Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

自衛隊の恐怖。文官統制を拒否、秘密裏に米軍と作戦計画立案、市民の集会を監視、住民票を自由に閲覧。

2016年02月22日 | 人権保障と平和

 

 2016年2月22日、今朝の東京新聞が、とうとう自衛隊の「制服組」(自衛官)が「内局」(防衛官僚)に対して、3月施行される安全保障関連法を初めて全面的に反映させる自衛隊最高レベルの作戦計画策定に当たり、大幅に権限移譲しろと求めていることが明らかにしました。

 そもそも、憲法66条2項は文民統制(シビリアンコントロール)と言って、戦前の軍部独走の反省の上に立って、

「内閣総理大臣その他の国務大臣は、文民でなければならない」

と定め、日本国家の行政・外交のトップである内閣のメンバーは、「文民」でなければならないと定めています。



 それを具体化するために、もともと自衛隊は「文官統制」という制度を作り、内閣の下にある内局が制服組の上に立ち、大きな権限を持つようにしてきました。

 しかし、2015年6月、安倍政権は文官統制を廃止し、内局と制服組を同等としてしまいました。

 今回はさらに、制服組がもっと権限をよこせと事実上、内局の上に立とうとしているのです。これでは、制服組の独善・独走を制御することは極めて困難になります。



 この安保法制を前提にした作戦計画については、すでに統合幕僚監部が作り始めていたことを共産党がすっぱ抜いています。

図

自衛隊の統合幕僚監部が、中谷防衛相も知らない間に、戦争法案成立を前提に自衛隊運用計画を立てていた!

 

 また、文官統制が曲がりなりにもあった野田民主党政権時代の2012年に、この制服組のトップである統合幕僚監部が米軍と秘密裏に作戦計画を練っていたことが明らかになっています。

 この作戦は中国軍が尖閣諸島に上陸してからこれを奪還するまでをシミレーションしたもので、当時の石原都知事が尖閣の都有化を宣言し、野田政権が国有化したことで、日中が尖閣諸島の領有化を巡って対立が激化したことを背景として作られたものでした。

 このようにすでに文官統制、文民統制は形骸化しているわけですが、今は制服組が堂々と権限を渡せと言っているわけで、戦前を彷彿とさせると言っても過言ではありません。

この人たちのような自衛隊OBが国会議員になることさえ、文民統制違反で違憲ではないかという説も有力である。

 

 

 さて、そんな自衛隊が自衛官募集のために、皆さんの住民票を自由に見ていいことになっているのをご存知でしょうか。

 日本各地の市役所などで自衛隊は住民登録を閲覧しており、高校卒業予定者の2割には自衛官募集のダイレクトメールが送られてくるのだそうです。 

 そもそも、自分の情報はみだりに他人に見られないようにコントロールできるという情報コントロール権が、憲法13条の人格権、プライバシー権から認められているのですが、自衛隊だけはそんなこと知っちゃこっちゃないということに、自衛隊法などで規定されてしまっているのです。

 さらに、この情報コントロール権を侵害して違法だという判決が確定しました。

 

 自衛隊には自衛隊保全隊という情報組織があるのだそうなんですが、この保全隊がイラク派兵反対の市民集会に潜り込んで、集会参加者の氏名や住所や勤め先などの情報を勝手に収集していたというのです。

 仙台高裁はこれについて、

「自衛隊は公になっていない本名や勤め先などを取得しており、プライバシーに関わる情報収集で違法だ」

として国の賠償責任を認め、防衛省は上告を断念して確定しました。

 自衛隊は実質的軍隊だということを肝に銘じて忘れはならないようです。

機動戦士ガンダムより。すみません、わたくし、「ギレンの野望」というゲームまで持ってるオタクなもので、「我が軍」という言葉を見るとどうしてもこの場面を思い出してしまうんです。

 


自衛隊というと災害救助で頑張ってくれるイメージの方が強いのですが、実際には国家権力を守る「暴力装置」。

実質的には軍隊であり、人権侵害の先頭に立ちかねない組織であるということを忘れないようにしないといけませんね。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

