ビール紀行~旨いビールを求めて~

旨いビールを求めて国内外のビール醸造所や直営ビアパブへ旅をします

北千住が熱い さかづきBrewing(最終回)

2016-09-30 07:53:53 | ビール紀行(関東)
前回の「さかづきBrewing」の続きです。


次に頂いたのは、さかづきセゾン(ver.1.1)。

     

     

確かにグラスが変わりました。セゾンらしいグレープフルーツの皮のような香りで複雑系。モルトの旨味はセゾンにしてはややしっかり。しっかり爽やかな酸味。セゾンらしい素敵な香りと酸味が特徴のセゾンビール。旨い!いいね、いいね。

     

食事のメニューです。一言で「OO系」とは言えないほどの多様な食事がズラリと並びます。どれも本格的で、しっかり料理メインで楽しむこともできそう。今回は事情があり、フードは注文しませんでしたが、是非フード目当てで訪れたいところです。

     

     

こちらはブラウンエール(ver.3.2)。シナモンのようなスパイシーさや、モルトに起因する豊かな香り。普通のブラウンエールとは全く違う香りの立ち方。モルトの旨味はブラウンエールとしては控え目。ホップの苦味は陰でそっと支える程度。通常のブラウンエールには無い、スパイシーなモルトの香りが膨らむ個性的なビールです。旨い!

     

     

最後はアメリカンIPA(ver.1.3)。カスケードホップの濃厚重厚な柑橘系の香りが炸裂。モルトの旨味はしっかり。ホップの苦味がモルトに負けないぐらいしっかり効く。カスケードの香りしっかり、旨味濃厚なフルボディのIPAです。旨い!唯一無二。

今回はこれにて終了。全体的に既存のスタイルながら、こちらの個性が加わり、ここに来る価値のある旨いビール。ビールの名称に惑わされず、味わってみましょう。料理は今回は頂かなかったのですが、どれも美味しそう。料理にかなり力を入れているブルワリーレストランです。

     

また来ます。



さかづきBrewing
東京都足立区千住旭町11-10 
TEL:03-5284-9432   

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北千住が熱い さかづきBrewing(その2)

2016-09-29 19:59:32 | ビール紀行(関東)
前回の「さかづきBrewing」の続きです。


さかづきBrewingの店内の様子。

     

     

カフェ・レストランのようなカジュアルでリラックスできそうな店内。女性受けしそうな雰囲気です。

     

     

     

店内の側面の壁のガラス越しに醸造スペースを見ることができます。非常に小さな設備で、おそらく寸胴窯をベースに加工して作ったオリジナルのものと思われます。

     

こちらはカウンターの奥にあるビールサーバー。タップは10本。この日は5種の提供でしたが、今後の拡大が楽しみです。

     

ビールのメニューです。この日は自家醸造ビール4種にスーパードライの5種。スタイルに合わせたグラスでの提供です。

     

     

最初はヴァイツェン(ver.2.4)から頂きます。ややグレープフルーツがかったクローブ香。モルトの旨味はやや控え目で、強めの酸味が心地よく効く。グレープフルーツっぽい控え目な香りと酸味がしっかりのヴァイツェンです。旨い。

(続く)



さかづきBrewing
東京都足立区千住旭町11-10 
TEL:03-5284-9432   

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北千住が熱い さかづきBrewing(その1)

2016-09-28 08:10:53 | ビール紀行(関東)
近年マイクロブルワリーが続々と誕生していますが、特に首都圏での開業が顕著です。そんな最近開業した醸造所の中から、東京北千住の「さかづきBrewing」へのビール紀行をお送りします。さかづきBrewingは今年の春に開業した醸造所で、元大手ビールメーカーの方が立ち上げられました。醸造所にはその折り紙付きのビールを提供するパブが併設で、比較的多様なラインナップのビールを楽しむことができます。こちらのブルーパブは開店直後から大盛況で、地元での人気の高さが伺えます。この北千住という地はビール好きにとっての聖地「東京リカーランド北千住店」がある場所。ただビールを購入するだけでなく、買い物の後は旨いビールを飲める場所へと変わりました。北千住が熱いです。醸造所へのアクセスですが、北千住駅から徒歩約5分と、絶好のロケーション。しかも東京リカーランド北千住店のすぐ近くです。

