My Own Way~I am me~

悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫)の
現在進行形闘病記録&自己満日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

突然ですが・・・

2006年12月18日 17時24分01秒 | Weblog
suzukaとしてのブログは、ここにて閉鎖いたします。
suzukaはこのブログの中で、とても成長させていただきました。
そろそろ、suzukaを脱皮する頃かなと思いました。
記録はこのまま残しておきます。

新ブログは ホジキンリンパ腫完全に治った!by なるショー
です。
名前はなるショーとしてがんばります。

今までsuzukaに付き合ってくれた皆様本当にありがとうございました。


閉鎖した後も、覗いてくれていたかた、本当ありがとうございました。
コメント (6)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

放射線治療開始

2006年12月14日 09時02分19秒 | ESHAP療法
今日から放射線治療が始まります。
かける場所は、腋化、左腸骨、背骨の3箇所です。

俺の周りに取り巻く存在のために、
最終的には、自分が自分でありつづけるために、
俺にとって、何のために生きてるなんか関係ない。
意味なんてなくていい。

生きてれば、おのずと意味はついてくる。
ほら、今だって、影響しあってるじゃん。

歩いてきた今までの道に無意味なものなどない。
でも、過去にこだわり生きるのではなく、今を生きている俺には今しかない。
その今が、足跡となり、自分の力となる。

だって、細胞は日々、生まれ変わってるんだよ。
昨日と、今日の自分が全く違う自分であって当然なんだよ。
何もおかしいことじゃない。(大切な人が教えてくれました。)
それなのに、過去に固執して歩く必要がどこにあるの?
キミの今は過去じゃないよ。
変われるさ。キミならきっと。


でも、そんな不器用なキミを俺は好きだよ。



大切な自分を切り開くのは、まぎれもない自分。
そこから、逃げてはいけない。

そして、まぎれもなく大切な自分を気付かせてくれるのは、大切な人たち。
彼らなしに、大切な自分など存在しない。
生まれたときから、人は1人じゃないのだ。
出会いと出会いがめぐり、新たな命が生まれる。
命は、孤独では作り上げられない。

そして、生まれたからにはとことん生きてやる。
落ちるときもある。大きな壁があるときもある。
いいじゃないか。
乗り越えようがあるじゃないか。
恥ずかしくて、痛い存在でいいじゃないか。
それが人のためになるなら。
もともと生まれたときから、人なんて、
痛い存在なのだ。

自分が傷つくこと。
それは相手を傷つけないための術なときもあるんだよ。
それなら、喜んで傷つきゃいい。かっこ悪くていいよ。
でも、我慢しちゃいけないよ。
そんなときは、誰かにそれを癒してもらえばいい。

大切な人にいっぱい頼って、弱い自分を見せれば
いい。

その大切な人は、自分で育て上げていかなきゃ。
待ってても、誰も来てくれないよ。


そして、過去は、笑って振り返れればいいね。
きっと、そうなる。そうなる。

いや、そうなった。


ほら、元気がでてきたでしょ。

コメント (2)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

地元帰還

2006年12月12日 23時27分38秒 | Weblog
急きょ、今日、函館に帰ることになった。
両親が、早く、俺を連れ帰りたくてしょうがなかったようだ。
仕方がないから、ナースに言って、退院を許可してもらう。

主治医にも、
「明日退院するつもりだったんですけど、今日退院します。」
と言うと、普段、クールな主治医も
「今日、ふ~ん、そう・・・えぇ、今日!?」
と、芸人ばりの二度見リアクションを披露してくれる。

そんなわけで、今日退院です。また、1ヵ月後にくるんですけどね。
看護婦も、中途半端な寂しさをお披露目してくれました。
俺も、なんだか、微妙な感じ。

そんな感じで、今日の最終便で無事帰って来ました。

地元は、最初、そんなに寒くないと思ったけど、
じわじわと寒さが俺の身体を蝕み始めるんですよね。家に着くころには、
「おぉぉぉ、さみーよ。ここ。さみー」
と、震えながら言っちゃってました。果たして俺はこれからここで暮らしていけるのだろうか。ちなみに最低気温、-6度らしいです。いやなっちゃうね。

