炎と水の物語 2013 Apprehensio ad Ignis et Aquarius.

広大な宇宙を旅する地球。私たちは今、どの辺にいるのでしょう. 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1

2014-04-02 | My Photo
2 . . . 本文を読む
コメント

ブナ残照

2013-11-25 | My Photo
宮沢賢治の童話では、黄金色の落ち葉は、山里では金の値打ちがあるが、都市では、ただの落ち葉・・・ 賢治は何を、言いたかったのでしょう。。。。  画像をクリックしてみてね(^^)! . . . 本文を読む
コメント

土用日に思う、「ドジョウの政治」の意味した「もの… 野田政権の役割 「ドウジョ!}

2013-07-23 | 日本列島の災害
野田前首相の言う「ドジョウの政治」、何を意味したものだったのだろう… . . . 本文を読む
コメント

Helicopter Kuroda !?¥$

2013-04-12 | 椿事
日銀の金融大緩和を海外マスコミでは、「ヘリコプター」と揶揄している! . . . 本文を読む
コメント

We could come back to our home. Everyone Salamat po !

2013-03-23 | 椿事
旅行から無事帰りました。 . . . 本文を読む
コメント

2013  頌春

2013-01-04 | Weblog
皆様、新年明けましておめでとうございます。 年賀状を頂きました方々にも、ブログにてご挨拶申し上げます。  軍国主義復活元年となるか、おぞもましいことを叫ぶ政治家が、跋扈しだしました。 今時の政治家は、今度は、人口十数億の中・露と戦火を交えようというのでしょうか!? 日本は、戦術核兵器の火に焼け崩れることでしょうに。 彼らは、日本をどこに導こうというのでしょう。  こうした政治家の影には、セッ . . . 本文を読む
コメント

極右政党はびこる

2012-12-25 | 人災社会学!
日本維新の会も、極右政党だった。 日本は、戦争に向けて歩みだしてしまった。。。。 まるで、夏草が伸びるように、手に負えなくなることに、国民の多くは気がついていない。。。。 誠意ある心を育てる教育がなされてこなかった報いであろうか。。。 . . . 本文を読む
コメント

日本にも、戦争の足音が・・・・

2012-09-28 | 人災社会学!
日本にも、戦争の足音が・・・・ . . . 本文を読む
コメント

日本海中部地震から、29年

2012-05-29 | 人災社会学!
1983年5月26日の日本海中部地震から、29年。 地震デマや歴史の捏造の目的を考え、地域への影響を予測。 . . . 本文を読む
コメント (1)

福島第一原発の放射性汚染物質、1億ベクレル(毎時)に低下

2011-11-10 | 日本列島の災害
福島第一原発から排出されていた放射性物質は、一号機屋上カバーの取り付けで、毎時一億ベクレルに低下したという。こうなる前に、過去の津波痕跡ボーリング調査は、行われていたのだろうか? . . . 本文を読む
コメント

福島第一原発から、毎時2億ベクレルの放射性物質放出続く

2011-10-14 | 日本列島の災害
先日の国会中継をみていて、福島第一原発から今なお、一時間当たり2億ベクレルの放射性物質の放出が続いているとのことであった。 これらは、どこに飛んでゆくのだろうか。 . . . 本文を読む
コメント

千年周期の巨大地震  時代背景をふりかえる

2011-04-07 | 日本列島の災害
今回の地震は、869年貞観十一年の、大地震 巨大津波(仙台平野が広く浸水)の再来か、と言われていますが、その前後の災害を、年表風に整理してみました。ご参考まで  . . . 本文を読む
コメント (3)

ぶじです。Our Provice had no damege. Neither people nor Houses!

2011-03-18 | Weblog
だいしんさいのおみまい、ありがとうございます。 あきたけんでは、まったく、ひがいが、ありませんでした。 みなさま、どうか、ごあんしんください。 かざむきも、さいわいし、いまのところ、いじょうなしです。 . . . 本文を読む
コメント (2)

大場秀章 『 バラの誕生 』 中公新書 1997 を読む

2010-05-05 | 休憩室
大場秀章 『 バラの誕生 』 中公新書 1997 を読む. . . . 本文を読む
コメント

17時8分の地震

2010-03-14 | Weblog
当地では、震度1程度でした。 . . . 本文を読む
コメント