遊煩悩林

住職のつぶやき

つながるつながる

2017年04月22日 | ブログ

「つながるつながる」といっても、wifiのことでも携帯電話の宣伝でもありません。

先週15日、松阪で開催された映画『太陽の蓋』http://taiyounofuta.com上映会に、「福島のこどもたちを三重へプロジェクト」http://booses.netのブースを設置させていただき、募金のほかチャリティグッズのご支援をいただきました。

そのつながりで「いせ映画を観る会」主催の上映会『標的の島 風かたか』http://hyotekinoshima.comを昨日、伊勢の進富座http://shintomiza.whitesnow.jpに観に行ってきました。

映画館に着くなり声をかけてくれたのは『太陽の蓋』上映会を主催された方。つながるつながる感を感じつつ。

「風かたか」は「風よけ」「防波堤」といった意味だそう。

アメリカの「エアシーバトル構想」といわれる東アジア戦略上、その「防波堤」となる日本列島と南西の島々。

その島々のミサイル基地建設などの最前線でそれを阻止しようと闘う人々を描いたドキュメンタリー。

過去から今まで紡がれてきた伝統や文化、これから未来への「いのち」を守ろうとする人々を、いのちの「防波堤」、いのちの「風よけ」とするコントラストが印象的でした。

上映後に込み上げてくるものがありました。

「いのち」の防波堤と、「国家」の防波堤。現場における地域の住民をはじめとする人々に対する機動隊の描き方に感情がかき立てられ、否が応にも「お前はどっちにいるのか」という問いを痛切に投げかけられました。

ただ「どっち」は対立構造の格好の餌食だと思った。

そういえば19日に姫路別院で開かれた「武内了温師50回忌の集い」で聞いた「差別を栄養源に成り立っている日本社会の構造」という提言とつながった。

だけど「どっちでもない」ということはないのだ、誰しも。

過去の戦争をとおして学んだ失敗を繰り返さないための「いのちの防波堤」として生きるのか、中国の太平洋進出を防ぐという役割を担わされた国家の物理的な防波堤として生きるのかという生き方の問題。

戦後を生きたいのか。戦前・戦中を生きたいのか。

黙って他の犠牲を見て見ぬ振りをするのか。見て見ぬ振りできないことを知らせてくれるドキュメントでした。

 

ところで『太陽の蓋』上映会では、常照寺のご門徒のお孫さんともつながりました。

劇団員の彼は今日と明日、伊勢で開催される演劇に出演する。

「東京ハンバーグ」の『KUDAN』という作品です。http://tokyohamburg.com/next/

被爆した牛たちを描いたお芝居、「原発事故を動物目線で描いたファンタジー」という。

「どう生きるか」という生き方を課題にするとき、いま原発事故を経験し、核兵器が使われたはずのこの国の現状を把握しておかなくてはならない。

それは「じぶん」が、どんな場所に生きるのかという前提条件だから。

それはときに海外からの目線であったり、ときに動物からの目線であったり、そして人間を超えた如来の目線であったり。

その視線から相対化されたじぶんと、じぶんが存在するフィールドを確かめなくては「どう生きるか」は見えてこないのかと。

 

「お坊さんって暇なんやな」という声なき声を聞きながら・・・つながるよろこびをむねに行ってきまーす。

菓子博http://www.kashihaku-mie.jpもいいけど、お時間つくって是非お芝居にも。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出会いと別れ

2017年04月01日 | 常照寺

先月の彼岸、終業式を終えた息子が目に涙を浮かべながら帰ってきた。

よっぽどひどい通信簿の内容だったのか?いやそんなことでクヨクヨする人ではない。

心あたりはあった。

担任こそこの一年だけでしたが、入学以来ずっと息子を見続けてくださった先生が転任される。

朝、ちゃんとお別れして来いと送り出したばかりだ。

世話になった先生とのお別れに涙する人間に息子が育った。通信簿の評価はもうどうでもいい。

 

