柴犬多頭飼い コクマチャ日記

コロクロ日記で07年に開設したブログ。13年にマロ、15年にチャロが来たので『コクマチャ日記』とタイトル変更しました。

祝 チャロ完全復活旅 3 (2日目の朝)

2017-02-25 07:52:50 | ワンズとお泊まり旅行

深夜~未明にかけての台風並みの強風が気になり、ちょっと睡眠不足だった私だが、パパは全く風に気がつかず熟睡できたらしい。いいなぁ。 休暇村から少し車で走ったところに恋路ヶ浜があり、そこから日出の石門というのが見え、10月中旬と2月中旬に石門の穴から朝日が昇る瞬間に出会えるということだったので見に行くつもりだった。が、朝になってもまだ風が強かったため、砂浜に行くと砂が舞っているかもしれないということであきらめ、まだ誰もいないランで少し遊んだあと休暇村内のお散歩をする。

その後、ワンズにご飯をあげてお留守番しててもらい飼い主は本館に食事に行く。その後、風も強いしチェックアウトギリギリまでゆっくりしてようということになり、出発時間までコテージで過ごす。ランで遊んでいるワンちゃんを見ているチビーズ。チェックアウト前に遊ぶから待っててねっ。

9時半頃いったん外に出たが、朝からまた獣よけの音が鳴っていてコロが怖がったためコロとパパは部屋に戻り、私とクマチャでランに残る。ノリノリでボール遊びをするマロ。クロとチャロはのんびり。

  

そのうちチャロもボール遊びしに来たが、なかなか貸してくれないマロに「貸して~」と飛びついていく

 

遊んでいる間に、パパがお部屋の掃除をし…

持ってきたソファーカバーやケージも片付け…

荷物も車に積んでくれていたので、そのまま出発することに。

本館前の菜の花。今回もお世話になった休暇村。また来ますよ~。

出発する頃には少しだけ風もおさまってきた。まずはこんなに景色のいい場所へ。

でもね、ここから階段をどんどんどんどんおりてくの~。

        つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祝 チャロ完全復活旅 2 (宿泊)

2017-02-23 07:56:21 | ワンズとお泊まり旅行

菜の花まつりを楽しんだあと、そこから十数分くらいで着く伊良湖国民休暇村に向かう。ここにワンズと泊まるのは5回目。コテージ内が広いこと、ランがあること、ワンコが無料なことなどで気に入っている。4頭もいるとワンコ無料というのはとてもありがたい。

コロがカーテンの向こうで見ているのはドッグラン。

20棟あるコテージのうち、ランの周りにある10棟がワンコ同伴の建物。

ワンコ同伴コテージはほぼ満室だったが(たぶん一棟だけあいていた)、ちょうどランには誰もいなかったので遊ぶことにした。

  

遊んだあと、そのまま休暇村内のお散歩に出かけたのだが、遠くで獣よけの銃声音が定期的に鳴っているのに気付いたコロがパニックを起こしたので部屋に戻ることにした。ランにいるときも聞こえていたのだが、遊んでいるときは気がつかなかったらしい。部屋の中までは聞こえてこないので安心の顔。

夕食は、ワンズにはお留守番しててもらい、ぶらぶら歩いて本館に行きバイキング。写真は1回目に取りに行ったもの。ここのバイキング、とにかく種類が多いので、あれもこれも食べたいのに満腹になってしまい食べられなくて残念。

その後、遊んだり…

くつろいだりしているうちに…

そろそろ寝んねの時間ですよ。

寝る前に少し外を歩いてきたあと、おやすみ~。

ワンズは和室には入れないので、ソファで寝んね。

クロは持ってきていたソフトケージの中で寝ることにしたらしい。(ここは、ケージなどペット用グッズはいろいろ用意されているが、自宅からも、ソフトケージを持ってきていた)

寝る頃に風が吹き始めていたが、深夜には台風並みの強風が吹き荒れていた

       つづく

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

祝 チャロ完全復活旅 1 (菜の花まつり)