リリスケもしっかり犬らしくたくましくなってた。
1歳代の犬の成長って、すさまじいそうだからね。
ちなみにリリスケは、現在、1年と8ヶ月。人間で言うと、22歳くらいだそうだ。
俺と同い年やーん。さぞ、むらむらしてるんでしょう。
俺を出迎えて、両前足で
「お帰りなさい」の握手をしてくれる。同時に腰も振る。
やっぱり、お前、めんこい。吠えないのがまた、めんこい。
いつだか、友達に言われた。
「リリスケって、スズカにそっくりだよね」
って、ことは、俺は、こんなにめんこいのか。
それとも、あっちの意味だったのか?謎。。。
彼女はこの間、めでたく結婚した。結婚式にはでたかったなぁ。

そして、夕飯は、ひさびさの我が家で。
石狩鍋with牡蠣バージョン。

ちょ、超、うめ~~~~~~。

野菜めったんこ食べた。
白菜食べた。春菊食べた。ネギ食べた。しいたけ食べた。えのき食べた。
最後に愛情をパクリ。

鍋は侮れないなぁ。
ぷはーーー食べ過ぎたーーーーー。
地元最高!!!

でも、このかんに、俺の住んでる町のコンビニが2つ潰れてた。
1つは親友が働いてたはずなんだけど、あいつはどうなったんだろう。
あとで、メールしてみよう。

てか、パソコンの通信速度めちゃはえーーーーー。快適~~♪
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

12月11日(月)

2006年12月11日 23時24分50秒 | Weblog
●採血結果
白血球     2100(低)(正常値:4100~6100)
ヘモグロビン   7.2(低)(正常値:13.7~17.4)
血小板      4.1(低)(正常値:13.1~36.5)
網状球      17.1
CRP       0.2(高)

LDH       193
ALP       242
GOT        20
GPT        26
アルブミン    3.9
総淡白      6.4


今日は、とてもとても素敵な日だった。
これに限る。
いろいろ感じることがあった。
やっぱり人と人とが触れ合うっていいことだ。

みんな言うけど、ないものねだりなんだよね。
なくなってはじめて気づく。そこらへんに大切なものはあふれてる。
でも、それをひろわなかった。むしろ、遠ざけてた。
あー、なんてばちあたりなんだろう。

今、俺はとにかく拾おうとしている。
そして、転がってくるであろう大切なものを待っている。

だから、生きている。

死んだら、何もそこから始まらない。
ただ、死んだから負けなんじゃない。
まわりで何人もの同じ病気の人の死を見てきた。
彼らは決して負けたんじゃない。そもそも勝ち負けなどない。
ただ、最後までよく生きたと言いたい。
だけど、おれ自身、死から得るものの答えは出ていない。
出ない以上、死んだらいかん。
生きる答えは、今、生きてる俺そのものだと思う。
たとえ、死の答えがでたとしても、生の答えには
かなわないのだろう。

今日は半月なんだね。

明後日、地元に帰ることになりました。
こちらでお世話なったかたがた、本当に
ありがとうございました。
身寄りのない俺にとって、とても、励みになったし、
素直にうれしかったです。

まずは、地元で一仕事済ませて、カントリーライフを
満喫してきますね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

12月10日(日)

2006年12月10日 20時40分04秒 | Weblog
今日は昨日とうって変わっての快晴でしたね。そんなわけで、外出!

