goo

お別れ会

「槍平 抱かれ眠る 岳人の
鶴の山越ゆ 夢のまた夢」
徳島ダウラギリ主峰登山隊 隊長の短歌



スライドを見て愕然。 まさか こんなところで雪崩に遭うとは!  改めて事故の無念さに胸が詰まりました。

亡くなられた 方々の ご冥福を 心よりお祈りし 献花いたしました。

                                  合掌


よもやま話

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )
« 石堂山(1636)... 雪崩 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
【 お別れ会 】 (讃岐 富士 の 「自然との触れ合い」)
   昨年末の12月31日深夜 北アルプス槍平にて就寝中に雪崩に遭遇され帰らぬ人となった 徳島岳人クラブ 市川さん 西井さん 両名のお別れ会がありました。 四十年以上も前に 仲間とテント内でガリ版刷りの歌集にあったこの「いつかある日」を歌った記憶があ...