2017-02-21 08:19:35 | ワンズとお泊まり旅行

年末にチャロの顔にでき物を発見してから、手術&パックリ事件&長いカラー生活を終え、やっと完全復活をしたチャロ。先生から「やっかいなものかもしれない」と言われたあとは眠れない日もあったが、無事ということがわかり、また元気に4ワン生活を送れるようになったお祝いに一泊旅に行くことにした。先週水曜にカラーをはずし、その直後に旅に行くことを決め土日で行ってきた。

土曜の午前中は『わんにゃんドーム』にマロを連れて行くことにしていたので(その記事は→【こちら】)、午後から4ワン旅に出発。まずは、渥美半島の菜の花ガーデンで開催されている『菜の花まつり』へ。

ここはこの季節の渥美半島の人気スポット。混雑を避けることと、前日が雨だったので足元がぬかるんでいるかもと思い、遅めの時間に到着することにした。

入場時間の問い合わせをしてみると、「出ているお店は16:00までですが、畑の中の菜の花なので入場は何時まででも大丈夫です」とのことだった。

なので、お店が終わる頃の時間にあわせることにして休憩しながらのんびりでかけたが、16:00でも駐車場は満車近くてビックリ。

人の多いところで4ワンを歩かせると迷惑になりそうなので、3ワンをカートインさせマロだけ歩く。足元のぬかるみは全くなし。 

私はカートのワンズと待っていたが、パパが見晴台に上がり撮ってきた写真。この反対側にはと~っても広い迷路もある。

迷路を歩きに行ったパパとマロ。遠くにいたけど、ズームでパチリ。

想像以上に広くて、とっても綺麗だった菜の花畑。

行って良かった~。

       つづく

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もおひなさん 2

2017-02-16 08:48:26 | 季節もの

香嵐渓を一周し、足助の町並みに入る。

玄関先や店先に並ぶお雛様の数は六千体あまりとのこと。

江戸~昭和初期のお雛様たち。そして、土雛やつるし雛などいろいろな種類がある。

お雛様だけでなく『華飾り』や『もち花』が可愛くて大好きなの~。

今年は蓮の実に布をくるんだ飾りをみつけた。お値段がちょっと高くて買うのをあきらめたけど、300円のお店をみつけたので購入~

人のいなかったところで写真を撮ったが、たくさんの方がお雛様を楽しんでおられた。今年はワン連れでお散歩しながらの方とも何組かすれ違ったなぁ。

お雛様とは関係ないけど、こんなのもあった。ポスターに写ってるエビフライ、本物じゃないの~。森にいるリスちゃんがマツボックリを囓って作ったんですって。

左がマツボックリ、真ん中がリスのエビフライ、右はだんだん枯れて(?)終わってしまったもの。

今年買った蓮の実の飾りは、去年までに買っていたもち花や華飾りに追加してに我が家のお雛様に。

いろいろ楽しめる『中馬のおひなさん』は、3/12(10:00~16:00)までですよ~。

 チャロですが、傷口を掻いたりすることがなくなりましたし縫合部分を触ってみたらカチカチになっていたので、昨日から留守番の時も含めて完全にカラーを取ることにしました。これで本当に自由の身になりました~。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今年もおひなさん 1

2017-02-15 08:46:03 | ワンコとお出かけできる場所

2/12(日)今年もワンズを連れて『中馬のおひなさん』を見に行った。足助の町並みを歩く前に香嵐渓をお散歩。歩き始めるとすぐ「香嵐橋(吊り橋)は通行止めです」と書かれている看板があったが、何度も香嵐渓に来ているのに吊り橋を見たことがなかったので奥まで歩きに行くことにした。矢印は、秋になると必ず紅葉と共に新聞やテレビに映る待月橋。