しようかなと思ったんだけど、貧血君が心配なので、今日もおとなしく
病院で、だらだらしてました。
マー病院は暇でして、唯一ほがらかな楽しみと言えば、
ナースちゃんとおしゃべりすることだけど、最近はナース君も
俺がおげんきなせいか、あんまりかまってくれなくって、
ひとりぼよよ~んと、過ごしています。

そんな感じだったんだけど、午後から来客がきてくれました。
なんと嬉しいことなんでしょう。
さぁ、話しますよ。と、たくさんお話したんだけど、
どうにも、語句が瞬間的にクーデターに合いますね。
そう、HLA型の話で、母親がドナーなら完全一致より、一座不一致の
ほうがいいらしいと言うことを伝えたかったんだけど、
どうしても、その説明がうまく、かつ、わかりやすく
伝えられなく、まどろっこしい時間がありましたね。

なので、改めて、使えない頭を振り絞って復習です。
ええと、
リンパ球は外から入ってきた異物などをやっつける働きがあるわけで、
移植すると、後から入り込んできた母親(ドナー)のリンパ球が増殖していくわけですが、
そのリンパ球が生意気にも俺の体自体を異物と認識して攻撃を始めるわけです。(GVHD:移植片対宿主病)
その際、俺の体の中の悪い細胞、つまり、がん細胞もやっつけてくれる(GVL効果:抗腫瘍効果:移植片対白血病)
わけですが、赤血球にA,B、O、AB型とあるように白血球にもHLA型というものが
ありまして、そのHLA型が、母親(ドナー)と全てあっている(完全一致)していると、なにせ、型が同じですから、俺の体と、母親(ドナー)のリンパ球が仲良くなりやすくて、母親のリンパ球が俺のがん細胞、もしくは、俺の体そのものを攻撃する効果(免疫反応:GVL効果)が起こりにくくなるわけです。
そうなったら、がん細胞がなくならない可能性が高くなるので、困ってしまいます。

一方、HLA型が1つ違う(一座不一致)であると、俺と母親の白血球の型が微妙に違うわけですから、母親のリンパ球が俺の身体に入ったときに、俺の体とけんかする可能性が、全てあっている完全一致よりも、強まるわけです。そうすると、母親のリンパ球は、俺のがん細胞ももちろんやっつける効果が強まるわけですから、抗腫瘍効果(GVL効果)も強まるわけです。でも、ここで疑問がでてくるわけです。
はい、GVL効果が強まると同時に、母親のリンパ球が俺の体そのものを攻撃する力(GVHD)も当然強まるわけです。それが強くなりすぎると、病気がやっつけられる前に、俺の体がやっつけられてしまうことになるのです。
そこで、そうならないように、免疫抑制剤で、そのリンパ球の攻撃の度合いを調節してあげることになるのです。これにも、また問題がありまして、その薬を使い続ける限り、免疫は抑制されるわけで、免疫不全状態、つまり、菌やウィルスに感染しやすい身体になってしまうのです。そのため、しばらくは、人ごみ、生もの(雑菌の多いもの)は禁止になってしまうのです。抑制剤終了までは、早くて半年、長くて、2年以上かかったりすることもあるようです。

話が発展しちゃいましたね。

なるほどー、とても勉強になりました。

つまり、内戦が強くなるほど、悪いやつらの黒幕がどんどん退治されていくわけですね。デコ先生。
そうなんです。僕たちの世界で起こっている悲惨な内戦みたくなってはいけませんね。民衆ばかりが犠牲になっては、国が滅びますからね。内戦になった理由であるがん細胞をきちんと特定する必要がありそうですね。

It was a fine, clear day today in contrast to the rainy weather we had yesterday.

That's reason I would went out !

But, I couldn't do that...

because I was worried about my bloodless condition.

So I was a quiet boy and spent dreaming or idly today.

I usually have nothing to do in the hospital.

Speaking of My bright and only pleasure,that is what chatting with nurses in charge of me.

But recently they much neither look after me nor chat with me.

I feel lonely.

But one acquaintance came meeting me.

I've waited !

I'm very glad to meet with you.

I chatted much things.

Let's call it a day!!

Good night!

