最初はSAH

2000.11にくも膜下出血(SAH)発症。無事後遺症もなく生還。今興味あること:脳のこと,教育のこと,テニスのこと

頭痛 と CT検査 と くも膜下出血

2018-10-16 13:30:41 | くも膜下出血



先日、私のこのブログに、こんなコメントが寄せられました。

突然失礼致します。
SAHを調べている過程で「はじめはSAH」のブログに出会い、そしてすべて拝読させていただきました。
私の26歳になる息子は今年3月30日に前交通動脈瘤破裂によるくも膜下出血で4月2日に亡くなりました。
息子は、脳動脈瘤の破裂をおこす4週間前の2月28日に人生最大の頭痛と申し、救急外来を受診しました。
しかし、頭痛が突然ではなく、半日ぐらいをかけて徐々に増悪している。
発熱もあるということから脳とは関係のない頭痛との診断のもとCTを撮ることもなく痛み止めの処方のみで診察を終えました。
その際息子は、手の痺れを訴えていたこともあり「CTを撮らなくても良いのですか 手の痺れもあるようですが」
と言い寄ったのですが、担当医は「脳ではありません手の痺れは過呼吸によるものであり被爆のリスクもありCTは必要ありません」ということでした。
担当医は後期研修医という若い医師でした。
私は最初の頭痛と死亡は因果関係がありCT撮影を行っていれば脳動脈瘤が発見され息子は助かっていたのではないかと残念でなりません。
26歳で突然この世を去った息子の無念を、不憫を思い何もせずにはいられなくなり弁護士を立て戦うべきか悩んでいます。
まや子さんのご意見をお聞かせいただけてばありがたく思います。

読んでいて震えが出るほどでした。
くも膜下出血と診断され、亡くなった4週間前に
「人生最大の頭痛」といって救急外来を受診したとのこと。
しかし、頭痛が半日かけて憎悪していて、発熱もあるということで脳とは関係の無い頭痛と判断されたという。
そして、CT検査はしないで、頭痛薬のみの処方だったという。

「26歳の男性」「人生最大の頭痛」「救急外来受診」」という要素がありながら、
なぜ、他の要素を重視してCT検査を行わなかったのだろう?

以前、NHKの「ドクターG]という医療番組で、救急外来の医師は症状をきいて
「まず命に関わる疾病では無いかを疑い、その懸念を潰していく」
と、言っていた。

私は、医師では無く、単にくも膜下出血罹患経験者ですが、
今まで、くも膜下出血について色々調べました。
自分で調べたり、今までかかった脳外科医の話からすれば、
この赤字の3つの要素で、他はさておき、まず、「脳疾患」を疑うべきで、
なぜ、脳と関係ないと決めつけたか、本当に疑問です。

私は、この最初の頭痛のときにくも膜下出血は始まっていたのだと思います。
くも膜下出血になっても、かなり短い時間に出血は止まるそうです。
頭痛は流れ出た血液が、脳脊髄液の中に拡がり、
脳圧が変化することによって起こるそうです。
出血があるかないかは、CT検査で分かります。(難しい場合もありますが)
一度目のこの出血が止まった時に手術で、脳動脈瘤の破裂箇所を手当てせずにおくと、
再破裂を起こしやすく、再破裂は一度目よりずっと大きな出血となり、死亡率は非常に高まります。
この息子さんは、再破裂で亡くなったものと思われます。

親御さんの無念の気持、痛いほど分かります。

しかし、裁判となると、きっと、検査をして見落としたわけではないので、
検査をしなかったことが、どう影響したかを証明しなければということで、難しいこともあるのでしょう。

医師は、もっともっと勉強して、患者を救う使命を感じて欲しいと思います。

つい最近、私の友人が頭痛がひどく、吐き気もしたので、
念のため、近くの脳外科クリニックに行ったら、
CT検査をして、脳内出血の診断を受け、すぐにそのクリニックから救急車で病院に運ばれて、
緊急入院となり、治療を受け、ホントに軽い目の後遺症が遺ったものの、無事だったという話を聞いたばかりです。

コメント

アルポルト・クラシコでイタリアンランチ

2018-10-11 17:20:03 | グルメ
昨日は、横浜そごう10 Fにあるアルポルト・クラシコでランチしました。
このお店は西麻布に本店のあるイタリアンレストランの姉妹店です。
落ち着いてゆっくりできる店内の、半個室のような席でした。