そんな別れと出会いの季節、お寺の掲示板に

会うは別れの始め

別れは会うの始め

と書いてみました。

仏教は「会者定離」の道理を説きますから、会うは別れの始め。

で、この「別れは会うの始め」について。

これをどう受けとめるか。

息子にとっては、もしかすると新しい先生との出会いを果たしていかなければならないと読むのかもしれないし、進学や就職で故郷を離れる若者には後ろ髪を引かれる思い、カノジョにふられたカレシにとっては新しいカノジョとの出会いを期することばに聞こえるかもしれません。

ただ、お寺の掲示板に書してあるニュアンスから汲み取っていただけるならば、この「別れ」は「死別」をイメージする感覚が一番近いかな、と。

この世の無常をいう「会者定離」も習いなら、「倶会一処(ともにひとところにあう)」のも仏教です。

別れてふたたび出会っていく世界が保証されているのです。

「愛別離苦」、大好きな人と別れなければならないという四苦八苦の習いにおいては、この仏さまの保証は希望であり光なのでしょう。

ただ、四苦八苦には「怨憎会苦」の苦が説かれてあります。怨み憎しみ合う人と出会っていかなければならないこの世の苦しみに立たされると、またあいつに出会っていかなければならないのかという絶望にも聞こえることもあるのかもしれません。

いずれにしても、この世での別れを縁として「ひとところ」に出会いなおしをしていかなければならないのです。

愛とか憎しみの「此岸」の営みを超えて「彼岸」に出会いなおしていく。

出会いなおしの場が「浄土」。浄土は死後の世界ではない。いま愛憎を超えて出会いなおすことができる場を浄土といい、そのはたらきを「なんまんだぶ」というのだろう。

息子の純粋な涙から飛躍して感じたこと。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「この」問題

2017年03月13日 | ブログ

結果的に、月に一度の同朋会をサボることになってしまった月はじめの博多出張。

出張のテーマは「お経」に記述された差別的表現について。

戦前・戦後を通してこの問題をお寺に問い続けられた井元麟之さんの地元を訪ねました。

井元さんの没後も問題提起は続いています。それはお寺が問われたまま応えてこなかったからでしょう。

寺に対するこの問いかけを、寺に従事する僧侶が一人ひとりの課題にしてこなかったというのが、問われ続けていることの内実です。

「寺が」問われているという他人行儀的な姿勢、僧侶の当事者意識の低さが問題を放置し続けてきた。

僧侶がどのようなつもりで法事でお経を読誦しているのか。そのことが問われてきたのです。

ようやくこの問題を自分たちの課題として受け止めようとする寺の姿勢は評価されるのですが、それを読誦する僧侶の一人ひとりのこの問題に取り組む姿勢はまだまだ評価に値するものにはなっていないのでしょう。

「その(差別的表現)部分」は飛ばして読んでいるとか、「そのお経」は読まないとかでは話になりません。

お寺は2023年に宗祖である親鸞の生誕850年を数えようとしています。親鸞を聖人と呼んできたことの意味、その誕生の意味を確かめていく大事な時間です。

宗祖の生誕850年はまた「立教開宗800年」ともいわれます。浄土真宗が開かれたことの意味を重ね合わせながら、私はいったい何を学んでいくのか。

そして宗祖親鸞聖人生誕850年・立教開宗800年を迎える2023年の前年は、他でもない「この問題」を問い続けてきた全国水平社の創立100年。

その前々年に開催される東京オリンピック。開催の最低条件としてすすめられる国際人権規約を採択するオリンピック憲章に則った諸整備。

すでに施行された「部落差別解消法」や「障害者差別解消法」、また「LGBT差別解消」に向けた法整備、「アイヌ文化博物館」建設や開会式でのアイヌ古式舞踊など、これらが実質的にオリンピックを契機に果たす効果は何なのか。

開催のための口先だけの法律であれば、それは差別を口実化して煽っていくだけのことになる。

オリンピックを経て、水平社創立100年を経て迎える宗祖親鸞聖人生誕850年・立教開宗800年に向けて、盛り上げるべきはお祭りムードではなく「この問題」に一人の僧侶としてどう向き合っていくかだと思う。