黄色丸の駐車場に車を止め、待月橋を過ぎ三州足助屋敷(黄色矢印)あたりでいつもは引き返し、青で囲んである足助の町並み一帯を歩く。

が、今回は吊り橋を見たかったのでそのまま進むと、修復工事中の橋(ピンク丸)があったが想像していたような吊り橋っぽくはなかったなぁ。ここまで来たらもう引き返さず、地図のオレンジ色部分の香嵐渓を一周して町並みに行くことにした。

しばらく歩くと『一の谷』さんという郷土料理のお店があり、そこにもお雛様があるという看板があったのでパパが中に入っていった。

一の谷さんの立派な土雛。

パパがお雛様を見ながらお店の方といろいろお話ししてきて、たまたま会話の中で犬連れで来てるというような話をしたら、「ちょうどお客さんが帰られ今は誰もいないので裏庭の方でよかったらどうぞ」と言っていただいたらしく、ちょっと休憩させていただくことにした。

よかったらワンちゃんの足を拭いて中へどうぞと言っていただいたが、立派なお部屋のようだったので申し訳ないため縁側で。ワンズは縁側横の柵に繋がせていただく。

パパがお支払いしている間に、裏庭からぐる~っと回って戻る。たまたまお客様が帰られて誰もいなかったことで、ワン連れなのにご好意で休憩させていただき感謝。夏は鮎の塩焼き、冬は猪鍋で有名らしいので、ワンズを連れていないとき一度食べに行ってみたいな。さぁ、もう少し進んで、町並みを歩きに行きましょう。

     つづく

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

やっと

2017-02-13 08:10:22 | チャロ

もしかしたら雪が積もるかもしれない。積もったら雪遊びさせたいってことで、週明けにカラーを取るつもりだったが土曜に獣医さんに連れて行った。(そのときの記事→【こちら】)    で、こちらでその後の様子などもう少し詳しく。下の写真は、獣医さんに向かう車のドライブボックスで寝ているところ。

マロもチャロと一緒に獣医さんに行って混合ワクチンを打ってきたのだが、カラーを取ってきたばかりのチャロと遊ばせるのはちょっと怖いので(いきなり体当たりするような激しい遊びをしそうだから)先に部屋に入れ、玄関で待っていたクロと遊ばせる。

親分は上手に遊んでくれるのでチャロは大喜びだし、クロならマロほどの激しい遊び方をしないので飼い主も安心して見ていられる。

室内に入ると1ヶ月ぶりにアンヨをムシャムシャ。美味しいらしい

首や頭も1ヶ月ぶりにポリポリ。

ただ、再縫合から2週間たっての抜糸でその後も1週間カラーをつけていたわけなので、先生もしっかりついているとおっしゃっていただいたのだが、パックリ事件の時のホラーな顔が浮かんできて、パパも私もチャロが顔のあたりを掻こうとすると不安になるため、獣医さんで使っていたのとほぼ同じカラーを購入。

クッションタイプの柔らかいカラーの方がいいかなと思ったが、今までと同じタイプのが慣れていると思ったのでこれにした。嫌がることもなく(イヤだろうけど)はめさせてくれるチャロ。

コロとふたりで2階にいるときや留守番の時、今週いっぱいカラーをつけててもらうことにした。

でも、お散歩に行くときや…

下の部屋にいるときはカラーなし。カラーを取って雪遊びと思ったが結局積もることなく終わった。でも、やっとホッとできたね、チャロちゃん。

できものを発見してから、ずっと見守ってきたくださった皆様、まだ顔の毛がはえてきてなくて猿顔ではありますが、なんとか普通の生活に戻れました。これからはカラーなしの顔での写真をアップしていけます。応援ありがとうございました。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

みんなで公園へ

2017-02-10 08:23:19 | 公園 ・ 森

立春過ぎたのに寒波がやってきましたね。西日本の日本海側では記録的な大雪になるかもしれないとのこと。お出かけされる皆様、事故などに十分お気を付けください。

先週土曜日は暖かく、チャロの抜糸がすんだあと4ワンを連れて小幡緑地に行った。ここはとっても久しぶり。芝生広場は家族連れで賑やかだったので森を歩きに行く。以前来たときはボロボロだった木の道が綺麗になっていた。