海音寺記念館があったころ、アートフラワー教室をしていたお仲間です。
34~5年のお付き合いですから、いつも、子どもたちが小さかったころ
自分たちが、年若だったころの、思い出話は尽きません。

一番年長の方が卒寿(90)、二番目の方が米寿(88)を迎えられたので、
お祝いの会にしようということでしたが、

なんと、お二人がご馳走してくださるとおっしゃって、どういうわけか、甘えさせて頂くことになりました。

前菜のあと、アランチーニと書いてあったので、何かしらと思ったら、
チーズの入ったライスコロッケのようなもので、とても美味しかったです。
パスタは、「ポルチーニ茸のクリームソース フェットチーネ」
主菜は、「太刀魚のインパデッラ ブラウンマッシュルームデュクセルのせ」??
ドルチェは「栗のサビオラ ティラミス添え」でした。
食後の珈琲は大きなカップで美味しかったです。

とても上品なお味のイタリアンでした。

これからも、元気でこのランチ会続けましょうといって別れました。

コメント

テニスは最も健康なスポーツ

2018-09-29 11:28:53 | 医療と健康

2018.09.29 朝日新聞[be]9面より(↑クリックで拡大)
今朝(2018.09.29)の朝日新聞、朝刊、土曜版[be]9面に、
「テニスは、最も健康なスポーツ」
だという記事が載っていた。

テニスばかりしている私には、朗報!

英国オックスフォード大学の研究チームが

①テニスなどのラケットスポーツ
②ランニング・ジョギングなど、走るスポーツ
③サイクリング
④スイミング
⑤エアロビクス
⑥サッカー・ラグビー

の6つの分野と死亡リスクを調査。
論文を2016年に英国スポーツ医学会誌に発表した。

平均年齢52歳の男女80,306人を9年にわたって追跡調査。
結果、運動をしない人に比べ、全死亡リスクが
最も低かったのは、ラケットスポーツをしている人。
つぎが、スイミング。3位がエアロビクス。4位がサイクリング。
心臓疾患の死亡リスクも、テニスが一番低く、次がスイミング。3位がエアロ。
飲酒、喫煙など、他の要因も合わせて調整した結果だということです。

意外でした。

テニスは、ちょっと不規則に動き、相手もいて激しすぎる。
スイミングは全身運動で、自分のペースで動くことができる。
だから、本当はスイミングやジョギングの方が身体にはいいのだろうと思っていた。

でも、スイミングはやったことがあるが、単調で飽きてしまった。
テニスの方が、変化があって楽しくて続いている。

よしっ!頑張ってこれからもつづけよう!
コメント (4)

小田原「澤亭」 親族集合!

2018-09-18 15:39:56 | グルメ




昨日は、私の母方の親戚の集まりが、小田原のフレンチレストラン「澤亭」でありました。

母は5人姉妹兄弟で、母とすぐ下の妹は亡くなっています。
弟3人(私の叔父)は、年も離れて、生活も様々ですが、みな家族も仲が良く、
何かと近況をとり合ってきています。

昨年まで、私の従弟の息子たちの大学サークル(コーラス、マンドリン)の、
演奏会鑑賞ついでという、会食の機会があったのが、
めでたく卒業して社会人となり、なくなってしまうことになりました。

年も年だし、毎年会う機会をつくろうということになり、私が幹事を仰せつかりました。
静岡、伊東、川越、真鶴、東京など、色々なところに住んでいますが、みなさん、ぜひ参加したいとのことなので、
ちょっと旅行気分で、小田原にしました。

今はネットで調べることができて、便利!
21人で、個室がとれて、お値段も高くなく、美味しいレストラン。
ありました!!!
「澤亭」です。小田原駅西口5~7分、ちょっと急坂を登りますが、87歳の叔父も歩いて登ってきました。
丘の上の可愛い一軒家レストラン。お部屋も広くて、ゆったりとして眺めも良かったです。

お料理も美味しく、

「小田原JIDORIの青紫蘇パン粉焼き自家製ピクルスのソース」
に、鶏嫌いの私はちょっとたじろぎはしましたが、頂きました。

「国産牛肉炭火焼き」は、
少し冷めていたけど、味はとてもよく、柔らかかったです。

幹事で、会計がちょっと気になって、デザートと珈琲の写真を撮るのを忘れ、失敗

部屋は他にも2室あって、法事の集まりのようでした。

落ち着いてワイワイ話しても全然気にならず、みなさん、満足してくれました。
結婚式でも、葬式でも、法事でもなく、これだけの親族が集合して楽しく会食するって、い~い親戚です。

