炎と水の物語 2013 Apprehensio ad Ignis et Aquarius.

広大な宇宙を旅する地球。私たちは今、どの辺にいるのでしょう. 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

つくってみました。 クロモジ茶 ・ 烏樟 増補版. 入浴剤

2005-05-19 | 休憩室
 三重の山の爺さんが、知らせて下さった「 クロモジのお茶 」を作ってみました。山で採集したクロモジの葉を陰干しにして、乾いたところを急須に入れ、熱湯を注ぎ、二三分で結構なお茶となります。
皆様、お試しを(^^)。

・摘みたての新鮮な葉をお茶にすると、ビタミンが多いのか、実にフレッシュな味わいです。( コメント欄参照^^)
・乾燥葉の方は、少し渋みのある、重厚な味となります。
・茎茶も香高く素晴らしいです。

・神戸のアロマセラピストのアロタンさんによりますと、枝葉の香りは、お風呂にも用いられたとの事です(^^)。

☆☆ クロモジの漢方での作用.
この方面に明るい 山口のo_sole_mioさんに教えて頂きました。
詳しくはコメント欄の20番目「 烏樟 」をご覧下さい。

・・・「クロモジの樹皮は烏樟(ウショウ)という名前の生薬として使用されます。烏樟には鎮静催眠、去痰・鎮咳作用があるそうです。
烏樟は樹皮ですが、葉にも同じ、あるいは類似の成分を含んでいるでしょうから、お茶として飲んでも同じような効果が期待されると思います。」

☆☆ 神戸のアロマセラピスト、アロタンさんから、香りの成分について、お知らせ頂きました。
リナロール、テルペネオール、ゲラニオールなどが香りの成分で、お風呂にも良いとの事です。詳しくは、コメント欄、ご参考下さい。

 コメントお寄せ下さった皆さん、山の茶屋さん、o_sole_mioさん、アロタンさん、本当にありがとうございました(^^)。

☆拙ブログ 
・ クロモジの芽吹き.  ・ クロモジの花.   ・ クロモジ 紅葉.
・ つくってみました. 食用ひょうたん=夕顔の巣箱
ジャンル:
ウェブログ
コメント (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山桜  Prunus donarium Sieb. | トップ | ブナの新緑 Fagus crenata »
最近の画像もっと見る

27 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山の爺)
2005-05-19 12:11:23
u-1さん、早速お試し?のようですがクロモジの木は有るのでしょうか?ソンナに山とは思えませんが?



陰干しにしましたか?爺は若葉を其のままで熱湯をかけ・・。



如何♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪

初物は私どもは10年長生きすると言いますが・・。



・・で大きな木が有りましたので箸を作り掛けています。良いものが出来ましたら又UPして見ます。

何時になるかm(。≧Д≦。)m
記事、書き換えました。 (U-1)
2005-05-19 12:56:43
() 2005-05-19 12:52:42



山の爺様 お出まし、ありがとうございます。若葉は一時のものと思い、保存用に作って見ました次第です。之もまた深い味わいが御座いますが...、



どれ、おお!!新鮮なものの方が、確かに若返るような味わいですね。ウン、本当です。

ありがとう御座います。流石、プロ。



こちらは、ひどい田舎なんですよ。

県庁所在地の街中に、カモシカが住み着いて、最近は歓楽街にも、出てきますだ。

熊も出るサビレようです。もうだめですね。こりゃ。



うちの村は、そこらじゅうクロモジだらけですよ~。
美味しそうですね~♪(∩.∩) (夕)
2005-05-19 22:38:53


U-1さん♪こんばんは^^

山の爺様♪初めましてm(__)m





クロモジのお茶、まだ飲んだことはありませんけれど、清々しそうな初夏にふさわしいお茶のようですね!





すぐに作られてみるU-1さん、さすがですね^^





夕さん 今晩は。 (Uー1)
2005-05-20 00:06:01
けっこうなお味ですよ。ほんとに(^^)。

でも、がぶがぶ飲まんでください。

楠の仲間ですから。



>すぐに作られてみるU-1さん、さすがですね^^

いや~な~に、葉っぱにお湯をかけるだけです...。

こちらの方が、確かに山爺さんのおっしゃるとうりですよ~。
はじめまして (三宅信光)
2005-05-20 18:12:12
三宅と申します。

お茶になるのですね、黒文字が。はじめて知りました。試してみよう。



TBありがとうございました。
おじゃまします。 (hanaboro)
2005-05-20 18:48:39
花図鑑のボロボロブログ!のhanaboroです。

TBのお知らせ、ありがとうございました。



こちらは関東の丘陵地なのですが、

クロモジは近くの雑木林でよく見られます。

今は葉がかなり展開して、大きくなっています。

お茶にするにはちょっと生長しすぎちゃったかな。

もともと香りの強い木だから、

きっと、お茶もいい香りなんでしょうね。
はじめまして (YAMA)
2005-05-20 19:49:04
「蔵王の山から」のYAMAです。TBありがとうございました。



クロモジは爪楊枝だけかと思っていたんですが、お茶にもなるんですね。うちの方ではそこらじゅうに咲いていますので試してみます。
シロモジ茶は? (MUGIXOR)
2005-05-20 20:50:25
U-1さんお久しぶりです。TB張っていただいたのでやってきました。



以前coel. unifloraにコメントいただきました。スレ違いですがcoel. intermediaキレイですね。



クロモジってお茶になるんですね。シロモジはどうなんでしょう?



この辺はクロモジもあるんですが、シロモジの方がかなり多いのです。
三宅信光さん (U-1 ここの主)
2005-05-20 22:04:16
コメントありがとう御座います。

たくさんの方に、お知らせしようと、TBだけになり、失礼致しました。



大葉シナノキの葉も、茶になりますよ~。

ドイツでは、リンデン茶というそうですよ。
三宅信光さん (U-1 ここの主)
2005-05-20 22:08:39
コメントありがとう御座います。

そちらの矢車草きれいな青です。私の大好きな花です。もう咲きましたか、私は今日、雪原を歩いてきました。



たくさんの方に、お知らせしようと、TBだけになり、失礼致しました。

大葉シナノキの葉も、茶になりますよ~。

ドイツでは、リンデン茶というそうですよ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

休憩室」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。