と思ったら、途中からやっぱりボロボロ~ あちこち大きな隙間。

時々コロとマロが、穴にはまっていた。小さいお子さんは危ないかも。早く全部の道が綺麗になるといいな。

お水休憩。

2度の縫合をしたからか、ちょっと皮膚がデコボコになってしまった。

落ち葉のカサカサ音を楽しむクロマロ。

みんなでパチリ。

池の所に小学生の子供たちがいてクロマロと遊び始めた。元気いっぱいの少年たち。ワンズのことを気に入ってずっと遊んでくれたけど、クロが途中からギブアップ。もう行こ~と、目で助けを求めてきたので(?)ここで少年たちとお別れ。

抜糸したこの日から明日で1週間になる。明日カラーを取りに行こうかと思っていたけど、パパは週明けにしようと言うので、チャロには申し訳ないけどそうしようかなと。パックリの時の衝撃が大きすぎてなかなかカラー取りに勇気の持てない私たちである

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

今さらですが年末年始の記事です~ 4 (2日と3日)

2017-02-07 08:12:12 | 季節もの

2日は毎年パパ関係の親戚が集まる日。といっても義父母がいた頃はパパの兄や姉の家族たち、そしてパパのいとこ家族も来て賑やかだったが、今は姉夫婦が来るだけ。我が家の息子は2日は仕事、娘は嫁ぎ先のおうちへ新年のご挨拶に行っているので、パパと私と姉夫婦の4人だけなのだが。それでもワンズは大喜び

みんなおとなしくオヤツ待ち~。午後から姉夫婦は、別の親戚の家にも出かけるため昼食後にお別れ。

姉夫婦を見送ったあとワンズと初詣。境内のお散歩は禁止なので、みんなそろってカートイン。

3日は息子の仕事も休みで、娘夫婦もやってきてきた。ビビリのコチャも、M君(旦那様)には挨拶に行ける

マーさんは、落ち着くまではやっぱりオンリード。

そして今年もパパからのお年玉くじ。残ったのは私と息子の分。息子はチャロに選んでもらうと言うので、パパが「こうやってやるんだよ~」と、手で押さえさせようとしたけれどお口でパクリ。

「うわ~っ、飲み込むなよ~」のアニキ。

毎年500円とかハズレばかりだが、今年は大当たりの1万円ゲット~。イェ~イ。チャーさん、1万円の方を残しておいてくれてありがと~。

3日の恒例行事はこのお年玉くじの他に、私の父も一緒にボウリングに行くこと。結婚してからず~っと続いているお正月のボウリング大会。数年前から父は見ているだけだが、みんながボウリングするのを楽しみにしていた。が、年末からの風邪が治らず今年は父は来られなかった。そのかわり(?)息子の彼女ちゃんが参戦しにくることになったので卓球をしながら待つ。M君と息子、いい勝負。

けっこう夢中になってるオバサン(私)対 娘。

彼女ちゃんが来たのでダブルスをしたあとボウリング大会。

今年も楽しいお正月の三が日を過ごしたけれど、私も年末から風邪気味だったのが4日の朝に悪化。チャロのできものが治っていなかったので獣医さんに行くことにしたが、その前に内科に行って薬をもらってくる。そしてチャロの腫瘍がみつかり、自分の風邪のことなどふっとんだ

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今さらですが年末年始の記事です~ 3 (わんこの森)

2017-02-03 08:47:51 | ワンコもOKのお店

伊豆は結婚10周年の時に行って以来。大室山とシャボテン公園で遊ぶ予定にしていたが、道の渋滞&駐車場が満車であきらめる。昼食時間もとっくに過ぎていたので、とりあえず食事できるところにいこうということで、『わんこの森』へ行った。