大成功
コメント

筑紫樓 美味しいフカヒレ中華料理

2018-09-14 15:56:09 | グルメ
漸く、秋が感じられる日が続くようになりました。

昨日は、フカヒレの美味しい中華のお店、銀座「筑紫樓」でランチしました。

どれもあっさりして、上品なお味で、日本人好み!
スープはおかわり自由と言われて、しっかりと頂きました。

(←)フカヒレは、大きくて、確かに姿煮込みでした(笑)
汁を御飯に掛けるとまたこれが美味しい!
コラーゲンたっぷりの美容食、少しお肌が綺麗になった気がして、何とも大満足。

杏仁豆腐も、ファミレスやコンビニのものとは別物の味で、
こちらは、高級な杏仁とクリームの味がしました。
ランチのあとは、資生堂パーラーで、
この大きな 季節のパフェ:長野県 飯塚果樹園産 シャンマスカットと3種の葡萄パフェ  ¥1,980 を頂きました。
少しだけ待ちましたが、案外早く席が空き、高級パフェを味わいました。

こんな大きなパフェは、ランチのあとには、重すぎるかと思ったら、
さすがにこのお値段のパフェはちがいます。

新鮮なブドウと、シャーベットとヨーグルトのお味ですから、
あっさり中華に、このデザートはぴったり!

その後、星乃珈琲で、おしゃべり。

銀座マダムの気分を(気分だけ)味わって、
何ともすがすがしい気分で、帰宅しました。
コメント (2)

大坂なおみ選手 全米オープンテニス大会優勝

2018-09-09 14:52:52 | テニス
全米オープンテニス、女子決勝で、大坂なおみ選手が、
見事優勝しました

2016年全豪に予選突破して出場してきた時は、
こんなすごい選手が、日本にいたの?
って感じでした。

ハイチ系アメリカ人の父と日本人(北海道出身)の母とのハーフで、
大阪で生まれて、3歳でアメリカに渡ったそうです。
それから、ずっとアメリカで育ちました。

テニス経験の無い父の指導で、ジュニア大会には出場せずに、
プロツアー出場資格が得られる14才になってから、
下部大会に出ていたということなので、
知らなかったのも当たり前です。
今朝は、セリーナとの決勝戦が、5時に始まるというので、
5時20分に目覚ましを掛けて、飛び起きて、
半分眠りながら、テレビをつけました。

丁度試合が、始まりました。
今大会素晴らしい出来で、決勝まで勝ち上がりましたが、
セリーナには、まだまだ通用しないだろうと思って、見始めたら、

3ゲーム目で、大坂が早くもブレーク、
いよいよ、セリーナも本気になると思ったけど、
5ゲーム目も大坂がブレーク。
そのままキープで、6-2で、1セット目をとりました。

そう簡単にいくはずが無いと思ってみていたら、
やはり、2セット目は、先にセリーナがブレーク。
でも、どんどんセリーナは劣勢になり、
コーチングを受けたとの警告を受けます。
「やっていない」と審判に猛抗議。

気持の乱れからか、またミスをして、ブレークバックされ、
怒りのあまりラケットをたたきつけて破壊。

もう一度警告を受け、大坂に1ポイント。
セリーナまた猛抗議。会場ブーイング。
大坂は、7ゲーム目もブレークして、
ついに、2セット目も6-4で大坂がとって優勝!!!

セリーナは36歳、大坂は20歳。
こんな若者に負けたくない気持は分かるけど、
ラケットをたたきつけて壊したり、審判に対する失礼な暴言。
誰よりもセリーナをリスペクトしている大坂に、そしてテニスファンをガッカリさせる行動でした。

コメント

認知症にならないために

2018-09-01 14:48:58 | 医療と健康
これまでに、経験の無い暑さの続く、この夏を、ボーッと生きているうちに、
8月が終わって、9月になってしまいました。
庭の桔梗は、この暑さが好きなのか、例年になくよく咲きます。