Thank you for reading until this.

英語、むじゅい。。。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

12月8日(金)採血結果

2006年12月08日 13時17分21秒 | 採血結果
●採血結果
白血球     2100(低)(正常値:4100~6100)
ヘモグロビン   6.9(低)(正常値:13.7~17.4)
血小板      2.4(低)(正常値:13.1~36.5)
網状球      8.5
CRP       0.1

LDH       199
ALP       247
GOT        21
GPT        27
アルブミン    3.8
総淡白      6.4


貧血治らない。頭ちょっと痛い。
でも、調子はめちゃくちゃいい。だるいけど、いい。
炎症がなくなったせいでしょうか。
集中力が果てしなくある。
お昼も眠くならない。
さぁ、あとは造血がんばってもらって、このままいくぞ。

I've been bloodless.

but I'm getting more and more well.

I feel tired. but in the good spirits.

It is supposed to be cause that CRP has fallen within 0.1.

Thererfore, I can consentrate considerable time.

I'll cure myself of anemia as soon as possible

and Let's go as it is!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12月6日(水)採血結果

2006年12月06日 19時08分45秒 | 採血結果
●採血結果
白血球     2400(低)(正常値:4100~6100)
ヘモグロビン   7.3(低)(正常値:13.7~17.4)
血小板      2.2(低)(正常値:13.1~36.5)
CRP       0.1

LDH       195
ALP       254
GOT        22
GPT        34


午前中、移植の先輩がお見舞いに来てくれた。
とても楽しいひと時をありがとうございました。
人と話すと元気が出ますね。
また来てくださいね。


午後からは、2回目の治療後、初の外出に行ってきましたよ。
目的は、最近ムショウに食べたくて仕方がない納豆を買いに。
まだ、地下鉄に乗る元気がないので、今回は銀座までで我慢です。偉いな~俺。
銀座もすっかりクリスマスムード一色。

そして、銀座のお店で、納豆を6個とヨーグルトとパンを買って、
そのあと、CDショップをうろちょろ。ここもクリスマスソング特集で、
とてもにぎやかです。華やかな感じでいいですね。全く、クリスマスに
無縁の俺でも、なんだか幸せな気分になっちゃいます。

そうして見てると、なんだか疲れてきちゃって、
無理せず、今日はそのまま帰ってきました。
ひさびさのお外だったで、体がまだ、ついてこないようですね。
少しずつならしていきましょう。

夜はさっそく、納豆を食しました。
納豆を食べるとなんだか元気が出ますね。
デザートにヨーグルトを少し食べました。
ヨーグルトを食べると、おなかが元気になりますね。
明日は快便でしょうか。

採血の結果から、来週には地元に帰れそうです。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

12月4日(月)採血結果と治療克服法

2006年12月04日 14時16分09秒 | 採血結果
12月1日(金)
●採血結果
白血球     2000(低)(正常値:4100~6100)
ヘモグロビン   7.1(低)(正常値:13.7~17.4)
血小板      2.4(低)(正常値:13.1~36.5)
CRP       0.1

LDH       198
ALP       252
GOT        24
GPT        38
アルブミン    3.6(低)

炎症反応0.1だ。ばんざーい。何年ぶりでしょう。
ええと、自家移植のとき以来なので、1年と8ヶ月ぶりですね。

血小板も白血球も赤血球もぎりちょんでセーフでした。
俺の骨髄、がんばってますね。
俺もがんばりましょー。

今回は、前回より、薬が効いてる気がする。
やっぱり、体調管理がよかったからかなぁ。

今回の治療で学んだこと・感じたこと。(あくまでも、僕の場合です。)
1、無理して食べない。これに限る。治療期間は栄養点滴に頼るほうがいい。

2、刺激のあるものは食べ過ぎない。(カレー・香辛料の多いもの)

3、脂っこいものはたべ過ぎない。(フライ・肉の脂身・生クリーム・チョコ・
中華・アイス・バター類)