そんな目指すべき姿勢を明確化したとき、問いかけられつづけているこの問題に、常に蓋をして逃げ惑っている自分を発見させられます。

数日前、靖国神社を訪問して、まだまだ向き合わなくてはならない大きな課題を再認識させられました。

同時に、三重の仏教青年会の仲間たちに紛れて、東京の若い僧侶たちと交流して、逃げ回っていても渦中だと刺激を受けました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

わすれなのかね2017

2017年03月11日 | 常照寺

先週の博多出張につづいて、今週は東京出張で、『遊煩悩林』ブログ上でのご案内がギリギリになってしまいましたが、「勿忘の鐘2017」とお彼岸のご案内です。

3月11日の震災発生時刻に鐘をつきます。

14時46分から鐘を鳴らしたのち、15時から本堂でお勤めとお焼香、その後NHKの『証言記録 東日本大震災 「岩手県陸前高田市」』のDVDを堂内のプロジェクターで観たいと思います。

どなたでもご参加いただけますので、お出かけください。

ご参加いただいた方の中からご希望の方に、4月15日(土)に松阪市の農業屋コミュニティ文化センターで上映される映画『太陽の蓋』のチケットを差し上げます。

http://taiyounofuta.com

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ん?

2017年03月07日 | 常照寺

第一金曜日の同朋会。

毎月書き換えるお寺の「掲示板のことば」について説明責任を果たす場でもあります。

今月は、博多出張の帰着が遅れて説明責任を果たす場を逃してしまいました。

常照寺の同朋会メンバーは住職不在でも成り立っていく頼もしい聞法者で構成されております。住職不在の方が盛り上がるかどうかはわかりませんが・・・

 

世話にならんと威張る人 お世話になりますと頭が下がる人

 

今月の掲示板の言葉ですが、この言葉に果たさなくてはならない説明責任は何もありません。

お感じいただくまでのことですが、あえて申し上げるとするならば、「どちらがいい」というのではないということです。

威張る人がダメで、頭が下がる人がいいと言いたいのではないということです。

威張る人には驕りが、頭を下げるには打算がはたらいたりするものです。

この言葉のヒントになったことばがあります。

スマホに残っていたどこかの掲示板のことばの写メ。

そこには

世話になりたくないと気づかうより

お世話になりますと頭の下がる方が大切ではありませんか

と書かれてありました。

こちらの方がメッセージがはっきりしていますね。

でも、このままだと何かしっくりこない。

だってこのままだと僕のメッセージじゃないですし、僕にはこのような問題提起はできないなと思ったのです。

まあ、「世話」の程度にもよるのでしょうが、この「気づかい」にも尊いことがあるんじゃないかなと感じるのでございます。

いつも申し上げることですが、常照寺の掲示板は明確なメッセージを発信するというのでなく、「ん?」と立ち止まっていただくことを念頭にしておりますので・・・

とにかく。そのうち誰かに世話にならざるをえない老病死が待ち構えているわけです。

誰かの世話にならざるをえない状況を認識したときに果たして自分はどのような姿でおるのか。

世話になっているという実感があれば、頭を「下げる」のではなく、自ずと下がっているのでしょう。

いま「あなたどうなの?」と問われています。

日頃いろいろな方の世話になりっぱなしですが、なかなかその世話になっていることさえも気づかぬような恩知らずが私です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新元号案

