goo

雷三日

かみなりさんだー


夏の雷は3日続くとか。

平成18年8月26日は昼の12時前から、はやくも遠くの雷の音が聞こえだした。

山稜の縦走では隠れるところが少ないので、雲の動きと、雷鳴の聞こえる方向と距離を気にしながら、山稜歩きを楽しんだ。

時折 パラッと雨が降ったが 何とか雷雲の直撃にはあわないで、縦走最後の山である丸笹山(1711)の頂上まできた。

曇り空の山頂からは祖谷の谷間が見え 周回登山の最終の山として まずまず充実感を味わえた。
その後 夫婦池からつづろ堂への旧道を下山していると、いきなり大粒の雨、以後 激しい雷雨。ライトニングから雷鳴まで2-3秒の至近距離。雷の大きな音が連続して腹の底まで響く。

隠れるところのない稜線でなく 谷間の樹林帯の中の下降なので 精神的には随分楽だったが、次々に 雷雲が流れてきて 、激しい雷雨は続いた。

下山途中 横切る沢は どれも 濁流となって激しく増水し流れていた。

つづろ堂がようやく見えてくるまで下ってきたら、雨は小降りになり雷雲が 去っていった。この間約一時間だった。


国土交通省 「川の防災情報」より引用

夫婦池の国道438号 つるぎ町と三好市東祖谷の境にある丸笹雨量観測点でのデータでは 時間降雨量23ミリ(未確定データ)とそんなに大したことないが、貞光川や沢の増水具合をみると雷雲直下では 部分的に かなりの降水量だったと思う。

丸笹雨量観測地点



平成18年8月24日の雷かみなりさんだー


平成18年8月25日の雷かみなりさんだー


平成18年8月27日の雷かみなりさんだー






雷情報は株式会社 STNetの
かみなりさんだー
http://thunder.stnet.co.jp/raiinfo/index.html

四国の雷情報
http://www.stnet.co.jp/it/kaminari2.htmlから引用させて頂きました。


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 八面山(1312)... 牛の背(1757) ... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (牡丹)
2006-08-30 20:36:58
こんばんは。情報有難うございました。色々研究して、是非登りたいと思います。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。