自衛隊監視訴訟 国は上告せず 1人への賠償 確定

2月17日 0時59分 NHK


 
自衛隊が、イラク派遣に反対する集会を監視したのは違法だとして、集会の参加者90人余りが国を訴えた裁判で、2審の仙台高等裁判所が原告の1人に対しプライバシーに関わる違法な情報収集があったと認めた判決について、防衛省は16日夜、上告しないことを明らかにしました。これで1人については国に賠償を命じた判決が確定しました。
 
この裁判は、自衛隊の情報保全隊がイラク派遣に反対する集会などを監視し、参加者の個人情報を集めていたのは違法だとして、東北6県の集会の参加者91人が国に監視の差し止めと賠償を求めたものです。

2審の仙台高等裁判所は今月2日、原告のうち1人について「自衛隊は公になっていない本名や勤め先などを取得しており、プライバシーに関わる情報収集で違法だ」などとして国の責任を認め、10万円の賠償を命じました。

この判決について防衛省は16日夜、主張について一部、裁判所の理解が得られなかったものの、上告は行わないことにしたと発表しました。

原告の多くは賠償や監視の差し止めが認められなかったとして最高裁判所に上告しましたが、賠償が認められた1人は上告をしておらず、この1人については判決が確定しました。

原告側弁護団の小野寺義象弁護士は「国が上告しないのは、判決にある違法行為を認めたということで、われわれの活動の成果だ。最高裁判所では国の監視が違法だったことを認めてもらえるよう訴えたい」と話しています。

 

市民監視、二審も賠償命令 自衛隊の情報保全隊、仙台高裁

自衛隊の市民監視訴訟の控訴審判決を受け、仙台高裁前で「勝訴」と「不当判決」と書かれた垂れ幕を掲げる関係者=2日午前

 

 自衛隊の情報保全隊がイラク派遣反対集会に参加した市民の監視活動をしたのは違憲として、東北6県の住民が国に監視差し止めと1人当たり100万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、仙台高裁(古久保正人裁判長)は2日、違法性を一部認め、住民1人に10万円を賠償するよう国に命じた。差し止め請求は退けた。一審判決は5人への賠償を命じていた。

 古久保裁判長は判決理由で、住民1人は、公表していない氏名や勤務先などの情報収集で「プライバシーを侵害された」と判断した。4人については、いずれも地方議員として活動していたことを理由に請求を認めなかった。

 

自衛隊監視の違法性確定 保全隊訴訟、国が上告断念 

2016/2/17 0:02 日本経済新聞

 自衛隊の情報保全隊にイラク派遣反対活動を監視された東北地方の住民が国に損害賠償などを求めた訴訟で、公表していない本名や勤務先の情報収集はプライバシー侵害で違法だと認定し、男性1人に10万円を賠償するよう国に命じた仙台高裁判決に対し、防衛省は16日、上告を断念することを明らかにした。

 この男性も上告していないため、上告期限の17日午前0時で、自衛隊の監視行為の違法性を認めた判決が確定した。防衛省は「主張の一部について裁判所の理解が得られなかったが、内容を慎重に検討した結果、上告しないことにした」とのコメントを出した。

 男性は取材に「今後は自衛隊が市民を監視しないと約束したわけではなく、安心はできない」と話した。住民側弁護団事務局長の小野寺義象弁護士は「国が違法行為を認めたことになり、非常に画期的だ」と語った。

 提訴のきっかけは、共産党が2007年に公表した情報保全隊の内部文書で、住民の活動の日時や場所が書かれていた。この男性については、反戦ライブをした場所に加え、本名、勤務先まで記されており、高裁判決は「自衛隊員らに有意な影響があるとは考えにくい。本名などを探索する必要性は認めがたい」と判断した。

 住民側は全員への賠償や監視差し止め請求が認められなかったのを不服として、75人が15日に上告したが、この男性は含まれていない。

 