先日、外来でいつものように、血圧その他、前回からの報告をマイドクターして、最後に
「認知症にならないために、何かやっておいた方がいいことってありますか?」
と、質問したら、
「運動をして、バランスよい食事をして、水分をしっかりとったりする
 一般的に言われているよい生活をした上で、生活に変化を持たせることが大事です。
 単調にならないように、色々なことをやってみることですね」
と言われました。

確かに、子どもが巣立って、夫婦二人の年金生活になると、
生活は単調になりがちです。

私にとってテニスを週二回(インドアとアウトドア)することは、大事な生活のリズム変化です。
アウトドアテニスは、場所も時間も一定でなく、天気にも左右され、すごく面倒ですが、
大好きなコーチに指導して貰えて、仲間と連絡を取り合ってやってることは、
楽しい大事な趣味です。
このブログを続けていることもいいかなと思ってます。
だんだん種も尽きて、何を書くか考えるのも大変。
でも、何かテーマを見つけては、思ったこと感じたことを書いています。

そして最近、記憶や思考にいいかなと思って、始めたことは
新聞の連載小説を読むことです。
朝日新聞を取っていますが、朝刊は毎日、1段、夕刊は毎週金曜日、1ページです。
朝刊小説は 「ひこばえ」重松清作、夕刊小説は 「グッドバイ」朝井まかて作 です。

「ひこばえ」は現代小説で、家族や老いの問題が取り上げられています。

「グッド バイ」は舞台が幕末開国時の長崎。老舗の油商店を継いだ若い女主人公が、
海外に茶を輸出するという歴史小説。

最近の新聞は、字が大きくなって、1段、1ページ読むのはあっという間です。
でも読んでいるうちに、面白くなって、次が楽しみになりました。
新聞も、前より色々な記事を読むようになりました。、
ネットやテレビででニュースは分かるから、新聞は止めてもいいかと思ったりもしたけど、
止められなくなりました。

これって簡単で愉しくて、お薦めです。

長生きしたいとは思わないけど、最後まで生活クォリティーが下がらないでいられたらと思います。
嫌いなことや嫌いなものを、そのために我慢して、やったり食べたりする気はありません。
好きなことをして、好きなものを食べてQOLを下げない方法を模索しています。
コメント

古稀祝い

2018-08-16 16:24:41 | Weblog

先週の土曜日〔8月11日(土)〕に娘と息子夫婦が夫の古稀祝いのご馳走をしてくれました。
古稀祝いって、正しくは(?)数え年70歳でやるものみたいですが、夫は先月満70歳の誕生日をもう迎えています。
でも、正しくても間違っていても、そんなことは問題ありません。
お祝いのご馳走だなんて、夫も私も、大喜び、感謝感激!!!
場所は、北大路 京橋茶寮。オール個室の懐石料理のお店です。
懐石料理はどれもあっさりしていて、丁寧にだしのきいたお味が、本当に美味しかったです。
娘と息子夫婦の奢りだと思うと、美味しさもまた格別。 アレンジメントの花ももらって、記念撮影。

来年は、私も古稀を迎えます。
古稀の由来は、
唐の詩人杜甫の詩・曲江(きょっこう)
「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」(酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である) に由来する。
Wikipediaに書いてあります。
今では、70年生きる人は稀どころか、いくらでもいます。
でも、やはり健康で70を迎えられることはめでたいことです。

コメント

納涼会&火星大接近

2018-08-01 14:55:52 | Weblog

↑クリック
火星大接近:国立天文台
より
昨日は、中学時代の友人(テニス仲間)で納涼会。

最初、テニスをしてから飲み会の計画でしたが、
メンバーが網膜剥離になったり、足首骨折が完治していなかったりで、
結局、テニスは無しで、いつも何かと会場にさせてもらうMさん宅で、納涼会のみになりました。

近くの知り合いのお弁当屋さん手作りのパーティー料理で、
メンバーが久しぶりに揃って、乾杯!
いつものことながら、
「こんな年になるとは、思ってもみなかったぁ~でも、みんなで集まれてよかったね!」
から始まり、果てしないおしゃべり。

会も終わるころ、Mさんの娘さんから、
「火星がきれいに見えるから、ぜひみてごらん!」
とTelがありました。そう言えば、火星が15年ぶりに大接近というニュースがありましたね。
(上の、火星の写真をクリックすると国立天文台の詳しい解説が見られます)
そこで、屋上にのぼってみたけど、目の前のマンションが邪魔で見えませんでした。
ガッカリ

