最初はSAH

2000.11にくも膜下出血(SAH)発症。無事後遺症もなく生還。今興味あること:脳のこと,教育のこと,テニスのこと

アベノマスク届きました!

2020-05-24 15:30:56 | 新型コロナウイルス
昨日、ようやくアベノマスクが我が家に到着しました。
確かに小さくて、暑そうで、特にこれからの季節は役立ちそうにありません。

私は、外テニスは、マスク不要のような気もしますが、
みんな結構、上の真ん中の写真のような、UVフェイスカバーをつけてます。
鼻も口も開いているので、コロナ対策というより日よけ対策だと思うのですが、
どこでも、何をするにもマスクをするというのが鉄則になりつつある日本で、
これで、マスクをしていることになるのでしょう。

暑さが苦手な私としてはどうすればいいかと迷った末、
ネットで冷やしマスクを買ってみました。
裏に保冷剤を入れる袋がついているものです。
頬を冷やすのにいいかなと思って買ってみましたが、
保冷剤を入れるところが、ちょっと小さいです。
無理矢理2個、保冷剤を入れたら、確かに冷たくて、息はしやすいです。
でも、息がしやすいということは、これまたコロナ対策というより、日焼け対策になると思います。

まっ、いいか! 「マスクをしている」これが、大事なのですから。
でも、マスク焼けができてしまうかもと、ちょっと心配です。。。。。

これから、インドアのレッスンも始まると思いますが、
マスクをつけてやるのかなぁ~・
コメント

ムクドリの子育て ~糞だらけ~

2020-05-19 14:50:04 | Weblog
ムクドリの雛の囀りは、日に日に大きくなって、
声も、ピーピーじゃなくて、ギャーギャーっぽくなって、
あのムクドリのだみ声に似てきました。

この頃は、餌を咥えて巣に入るのですが、
出てくる時に白いものを咥えています。
雛の糞なのでしょうか?

巣の中は掃除しているのかもしれませんが、
戸袋の周りや、1階の庇の上は糞だらけです。
植木屋さんが綺麗に掃除してから1ヶ月。
左の写真のようになってしまいました。

汚くされるので、巣を作るのを嫌がる人も多いみたいですね。
隣の家なので、こっそり楽しませて貰ってます
すみません
コメント

アベノマスクは未だだけど、こんなおしゃれなマスクが!

2020-05-16 21:38:47 | 新型コロナウイルス
アベノマスクは未だ届いていません。

安倍首相が
「全国の全ての世帯を対象に1つの住所当たり2枚ずつ、布マスクを配布します」
と、高らかに宣言したのは4月1日です。
今日は5月16日。
我が家は東京の杉並区ですが、未だ届いていません。
配布し始めたら、髪の毛が入っていたり、汚れがあったりして、
検品するのに時間も費用もかかっているとか。。。。

コロナ対策は、スピード感を持ってやることが大切だと何度も、
首相自身が言っているが、これはあまりにもひどい!
今後、国民全員に10万円というのも、いつになることやら。
そんな不満を「ブツクサ」呟いている時に、この手作りマスクが、ポストに届きました。
先日、「海音寺潮五郎と古関裕而がコラボしてる!」って教えてくれた姪っ子が、手作りして送ってくれたのです。
夫と私に2枚ずつ。
「おしゃれなマスク貰っちゃいました」と、
嬉しくて、すぐに友人に自慢しちゃいました。

みんなが手作りマスクを作っていると、聞いても、手先が不器用な私は、
「私はできないから、いいや!」とふてくされていました。

コロナは第1波は、だいぶ下火になってきましたが、
まだまだ油断はできず、マスクは必需品。

[ありがとう U ちゃん」
コメント

海音寺潮五郎 と 古関裕而が コラボ

2020-05-15 17:34:28 | 海音寺潮五郎
姪っ子が、ラインで、祖父海音寺潮五郎が、
NHK朝ドラ「エール」の主人公モデルの古関裕而氏と、
コラボしていたと知らせてくれました。

古関裕而氏は「栄冠は君に輝く」「六甲おろし」「闘魂こめて」など、
誰でも知っている応援歌や、
「長崎の鐘」「とんがり帽子」などヒット歌謡曲、
「モスラ」等の映画音楽、
そのほかを校歌やテレビのテーマ曲などを数知れず作った作曲家です。

朝ドラ放送前にNHKの番宣番組で知って、
改めて、すごい人なんだなぁ~と思ってました。

朝ドラも、楽しく見てます。


祖父歴史小説家 海音寺潮五郎は、
鹿児島県伊佐市大口の生まれ。
大口市の市歌を作詞したことは知っていましたが、
大口が伊佐市の一部になり、市歌がなくなったと知って、
残念に思ってました。