自衛隊の作戦計画策定 制服組が権限移譲を要求 防衛省、背広組は拒否

2016年2月22日 東京新聞朝刊


 集団的自衛権行使を含み、今年三月施行される安全保障関連法を初めて全面的に反映させる自衛隊最高レベルの作戦計画策定に当たり、防衛省内で制服組自衛官を中心とする統合幕僚監部が、背広組防衛官僚が中心の内部部局(内局)に権限の大幅移譲を要求していることが、複数の防衛省・自衛隊関係者の証言で分かった。内局は拒否、調整が続いている。

 昨年六月の改正防衛省設置法成立で防衛省は、防衛官僚が自衛官より優位な立場から大臣を補佐する仕組みだった「文官統制」制度を全廃、内局と統幕、陸海空の各幕僚監部が対等の立場になった。統幕の要求が認められれば、防衛省内での力関係は逆転し、軍事専門家である制服組主導となる可能性もあり、危惧する声は多い。

 関係者の話を総合すると、争点となっているのは、「統合防衛及び警備基本計画」で、特定秘密に指定されている。五年先までの計画を三年ごとに全面改定、さらに毎年見直して修正している。同作戦計画に最新の情勢見積もりを加味した上で、統幕が日常的に陸海空三自衛隊を運用(作戦指揮)している。

 次の作戦計画策定では、昨年四月に改定された新日米防衛協力指針(ガイドライン)と、安全保障関連法の内容が初めて全面的に反映される。

 作戦計画策定までには三段階があり、これまでは(1)内局運用企画局が基本的な方針を定めた大臣指針を決定(2)その指針に基づき統幕が作戦計画を作成(3)運用企画局が大臣に承認を求める−という役割分担だった。

 しかし、統幕側は、内局運用企画局が昨年廃止され、自衛隊の運用(作戦指揮)が統幕に一元化されたことを受け「(作戦)計画もすべて統幕の権限だ」と主張、(1)と(3)の権限も譲るよう内局側に要求した。

 一方、内局側は「運用(作戦指揮)と(作戦)計画は違う」と主張。その上で、防衛省設置法の八条は、「防衛・警備に関することの基本と調整」や「自衛隊の行動に関する事務の基本」を、内局の所掌事務と規定しているとした。

 さらに、内局が総合調整機能を有していることを根拠に、(1)と(3)は運用企画局の機能の一部を継承した内局防衛政策局が引き続き担うべきだ、と統幕側に反論している。

◆一線越えたら戦前同然

<纐纈厚(こうけつあつし)山口大教授(政治学)の話> 制服組と内局の対立が最終段階に入ってきたのではないか。内局としては譲れないところまできており、この一線を越えたら軍事と政治が一体化し、構造としては戦前と同じようになってしまいかねない。自衛隊の任務が多様化していく中で、文民統制の必要性はこれまで以上に高くなっていくはずだ。内局の役割の重要性を広く世論にアピールした上で、文民統制のあり方について国民的議論を巻き起こしていく必要がある。

◆国際常識への同調必要

<元海自自衛艦隊司令官香田洋二氏の話> 自衛隊は世界で最も手足を縛られた軍事組織であり、他国であれば制服組の裁量に委ねられているような権限も、内局が持っているケースがある。それを緩和するのは国際的な常識に合わせていくためにも必要なことだ。今後、自衛隊が現場に出て行く機会も増えるはずで、制服組は専門家集団として任務達成に必要な権限行使や意見の上申を自由にしていくべきだ。必要なコントロールは政治がすればよい。

 

 

自衛隊勧誘のDM 高校3年の5人に1人に発送

2015年09月10日 06:53 エコノミックニュース

 中谷元防衛大臣は9日に参院安保特別委員会で、全国の高校3年生5人に1人に自衛隊入隊への案内パンフを配布していたことを明らかにした。

 社会民主党の福島みずほ副党首の質問に答えた。福島副党首は「安倍総理が集団的自衛権の行使を合憲とする閣議決定をした昨年7月1日に、全国一斉にダイレクトメール(DM)が高校3年生に送られた。これは防衛省の指示か。どのくらいダイレクトメールを出したのか」と質した。