会がお開きになって、チャリで家に帰る途中、
若者の集団が、空を見上げて
「あれが、火星だ!大きくて赤いね」
と言っていたので、その方向を見ると、
大きな赤い火星がはっきりと分かりました。
思わず、LINEで、「火星がきれいにみえるよ~!」とみんなに知らせてしまいました。

何か、得した感じがしました。
コメント

マイコーチ、 毎日テニス選手権 ベテランで2位

2018-07-25 14:08:57 | テニス

       ↑クリックすると大きくなります

第97回毎日テニス選手権(毎日新聞社主催)ベテランの部、優勝決定戦が、
昨日(2018.7.24)東京・昭和の森テニスセンターで行われました。
マイコーチ、齋藤千穂さんは、準優勝でした。
気温40℃の中、シングルスの戦いに挑むコーチは、鉄人的。
第2シードだったので1回戦はbyeでしたが、決勝は5回戦です。
全国から、強豪選手が集まる中、準優勝は、立派です
今回は、惜しくも準優勝でしたが、次は優勝できればいいと思います。

普段、こんな下手くそな、単なるテニス好きおば(あ)さんにも、少しでも上手く、楽しくテニスができるように
熱心に指導してくれる齋藤コーチ。
コーチとしても、素晴らしいですが、自ら選手として活躍する姿、本当に嬉しい限りです。
フレー、フレー CHIHO!

コメント

PEACE NIPPON~ ピース 日本

2018-07-24 15:30:24 | Weblog
毎日、脳味噌が溶けてしまいそうな暑さが続いています。
我が家の2階の北側の軒下についている屋外温度計がついに40.3℃になりました。

およそ70年(未だ1年ちょっと手前ですが…)生きてきて、
こんな暑さは初めてです。
地球の気候は確かに急速に変わってきています。

この暑さの中、友人がメールで良かったとわざわざ知らせてくれた映画、
興味をそそられたので、日曜日に新宿まで観に行ってきました。

「PEACE NIPPON」という、ドキュメンタリー映画です。
8年の歳月をかけ、全国47都道府県、200カ所以上で
ドローンなどで撮影された映像を4K解像度で映画化したものです。

以前テレビで、北アルプス縦走のドローン映像を見て感激しましたが、
今回は、日本中の美しい景色が大スクリーンに次々映し出され、

本当に、吸い込まれていくような不思議な感動を覚えました。

桜島を真上から撮すと、火口池が二つあったり、
全体をただのカメラで撮すことのできない滝を、遡ってとらえたドローンの映像など、
息をのむ絶景が次々と映し出され、観に行って良かったと思いました。
各地の花火や星空、祭りの映像も、そう!、志賀の温泉に入る日本猿の映像、可愛かったぁ~!
音楽がうるさいとの感想も目にしましたが、
私は、音楽も小泉今日子と東出昌大のナビゲーションも良かったと思いました。

でも、わずか8年の間にも、
美しい城として撮されていた熊本城や、
阿蘇山を見る絶景ポイントの道路が地震で崩れ、
幻想的な肱川おろしの映像が描かれていた、愛媛県の肱川がつい最近、反乱を起こしたり、
自然は、どんどん変化していきます。

この美しい日本をどう守っていくのか?
みんなで知恵を出し合って考えていかねばならないと思いました。

素晴らしい映画、お薦めです。

コメント

真夏のテニス&納涼会

2018-07-18 22:15:06 | テニス

今日は、熱中症警報が出る中、久我山オートテニスでアウトドアテニスをしました。
写真はレッスンが始まる前のフォトセッション。
始まる前ですから、青空の下、楽しそうな顔をしてますが、朝9時で、もう既に30℃を越えていました。
1時間を越えるころには、もう全身ナダル状態。 私は1時間40分で上がって、
チャリで急いで家に帰り、シャワーを浴びて、またすぐに吉祥寺のボナペティで行われる納涼ランチ会に行きました。

ボナペティは、ワインの美味しいお店で、以前にも忘年会(テニス&忘年会)をしました。
暑い季節に合わせて、オクラの載ったお蕎麦が出たり、サービスで梅プリンが出て、とてもグー
テニスをして、汗をかいてスパークリングワイン(ノンアル)を飲んで美味しいランチ
素敵な一日でした。

コーチは、ただ今ベテランズテニスランキング2位。
ナンバーワンになれるよう、激励会になりました。

コメント

フェデラーがユニクロウェアーを着用!

