BLOG in Atelier.Minami

ゲーム攻略、読書感想文など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【ゲーム雑記】Fate/Grand Order 図鑑#78:アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕(槍)

2017年06月09日 23時43分10秒 | FGO
【簡単な略歴とか】
今のところ登場する作品は『FGO』のみ(セイバーバージョンでは『stay night』などに登場)。
アルトリアがエクスカリバーに並ぶ神造兵装である聖槍「最果てにて輝ける槍」をメイン武器にした状態の姿。本来この聖槍を手にすると6章の獅子王になるが、「嵐の王」としての姿を選ぶとこうなる。
オルタなので性格は冷酷。
「最果てにて輝ける槍」自体は外伝的作品の『ロード・エルメロイⅡ世の事件簿』で、ロード・エルメロイⅡ世の内弟子であるグレイが扱う。このグレイはアーサー王(アルトリア・ペンドラゴン)に生き写しの姿をしており、実は代々アルトリアと同一の存在になることを目指した家系。
とある霊園でロード・エルメロイⅡ世に拾われ、剥離城アドラで起きた事件の調査にロード・エルメロイⅡ世とともに赴き、そこで黒幕をこの聖槍で倒した。普段この聖槍はアッドという魔術礼装の姿であり、戦闘時に「死神の鎌」という処刑鎌の形態で戦闘しつつ魔力を蓄積し、それが一定量に達しないと本来の姿を解放できない、という制約がある。それ以外にも十三拘束を解くために円卓の騎士たちの過半数の賛成が必要という縛りも。また、破壊力が大きすぎるため、屋内の使用は基本的に自分たちにも危険が及んでしまうため、双貌塔イゼルマでの蒼崎橙子戦や『Fate/Labyrinth』での地下迷宮での死徒戦では使用できなかった。


【クラススキル】
対魔力:B
騎乗 :A

【保有スキル】
魔力放出  :A+ ※『FGO』では1ターン、自身のBuster性能をアップ
最果ての加護:A  ※『FGO』ではスター獲得と、自身へ1ターン、スター集中とクリティカル威力アップ
カリスマ  :E  ※『FGO』では3ターン、味方全体の攻撃力アップ

【宝具】
◆最果てに輝ける槍(ロンゴミニアド)
 ランク:A++→EX
 種別:対城宝具
上述のとおりすさまじい破壊力を持った一撃を放つ。解き放つには13の拘束の半分以上を解放する必要があり、FGOでは宝具発動の際、拘束がはずれるギミックがある(ただし半数解除はされない)。FGOでは全体Buster攻撃と宝具封印状態付与(1ターン)OCで呪いのダメージアップ(5ターン)

◆風王結界(インビジブル・エア)
 ランク:C
 種別:対人宝具
『FGO』では実装されていないが通常攻撃に用いているらしい。

【ゲーム内の性能】
保有スキル3つはどれも非常に優秀だが、中でも最果ての加護は第2の宝具といってよいくらい高性能。スキル上げは優先的に行いたい。
ただしNPチャージは得意ではないので礼装による補助などは必要。特筆すべきは宝具の威力で、☆4の中でも破格のダメージをたたき出し、かつ宝具封印状態もつくので非常に有用。手に入れたら優先的に育てておきたい。OCによる呪いのダメージは強化クエスト後の場合、100%で毎ターン1000だが、500%の場合は毎ターン3000で、5ターンでは15000という侮れないダメージをたたき出す。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゲーム雑記】Fate/Grand Or... | トップ | 【ゲーム雑記】Fate/Grand Or... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

FGO」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事