2017年02月10日 | ブログ

「犠牲となられた方々のおかげで今の繁栄がある」という表現は、戦争を賛美するレトリックでよく使われる。

いかなる場合においても戦争を肯定化するような表現は避けたいところですが、あの戦争があって「憲法九条」を手に入れた。ただし「戦争のおかげ」とは言えない。

さて、数日前の中日新聞の『平和の俳句』に目が止まった。

平成は平和になったと書くのです

http://www.chunichi.co.jp/article/feature/heiwanohaiku/CK2017020602000059.html

天皇陛下の生前退位によって元号が変わるという話題の中で問われる。

戦後、平和憲法を手に入れた昭和を経て平成へ。

はたして平和は成就したのか。それとも成就せずに、時代が変わるのか。

成就するまで変えなくてもいいとまで思う。皇位継承による改元の「縛り」は、たかだか1979年の「元号法」によるものだと聞けばなおさら。

調べてみれば「昭和」だって、『四書五経』の「百姓昭明 協和萬邦」から、「国民の平和および世界各国の共存繁栄を願う」意味で漢学者である吉田増蔵が考案したとか。

「平成」は、『史記』の「内平外成」、また『書経』の「地平天成」からで「内外、天地とも平和が達成される」という。

いつの時代も平和を願いとして暦をつけてきた。

だけど、なのだ。

平和の為に死んでくれとは逆じゃないか

http://www.chunichi.co.jp/article/feature/heiwanohaiku/CK2015041202000065.html

パソコンのメモに残ってた2015年4月12日の『平和の俳句』です。

平和のための戦争なんてないはずです。そんなレトリック通用しないはずです。

平和の「平」、平成の「平」は、「兵」じゃない。

水平の「平」だ、平等の「平」だ、公平の「平」だ。

平和は、自己のいのちと他者のいのちの均衡が完全ということだと思う。

戦中「神」に祀りあげられ、戦後ようやく人間らしい扱いをされたものの、基本的人権が公平に認められていない方がおられる。

人権のない人をいわゆる「為政」に利用し、黙って追随し、それを認める私たち。

平和と平等を求める、まさに「平成」の天皇として、言論の制約の中で闘っておられるようにも思える。

それは天皇一個人の闘いではなく、等しく民としての闘いではないか。

佳子さまの大学進学も、皇族の「信教の自由」を獲得していく闘いだと思い至る。

話がどこに行くのか不安ですが、とにかく。

「昭和」の語には、「世界各国の共存繁栄」の願いが込められていたというが、目指すところは「大東亜共栄圏」建設とその繁栄でしかなかった。

「平成」の末期にあって、国際協調路線とは一線を画して二国間交渉を掲げる米大統領との「ウィンウィンの関係」を目指す首相。

「ウィンウィン」の犠牲になるのは誰なのか。

2020の東京オリンピック、そして2025大阪万博などを理由にした「共謀罪」のレトリック。

「平和維持活動」として「戦場」に派遣される自衛隊員の「戦闘」報告を「衝突」と言い換えるレトリック。

もはや修辞とはいえない言説に騙されたとは言えない。

戦争の翌年に、伊丹万作という人は

さて、多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。(略)だまされるという事もまたひとつの罪であり、昔から決していばっていいこととは、されていないのである。(略)「だまされていた」と平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによってだまされ始めているにちがいないのである。

と書いた。

遊煩悩林 2013.2.18 http://blog.goo.ne.jp/ryoten-jyosyoji/e/bf01366ddcb2fc8cf18735ef87d6b749

「騙された」といつも被害者ヅラをするのが私。騙す側にいつも黙って従いながらです。

他を批判することで、自己の愚かさが際立ってきます。

いま念仏する自由がある。念仏して首を斬られた人と時代があった。「念仏規制法」ができたときに私は念仏者でいられるのか。

伊丹万作の遺言を「仏法ひろまれ」と受けとったことを書いた4年前の遊煩悩林。 

親鸞は

世のなか安穏なれ、仏法ひろまれ

と手紙にしたためた。

http://www.otani.ac.jp/yomu_page/kotoba/nab3mq0000010uew.html

そうだ、新元号は「安穏」がいい。仏法ひろまれの思いを込めて。

安穏な世界を生き、安穏な時代に死んでいきたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立ち往生と往生こいた

2017年02月01日 | ブログ

雪で身動きがとれずに「立ち往生」

というフレーズを、何度かニュースで聞きながら、いつだったか

生前中っていつのこと? どこに生まれる前のこと?