 中谷防衛大臣は「各県の地方協力本部が中心になり、自衛官募集にかかる業務を行っている。これは以前からやっていた」と答弁。

 福島副党首は「そもそも住民票を自由に閲覧し、情報をもらうのは自衛隊だけだ。個人情報を提供してよいという明文条項があるわけでもないのに、情報を積極的にもらっているのは問題だ。26年度のダイレクトメール、郵便料は約2000万円という事でよいか」と質した。

 中谷防衛大臣は「防衛省が自衛官募集のために郵送したダイレクトメールの費用は約2000万円」と答えた。

 福島副党首は「82円で換算すると24万3902通になる。18歳人口は約118万人なので、約20%に送っている計算になる。どのような基準で2割を選んでいるのかわからないが、ダイレクトメールには学位取得や学生手当支給の紹介もある。奨学金を受けている人が急増している実態を考えれば、経済的徴兵制ともいうべき状況が出来上がってきていると思う」と、現行のような形でのダイレクトメールの発送はやめるべきだと求めた。

 中谷防衛大臣は「自衛隊法97条の1項(都道府県知事及び市町村長は、政令で定めるところにより、自衛官の募集に関する事務の一部を行う)および、自衛隊施行令120条(内閣総理大臣は自衛官の募集に関し、必要があると認めるときは市町村長に対し必要な報告、または資料の提出を求めることができる)の規定により、防衛大臣が市町村長に対し、個人の氏名、生年月日などに関する情報の提出を求めることになっている」などと情報収集根拠を説明した。

 しかし、この案件については、すでに平成18年に地方議会(三重県鳥羽市議会)で、下記のようなやり取りがあり、同市の戸上幸子議員が「18歳になった男女の4情報(氏名、住所、生年月日、性別)を市町村がわざわざ一覧表にして提供する義務規定というのは明文化されておりません。これらはいずれも求めることができるとの要望規定で、義務規定ではありません。個人情報を本人に無断で提供してもよいという根拠法令にはならないわけです」と指摘。

 また「地方分権法の制定で、自衛官募集事務は国の機関委任事務から地方が自主的裁量する法定受託事務にかわっております。この法定受託事務でも、改正地方自治法が定めている地方公共団体の事務である限り、立法自治権すなわち市の条例の対象になります。つまり市は個人情報保護条例を制定して市民の個人情報を守ると宣言したわけですので、個人情報を本人に無断で、行政が一覧名簿にして第三者に提供することはできません。市が従来どおり本人に無断で個人情報を提供しなければならないという根拠はなくなっております。むしろ、してはいけない規定になっているわけです」と提起。

 そのうえで戸上市議は「今年度も既に自衛隊から従来どおり名簿を提出せよと要請してきておりますが、市はどうするつもりなのか、答弁を求めます」とした。

 この問いに、市民課長は「依頼を受けております。まだ情報の提供はしておりません。自衛隊には住民基本台帳の4情報の閲覧申請をしていただくということで、閲覧により適齢者を書き写していただきたいというふうに考えております。また把握した情報につきましては、管理の万全と利用後の廃棄を徹底するように求めていきたいというふうに考えております」と従来にように文書での名簿提出をやめ、閲覧での書き写しに変更する答弁を行った。

 議員は「民間業者と同じように法の範囲内で閲覧をさせる。そういう答弁でした。この判断は個人情報を守るという時代の趨勢に即した判断であると思います」と答弁を評価。本来、そうあるべきではないのか。自衛隊員募集など防衛省にのみ、こうした便宜を図るのはいかがか。個人情報保護、プライバシーの視点から国会議論し、見直しを図るべきだろう。(編集担当:森高龍二)

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月21日(日)のつぶやき | トップ | 今夜7時半クローズアップ現代「... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
非常に危険ですね (憂う一市民)
2016-02-22 14:57:01
東京新聞の記事の中の大学教授の話の中で
「この一線を越えたら軍事と政治が一体化し、構造としては戦前と同じようになってしまいかねない。」とありますが、そのとおりだと思います。