4、胃の調子の悪いときは、米、生野菜は負担になるので、避ける。(繊維質の多いものは消化が悪い)玄米はもってのほか。(俺の場合)

5、胃の調子の悪いときは、玄米クリーム、栄養のあるウィダインゼリーやカロリーメイトみたいなものは、胃に負担がかからなかった気がする。特にゼリーで栄養を取れるものは食欲のないときも飲みやすくてお勧め。りんご、みかんはよく食べた。

6、絶対風邪をひかない。

7、あたたかいものを飲む。

8、だるいときはとにかく寝る。運動はしすぎない。

9、便秘しないようにあらかじめ下剤で便通を整える。

10、水分を多めにとる。

11、希望をもつ。

12、看護婦に甘える。

今までで一番辛かったけど、結果がいい感じだと、
もう一回、がんばってやってもいいかなぁって気分になります。
だって、元気になれるなら、いくら今辛くても、乗り越えられますよ。

今回もみなさんのパワーをもらった気がします。

Thank you for supporting me with much things.

I'm very grateful to you.

I'll also do my best from now on.
コメント (6)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

12月2日(土)

2006年12月02日 15時50分38秒 | Weblog
昨日は、赤血球輸血をしました。
輸血する前は、貧血すぎて、頭が痛くなり、
ぼーっとするし、ずっと寝てました。

今日は、だいぶ回復であります。
血小板輸血はとりあえず回避しました。

午後からお風呂に入る。上がった後、
その着替えをそのまま、洗濯機に投入する。
そのあと、時計がないことに気づく。

あ、着替えと一緒に洗濯機に入れちゃったかも。

洗濯が終わり、洗濯機の中を見てみると、
案の定、中には、ピカピカに洗浄され、脱水までなされた
時計が出てきましたよ。
おそるおそる時計を手ですくい上げて、フレームを見てみる。

あ、ちゃんと動いてる。

防水機能がきちんとなされていたようです。
一安心です。

そうそう、昨日はもうひとつ機械に関するショッキングな事件が。
ベッドの上にアイポッドを置いておいたら、それをすっかり忘れて、
ベッドに膝から、倒れこもうとしたときに、その膝が、
まさかの確率でアイポッドの表示画面の液晶に

ゴツ

って、いった。

あっ・・・

って、思ったときにはもう遅かったようで、

見事に液晶の部分は、墨を雑に塗ったように、
まっくろくろすけになってしまった。

・・・。

なにも、たまたま下ろした膝があんなちっちゃい液晶画面に
あたらなくても。

もっと物を大事にしよう。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

12月1日(金)採血結果

2006年12月01日 10時12分02秒 | 採血結果
12月1日(金)
●採血結果
白血球     1600(低)(正常値:4100~6100)
ヘモグロビン   6.1(低)(正常値:13.7~17.4)
血小板      2.6(低)(正常値:13.1~36.5)
CRP       0.2(高)

LDH       207
ALP       235
GOT        26
GPT        35
アルブミン    3.5(低)


今日は、赤血球と血小板の輸血っぽいです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

筋肉痛

2006年11月30日 19時20分06秒 | Weblog
11月30日(木)
ズーン。痛い。何が?筋肉が。
はい、性懲りもなく筋肉痛になってしまいました。
昨日少し歩いただけなのに。。。
退化は予想以上に激しかったようで、ひさびさの筋肉痛に
もんもんとした青春を感じながら、今日一日を過ごしました。

と言いつつも、外出はきちんとこなしちゃんですよねぇ。

さて、今日のミッションは、すっぱいパン購入です。

いってらっしゃい、デコ隊長。
行ってきます。

最近は、米を食べたいとは思わないのだけど、やたらと酸味のあるものと、
パンが食べたくなる。これは、何かの陰謀か根回しだろうか。
この2つのキーワードと来たら、あのパン以外なにがあるっていうんだい。