     

     

東武線で北千住駅に到着。北千住には色んな路線が使えるので、足立区ながら交通至便です。

     

北千住駅東口からスタート。

     

     

東口から延びる商店街を歩いてゆきます。下町らしい風情が漂っています。

     

しばらく歩くと左手にビールの殿堂「東京リーカーランド」が現れます。帰りに買い出ししましょう。

     

     

こちらの居酒屋さんで右折し、小さい路地へ。

     

醸造所に到着です。駅から、あっという間です。

(続く)



さかづきBrewing
東京都足立区千住旭町11-10 
TEL:03-5284-9432   

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪の都心でお洒落に MARCA(最終回)

2016-09-26 16:20:37 | ビール紀行(関西)
前回の「MARCA」の続きです。


フードのメニューです。

     

ビールに合わせて軽くツマムような感じです。と言っても、ビール好きのツボは抑えてあります。

     

     

ビールのお供に「生ハムのパテ」を注文。生ハム×パテがどんな感じになるのか、想像がつかなかったのですが、パテの容姿優勢。ねっとり食感にしっかり目の塩味。ビールとの相性良し。

     

     

続いて、「Saison(Summer ver.)」をパイントで頂きます。サマーホップという、オーストラリアのホップを使用とのこと。先ほどのセゾンよりもセゾンらしさ全開。それに被る同じベクトルのホップの香り。酵母による香りとグレープフルーツの皮のような香り。モルトの旨味はセゾンらしくドライ。最後を引き締める適度な渋味とセゾンに合うホップの香り。セゾンらしさが、さらにホップで強化されたセゾンビールです。旨い。

     

     

そして3種目、「Honey IPA」です。見栄え的には3種ともソックリですが、確かに3種でした。チヌークとアマリロ使用とのこと。パッションフルーツと柑橘系のホップの心地よい香り。モルトの旨味は中程度で、ホップの強烈な苦味が効く!後からくる蜂蜜のほんのり柔らかさ。アメリカ系のホップの香りが豊かで苦い、苦味系のIPAです。旨い。

今回はこれにて終了。こちらのビール、色んなスタイルやホップを探求されていて、新たな地平を体現している模様。既存のビアスタイルにとらわれない、自由なビール造りをされています。お店のコンセプトに共通するかな。関西に行くときは必ず立ち寄りたいですね。

     

     

夜の雰囲気も素敵です。



MARCA -Cafe & Beer Factory
大阪府大阪市西区北堀江3-7-28 1F
TEL:06-6710-9487

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪の都心でお洒落に MARCA(その2)

2016-09-24 22:34:31 | ビール紀行家の自己紹介
前回の「MARCA」の続きです。


ブルーパブのMARCAに到着。

     

古い昭和なビルの1階にあるお洒落な感じの店構え。

     

     

店内の様子。コンクリ打ちっぱなし風のな店内の内装に、現代的なセンスが光るカウンター。なかなかお洒落です。タップの数も多そう。開店間もないのにお客さんで半分ほど埋まっているので、写真は限定的。

     

ビールのメニューです。この日は3種類。3つもサイズがあるので、その時の気分に合わせて選択できます。

     

     

最初は「Saison(Hull melon ver.)」から頂きます。フルメロンとうホップを使用した、セゾンビールとのことです。セゾン酵母による個性的な香りとホップのグラッシーな香り。モルトの旨味は控え目でドライ。ドライなホップの苦味と最後に嫌味のない強い渋味が効く。セゾンらしい香りにドライさと、ホップの香りが織りなすセゾンビール。旨い。個性的。

     

ミックスナッツを頂きました。ジャイアントコーンの比率高いのが嬉しい!

