雑感日記

思ったこと、感じたことを、想い出を交えて書きたいと思います。

82才の呟き ある冬の日の午後

2016-01-17 07:45:34 | 日常生活、園芸、バラ

★『ある冬の日の午後

昼から日本酒を飲んで、いい気持ちで『わが心の美空ひばり』というBSのテレビを観ながらいろんなことを考えながら過ごしていいる。 こんな半日は珍しい。

なぜ、こんなことになったのか?

昼食の準備をしようと冷蔵庫を開けたら、『ナマコ』を買ってたのを忘れてて、『ナマコ』を食うことにした。

ナマコ』は大好物である。

『ナマコ』を食うなら、ひや酒で『ナマコ』を肴に飲んで、あとは鍋焼きうどんにした。うどんも旨かったが、やはり『ナマコ』がよかった。

 

★なぜ、『ナマコ』みたいなものが好きなのか?

食いものは、すべて素材の味がいいものがいい。

昨今の手の込んだレシピのモノは、旨いのかも知れぬがあまり興味がない。

戦後の食糧難の時代に育っているから『好き嫌い』は一切ないのだが、好きなものを並べてみると『卵、バター、のり』などが好きだし、魚も刺身がいいし、肉もステーキがいいなど、素材そのものの味が一番だと思っている。そういう意味では、果物もいい。

父が『このわた』が好きで、しょっちゅう子供の頃の食卓に並んだので、その外側の『ナマコ』が好きになったのかも知れない。

『このわた』は今は高価で既に取りだされた外側の『ナマコ』だけが売られているのだが、昔の明石の魚の棚の『ナマコ』にはちゃんと『このわた』も入っていたのである。

 

★いまは、家内が入院中で『独り暮らし』だから、好きなモノを好きなように食っている。

バターもトーストに塗るのではなく、バターを切って食ってるし、キャベツも葉をそのままバリバリと食っている。『うどん』も、どちらかと言えば『そば』より旨いような気がして、よく食っている。

最近は、だし醤油に味の素を入れて、肉でも、鶏でも、魚でも入れて、野菜を刻んで鍋焼きにしたら、簡単に結構『いいだし』が出るのである。

最近は土林水庵のうどんを食う機会が多いのだが、先日初めて会ったおばさんが、土林水庵のうどんそのものが『最高にいい』と仰るのである。そういえば『太い』し『腰がある』ような気がする。そのおばさんよほど気に入ったのか『店に行ったらうどんの玉、売ってくれますか?』などと言っていた。

そう言えば『うどんの玉』を買ってくるのはいいかも知れない。冷凍にしておけばいいのである。いまも冷凍のうどんを戻して食っているのだから、スーパーのモノよりは土林水庵のほうがいいに決まっている。

だしは、素人でも結構ウマくできる自信ありである。『素材の旨み』が出るような素材を選べばそれでいい。

 

★気分よくなって、テレビをつけたら、『わが心の美空ひばり』をやっていた。

昭和の歌姫と言われて、いまは女王という存在だが、戦後突如現れた人気歌手笠置シヅ子の『東京ブギウギ』を歌って世に出た天才少女美空ひばりの時代からよく知っている。私がまだ中学生から高校生の頃のことである。そんな美空ひばりを知ってる人は、もう少ないだろう。

ラジオはともかく、そんなテレビは、喫茶店に行かねば見れなかった時代なのである

ちょっとだけ動画に撮ってみたが、やはり一味違うレベルかなと思う。

 https://www.youtube.com/watch?v=m0iui-p9LVg

82年生きてきたが、私はやはり昭和とともに生きたのかなと思う。

特にこんな番組を好んで観るわけでもないのだが、ちょっと酔ったいい気分で観るには最高であった。

いまも未だやっていて「悲しい酒」を歌っている。 これは素晴らしいなと思う。

 

★そんな昭和の感慨に慕っていたら、突如『万田酵素』の広告が入って、現実の世界に戻ってしまった。

私の万田酵素とのお付き合いは人間のほうではなくて、『バラの肥料』として万田酵素のお世話になっている。

 

   

 

庭のバラを思いだし、もう一度蔓バラの整枝と木バラの粗い剪定をし、同時に冬の肥料も施したのである。

2月5日ごろに最終の冬剪定をするのだが、ぼちぼちとやっておかないと、結構大変なのである。最終の剪定は今の枝の半分ぐらいに、長さも枝数もしなくてはならないのである。

もう20日ほど先のことになった。

 

もう酔いも覚めたが、なかなかいい早春の午後だった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカの個人を育てる仕組み | トップ | ベタータイムスの森田伊活さんと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。