登場人物で、ユリッスは王、ペネロープは妃、トロイア戦争から帰還できぬユリッス王をひたに待つペネロープ妃、という筋書きなんだそう。ふーむ、やっぱりね。
 物語の詳細に興味を覚えないではないが、この詩の中の二人を見ているだけで、十分満足である。だって、物語って起承転結があるから必ず終わってしまうし、違ったメッセージが籠められていたりする。この「MINERVA」という作品中の二人の姿の方が、物語そのものよりも、遥かなものを描いているかもと思う。物語からインスピレーションを得て冬野虹さんという詩人が書いた、この作品世界が素敵。それでいいんじゃないか。

 布といえば、冬野さんの詩には衣服について書かれたものが多い。私は、最初に書いたように布が好きなものだから、ついそこに目がいってしまう。


メアリは
霜の香のセーターを
重ね着しました

(引用「実南天」の一部)


ノノは白いブラウスと白いプリーツスカートで
くるりふりかえる
ノノは拡がったプリーツスカートを
ガムテープで
鏡に定着させる


(引用「ノノは念入りに着飾る」の一部)


服屋のハンガーには
伴奏のない混声合唱に飾られた
夜の星が
いっせいにびっくりしているドレスや
流行の水着が
にぎやかにぶらさがる
波をかきわけ
奥から
店の人があらわれる


(引用「赤血球」の一部)


 「霜の香のセーター」「白いブラウスと白いプリーツスカート」「夜の星が/いっせいにびっくりしているドレス」の描写にはどれも、無垢な少女性が感じられる。あるいは大人になっても心に住みついている「少女」の原型か。
 これ以外にも集中、衣服に関する表現がたくさんあるが、肌ざわり良く清潔そうな布の描写に、人物像の手がかりが籠められている。
 いずれも衣服や、布そのものへの愛着が感じられる。冬野さんは着ることが好きな人なんじゃないだろうか、と思う。
 衣服以外の布の表現もたくさんある。


空いっぱいに
声が
よろこびの
麻のリボンをかけていく


(引用「晴ればれとした」の一部)


ラウラを待っていたのに
タオル掛から
空色のタオルが
落ちてしまった


(引用「ある日」の一部)


カーテンの翳で
泣きつづける
あけぼのオロールのために

(引用「柄杓」の一部)


 日々の暮らしの中で、時折、布の表情にうっとりしてしまう。カーテンのドレープにたまる薄明りや、青空の下干されたシーツが風に揺れるところ、色とりどりのスカーフが陽に透けるところ。日常の中でふと、美しさを見つけるその瞬間、心はちょっとだけどこかに飛んでいく。
 冬野さんの布の描写には、そのように、生活の中に美しさを見つける目線がある。
「今日も私は家事をする。部屋を片付けて、掃除して…、あら、あそこにかけてある布が、陽に透けてゆれている。美しい…」
 そんなふうに、美しいものを見つけてはすうっと、心が詩世界に迷い込み、いつしか頭の中に言葉があふれだす。
 彼女はきっと、そんな詩人だったんじゃないだろうか。勝手にそう考えて、憧れている。

(終り)

 

※文中【】はルビです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の好きな詩人 第194回 ―... | トップ | 私の好きな詩人 第196回 ―... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (荒木かず枝)
2017-04-25 08:29:47
冬野虹さんは、私が俳句結社「鷹」に入会した時はすでに伝説の人でした。
四ッ谷龍さんとの逃避行など心踊らせたものです。
作品は全く知らなくて申し訳なかったと感じています。
こんな熱心な読み手がいらっして本当にうれしい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。