大口高校校歌を作詞したことは、
聞いたことがあったような気がしますが、
作曲が古関裕而氏だったとは、全く知りませんでした。

「福島市 古関裕而記念館」の<作曲一覧>のページをを見ると
「あ~を」までびっくりするほど沢山作っています。

曲が次々溢れるように出てきたのでしょうね。

朝ドラを見るのが、楽しみになりました。
コメント

ムクドリの子育て~大忙し~

2020-05-14 13:46:13 | Weblog

ダーリン

サマンサ
ムクドリの夫婦、ダーリンとサマンサは大忙しです。
私たちが覗いても、写真を撮ってもそれほど警戒しなくなりました。

小さな餌の虫のようなものをくわえて巣に入っていきます。

でも、昨日、テニスに行こうと自転車を走らせていたら、
家の近くで、珍しいものを見ました。
ちょうど左の写真のように、ムクドリが、
トカゲをくわえていたのです。
自転車に乗っていたし、工事現場のところだったので、
すぐには、写真を撮れなかったけど、
帰って、ネットで「ムクドリ トカゲ」で画像検索したら、いっぱい出てきました。
こんなに大きなトカゲも食べるのですね!(写真:東久留米みてある記<それ食べるのかい?より>

私が見たのは、サマンサそっくりの色だったので、もしかしたら、サマンサだったのかもしれません。
コメント

ヘアサロンに行ってきました!

2020-05-11 14:49:25 | Weblog
東京は、まだ5月11日なのに、30℃を超える真夏日。
これから、ホントの夏が来たらどうなるのか?
どうやって乗り切ればいいのかと、憂鬱が増します。

今日は、ヘアサロンに行ってきました。
コロナ不安で、何となく行くのを延ばしていましたが、
カラーも落ちてきて、
ボサボサ頭だと、やっぱり元気がなくなるので、
思い切って行ってきました。

長年通っている地元のお店です。
顧客は、どちらかというと高年齢層なので、皆不安がって躊躇うのでしょう。
利用者数は、コロナ前の3分の1になっているそうです。

換気をしなければと、窓やドアを開け放して、エアコンを入れていました。
「家賃補助が欲しいですね~!」
と、言っていました。

コロナの影響は、世界中どんなところにも拡がっています。
この先、どうなっていくのか?

でも、髪を染めてさっぱりとカットして貰ったら、少し元気が出ました。
ありがとう!
コメント

ムクドリの子育て~イクメンパパ~

2020-05-10 15:19:18 | Weblog
ダーリンが「まだかな?」と待っているところに、
サマンサが帰ってきてタッチ交代。
夫婦で仲良く子育てです。
うまく二羽が揃っているところが撮れました。

前に載せた写真は、両方ダーリンだったかも。。。?
サマンサは、明らかに茶色がかっています。

雛の声は力強くなってきているので、きっと元気なのね。
子育てって大変!
ダーリンもイクメンで、しょっちゅう餌を運んでいます。
このカップルは、サマンサのワンオペ育児ではありません。
コメント

バラは咲いたけど。。。。

2020-05-09 17:31:36 | Weblog
我が家の庭。
ピンク、イエロー、淡いピンク、バラは今が花盛り。

神代植物園や、旧古河庭園、鎌倉文学館など、
バラの名所は、きっと今が綺麗な時期を迎えていることでしょう!
でも、今年は、コロナで誰にも愛でてもらえず、
バラたちも泣いていることでしょう 

そして我が家の庭でも、悲しいことに、杏の実が強風のため、落ちてしまいました。
ただでさえ不作なのに。。。。
今年もジャムは作れそうにありません
コメント

屋外テニス開始

2020-05-07 14:19:46 | テニス
今日から、屋外のコートでやるテニスレッスンを開始しました。

私営のテニスコートで、コロナ自粛していて、使えませんでしたが、
今日から、1コートおきに空けて、
6人までなら使用可としたそうです。

私たちは1ヶ月以上前から予約してあったので、
久しぶりに1時間だけ練習しました。

一生懸命、家トレして、体力維持に努めてきましたが、
最初はちょっと不安でした。

元々メンバーは4人なのですが、
ご主人が自宅勤務で出られない等で、都合がつかない人もいて、
二人だけで受けました。

晴れて、気温はそれほど高くなくてよかったのですが、
風が強くて、やりにくかったです。
でも、やっているうちに少しずつ、思い出してきて、
体力の不安も消えました。

コーチは、日光アレルギーになって、だいぶ前からフェイスマスクをしていました。
最初は、私たちもマスクをして始めました。
でも、暑がりの私は途中で外してしまいました。