そう、もうこのブログでは常連のbread of legendに君臨するあのパンです。

太ももの裏に心地よい痛みを感じながら、
中学校のころのサッカーの試合で
開始1分、速攻で足がつった先輩を思い出しながら、
しかも、その先輩はそのままつったのが治らなくて交代させられてしまったのを思い出しながら、
しかも、その交代相手が、神のイタズラなのか、先輩のイタズラなのか、俺だったのを思い出しながら、


俺は歩いた。

あとは、いつもどおりにミッション遂行に成功。
めでたしめでたし。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

11月29日(水)

2006年11月29日 21時57分19秒 | Weblog
11月29日(水)
元気があれば、なんでもできる。

スズカここに復活です!
「あとは、自分で栄養取りなさいよ」と
てんこ君は捨て台詞を残して、今日で、彼とおさらばしました。

ということで、当然、外出です。
白血球2400。ギリセーフです。はい、行ってらっしゃい。
外出に行けるのは、次の採血まででしょう。
いけるときにいっとくのがG-CSF患者の鉄則。
昔から、出来るときにやっておけっ!ていうでしょ。あれですよあれ。

今日は、ちょうど、ととろおじさんがお昼にお見舞いに
来てくれたので、外出して昼食を食べに行きましょうと誘う。
ととろおじさんに
「おなかすいてますか?」
と、聞くと、
「僕はいつでもおなか空いてるよ。」
と、さすがのととろっぷりを発揮してくれる。

で、行く先は・・・カレー?


ではなくて、歩いて30秒ほどのところに位置する中華料理店へ。
というのも、俺の胃袋がまだ洋食に対して胃液を過剰放出しっぱなし
だったためです。
なぜか中華は不思議と食べたいと思うんだなぁ。なぜでしょうね。
やはり、日系の血が騒ぐからでしょうか。


中華料理店では、

俺は、以前にも食べたあんかけ焼きそばをおいしく頂く。
ととろおじさんは、ランチメニューの2番をぺろりと頂く。
そこで少しととろおじさんと談笑してから、その店を出る。
店員サモハンさんに別れをつげる。店員サモハンさん、とてもおいしかったです。また来ますね。
少し歩いて、ととろおじさんとも別れを告げる。
とても、楽しかったです。また、来てくださいね。

さぁ、おれ、これからどーする。
1、病院に戻る。
2、ふらつく
3、ふらつく
4、ふらつく

仕方ないから、フィフティーフィフティーで答えを半分に絞る。

ドン!

2、ふらつく
3、ふらつく

が残る。

よって、2のふらつくに。

外出アンサー?




イエス。

ふらつくアンサー。

で、久々に絵を描きたくなり、文具店を探す。
今朝、ナーサーに文具店の場所を聞いていたのですぐに見つかる。
そこでスケッチブックと鉛筆を購入。
この2つあれば、絵は描けるからおもしろい。

そして、次に無性に叫びたくなった俺。
はい、行ってしまいました。
そうです。一人カラオケです。
はい、そこ、寂しいとか言わない!
はい、特技は一人遊びです。きっと、何かの面接で使えることでしょう。

ていうか、普通に一人で僕、カラオケ、かなり、楽しめるアルヨ。
1時間ポッキリ、一人で熱傷!あ、いや、熱唱!!
それはそれは周りのお客は、俺を見て楽しそうに見えたことでしょう。
はい、実際めちゃくちゃ楽しかったです。



イエモンを歌いまくりです。吉井さん、かっこよすぎです。
はい、誰かこんな僕をどうかカラオケに連れて行ってください。

そして、一人でテンションがあがったまま、今日の外出の一番の目的を思い出す。
そうだ、納豆川中!…?納豆買わなきゃ!
はい、だいぶ頭もやられてるようです。

それで表参道のいつものお店へ。
納豆をこれでもかというくらいの6個購入してやりました。
だって、ここの納豆おいしいんだもん。
そして、例のすっぱいパン屋にも足を運んだのですが、あえなく撃沈。
今日、水曜日は定休日なのです。あー、あの伝説のパンがムショウもっこりに食べたかった。