ここは、ワンコ同伴で犬グッズ作りや陶芸などができる「体験工房」でカフェやランがある。店内は作品を作っている方や食事をされている方で混んでいたのでテラス席へ。

この日は暖かくてテラス席でも大丈夫。お店の方は、ワンズをとても可愛がってくださった。

中が混み合っていたため、ピザが出てくるまでかなりの時間がかかってしまったが美味しかった。が、食べ終わった頃には3時近くになっていて、これからどこかに出かけていては、帰れなくなってしまう。

ということで、ここのランで遊んで帰宅することにした。ランのすぐうしろには遊ぶ予定にしていた大室山。

反対側には遠くに富士山が見える。

ランは里山ランと雑木林ランの2種類。

私たちがピザを食べ終えた頃には誰もいなくなっていたので、ランは貸し切り状態。

コロも楽しそう。

マロはずっと爆走していて、こんな写真しか撮れなかった。さぁ、また長距離移動で帰りますよ~。

なんだか、ほぼ移動するだけの日帰り旅だったが楽しかった。長距離でもコロが大丈夫なことがわかったので、今度は泊まりで伊豆に行くという楽しみができた。

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

今さらですが年末年始の記事です~ 2 (元日)

2017-02-02 08:34:34 | おでかけ

今年も初日の出を見に行く。

そして、「おせちを食べたら、富士山見に行くよ~っ」

岡崎SAで休憩。混んでいたのでコロはブルブル。膝の上でパパを待つ。

 

綺麗な富士山が見えてきたよ~っ。

富士川SA。ここも人も車もいっぱいなので、シニアさんはカートイン。

富士山をバックにと思ったが、ワンズは全然カメラ目線になってくれない

休憩したら先に進みましょう。いつもはここから白糸の滝やミルクランド、まかいの牧場などのある南の方に行っていたが、今年は初めて伊豆方面に向かうことにした。

そうそう、ここ富士川SAでは観覧車の建設中だった。2/23の富士山の日に『Fuji Sky View』という名のこの観覧車がオープンするらしい。ワンコと乗れることができたら嬉しいけれど、どうなんだろう。矢印の所に富士山。観覧車からも富士山が見てみたいなぁ。

      つづく

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

今さらですが年末年始の記事です~ 1

2017-01-31 07:40:20 | 季節もの

1月も今日で終わりですね~。早っ。 コクマチャ日記は、1/5から年末年始の記事を更新していこうと思っていましたが、4日にチャロを獣医さんに連れて行ったあとのいろいろで、お正月の記事を書く気分にもなれませんでした。まさかのパックリ事件のせいでカラー生活は続いていますが、1ヶ月遅れの年末年始の記事を今さらですが書いていこうと思います~。

2016 12/28 トリミングへ。お正月におろそうと思っていた新しいハーネスだが、年末のトリミングではお正月飾りをつけていただけるので、新しいハーネスで行ってきた。コロはお尻の毛が長くてボサボサなのでカットしていただき、つるんとした可愛いお尻になって戻ってきた。

チャロは、獣医さんから体の負担になるかもしれないと言われたので、爪切りと簡単ブラッシングだけ。

4ワン色違いの可愛いお正月飾りをつけていただき嬉しくなる。

6月に結婚した娘は、嫁いでから初めてのお正月になるため、私が毎年使っている義母の作った『おせちレシピ』の写真を撮りにやって来て、頑張って初おせちを作ったようだ。

12/31 ワンズおせちは毎年娘が作ってくれていたが、娘がいないので自分で作る。人間用おせちで時間がなくなり適当に 鶏肉ベースと卵ベースの2種類。お鏡餅はジャガイモで。

 

新年のカウントダウン時間まで、年末特番などではなくファイターズ日本一記念のDVDなどを見ながら過ごす。

寝ていたワンズも、カウントダウン数分前に起こされる。(せっかく寝てたのにゴメンね~

そして2017年に。 新年になったら開けようと思い、とっておいた『祝 日本一 栗山英樹』というお酒で乾杯~。

息子は夜中初詣に行っていたし、夫婦2人と4ワンズでの年越し。いい年になるといいね。

     つづく

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新雪で遊ぶ

2017-01-27 08:18:41 | 季節もの

昨日、花まる日記でマロの雪遊び動画(→【こちら】)を載せたけど、写真もたくさん撮ったのでその一部をこちらでアップしま~す。

チャロの手術が決まったとき、カラーが取れていい結果が出たら、チビーズを雪遊びに連れて行こうと思っていた。が、まさかのパックリ事件で17日間も余分にカラーをつけることになり、最短で2/7しかカラーが取れない。