そもそも2015年の6月に安倍政権が文民統制を廃止
したのが間違っています。

本当に困ったものですね。
まだあります (AS)
2016-02-22 16:42:04
陸幕情報本部運用支援・情報部別班は、冷戦時代から非合法員(自衛官が身分を偽装してますので)をロシア、東ヨーロッパ(東ドイツ他)、中国、韓国に送り込んで情報収集に当たらせていました。
首相や防衛庁長官(当時)もこれを知らなかったそうです。
岩波書店「世界」2014年3月号でも『陸自「別班」危険な暴走 ─シビリアンコントロールの危機』として共同通信の石井暁編集委員が紹介しています。
(「不正なURLを拒否します」エラーが出るので記事ソースへのリンクが入れられません 御容赦を)
(^○^) (南京猫)
2016-02-22 18:36:59
宮様がガンダムファンとは…。
それは置いといて、シビリアンコントロールは何処へ行ったのでしょうね?
中谷議員は防衛大学校卒、かつて自衛隊在籍の国会議員です。
パンチ佐藤氏(どうしても知識と教養と常識が邪魔して?呼び捨て出来ません)などは実戦に赴いた自衛官です。
こうして戦前は静かに始まって行くのでしょうか?
Unknown (とら猫イーチ)
2016-02-22 18:41:09
 正確には、「戦前と同じ」ではありませんね。

 「戦前よりも悪く」なる訳です。 

 その理由は、米軍傘下に自衛隊が入る結果(今までもそうですが)、時の政権が関知しない間に軍事作戦を展開する場合もあり、また、時の政権が米国に従属しない場合には、自衛隊に依るクーデターも予期される、と言うことです。 

 即ち、米国は、政治と軍事を分離して統括出来得る、と言う結果です。 行政機構(官僚組織)は、現在も政治と分離して統括しているので、これで、政治、行政、軍事、と分離統括することになるのです。

 おっと忘れていましたが、司法も分離統括されているのかも。。。
祖父の猿真似が恐ろしいモノを召喚した事を理解出来ない無知蒙昧な孫 (安打製造屋)
2016-02-22 18:56:39
嘗て宮崎学の著書で「岸信介は本物の虎であった。孫の安倍晋三は狗な癖に虎のように吼えているが、知らずの内に危険な猛獣を呼び出した事に気付かない(詳細は忘れましたが、こんな事を言ってた気が致します。)」 軍事を全く知らず、戦争したいという単純な動機しかないアホ首相が自衛隊という軍隊の猛獣を飼い慣らす事なんか出来る訳がない。精々利用されて捨てられるのがオチ。そして軍政という暗黒時代が到来します。だからこそ、厳格な文民統制が必要なんです。(私は軍隊は大反対です!)
自衛隊が機能しなければ (たろう)
2016-02-22 19:14:32
自衛隊は誰が見ても軍隊である。軍隊は機能しなければ意味は無い。ではどの様にしたら機能するかを考えるのは当然。憲法でその機能を無力化しているとするなら憲法改正は必然となる。実際に尖閣諸島を中国に占領されたらその必要性を国民は認めるだろうからそれまで政府は待つのがいいと思う。
bunnmin tousei (1jAP)
2016-02-22 20:26:46
 ”文民統制”とやらに何の意味があるでしょうか、現場運用してる奴らは、そんなこととっくの昔に無視しています。だいたい、その”文民”とやらが日本軍大好きオタクや日本軍に何の疑問も持たない連中なのですから、何の意味もありません。シビリアンコントロールをシベリアンハスキーと勘違いしているような連中には、どうでも良いことなのです。
 奴らには何ら禁じ手はありませんよ。それが、統治機構であり、その統治者どもです。何でも使えるもの、拡大解釈してでも使ったもの勝ちにできるものはウルトラシーを使ってもヤレというのが世界で最も恐れるべき最凶の日本列島の統治機構です。
 U$A帝国の軍事占領さえ利用し冷戦をちらつかせて命脈を保った戦争指導層および情報部員は、イマワの際に安心して死ねる社会の一応の輪郭を目にしたのですから。
 朝鮮戦争時の旧軍要員の掃海”作業”、旧軍要員と破砕されたはずの旧軍大口径砲をかき集めてのキンモン島からの中共陣地砲撃を含む大陸反攻作戦、”インドシナ半島”における反米ゲリラ指導…氏名も失い偽名で生きることを選択した情報部員の一人が老いて野宿者となった後に当方に明かした不敵な戦歴はその一部に参加したものでした。(当人は、上掲の一作戦に非日本人として参加。ここではわざと作戦を特定していません)
 その人にとっては、1945年8月以降も作戦はあり、”作業”はあったということで、終戦だの敗戦だのという言葉をきくと、凄まじい気迫をもって”騙されるな!”と吠えていましたね。そして、貴様らも気をつけろ、と。
視点を変えて (疑問だらけ)
2016-02-22 21:01:58
背広組より、一層軍事に精通してる制服組が作戦練った方が、万全な守りになる。
とは考えませんか?

