自然観察♪BLOG 「 知床ころぽっくる探索記 」

弊社ブログは『風を聴く森*知床のブログ』へ移転しました。
◎ブックマークからご覧になれます。スマートフォンにも対応!

知床の自然情報を紹介中 ♪ 【動画】

2017-03-29 13:44:01 |  その他。。。 
***「知床ころぽっくる」の通常のブログは移転しました。***
こちらには、ガイドがYouTubeにアップしている自然情報の動画を少し紹介します。
どうぞ、お暇な時にでも、気晴らしにご覧頂けましたら幸いです<(_ _)>


【知床の四季・総集編/ツアーの紹介】年に一度の総集編とツアーのご紹介。




【知床 ♪ 季節の音】知床の自然情報☆動画での季節の記録です!




【知床の動物・野鳥など】知床♪季節の音から動物関連をチョイスしたものです!




 ▷ YouTubeチャンネルで随時更新中です...♪

*********************

弊社ブログ《通常版》は『風を聴く森*知床のブログ』へ移転しました。
毎日更新していきます!どうぞよろしくお願いいたします。

弊社ホームページ『自然ガイド 知床ころぽっくる』もご覧ください(^_-)-☆

*********************

この記事をはてなブックマークに追加

『風を聴く森*知床のブログ』

2017-03-29 13:42:58 |  その他。。。 
弊社ブログは『風を聴く森*知床のブログ』へ移転しました。
毎日更新していきます!どうぞよろしくお願いいたします。

また、その他のSNSも日々...更新しております☆
文字の方をクリック👉でリンクになっています。


FACEBOOK:ブログとは違う写真もご紹介!


Twitter:知床情報をツイート、リツイート!


YouTube:動画で知床の自然情報をアップ!


インスタグラム: 写真をまとめて更新中 !


冬季はスノーシューで知床の森をご案内いたします。
冬の知床五湖、氷瀑のフレペの滝など、
白銀の森と流氷の海を見にいきましょう(^^)

夏季の自然観察ツアーでは草花、野鳥、動物観察、
ご家族でゆったり「貸切で一日ツアー」、
少し深い自然を探検「森と海に断崖のツアー」、オススメ!

弊社ホームページ『自然ガイド 知床ころぽっくる』もご覧ください(^_-)-☆

この記事をはてなブックマークに追加

守られる守り神

2016-01-15 15:54:51 |  フクロウ・タンチョウ 
森の散策をした帰り道に日中には珍しく
枝にとまって休んでいるシマフクロウがいました。
厳冬の空気の束の間に、きっと日差しが温かいのでしょう。



昨日から今朝にかけて降った雪が、
まだ枝についていますが、その上に冷たがる様子もなく
体長が70cm(翼開長180cm)という大きな野鳥がいました。

かつてはコタンコロカムイ(一般的には村の守り神の意味)
とも呼ばれアイヌの方々が畏敬の念をもって接していた
野生動物の一つですが、その後の生息環境の変化によって
現在は北海道での生息数も140羽といわれています。
ただ、この数も人間による根気強い保護活動の結果に
やや増えてきた近年の数で、これからも続けていく必要があります。

もちろん、それが全てではないですが、
シマフクロウやヒグマといった存在は知床でも
自然の豊かさを象徴し、生態系の複雑さを体現する、
北海道内の各地域の自然度を測る指標かもしれません。


居眠りをしていているシマフクロウ【動画】。

これだって、100年以上前には各地にあったはずの
民話にも伝わっていたような、今は古(いにしえ)の風景。

こうして偶然とはいえ、立ち入ってしまった事も
彼らにとっては悪い影響を及ぼしてしまうかもしれなく、
希少な生物に会いたい!と興味本位で近づくことは論外ですが、
自然保護の為や、環境教育の為の観察といっても、
その方法次第では決して良いとは言えないのかもしれません。

人間と野生動物の距離感とは...難しいですね。
ただ、僕は彼らを大切にしたいと心底思います。

※観察場所については公表いたしません。
フクロウの仲間では世界でも最大クラスの大きさがありますが、
近年の環境の変化により大きく数を減らした野鳥です。
このように見かけることもあるかもしれませんが、
どうか大勢でおしよせたり、近づいたり、騒いだりせず、
遠くから静かに見守って頂けますと幸いです。