そんなわけで、今日のミッションを無事終了し、
病院へ帰院。

夕食をさらっと食べ、
さきほど買った鉛筆を使って絵に没頭しましたよ。
今回のモデルは、タッチの演技で胸キュンさせられた長澤まさみちゃんです。
彼女の演技はよくわかりませんが、くぁわゆいです。
そして、絵のほうは久々のせいか、鉛筆だけのせいか、納豆食った、いや、納得いった出来になるまで、
いつもの3倍の時間がかかってしまったよ。
デコにもやはりブランクはありますね。これぞ、デコブランク。なんかレゴブロックと似てますね。
でも、結果的には大満足の出来になりますた。


これを見た
ナーサーA氏「おぉ、意外な才能があるんだね」
と、お褒めの言葉をくれる。それに対し、

デコナルド「なかなかうまいでしょぅ。」

ナーサーA氏「うん、うまいうまい」

調子付くデコナルド「でしょぉ?俺に惚れました?」

ナーサーA氏「…。いや、惚れないわぁ。あえて言うなら、惚れないわぁ。」

デコナルド「……。でも、けっこううまいでしょぉ。」

ナーサーA氏「うん、ほんとにうまいわぁ。」

デコナルド「でしょぉ?俺に惚れちゃったでしょ?」

ナーサーA氏「…。いや、絶対惚れないわぁ。あえて言…」

デコナルド「もういいです。」

そんな感じで、ナーサーA氏にプチ玉砕し、落ち込んでむデコ。
でも、ここで引き下がってはいけない。
負けられない戦いがここにある。
そして、あえて「一人でカラオケ行ったんですよ。」と、一人カラオケの話をナーサーA氏にする。すると、意も返させぬ速さでナーサーA氏は、
「うわっ、寂しいっ!普通にひいちゃった。」
と、軽蔑のまなざし。さすがは、A氏です。だてに、バックパッカーでアジア放浪してないわ。あなたにはかないません。
見事にA氏に粉砕した俺。
もっともっと強くなれ!

はぁ、今日も一日、お疲れ様、おれ。
そろそろ寝るか。

安定剤でもして寝よう。(冗談です)

今日も充実した1日だったぜ。いい眠りにつけそうだ。


最後にリリスケ。
もうちょっとまってろよ~。てか、俺のこと覚えてるか~。

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

11月28日(火)~パール~

2006年11月28日 12時50分03秒 | ESHAP療法
11月28日(火)
ようやく、パソコンで文字を打つ頭の回転が戻ってきました。
治療終了後は、ステロイドの反動なのか、抗がん剤の副作用なのか、
とにかくだるくて、1日中寝てました。
その後は、テレビをひたすら見ながら、寝てました。


不自由と嘆いてる自由すら見失っていました。


ご飯は、少しずつ食べられるようになって来ましたが、
どれもおいしそうに見えません。見るだけではきそうです。
できるなら、食べたくないです。

もう少しの辛抱でしょう。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ESHAP2回目5日目(最終日)

2006年11月25日 07時44分15秒 | ESHAP療法
11月24日(金)
昨日、ようやく、ESHAP療法2回目が終了しました。
めちゃくちゃきつかったです。
昨日の夜中には、今期初のリバースまで披露しちゃいまして、
ぐったりです。
早く、回復するといいな。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ESHAP2回目4日目

2006年11月23日 18時43分19秒 | ESHAP療法
11月23日(木)
しんどい。
いろんな意味でどっと疲れた一日だった。
おかん帰郷。お疲れ様でした。
ととろおじ、見舞いに来てくれる。
便秘3日目。強い下剤をいくら使っても、びくともしません。
あと、1日。
ファイトだ俺。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加