侵略戦争するわけじゃ無いし。
文官統制は、 (宇宙戦士バルディオス)
2016-02-22 21:10:54
 過去に大失敗しております。
 警察予備隊創設当時、中心になったのは旧内務・警察官僚でしたが、彼らは「旧軍人は、プロとして失敗した連中だから、全て排除する。警察出身者だけで部隊を作る。」と方針を固めて、その通りにした。ところが、出来上がった部隊は、全く使い物にならなかった。
 吉田茂総理の密使となって、全国各駐屯地を見て回った辰巳栄一元陸軍中将は、
「警察予備隊は、だらしなくて、使い物になりません。幹部に指揮能力がなく、武器の取り扱いもできていない。早急に、旧陸海軍職業軍人を復帰させる必要があります。」
 と視察結果を報告しました。
 戦時中、軍部の弾圧を受けて軍隊嫌いになっていた吉田総理ですが、この時は私情を排除して辰巳の進言を受け入れ、旧職業軍人の公職追放を解除して、警察予備隊に入れさせ、最終的には数千人の元職業軍人が入隊して、やっとまともな部隊が作れるようになったのでした。
 吉田首相のような態度を、文民統制というのです。権力はあっても、軍事知識のない文官が専横を働くのは、百害あって一利なしです。
箍を外す (リベラ・メ(本物の))
2016-02-22 21:38:46
皆さんのコメントを読んで私が思った事が、そのままtitleになっています。それにしても、ここ最近は“憲法のせいで自衛隊が無力化しているから、憲法改〔正〕は当然”みたいなコメントがやって来て、「この出来事の恐ろしさが分かってないのねぇ…。」と思っています。
Re:文官統制は、 (raymiyatake)
2016-02-22 21:46:49
ああ、それ、文官統制の例じゃないですな。
文官統制は軍の外側にいる文官による統制です。軍の構成についての話じゃありません。

よく考えてからコメントした方がいいですよ。
文民統制と (宇宙戦士バルディオス)
2016-02-22 21:53:58
 文官統制を、無理やり一緒くたにすることも、どうかと思いますよ。
 昭和の歴史を見ると、おかしかったのは軍部・軍人だけではなく、内務・警察を含む官僚も、外交官も、政治家も相当おかしいのがたくさんいて、国の進路を誤らせた。
 軍人だけを敵視して、権力から遠ざけるのは、歴史の誤読という物です。
最終段階 (バードストライク)
2016-02-23 02:11:42
【作戦計画策定の手続き ー 現在】
1。大臣指針決定 = 内局(背広組)
2。作戦計画作成 = 倒幕(制服組)
3。大臣承認を請求 = 内局

これを、1と3の権限も倒幕に譲れと迫っているという。
内局としては譲れない最後の一線だ。

あっという間だ・・・。
ここに湧いてきて無責任なことを言い放つネトウヨは、その意味をまじめに考えたことがあるのか?