2018-07-03 14:49:28 | テニス

ロジャー・フェデラー (画像:ユニクロ)
日本中がW杯サッカー、日本対ベルギー戦で沸き返る中、
テニスのグランドスラム、全英オープンが始まりました。

サッカー中継は深夜だし、テニスの方が興味があるので、
私は、ウィンブルドンの中継を見て寝ました。

センターコートの第一戦は、昨年の覇者の男子の試合と決まっているそうで、
まず、フェデラー(スイス)対 ラヨビッチ(セルビア)戦が行われました。

登場してきた昨年の覇者フェデラーを見てびっくり!
何と、ユニクロのウェアーを着用しているではありませんか!

フェデラーと言えば、Nike(ナイキ)。
フェデラーはNikeをいつもおしゃれにかっこよく決めていて、
ユニクロを着た錦織、ジョコビッチ(今年からラコステ)は、いまいちだなぁ~と思っていた。

ネットで調べたら、
フェデラーがユニクロと300億円契約 ナイキから転向
2018年3月に契約満了したNike(ナイキ)に別れを告げ、
〈UNIQLO〉と10年間で3億ドル(約300億円)の大型契約を締結したとか。
300億円ギョギョギョッ

襟は一般的なクルーネックやポロシャツなどのスタイルてはなく、    
本人が好むスタンドカラーを採用し、
また、ユニクロのコーポレートカラーを印象付けるため、
シャツとショーツには深い赤のラインがアクセントとして施されているとか。

これで、ユニクロもかっこよく、みんなのあこがれになるでしょうか?

試合は、3-0のストレートで、フェデラーがあっさり勝利しました。
コメント

舞鶴市長 無事公務復帰

2018-06-29 11:48:43 | くも膜下出血
4月の大相撲春巡業時、市長が挨拶中にくも膜下出血で倒れ、
土俵に医療関係の女性が上がって救命処置をしようとした時、
「土俵から、女性は下りてください」とアナウンスがあり、
緊急時に女人禁制とは、論外だと、物議を醸したことがありました。

その時の舞鶴市長が無事、公務に復帰し、
記者会見をしたというニュースがありました。

くも膜下出血だったというのですから、
その後どうだったのかと心配していましたが、
後遺症も無く、公務復帰で、本当に良かったと思います。

人が倒れた時の応急処置

①倒れている場所は安全ですか

 危険な場合には、すぐに安全な場所に移動します。(安全の確保)
②大出血がありますか
 大出血があったら、すぐに止血をします。
③意識を調べて、協力を頼みます
 声を掛けて、意識がなければ近くの人に協力してもらって、救急車を呼びます。
④口の中に何かありかすか
 口の中に何か詰まっていたら取り出します。(異物除去)
 血液の唾液をふき取ります。(口腔内清拭)
⑤気道を確保します
 口の中をきれいにしたら、気道を確保します。
⑥呼吸はしていますか
 呼吸が止まっていたら、すぐに人工呼吸を行います。
⑦脈拍は感じられますか
 脈もなかったら、人工呼吸と
併せて心臓マッサージを行います。(心肺蘇生=人工呼吸+心臓マッサージ)

という基本はありますが、
いざ、素人で初めて遭遇したら、混乱してなかなかできません。
私も、テレビで見て、くも膜下出血発症時は安静にすることが、原則だと思って、
激しい心マッサージは、いいのかしら?
なんて思ったけど、脈拍が感じられなければ、
勿論、心マッサージですよね。

あれだけの観衆がいたのですから、良く空港などで聞く、
「医療関係の方、ご協力をお願いします」
と、アナウンスすべきです。勿論、男も女もありません。

市長は医師で、あの場にも、医療関係の知り合いの方が沢山いたとのこと。
適切な処置が素早くとられ、助かったのだと思います。
良かった、良かった

コメント

浴室 洗面リフォーム

2018-06-23 15:35:39 | Weblog
浴室と洗面所をリフォームしました。
築17年、湯沸器も古くなって、交換時になったので、
思い切って全体を新しくすることにしました。

浴室は、掃除が簡単だというので、タカラスタンダード、
洗面は、収納が我が家のサイズに合って、便利そうなので、
TOTOを選びました。
色は、温かみのあるピンクです。
ピカピカのお風呂に入るのが楽しみ
コメント (2)