だいたい屋外のテニスで、この人数でするのにマスクは要らないと思います。

青空の下で、運動することは、身体にも心にもいいことを実感しました。
コメント

ムクドリの子育て~名前が決まりました~

2020-05-05 15:21:53 | Weblog

ダーリン

サマンサ
ムクドリ夫婦の名前、ご提案ありがとうございました。

コロナ騒動にちなんで
「コロくん」「ナナちゃん」とか、
「コロナくん」「ウィルちゃん」等がありました。

それも、いいかと思ったのですが、
オーストラリアのコロナ君という名前の少年が、その名前のためにいじめに遭い、
そのことを知った、米国の俳優で、オーストラリアで感染し、入院回復したトム・ハンクスさんが、
励ましの手紙を送ったというニュースもありました。

コロナ由来の名前では、
子どもたちが巣立って群れに帰ると、意地悪なムクドリの、いじめに遭ってはいけないと思い、

「ダーリン」と「サマンサ」に決めました。
この名前にピンと来た人、あなたは アラセブンティですね
アメリカで1964年から1972年までの8年間にわたって放送された大ヒット番組!
「奥様は魔女」のスティーヴンス夫妻の名です。
日本でも1966年から70年まで、放送されました。

私もよく見ていました。サマンサのママの婿いびりも面白かった。
二人の娘の名前は、「タバサ」です。

話はそれますが、「サマンサタバサ」というバッグの製造販売会社がありますが、
調べてみましたが、「奥様は魔女」に由来したネーミングではないとか?

隣の家の戸袋に住む、「ダーリン」は、
私が覗いてカメラを向けると警戒して、写真のように、口を大きく開けて、威嚇してきます。
どちらか見分けがつきにくいのですが、
「サマンサ」は、ちょっと色が薄くて、
いくら見ていても、おっとりと動かず、人の顔をじろじろと見ています。

雛はだいぶ育ってきたようで、耳を澄ますとピーピーと囀りが聞こえるようになってきました。
今年も無事、巣立つかな?
コメント

夏の花と春の花

2020-05-02 15:31:27 | Weblog






急に暑くなり、もう、真夏のようになりました。
庭の花は、夏の花も春の花もごちゃ混ぜで咲いています。
ビオラは、丈が伸びきって、雑草のようになってきていますが、まだきれいです。
頑張って、咲いている古参のシクラメンもあります。
黄色いバラは、咲き始めで、このくらいの咲き具合が、私は、一番好きです。
双子のバラは、牡丹のように大きくなりました。
クンシランは、去年、雪が降って全部ダメになったかと思ったら、健気に咲いてくれました。
イチハツ、ペチュニア、キンギョソウは、これからどんどん咲くでしょう。
もう少ししたら、蚊が出てくるので、夏の花のまた植え替えに苦労します。
コメント

ムクドリの子育て

2020-04-30 20:54:55 | Weblog
先日、NHK総合 日曜日の19:30
ダーウィンが来た
【各地で目撃相次ぐ!ムクドリの大群に密着】で、
ムクドリをやっていました。

我が家の隣の家の戸袋にも、
今年も、ムクドリの夫婦が巣を作り、
子育てが始まりました。
去年のMyブログ「椋鳥が子育て」を読むと5月12日です。
この記事を書いた時は、もう、子育ても佳境に入っていて、
餌運びにそれは大変でした。
私たちが見ていても、お構いなしで、
巣にしている戸袋に出入りしていました。

今年は、たぶん今朝、孵化したものと思われます。
今日は早朝、かなり騒がしい親鳥の声がしていました。
「生まれた!生まれた!」と、大喜びしていたのでしょう!
まだ、赤ちゃんの声もそれほど大きくなく、
餌やりの間隔も、ちょっとあります。

「ダーウィンが来た」で、紹介していた話によると、
春になると、群れを作らなくなり、
毎年、同じペアで、子育てをするそうです。

去年から、この戸袋に巣を作るようになったのですから、まだ2年目、夫婦は円満かな?

今年、最初に巣を作り始めたのを目撃したのは、確か4月の12~3日頃でした。
ところが、隣のお宅は羨ましいほど、頻繁に庭師が庭の手入れをするお宅で、
作ったばかりの巣が、綺麗に掃除されてしまいました。

しばらくは、来なくなって、
今年は、もう、来ないかな?と思っていたら、
やはりここが、気に入った場所なのか、警戒しながら、出入りするようになりました。

そして、ついに、雛誕生!

「ダーウィンが来た」で、可愛い男の子が自分の家に巣を作ったムクドリに
「ムク君」「ドリーちゃん」と名前をつけて楽しんでいました。

我が家は、なんて名前にしようかな?

募集しま~す!!!
  