以前、アフリカの女性平和活動家が来日して、
「自分の住む家を、35年の長きにわたるローンを組んで買うなんて、考えられないこと。それは、日本が平和であるからこそ、できることなのです。」
と語った記事を読んだ。

住宅ローン審査が半日で済んだと自慢しているような御仁は、本当に戦争に参加するようになったら・・・と、想像したことはあるのかね? 住宅ローン組んで家を買うぐらいだから、子供もいるだろう。子供の未来を考えないのかね。
それとも、エア子供、エア住宅ローンなんだろうか?
ガンダム (南京猫)
2016-02-23 15:52:04
ガンダム好きのブログ主様、こちらをご存知ですか?https://twitter.com/narr_lilac/status/701376629235257344
住宅ローンがあるからこそ (宇宙戦士バルディオス)
2016-02-23 21:23:47
 我が国の国防が、強く、効果的で、効率的でなければならないと信じています。
うわ〜、なんだこれ(笑) (raymiyatake)
2016-02-23 21:58:54
南京猫さん、ありがとうございます。
かなり中国風に見えるのはなんでなんだろう。
ゲルググとか見てみたいですな。
文官(内局)が武官(軍事)と政治家(政治)の橋渡しをする (洲蛇亜林)
2016-02-23 23:44:25
政治家は人気取りのために勇ましいことを言っちゃうものだと思いますね。
軍事に詳しく、しかも大衆迎合せず冷静に考えることを呼びかけることが出来る政治家は少数でしょうね。
多くの政治家は、尖閣を国有化せよなどと挑発的な言動をして人気を博した政治家もとい都知事だったかな、そのような類だったり「暴力装置」という言葉の意味が分からない政治家だったりするわけです。

現状、政治家がマトモに軍事を統制出来るとは思えませんね。
軍事を自分たちの玩具のように利用するか、あるいは専門的視野に閉じこもりがちな軍人の言いなりになるかでしょうね。ここに、武官ではないが軍事に通じた文官の必要性というものがあると思います。
武官からすれば、やりにくくてしょうがないだろうし目障りでしょうけれども、現状では文官=内局が政治との橋渡しの役割を果たす意義はあると思います。

これは、戦前のような軍事の暴走を危惧するというよりもむしろ「エエカッコシイ」の政治家の暴走の方が心配だからです。
九谷焼♪ (南京猫)
2016-02-24 17:52:02
元々九谷焼は唐三彩に近い華やかな焼き物です。でもこれはかなり繊細な「良い仕事」ですよね(^o^)v
原発と同じで多重防護をかけているんだよ。今時、拳銃でさえ複数の安全装置があるぞ (L)
2016-02-24 21:41:34
 自衛隊は憲法上本来ありえない暴力装置であり、9条以外の条文も自衛隊のような暴力装置を置かないことを前提に作られている。
 そこをアメリカのご都合主義と後の日本会議な連中のご都合で、法体系に捩じ込んだ。ネトウヨのコメでは公職追放された将軍(戦犯として処刑されなくてよかったね。お手盛りでポツダム昇進したり軍需物資を私したクチだろうて)が警察予備隊にブウたれているが、単なる怨嗟だわな。別に、主権のない領土も領海も領空もないオキュパイドジャパンのアメリカの強制で作った米軍のガードマンに過ぎないのだから、なんだっていいんだよ。まあ、自分が就職できなくて米式で訓練されているのが面白くなかっただけだろ。大体、負けた軍隊の将軍がおめおめと生きさらばえて文句を垂れていること自体、クズすぎる。多くの若人をくだらない死に目にあわし、多くの外人を殺した以上、戦陣訓に従い名を惜しんで自決していない時点でダメ。死もまた社会貢献の口だな。

 さて、敗戦後の国民は軍隊がどういうものか元兵士のみならず銃後も含めて知り倒していたし、パージを食わなかった官僚や吉田茂や石橋湛山を始め政治家もまた恨み骨髄であった。後の田中角栄や金丸信を始め自民党大物も同様。