と掲示板に書いたことを思い出しました。

遊煩悩林2012.4.1 http://blog.goo.ne.jp/ryoten-jyosyoji/e/3c91516abd12b84a840fe28add9dbcc2

Googleで「往生」と検索すると、真っ先に「この世を去り、極楽浄土に往って生まれること」と出てきます。

阿弥陀如来の極楽浄土に往って生まれた、ということがあってはじめて、その生まれる前を「生前中」なんだと。

 

だけど「積ん読」中の本を、斜め読み・・・いや、パラパラめくっていたところ、

「往生は心にあるが故に平生から始まる、成仏は身につくから命終わる時」

と遺された先生の遺言を引いて、そこには

往生は今から 成仏は臨終のとき

と著されていました。(竹中智秀選集 第3巻 四十八願講義Ⅱ)

「往生は心につくから、今、信心決定の時である」と。

信心決定は生前中、今なのだと。私なんかは信心未決定だから「今から」なんでしょう。生きている間に往生を得る。で、臨終の時に成仏する、と。

だったら「立ち往生」もまんざらでもないような気がしてきた。

まさに信心未決定の自分を言い当てる言葉として「立ち往生」。

「立ち往生」を検索すると、

① 立ったまま死ぬこと。立ち死に。「弁慶の-」 
② 事故などで、電車や自動車が身動きのとれない状態になること。「雪のため電車が-する」 
③ 物事が行き詰まりの状態になって処置に困ること。「演壇上で-する」
 (コトバンク>大辞林)

信心未決定の私は、ここでいう③にあてはまるのかと。

例文は「演壇上で-する」ですが、私の場合「娑婆で-する」、往生しとらんから立ち往生なんだ。

生きたまま死んでいるのと変わらないようなニュアンスにも聞こえます。信心が決定しないとやはりほんとうの意味で生きるということがはじまっていない。

浄土に生まれるといういのちの方向が定まってこない。

皮肉をいえば、「往生こいた」と、ちょいちょい聞きますが、みんなちょいちょい信心決定されてるんです。

「故人『立ち往生』中は・・・往生『こく』こともなく・・・」

そうやって生きることも死んでいくこともごまかしながら、大事な言葉を汚しながら立ち往生する自戒の念を込めて、

往生は今から 成仏は臨終のとき

と、2月の掲示板に記しました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一万円札を好きになれいないワケ

2017年01月24日 | ブログ

『週刊朝日』のこんな記事をみて早速『マンガ まさかの福澤諭吉(遊幻舎)』上下巻を注文しました。

https://dot.asahi.com/wa/2017011800026.html

読みながらふと、いつかこのブログに「私が一万円札を好きになれないワケ」を書いた気がして過去のブログを検索。

様々なキーワードを入力しても出て来ずにあきらめて、別の仕事にとりかかっていたところに出てきました。

ブログに書いていたのではなくて、ある機関誌に寄稿させていただいた「書籍紹介」に、それらしいことを書いていた記憶でした。

あくまでも「書籍紹介」ですから、「私が一万円札を好きになれないワケ」を書いたワケではありませんが。

お金が嫌いなわけではありません、むしろ好きな方。

ただしどうして今のお札、しかも日本で最も貨幣価値の高い一万円札にこの人の肖像が刷られているのかという「問い」にぶち当たったとき、いまどうして『美味しんぼ』の雁屋哲さんが『まさかの福澤諭吉』を書いたのかということの意味がみえてくるような気がします。

なぜ一万円札が聖徳太子から福澤諭吉になったのか。そもそも日本の最初の紙幣に「神功皇后」がどうして使われたのか。どうしてそれまでの「両」が「円」になったのか(これについては過去に書いてました。遊煩悩林2008.2.25http://blog.goo.ne.jp/ryoten-jyosyoji/e/25e1ce05b44221cb6684c5c6a216f598

疑問が膨張していきますが、それらの背景を知ることで、今この自分の当たり前に思っている価値観や考え方が、実はいつどこでつくられてきたのかという過程を知ることができるような気がします。

同時に『学問のすゝめ』をベストセラー化し、戦争を肯定化する根拠を求めたのはいったい誰だったのかを考えると、他人事ではありません。

そんな自省の念を含めて「私が一万円札を好きになれないワケ」を2010年の『同関協だより』第44号「気になる一冊」から読み取っていただければと、下記に転載させていただきます。

 『同関協だより』第44号は下記のアドレスからもご覧いただけます。

東本願寺 http://www.higashihonganji.or.jp/release_move/free/pdf/douseki_03.pdf

東本願寺無償配布発行物 http://www.higashihonganji.or.jp/release_move/free/

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生きるって?