コメント (2)

父の命日

2020-04-26 15:55:21 | くも膜下出血
今日は、父の40回目の命日です。
中学の教師だった父は、1980年3月、60歳で定年退職して、
わずか26日目に、くも膜下出血で亡くなりました。

5歳の娘を公園で遊ばせていた時に、
夫が走ってきて、
「お父さんが倒れたって!」
と言ったので、慌ててくるまで、病院に駆けつけると、
父は、ベッドの上で大声で、
「ウワー!ウワー!」
と、叫んでいました。
まず、医師に
「これだけ大きな発作で、助かった人は見たことがありません」
と言われました。
「呼吸が悪いので、気管切開します」
と言われ、切開したとたん、声は止みました。
それから、1時間くらいでしょうか?
全てが終わってしまいました。

ホントにあっけなくて、母と私は、呆然としてしまいました。

生きていたら100歳です。

あれから40年間!(綾小路きみまろじゃないけど…)、
本当に世の中は色々なことがありました。
バブルがはじけたり、阪神大震災があったり、サリン事件があったり、東日本大震災があったり…。

生活はIT社会になったりして、大きく変わりました。
色々問題はあるものの、よくなってきたことの方が多かったと思います。

私自身は、幸運にも、それほどつらい経験をせず、ここまで生きてくることが出来ました。
今、社会は新型コロナウイルスによる、パンデミックで大揺れに揺れています。

父は、大学卒業してすぐ、戦地に行って兵士となって、戦いました。
戦争中、戦後と本当につらいことも沢山あったでしょう!

父と同じ年に生まれ、今も健在で100歳を迎えられている方は、
つらい、戦争を経験して、戦後の高度成長経済を味わい、今のIT社会を見ている。
その変化を見られるってすごいことです。

そう思うと、私も長生きして、これから先色々見てみたい気もします。
でも、もしかして、ものすごい辛いことが起こるかもしれないと思うと、
その前に終わった方がいいかと、思い迷ってしまいます。

まぁ、運を天に任せるってことですかぁ~
コメント (2)

双子のバラが咲きました

2020-04-25 14:55:05 | Weblog


バラに大きな蕾がついて、毎日開花を楽しみにしていましたが、
開いてみたら、双子のバラでした。
ちょっと変わっているでしょ!

我が家の花壇にはトカゲちゃんが何匹か住んでいますが、なかなか素早くて撮せませんでした。
今日は、子どものトカゲちゃんが、ひなたぼっこしてじっとしてたので、パチリ!

今年はどこも、ツツジは当たり年のようで、余り日当たりのよくないところの白ツツジも綺麗です。


ミヤコワスレの花は毎年忘れずに咲いてくれます。
これも母の花遺産。

美しい花を見てると一時、コロナのことを忘れます。
ビオラの根元に水やりをしたら、
ダンゴムシだらけだったので、慌てて、
ダンゴムシ用の殺虫剤をまきました。

塀際のアネモネは、いくらでも咲きます。
一昨年、もう一つ球根を植えたけど、
枯れたのかと思ったら、
小さな小さな、白い花が咲きました。

免疫力の差でしょうか?(笑)
コメント

オンライン診察

2020-04-24 14:33:43 | 新型コロナウイルス
定期的に受診して、投薬を受けている
世田谷区にある My hosipital 久我山病院でも、
コロナの集団感染が出てしまいました。

救急患者、入院患者、看護師、11名(4/23まで)感染判明。
現在、救急患者、新規外来患者の受付を中止しています。

私は、30日(木)に外来予約していました。
病院のHPもなかなか繋がらなかったりしたのですが、

病状が安定している慢性疾患で、定期的に診察を受けている患者は、
予約日に電話すれば、電話診療で処方箋を治療してもらえる

ということを知りました。
幸い私は、くも膜下出血になった時の執刀医だった先生に診ていただいています。
F先生とは、約20年のお付き合い。メールが通じます。

そこで、メールに現在の様子、

“テニスが出来なくて退屈してるが、家トレ、散歩、ガーデニングなどをして、
          自粛明けには、またテニスが出来るよう、体力維持に努めている”

ことを、書いて、

血圧のExcelグラフと、前回の投薬のコピー(今回は必要ない薬を明示)を添付して、送りました。

すると病院から連絡が来て、
「診察したということで、処方箋をかかりつけ薬局にFAXで送ります」
との電話。さらに
「次回は7月30日に予約を入れました。診察費等は次回ご精算下さい」
という(明朗会計<笑>)ことでした。

薬局から、
「処方箋通り、くすりをそろえたので受け取りに来て下さい」
の電話で無事、病院に行かず、オンライン診察にて、薬を受け取ることが出来ました。
←添付した血圧ファイルと前回のお薬手帳の写しです。


血圧は、気候が不安定なせいか、高めです。
でもまあ、平均すれば、135-84
ってところでしょうか?

花粉症はもう治まったし、
足が攣った時の芍薬甘草湯、ツムラ68は、
テニスもやらないし、まだ沢山あるので、要りません。

TV電話じゃないので、顔色を見せることは出来ないけど
(自撮り写真を添付する?でも、いい顔してとっちゃうだろうし…笑)
まぁ、コロナ特別時勢、今はこれでいいでしょう。
コメント