 であるから、彼らは3権の外にもう一つの権力を立てることについては極めて慎重であり、猜疑の念を持っていた。GHQが改憲草案作りを引き取った契機となった松本委員会でさえ、外国の侵略よりも日本の軍隊を恐れる委員の方が多く、表に出たプランと違って軍隊の放棄の意見が過半を占めた。
 そこで、米国の強要による再軍備にあたっては(1)法制度としては戦車や大砲を持ち軍服を着た警察官とし、つまり、正当防衛的な場合以外で限定された内容以外では射撃ができないシステムにした。(2)旧軍の将校を排除(3)制服組には権限をできるだけ与えないとともに組織的に出来るだけ縦割りにして分断した(4)背広組が制服組を統括し、命令権限を持つ政治家と切り離した。背広組と制服組の利害はずれが出るから政治側からの分断統治でもあった。といった何重にも安全装置、多重防護をかけることで、国民の理解と自衛隊からの国家の安全を図ったのである。
 
 軍事的合理性という制服側のご都合と、国家としての都合・利害は別物である。行政的合理性やら教育的合理性から言ったらネトウヨや右翼政治家が抜かすことや制度など害悪そのものだ。
 戦車や攻撃機や多連装ロケットを持った田母神のような連中が指揮し、旧軍思想に生きる将軍たちが率いる暴力装置にさしたる猜疑心を持たないネトウヨのお花畑・平和ボケは欧米人でもAAA諸国の人々でも全く理解できないだろうな。アメリカやドイツフランスをはじめ、どうせ政府や軍は国民を裏切るに決まっているという前提で基本的人権として私人による暴力行使の違法性を阻却する革命権や抵抗権を規定している。アメリカでミリシアと呼ばれる重機関銃や装甲車まで持った武装集団が合法でいられるのはそのため、銃の所持が憲法上の権利なのもそのためなんだけどな。

 自衛隊という憲法上極めていかがわしい暴力装置をアメリカの属国として置かざる得ないとしたら、文官統制、内局優位や制服組の縦割りや権限をできる限り渡さないこと、透明性を上げることが必要。お化けは陽のあたるところには出ないからね。

あ、そうそうこんな話も。
>そんな重大な機密が漏洩!http://d.hatena.ne.jp/Apeman/20160202
>陸自の当時の情報保全隊長が証人として出廷。「外部からの働きかけがあると任務が妨害され、実力が発揮できない。隊員や家族の混乱を防ぐためにも情報収集が必要だ」と証言した。「一般論」として、スーパーの前で反戦平和の歌を歌うことや、核兵器廃絶の署名活動などの行為が「外部からの働きかけ」になりうると述べた。

つまり、
>スーパーの前で反戦平和の歌を歌ったり、核兵器廃絶の署名活動をしたりすると自衛隊の戦力が損なわれるんだそうです! 

だってさ。

自分が何を言ってるのかわかんない奴が将校で指揮官で出世コース?にいるんだからどんだけ恐ろしい組織だかしれないわw

 こんな連中に対して安全装置を外していく脳内お花畑で平和ボケの先軍ヲタ与党政治家って一体….大臣現役武官制度も遠くないわな。「自衛隊は軍にあらず」とご都合主義に改めて宣言すればいいんだろうよ。
無知は罪 (普通)
2016-02-25 10:57:51
あまりにも無知無見識なりすまし内容ですね
典型的な左系のレベル
扇動記事と無見識は良くない

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
文官統制拒否・戦前復帰 (袖ケ浦市民が望む政策研究会)
 2016年2月22日、今朝の東京新聞が、とうとう自衛隊の「制服組」(自衛官)が「内局」(防衛官僚)に対して、3月施行される安全保障関連法を初めて全面的に反映させる自衛隊最高レベルの作戦計画策定に当たり、大幅に権限移譲しろと求めていることが明らかにしま...