2017年01月20日 | 常照寺

今朝のNHK「あさイチ」に俳優の鈴木亮平さんがゲストで出演されていました。

恩師で映画監督の故 塩屋俊さんとの思い出のエピソードの中で、2010年の映画「ふたたび」がとりあげられていました。

「ふたたび」は、ハンセン病療養所を50年ぶりに退院された元ジャズトランペッターとその孫を描いた作品。

「ふたたび swing me again」予告 https://www.youtube.com/watch?v=2jHNVYLcVj0


また、昨日の新聞(中日新聞2017.1.19)に、映画「あん」の原作を著したドリアン助川さんが、名古屋市立大学で著作をもとに生きる意味について講演されたという記事がありました。

「あん」http://an-movie.com

「あん」執筆にあたって取材を重ねられたところから感じられた「生きる意味」、生まれたことの意味、生きることの喜びと苦しみ・・・

「ふたたび」も観たいな、ドリアン助川さんの話も聞いてみたいなと思いつつ、常照寺報恩講のご案内です。

今年は28日の午後、この映画「あん」を本堂内のプロジェクターで放映します。

親鸞さまの報恩講でどうして「あん」を?をひとつのテーマにしながら。

寒い中ではありますが、温かい飲物を用意してお待ちしております。

 

井上雄彦さん作の『親鸞屏風』の画像を転用しています。

詳しくはこちら ☞ http://www.flow-er.co.jp/nshinran/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夢

2017年01月06日 | ブログ

伊勢神宮の正月3が日の参詣が約50万人だとか。

もともとそんなキャパシティじゃないんでしょう伊勢という町は。

インターチェンジを封鎖したり、交通規制したり、バスでスライドしたり、あの手この手でこなそうとするんですが無理もある。

総理大臣のことはじめを伊勢からはじめる必要があるのかどうかはとにかく。

3が日でも渋滞しない寺の前の道路が、首相がおいでになると余波で渋滞の車列が門前にまで及んでくる。

お寺は静かな正月ですから、特段に迷惑を被ったわけではありませんが、なかには迷惑だという人もおいでになる。

迷惑の「ものさし」は、個々の都合に過ぎませんが。

今年の年賀に「正覚大音 響流十方」と記しました。門前の掲示板にも書した。

大晦日から元日にかけて寺の鐘をついた。126吼。煩悩の数ではなくて打数です。

「吼」と数える。正覚の大音が126回「吼えた」、十方に響き流れたとの解釈は私の都合。

なかには迷惑な騒音で睡眠が妨害された「迷惑騒音 睡眠妨害」という人もおいでになるかもしれない。

迷惑の「ものさし」。

なかには「除夜の鐘」をとり止めたり、日中に時間変更したところもあるといいます。

戦時中に武器製造のために梵鐘を拠出してきた歴史からみれば、寺の鐘が鳴るのは平和の証。

伊勢の町は、長い間、何かに配慮して鐘を鳴らさなかった。鐘楼さえ建ててこなかった歴史がある。

それはどんな「ものさし」によるのか。

鐘が鳴る迷惑、鳴らない迷惑。

鐘の音は仏願だと思う。「大音」は音量、ボリュームではない。「大願」だと。

鐘の音が仏教だとすれば、それに迷惑するというのは「廃仏」の感覚。無自覚ではあろうけど。

ただしその「音」によって、それを不快に感じることによって自覚させられてくる。

「自覚」、つまり覚まされてくることがある。

明治の初めの「廃仏毀釈」。仏を廃し、釈迦を捨ててどうなったか。

だいたい仏の教えは自己批判を伴ってくる。「自己肯定」の「ものさし」で聞けば心地よいはずがない。

だけどそれが「覚める」ということだ。

覚まされ続けなければ、いつまでも正月の夢の中のまま一年が過ぎる。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加