のーざんぷらんつ

庭のこと、ばらのこと、植物全般

百合が原公園 メコノプシス

2018-02-20 | 草花

気温はまだ低く、朝は―10℃以下、日中も冷凍庫なのですが、
陽射しが強くなってきたのを感じます。

夏の百合が原公園のバラシリーズはもう終わりですが、
少し離れたところにヒマラヤの青いケシが咲いているので見に行きました。




この日は6月27日です。

水はけのよい砂地に植わっていて、沢山花が咲いてました。





きれいな深い青色の株でした。
私も、以前種まきして、苗を育てていたのですが、
引越前に地植えにしていったところ、いつの間にか消えてしまっていました。

水はけが悪かったんだろうな・・・・
鉢植えで育るのがいいのかもしれません。
中々に難しい品種と聞きますが、また育ててみたいです^^





さて、今日は住宅地に排雪が入ってます。





道路に積もってそのまま氷の層ができてしまい、グレーダーという機械で削っているところ。
マンホール上だけ融けていて、そこが落とし穴みたいでとても走りにくいのですが、
これでかなりマシになります。





雪解けは4月。まだまだ寒い日が続きそうですが、春への兆しが感じられた日でした^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

百合が原公園のバラ -8-

2018-02-06 | ガリカ(G)・モス(M)

日本海側は大変な大雪になってますね。
こちらは、幸い穏やかで平年に比べても今のところ少ない雪です。
2月に入り、太陽の光が強くなったのを感じます。
3月いっぱいまで、雪は消えませんが、ようやく後半戦に突入、まだ先は長いです。


さて、百合が原のバラですが、



ムソー・デュ・ジャポン(M)

花はさほど大きくもなく、目立たないバラですが、
このバラは棘がいつも美しくてうっとりしてしまいます。





棘の色が赤いんですよ~
なんで、ジャポンなんていう名前がついたのかしら~
苔が美しい日本を想像するから?




レダ(D)




東京時代に育てていた時は、蕾が開かないまま落ちて満足に咲いた試しがないバラでした^^;




プチ・リセット(C)

可愛い、可愛いバラです。我が家にお迎えしたのですが、
植えたところがあまりにも狭くて、全然伸びてません。





こんな風に咲いてほしいのですが無理そうです(泣)




アンリマルタン(M)

大人色の赤ですね~





スタンウェル・パーペチュアル(HSpn)

このバラはいつも適期を逃します。
ピンピ系のバラを見るには、もっと足しげく通わないと無理そう~




ああ、手元に置いて、じっくり見たくなってしまいますね。
次こそは!(苦笑)



<

ローズウォーク

この大きさに慣れているので、長岡のバラ園に行ったときは
みんな株が大きくて立派で驚いてしまいました(笑)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

百合が原公園のバラ -7-

2018-01-24 | イングリッシュ(ER)



バリエガータ・ディ・ボローニャ(B)

今日は冷えますね。日中は最高気温が‐8℃程度でした。
夜になり-15℃まで下がっているようですが、
ここまで来ると感覚が麻痺してしまっています。

昼間は日が良く入ったので、日中暖房はOFFできましたが、
さすがに今夜は暖房をつけっぱなしにしようかな~


さて、蕾がふっくらしたボローニャ、可愛いですね。




コーネリアかな~?名札を撮り忘れました。









ウインチェスター・カセドラル(Eg,1988年)

グラミスキャッスルに似ていますよね。





メアリーローズの枝変わりとか。
私はまだ枝変わりのバラには遭遇していません。
いつか会えますかね?





ゴールデン・セレブレーション(Eg)

素敵な色合い、花の形です。
ジュードジオブスキュアより爽やかな感じで。
こういうのを見るとお迎えしたくなります。




アルバ・マキシマ

まだ写真がありました。
地上すれすれまで枝を伸ばして咲いてました。
素敵ですね~


そして、先日の購入したバラ苗の発送の話ですが、
ナーサリーに問い合わせてみたら、
芽が一部動いているとのことだったので4月まで発送を待つことにしました。

明日の関東も大分冷えそうですし、
バラ大丈夫かな~と遠い地より心配しています。

皆様のバラも被害がないことをお祈りします。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

百合が原公園のバラ -6-

2018-01-22 | 原種・原種交配バラ

ようやく長い冬休みから解放されました。北海道は本州より2週間も長いのです(汗)

前々からやるように言っていたのに、自由研究の仕上げに丸2日付き合う羽目に^^;
今日は、久々に1人で過ごし、休耳日となりました。


今日は関東も雪だとか。
重たい雪でしょうから、枝折れなどご注意ください。




ロサ・ダビディ’フェンヤ’

季節は半年遡り、フェンヤのバラです。
百合が原のバラは独自で輸入されているので、個性があるのでしょうか?
我が家にあるフェンヤより、少し華奢な雰囲気を持つ株です。





咲き始めは、色も濃いですが、
次第に抜けていき、優しい雰囲気になっていきます。









ダビディは、やはりこの枝の伸びる雰囲気がいいですよね~




ロサ・モエシー’シーリングワックス’(追記)

公園は緑豊かなところだからか、花の色も生えます。





今日はバラの家から、秋にポチったバラの発送時期についての案内がきました。
もう発送準備はできたけど、寒冷地の方には4月に発送しますって。

ポチったバラは耐寒性が微妙なティーローズとアカネフジです^^
今時期、外は-10℃以下になるので、ティーは、遅い方がありがたい!
でも、4月だとアカネフジの花がもう咲いてしまうんじゃないかとも・・・

今もらって、雪の中に埋めるか、4月にフサフサの葉で迎えて、
氷点下になりそうな時だけ家にいれるか・・・

今日はそのことばかり考えています(笑)

本州から冬に苗を迎えるのは難しいですね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

百合が原公園のバラ -5-

2018-01-13 | ランブラー



セブンシスターズ(R)

この房は、イレブンシスターズになってますが^^;
ちょうど咲き始めの頃でした。

この房だけみると、髪の毛が蛇になっているメデューサの神話の絵を
思い出してしまいます^^;





大人っぽい色をした素敵なランブラーですよね。




しっとりと咲いていました。





ジェームスメイソン(G)

百合が原はガリカのマイナーなバラが結構沢山あります。
この赤は、少し深い色合いをしていて、金色の雄蕊との対比がとってもきれいです。
深い緑の葉もいい感じですね^^

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加