******************************

アカウントをお持ちでしたら、「いいね!」頂けると幸いです♪⇒『知床ころぽっくるFBページ
弊社ホームページです(^^♪時間がある時にでもご覧下さいませ♪⇒『自然ガイド 知床ころぽっくる
弊社ホームページ。スマートフォンから閲覧される方はコチラ♪⇒『自然ガイド 知床ころぽっくる

この記事をはてなブックマークに追加

知床。海を見下ろせば。

2015-07-16 18:52:09 |  ヒグマ 
明日、2015年(平成27年)7月17日は...知床にとって記念の日!
2005年(平成17年)7月17日にダーバン(南アフリカ共和国)で開かれた
ユネスコの世界遺産委員会で『世界自然遺産』に登録されて「10年」の日です。
そういった関係もあって、朝から上空をヘリが飛んでいたり、
知床五湖の高架木道では今日や明日のテレビ中継に備えて、準備中。

まるで...お祭りのような熱気に周囲が包まれていました。

それでも、日々は、日々として、森も海も、いつもように。。。

今日はよく野生動物に出会う日でした。
エゾリス、エゾシマリス、キタキツネ、エゾシカ、ヒグマ。
断崖にぬけて、オホーツク海を見下ろしていると、
オオセグロカモメが...にわかに騒ぎだして、
ぶわ~~っと舞い飛んでいくオジロワシを上から見下ろしました!

このような出会いだけが、知床の自然の全てではないですが、
こうした瞬間に繋がる生態系や多様性をもった自然環境が尊いのだと思います。



繋がる命。

今日は僕にとっては珍しく、今年生まれの0歳の子熊を見かけました。
昨日の朝に見かけた若そうなヒグマは、この子供たちの母親だったようです。
その後を、"よちよち歩き"といった様子でついていく姿は可愛らしいです。

ただし、ここは道路脇。通る車も多く。
あまり...あってはほしくないシチュエーションです。
豊かな自然と、僕らの暮らし、観光、共存や共生といった言葉。

僕が知床に来たのも2005年。あれから10年がたって、今。
こうした場面を見るたび、こうして観光業に携わり、自然を観て、
考えていかなければならない事は、きっと多いはず。あまりに。

さらに繋げる、次の10年へと。





アカウントをお持ちでしたら、「いいね!」頂けると幸いです♪⇒『知床ころぽっくるFBページ
弊社ホームページです(^^♪時間がある時にでもご覧下さいませ♪⇒『自然ガイド 知床ころぽっくる
弊社ホームページ。スマートフォンから閲覧される方はコチラ♪⇒『自然ガイド 知床ころぽっくる


この記事をはてなブックマークに追加

シーカヤックで流氷と夕陽

2014-04-27 14:53:07 |  登山・カヤックなど 
やっぱり、この世界は素晴らしいよな...と思える風景に出逢いました。

昨日の夕方のことですが、
いつもの友人とシーカヤックをすることにしました。
知ってる方も多いのでしょうが、彼は森や海を案内するガイドです。
今年も新しい舟を購入して、このシーズンをむかえるわけです。
すでに日中から漕いでいた彼は疲れた表情でしたが、、
その本人も、そんなことも忘れるくらいの体験だったようです。



まず、この時期まで流氷が残っていて、
そこをカヤックすることも毎年はできないことで、
まったく波がなく、表現としては...まったり..とした水面に
夕陽が油絵のような陰影を加えているのです。
そして、流氷のきらめき。



フレペの滝には、まだ青い氷瀑が残っています。
断崖の上には夕焼けに染まりながらエゾシカが草をはみ、
オオセグロカモメやウミウが飛んでいきました。
その前の場所では、ユリカモメ、ケイマフリもいましたよ。



その先の、男の涙も今日は海から。。。
心地よい風に吹かれて、時も忘れます。



場所によりますが、まったく波がないと、こんな空間。
写真にならない色彩が実際にはあったのです。



...夕陽。



...。...夕陽。

素晴らしい時間。

ありがとう。心から。



日々、ありがとうございます。 つよし


*『自然ガイド 知床ころぽっくる』 ⇒ 僕の会社のホームページです。お時間があればご覧下さい。
♪ 知床の入門コースとも呼べる知床五湖の自然観察ツアー、午前か午後の半日の散策になります。
♪ 貸切の一日ツアーでは、夏休みの自由研究や、のんびり散策されたい方のご相談にものります。

この記事をはてなブックマークに追加