(続く)



MARCA -Cafe & Beer Factory
大阪府大阪市西区北堀江3-7-28 1F
TEL:06-6710-9487

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大阪の都心でお洒落に MARCA(その1)

2016-09-23 10:24:20 | ビール紀行(関西)
大阪の地ビールとえば、箕面ビールの印象が強すぎますが、大阪市内では昔からいくつかの醸造所が生まれ、そして廃業してきました。最近は道頓堀地ビールと地底旅行の2社で落ち着いていたところ、久しぶりに新規の醸造所が誕生しました。大阪市西区の「MARCA」です。醸造開始は昨年の5月ですが、醸造開始直後から魅力的なビールを造られ、短期間のうちに多くのファンがつきました。ビールの特徴は流行のIPAやベルギー系を中心としながら先進的で独創的です。香りの高い仕上がりにはセンスの良さを感じます。醸造所は都会的なセンスのパブ(カフェ)が併設で、新鮮なビールを洒落た雰囲気の中で味わうことができます。醸造所へのアクセスですが、大阪市営地下鉄の西長堀駅から徒歩ですぐ。仕事終わりに、瞬く間に駆けつけて、旨いビールにありつける、そんなロケーションです。

     

     


大阪市営地下鉄の西長堀駅に到着。こちらが最寄り駅ですが、都心なので、四ツ橋や心斎橋からでも徒歩圏です。

     

     

     

地上に出て、醸造所のある方向に向かいます。

     

     

駅から1本隣の大通りに出ると、それらしいお店が見えてきました。「MARCA」と書いてあります。醸造所に到着です。

(続く)



MARCA -Cafe & Beer Factory
大阪府大阪市西区北堀江3-7-28 1F
TEL:06-6710-9487

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和食に寄り添う 道後ビール(最終回)

2016-09-21 18:57:41 | ビール紀行(中国・四国)
前回の「道後ビール」の続きです。


次に頂いたのは「まどんなビール」(アルト)です。

     

     

ジョッキ姿もいいですね。やや穏やか目のカラメル香とホップの爽快な香り。モルトの旨味はややしっかりで、優しく甘い。ホップの苦味はアルトらしくしっかり効く。モルトの香り・旨味・苦味が教科書的なバランスのアルトです。旨い。

     

     

こちらは「鯛炙りサラダ」です。松山らしい一品。てっぺんに炙った鯛がのっているのですが、通常この類のサラダは野菜が脇役なのに、野菜の種類が豊富でボリュームたっぷり。野菜類はこの一皿で十分です。

     

     

「刺身盛合せ」も到着。またもや名物の鯛を中心に色々と。

     

     

そして4種目の「漱石ビール」(スタウト)です。穏やかなロースト香。モルトの旨味は控え目でドライ。ホップの苦味とローストモルトの苦味が程よく効く。穏やかなロースト香が香るバランスのとれたドライスタウトです。旨い!酸味も全くなく、非常によくできたドライスタウト。

     

     

もう一品料理を頂きました。「穴子の天婦羅」です。衣に「あおさ」が入っています。この一工夫で風味が数段アップ。美味しい。

     

美味いてんぷらときたら、日本酒を飲まない訳にはいきません。たまらず純米吟醸酒を注文。てんぷらとの相性バッチリ。

今回はこれにて終了。こちらのビール、伝統的な日本の地ビールをさらに洗練した印象。地元の料理を邪魔しない絶妙なバランスのビールたち。特にスタウトは素晴らしい出来で、和食に合います。温泉街で地元郷土料理の和食とともに、それに寄り添う地ビールをいただく、日本ならではのマリアージュです。

     

夜の風情も素敵です。



にきたつ庵
愛媛県松山市道後喜多町3-18
TEL:089-924-6617

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和食に寄り添う 道後ビール(その3)

2016-09-20 05:42:32 | ビール紀行(中国・四国)
前回の「道後ビール」の続きです。


次に頂いたのは「のぼさんビール」(ヴァイツェン)です。

     

     

ヴァイツェンは前回訪問時にはありませんでした。水口酒造にとっては冒険的な作品です。やや控え目なバナナがかったフェノール香。モルトの旨味はヴァイツェンにしては控え目で、香り以上に存在感のあるしっかり酸味。ほどよいフルーティな香りとしっかり酸味が特徴のヴァイツェンです。旨い。

     

     

     

     

食事のメニューです。お膳が名物のようですが、アラカルトも充実。しかも地元色しっかり。特に夜のおすすめ一品料理が魅力的!