 

しかも、パックリ事件でチャロの顔を見て衝撃を受けてしまったため、カラーをとってもしばらくはまた開いてしまうんじゃないかという心配な気持ちが強くなってしまった。

なので、今シーズンはチャロを雪のある場所に連れて行くのは諦めたが、大喜びで遊ぶこと間違いなしのマロだけでも1度はたくさんの雪の中で遊ばせたかった。

 

ここ数年、雪遊びにワンズを連れて行っているのは『三重県民の森』。23日には菰野町(県民の森のある場所)に大雪警報が出ていて、雪がたくさんあるのは間違いなしだったので、今年も行きたいな~と思っていた。

  

一昨日の朝のお散歩中、雲1つない青空を見上げていたら「行くなら今日しかない」と即決。 昨日は父の通院の送迎があったし、今日は天気が悪い予報だったし(結局雨じゃなくなったけど)、その後は3月くらいの暖かい気温になっていくということだったので。

 

遠くの山の上に行けば、ずっと先まで雪遊びができるかもしれないけれど、三重県民の森なら山の上に行かなくてもいいし、我が家から1時間15分くらいで行けるお気に入りの場所。

 

広場には誰もいなくて、真っ白な新雪の上に私とマロの通る道筋だけが描かれていく。

 

遊び相手がいなくても、ひとりで走り回り楽しむマロ。チャロが行けないならシニアさんを連れて行こうかとも思ったのだが、はじめは喜んでも長い時間は無理かなと思いマロだけにして正解だった。

 

エンドレスで遊びたいマロ。こんなに喜んでくれる姿を見ると、連れて行って良かった~と思う。

 

タイヤはスタッドレスにしているが、雪道はやっぱり怖いので少し道路の心配をしていた。でも、綺麗に除雪されていてホッとした。(駐車場は雪が多かったけど) 来年はチャロも連れて行って、チビーズが雪の中で転げ回って遊ぶ姿を見たいな。

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

まとめ 3 (抜糸とパックリ事件)

2017-01-24 09:03:14 | 獣医さん

 1/14 術後の経過を見せに行ったが、帰宅後舌の中央奥に赤いでき物があるのを発見。いつからできていたのかは不明。発見した日から毎日、あくびをするたびに口の中を覗き様子を見る。顔のでき物に舌のでき物、最悪だ…と思っていたが、舌のでき物は日に日に色が薄くなり、抜糸のときにはほぼ消えていたので先生に話すのはやめておくことにした。

抜糸まで、雪の日も雪じゃない日も毎日庭で元気に遊ぶ。

 

1/21 手術から10日。いよいよ抜糸。そして検査結果が出る。(検査結果については先日詳しく書いたので略します)獣医さんに着くとシツポが下がり、ブルブル震えが止まらない。

が、抜糸の時は声も出さず動くこともなくじっと我慢。目の前で抜糸が行われるから怖かったと思うが偉かった。検査結果も良性と出て抜糸も無事すみ安堵。

帰宅後、心配してくれていた息子と娘に良性だったことをメールし、父には電話で報告。電話を切った直後、パパが「うわぁ。チャロの顔が…」と言うので、え?と思って顔を見ると抜糸してきたばかりの傷口がパックリ。ポリポリ掻いたらふさがっていたはずの傷口が開いてしまったのだ。もう、ギャ~っていう感じだった。

(写真もいちおう撮りましたが、ホラーみたいなのでアップするのはやめておきます。また、ここから下の青文字で書くところは、記述の内容が気持ちが悪いと思うので、パスしてくださった方がいいかもです