     

     

こちらはお通しで出てきた「鯛と根菜のふき煮」。このお通しのレベルが高いこと。お出汁スッキリで、甘すぎない生姜の効いた味付け。美味い!

(続く)



にきたつ庵
愛媛県松山市道後喜多町3-18
TEL:089-924-6617

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和食に寄り添う 道後ビール(その2)

2016-09-19 13:39:12 | ビール紀行(中国・四国)
前回の「道後ビール」の続きです。


水口酒造に到着。

     

こちらは水口酒造の各種製品を販売する「にきたつ蔵部」。中を見てみたかったのですが、訪問時の時間帯では閉店していました。

     

     

こちらが今回のお目当ての「にきたつ庵」です。なかなか良い風情で割烹のような佇まいです。

     

     

「にきたつ庵」の店内の様子。店内には靴を脱いで上がります。床は畳敷き。黒を基調とした店内。和の空間にカウンター席が上手く調和しています。カウンターの目の前には水口酒造の各種製品がズラリ。そうです、水口酒造は日本酒メーカーなのです。

     

     

ドリンクのメニューです。ビール、日本酒、焼酎など、実に種類豊富。ビールの種類は4種類。「一番搾りの麦汁のみ使用」とあります。スパージングなし?結構コストかかってるんですね。

     

     

最初は「坊ちゃんビール」から頂きます。スタイルはケルシュ。日本の伝統的なケルシュらしいラムネっぽい爽快なホップの香り。モルトの旨味は控え目でドライ。ホップの苦味が全体を引き締める。ホップの爽快な香りとドライな口当たりの、日本の伝統的なケルシュ。旨い。懐かしい味。

(続く)



にきたつ庵
愛媛県松山市道後喜多町3-18
TEL:089-924-6617

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

和食に寄り添う 道後ビール(その1)

2016-09-18 11:40:51 | ビール紀行(中国・四国)
愛媛県松山市の「水口酒造」が造る「道後ビール」は地ビール業界でも歴史のある老舗のビール。地ビール黎明期によく見られたケルシュやアルトを中心とする「日本の伝統的なスタイル」を貫き、味に磨きをかけ今日に至っています。地元の観光名所の道後温泉のビールとして、松山を代表する名物となっています。道後ビールの直営パブと言えば、道後温泉本館の目の前にある「道後麦酒館」が印象的ですが、醸造所のある水口酒造内にある「にきたつ庵」も魅力的。こちらでは和の雰囲気の中で、和食とともに道後ビールを味わうことができます。今回はこの「にきたつ庵」でビールを頂いてきました。醸造所へのアクセスですが、伊予鉄の道後温泉駅から徒歩約5分。温泉に入ったあと、軽く道後麦酒館で一杯飲んだ後、にきたつ庵で食事とともにゆっくり頂きたいものです。

     

     

     

伊予鉄の路面電車で道後温泉駅に到着。レトロ感のある駅舎で、道後温泉の地にマッチしています。

     

     

     

道後温泉駅前のアーケードを通り、途中左に曲がり、醸造所のある「にきたつの路」へ。

     

     

     

しばらく歩くと左手に歴史を感じさせる立派な建物が見えてきました。水口酒造に到着です。

(続く)



水口酒造
愛媛県松山市道後喜多町3-23
TEL:089-924-6616 

◆ランキングに参加しています。よろしければ応援をお願いします。◆
  にほんブログ村 酒ブログ ビール・発泡酒へ  
あああ     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加