パックリ開いた部分は少しえぐれたように穴が開いていて、私はプチパニックになった。家について10分もたっていないくらいの出来事。とにかく獣医さんに連れて行かなくちゃと、チャロを車に乗せる。信号待ちの時、助手席のチャロの顔を見ると、スプーンですくったような穴が開いているように見えたため、私はポリポリ掻いたときに肉が取れたんじゃないかという気がしてしまい、途中の道でいったん車を止めて「肉、落ちてるかも。誰かが拾って食べるかもしれないから見て」とパパに電話した。パパは私の言ってる意味がわからず「どこに肉が落ちてるの」と聞き、私は「チャロがいたとこじゃん。リビングと台所の間!!」「もう切るよ。落ちてないかちゃんと見ておいてよ」と言い放ち、ふぎゃ~、怖すぎる~と思いながら獣医さんに向かった。が、穴が開いていたのは腫瘍をとったからで、肉が掘れたなんていうことはありえなかったが、気が動転すると思考がおかしくなるらしい。

獣医さんに着きすぐに診ていただいたが、先生もまさかのパックリ事件に驚き、すぐに再縫合をすることとなった。せっかくカラーが取れ自由の身になったとたん、また全身麻酔での手術。心配していたけれど元気に戻ってきた。前回は10日で抜糸だったが、今回は2週間。そして抜糸後も3日間はカラーをつけておくことになったので、合計17日間も余分にカラー生活がのびてしまった。が、舌のでき物もその後できてきていないし、今はもう病気の心配はないので、あとは傷口が完全にふさがるのと毛が伸びてくるのを待つだけだ。今月は、チャロにとって試練の月だったなぁ。でも、なんともなくて本当に良かった。応援してくださった皆様、本当に本当にありがとうございました。

 1月も後半になってしまいましたが、これからは、チャロの騒動でアップしていなかったお正月の写真を少しずつアップしていきま~す。今後とも、よろしくお願いします。

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

まとめ 2 (手術前~術後のチャロと3ワンの様子)

2017-01-23 08:39:22 | 獣医さん

腫瘍という診断に心がざわざわし始める。手術までの1週間で、自分の心を落ち着かせたくて神頼みしまくる。手術前日には、奈良県の神社までご祈祷していただきに行き、宮司様とお話して「きっと大丈夫」と思うと同時に、万が一のことがあってもそれを受け入れ、これからの毎日を今まで以上に大切にしていこうと覚悟を決める。でもその夜、チャロの寝顔を見ながら、なんでこんなものができちゃったんだろうと悲しくなる。

1/11 手術当日、朝ご飯抜きで獣医さんへ。首輪には神社でいただいたお守りをつけて行く。「お願いします」と先生に告げ診察室を出るとき、怖がっているチャロを見て涙が出る。何もなければ(あれば連絡が入る)4時以降のお迎え。

早く会いたくて4時前に獣医さんに到着。先生からいろいろお話を伺ったあとチャロが来たが、予想していたより傷口は大きく(5針)その姿にまた涙が出る。いちいち涙が出てきて先生に申し訳ない。家では麻酔がしっかり覚めるまでカートに入れて、目の届くところに置いておく。

麻酔が覚めたあとは、ご飯も完食し元気になる。ただ、何度オシッコさせようとしても出ず、獣医さんに行く前の朝8時頃にして以降、夜11時過ぎにやっと出る。ふだんそれほどチャロのそばにいることのないクロが、手術当日からピッタリとそばにいてくれる。マロと仲が悪かったときも、マロが避妊手術でカラーをしていたときにはずっと横で寝ていてくれたし、やっぱりクロはいざというときにはみんなを守ってくれる親分だ。

コロは手術当日と翌日は、カラーを怖がって近づかなかったが、その後はクロ同様チャロのそばにいてくれている。

が、マロだけは、いつまでたってもチャロのそばによりつかない。チャロが近づくと睨みながらウ~と唸る。なので、マロとチャロをあまり会わせないようにしている。手術前までは毎日一緒に庭で転げ回って遊んでいたのに…。態度はデカイのに器が小さいぞ~。マロからしてみれば、どうしてチャロがそんな姿なのか理解できないのだから仕方のないことなのかもしれないが。

     つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結果が出ました & まとめ

2017-01-22 09:23:11 | 獣医さん

12月後半に顔にでき物を発見し、その後それが腫瘍とわかり、ブログを見に来てくださる皆様には大変ご心配をおかけしましたが、昨日【花まる日記】でもご報告しましたように無事に良性という結果をいただきました。

病理診断報告書によりますと腫瘍は『犬皮膚組織球腫』というもので『病巣部には組織球由来の腫瘍細胞が皮下直下~皮膚組織に増殖しており、腫瘍細胞はやや大きな核と豊富な細胞質を持ちますが悪性所見は観察されません。マージンは確保されています(腫瘍はすべて取り除かれています)』とのことでした。

犬皮膚組織球腫は犬特有の皮膚の良性腫瘍で、その多くは若年齢(4歳以下 特に1~2歳)で発症するそうです。腫瘍の大きさは1~2cm程度の場合が多く、頭部に最も多く報告されているそうですが全身のあらゆる部位にできるそうです。病気を発症した部位が赤くなり急に大きく固くなるりますが、痛みや痒みなどを感じないというのも特徴らしいです。腫瘍の成長スピードが早いですが、8週間~12週間程度で腫瘍が消える事も多いらしいです。

ただ、肉眼では良性悪性の判別は難しく、若年齢でも肥満細胞腫などの悪性腫瘍が発生することがあるので、腫瘍性が疑われる病変に気付いたら、今回のようになるべく早期に検査を実施した方がいいとのことでした。

もし、私ができ物を傷かもしれないと思いそのまま放置していたら自然に治っていたかもしれません。そう思うと、やらなくていい手術をさせてしまったのではないかという気がしてチャロにはかわいそうなことをしてしまったと胸が痛いです。が、表面が短期間でただれ始め、その周りを触ると固いしこりがあったので、やはり放ってはおけませんでした。実際、もし本当に悪性であった場合、早期発見してあげれば治療も早く開始することができたと思います。今回のことでは、たくさんの方にチャロの応援を、そして私たち家族にも励ましをいただきありがとうございました。

昨日は帰宅後10分もしない間に傷口をポリポリし、抜糸した部分の傷口がパックリとなり慌てて病院に戻り、再び全身麻酔で縫い合わせるという、まさかの出来事がありましたが元気に帰ってきました。そのことも含めて、でき物をみつけたときから結果が出るまでのいろいろを自分の覚えとしてまとめておこうと思います。

  まとめ 

目の下がはっきり写っている写真がなかなかみつからなかったが、12/17の時点では何もなっていない。

12/27 ↓の写真の数日前に、何かで傷ができたのかなかと思っていた部分が急に大きくなり、触ると中が固い感じがしたので受診。傷から来る炎症なら1週間~10日で治るということでお薬をいただくが、できものが大きくなっていたらやっかいなものかもしれないと言われる。翌日のトリミングについてお聞きすると、チャロちゃんには負担になるかもしれないかもしれないからやめた方がいいかもしれないとのこと。今になってみると、先生はこの時すでに腫瘍を疑われていたのではないかと思う。

元気に新年を迎えるができものは小さくなっていない。

1/4 薬を飲んでいるにもかかわらず傷は少しずつ大きくなり、表面が少しただれているような状態になってくる。薬で完治していれば大丈夫と言われていたが、悪化しているため年明け初日の獣医さんに連れて行く。ただれた部分でスタンプ検査をし、顕微鏡で見た結果腫瘍と断定。良性か悪性かは、1週間後の手術のあと取ったものを検査に出して判明することになる。帰宅後、がん細胞画像の検索をしてみると、獣医さんで見てきたチャロの細胞画像と同じようなものをみつけ、悪性なの?と気分が悪くなる。

     つづく

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加